風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

たまにはケーキでも

 最近お気に入りのノンアルドリンク。

      PB110357.jpg

 ドイツ時代から、ジントニック用のトニックウォーターは、Schweppesが一番だったのですが、これは美味い。

 名前の頭が、Schになってることから、ドイツ系だとは思っていたのですが、ウィキペディアで調べてみると、18世紀末にドイツ人の時計技師であり発明家のヨハン・ヤコブ・シュヴェッペ(Johann Jacob Schweppe)が炭酸ミネラルウォーターを製造する機械を開発し、1783年にジュネーヴでシュウェップス社を創業。その後事業拡大のため会社をロンドンに移転。(中略)日本では長らく「トニックウォーター」のみの販売となっていたが、2012年6月、「オランジーナ」(サントリー)の対抗商品として、「ブリティシュレモントニック」が発売された。

 ウォッカを割るのにも良いですよね。

 話は変わって、ふくしまツーリングの収穫。

PB040310.jpg

 上は福島浜通りのかねまんで買ってきた、シーフードケーキ。見た目はまさにケーキみたいですが、甘味はありません。蒲鉾のヴァリエーション。

 下は阿武隈高原SAで買うた、白魚わさび。

      PB040306 (2)

 これは金沢産でした。

PB040309.jpgPB050308.jpg
PB090314.jpgPB090313.jpg

 サンマの味醂干しは、いわき久の浜の、あみ屋自家製。美味し。

 シーフードケーキの、手づくりチーズ&蟹正肉入り焼さし(左下)、これは大当たりーー。ワインにも日本酒にも合います。取り寄せようっと。
関連記事
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ

Comments


 いわき産のみりん干しには、やはり放射線検査済みなどと書いてあるのでしょうか。
 ロンドンの自宅近くのパブレストランで食べたFish cakeはつまり、四角いパイの中にホワイトソースで和えた例の白身魚切り身を入れて焼き上げたものでしたが、これが絶品でエールにぴったりでした。後でミシュランを見たらその店が載っていてびっくりするとともに、こちらの霊感(食べ物屋選びにしかはたらかない)にもやや自信がつきました。
きぬのみちさんへ
そんなことはどこにも書いてありません。
室内干しです、とはありましたが。

此処のような昔からある店は、危ないものは出すわけはないと客は信じています。
東北のお店はみんなそうですよ。
ものを買うということは、店を信じているということだと思います。

東京で販売されている、こちらの産品には全てそのような説明書きがあるのでしょうか。だとしたらちょっとショックです。

チェルノブイリの事故の時はドイツに住んでいましたが、元々ドイツでは、プラッツのマルクトでさえ、八百屋はどこでも法律で産地表示が義務付けられていて、当時はほうれん草は気をつけろという風評があり、ちょっと気にしたのを想い出しました。

イギリスのパイ料理は、甘いものと、キドニーパイを除いて、大好きでした。
今でも時々冷凍物のミートパイとか、を取り寄せています、オーストラリア製かもしれないけど。

風写さん
東京は荒んでしまって、もう何かを信用することなどできないのです。国や政府や自治体、それに例の大企業を信じた善良な生産者を仮に信じたとしても、結果としてその生産者(と産品)自体が「騙されたまま」作ってしまうことすらあるかもしれない、と考えるのです。大きなスーパーで売っている「顔の見える」「名前入り」の産品とその生産者の方々は、それを見るたびに、まことにお気の毒だと思っています。
首都圏の鉄道は、毎日のように「人身事故」です。あるいは「線路立ち入り」です。婉曲な言葉づかいですが、わかりますよね。一昨日など、小田急参宮橋の跨線橋から「転落」ですよ。
暗い話で申し訳ありませんでした。
きぬのみちさんへ
私も東京育ち(肥えたのはドイツと仙台)ですが、たまに帰るたんびに、人の多さにはうんざりです。
特に満員電車。人の尊厳が否定されてますよね。

8年のドイツ生活から帰ってきた時は、1-2ヶ月ほどは実家から電車に一時間以上乗って通勤したのですが、限界。
自転車かバイクで通勤できる会社の近くに引越しました。電車に乗っても二駅だけ。

それでも結局10年で地方に転職。

先日約一年ぶりに仕事で上京しましたが、何か強烈な電磁波を浴びせられているような、平常心と平衡感覚を失わされる、場、でした。

それでも12月の同窓会は、できるだけ参加しますから。
次回からは東京以外でやりたいですね。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: