風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アルコホリック

Comment (12)  Trackback (0)

今週はこの一本(笑)

 日本酒の需要は、さらに減っているそうです。

 今宵、こんな一本は如何でしょうか。

PC010608.jpg

 みんなの笑顔のために。

 Smiles for All。

 「笑顔の架け橋」です。

      PC010609.jpg

 私の好きな酒ベスト10に入るであろう、出羽桜。

 多賀城産のヒトメボレを使っているのです。

      PC010610.jpg

 醸してくれた皆さんの笑顔が見えてきそうな優しい味です。

PC010606.jpg

 出羽桜のホームページはこちら


関連記事
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Comments


先週の土曜日にいつもの酒屋さんでこれ買おうと思って聞いたのですが
多賀城市でしか販売しないと言われたんですけど
仙台でも売ってるんですか?
あいしゅさんへ
いつもコメント有難うございます。

酒類は、通販が多いんです。
山形のお酒はだいたいここで買います。
http://www.kunii-saketen.co.jp/
山形市内、バイパスのそばですが、店には入ったことがありません。

今回もここからお取り寄せでした。
http://www.kunii-saketen.co.jp/shop/item_detail?category_id=100632&item_id=892351
ひとめぼれが酒米になるとは!
我が次兄の息子が、3.11の時、多賀城のSONYの工場に勤務中、津波に襲われました。
屋上に出て、難を逃れたそうです。
その多賀城で塩害に遭わなかった水田があったのでしょうか。
ひとめぼれが酒米にあうのかは別にして、出羽桜の酒造会社の心意気に、心を動かされました。
kazuさんへ
多賀城は今回の震災で、津波の被害を受けた面積の割合が大きい市町村の一つですが、無事だった水田もあるでしょう。

ウィキペディアによれば
酒に造りやすい酒米の条件とは、
ある程度、粒が大きい。
ほどよい線状心白(せんじょうしんぱく)がある。
タンパク質や脂肪分が少ない。
外硬内軟(がいこうないなん)。外側はかたく、内側はやわらかいこと。
保水力に優れていること。
だそうです。

これらは、酒をより短い時間に大量に低いコストで生産するのにベターな条件ですが、マストではありません。
つまり時間と手間を少しかければひとめぼれも十分酒の原料になります。

山田錦など酒造好適米の産地は、関西が多いためか、地産地消を掲げる東北では、地元の米を使って酒を造る蔵が多いように思います。

最近は、いわゆる酒造好適米ではなく、食米を使った酒造りが増えてきましたね。
あいしゅさんも記事にしてましたが、出羽桜では「つや姫」仕込みもリリースしたし。

以前、乾坤一の大沼酒造を一緒に見学した際、お聞きした話を思い出します。
「杜氏も米も別の地域のものでは、本当の意味で地酒とはいえないのではないか」
それまで疑問にも思わなかったけれども、確かにその通りかも。

地元東北で仕込む東北の地酒が、もっとメジャーになればいいなと思う今日この頃。
風写隊長の「好きな酒ベスト10」 いつか公開してください^^
ベスト1は知ってるので、2以降でいいですけど。
お酒の事は解らないけど・・・
☆風写さんへ
「Smile」せつないけど綺麗な曲ですね・・・マイケルジャクソンか~

君の心が傷ついていた時♪
心が引き裂かれていた時♪
雲が空にかかっていても大丈夫だよ♪
君がほほ笑めば♪
辛くても悲しくても君がほほ笑めば♪
人生はそんなに悪くない♪
もし君がほほ笑んでくれるなら♪

記憶が定かでないけどこんな感じの歌詞だと思いました・・・

それにChalie Chaplinの映像良いですね!
私は前にも書いた事が有りますが、子供の頃親父に連れられて、Chaplinの映画はリアルタイムで欠かさず見たものでした。
anegoさんへ
綿屋、栄光冨士、大山、日高見、〆張鶴、九郎左衛門、出羽桜、豊盃............
☆LYNXさんへ
元音声さんが、無声映画が好きというのも面白いです。
だよね
☆風写さんへ
不思議な事に豊かな音が聞こえてくるんですよ、これが・・・
ですね
BGMが全編入ってますが、☆さんが観に行った頃は生演奏?
いやいや
☆風写さんへ
弁士もいなければ(笑)文字で時々説明が有った位かな?
サイレント
音無美紀子ですか?






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: