風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (10)  Trackback (0)

テーマは ”ほほえみ”

 週末、出かけようとTTで走りはじめたら、道端に見たことがあるバイク。

IMG_1489mo.jpg

 Y&M夫妻が秘密基地からバイクを出しているところでした。

   IMG_1488mo.jpg

 ここまではタンデムで来たのかなーー。そういえば二人のタンデム走行、見たことが無いですね。

 では、ごいっしょに。

 私は高速で、あっという間に蔵人に到着。Y&Mは下道だったのかな。
 美味しい珈琲をいただきます。この日はサービスで、Lカップでした。

DSC02362.jpg

 そう、この日は村田の三大祭(かどうか知らないけど)のひとつ、陶器市が立つ日なのでした。

DSC02377.jpg

 村田中の老若男女が、旅人をもてなしてくれる日なんですね。

DSC02375.jpg

 根無し草の私には、想像できない世界でもあるのですが、ふるさとのお祭って、楽しいもんでしょうね。

 これは、何窯だっただろう。

DSC02361.jpg

 みっちょんお気に入りの焼酎グラス、ゑみし窯 from角田。

DSC02364.jpg

 マシュー窯 from益子。

DSC02367_20121029061118.jpg

 出店している窯元は、全国から54。

 どこを見たらいいのか判らないと言ってたら、ゑみし窯のお母さんが、一ヶ所で全部見られる場所を教えてくれました。

DSC02369.jpg

 まるじゅう大沼の蔵です。

DSC02370_20121029061118.jpg

 だけど、素人には、一個ずつで特徴なんて、判らないワン!

DSC02368.jpg

 素敵な珈琲カップ。

DSC02372.jpg

 普段は閉じられている蔵や、商店も全て展示会場。

DSC02382.jpg

 いつもは足を踏み入れられない、お宅の中にも侵入可能な日なんですね。

DSC02379.jpg

 あらためて説明すると、村田は蔵の街、紅花商人たちが作り上げた街なんです。

DSC02383.jpg

 この日一番ビビった展示。

      DSC02389.jpg

 震度5弱で倒れるな。

DSC02390.jpg

 陶器市、来るのは初めてだったのですが、いろんな作品があるもんですね。

DSC02395.jpg

 しかも、猫が多し。

DSC02398.jpg

 こちらは龍。

DSC02396.jpg

 食い物系の露店も沢山。

      DSC02410_20121029061408.jpg

 こちらはカエル系。

DSC02400.jpg

 まさに街を上げての大イベントなんです。

DSC02411_20121029061408.jpg

 何度か来ている村田ですが、こんなに人がたくさんいるのを見たのは初めて。

DSC02414.jpg

 陶器製ポストの右側。

DSC02424.jpg

 お店が一軒リニューアルオープンしてました。

DSC02427.jpg

 それも酒屋さん。このスーパーも、コンビニもない通りでは貴重です。

      DSC02428.jpg

 イイ雰囲気ですねぇ。

DSC02429.jpg

 素敵なイベントです。

DSC02417_20121029061545.jpg

 結構若い人も来ているのが不思議でした。

      DSC02420_20121029061653.jpg

 瀬戸物でも、青い色に惹かれる私。

DSC02418_20121029061653.jpg

 本当にすんごい人出です。

DSC02431.jpg

 那須の松永窯?

DSC02422.jpg

 私、同じ帽子持ってます。

DSC02435.jpg

 ここもいいなぁ。笠間のStudio654MORITA。

DSC02441.jpg

 乾坤一では振舞い酒。 

DSC02436.jpg

 イチローが居ました。

DSC02453.jpg

 地元の団十郎窯。

DSC02444_20121029061755.jpg

 ガラスのような陶磁器。

DSC02447.jpg

 そして、あの松風食堂。

DSC02373.jpg

 親父さんが倒れたそうで、閉まっていました。

DSC02374.jpg

 復活してほしいものです。

DSC02432.jpg

 前回トライした時の親父さんの勇姿。

        DSC00434_20120326054858.jpg

 村田の陶器市の、オフィシャルHPは、こちら
関連記事
テーマ : 陶芸  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

素敵なレポートを
陶器市の素敵なレポートをありがとうございます。

昨年同様の人出があったようです。

一年のうちで一番にぎわう三日間です。

主催の陶器市実行委員会は、人手不足でてんてこ舞いです。

店にまで電話がきて、駆り出されることも・・・
色々な方が参加されてます。
☆風写さんへ
結構皆さん陶器市に行ってたみたいですね・・
同じ帽子の方は浪江の方で、故郷には戻れないので、今は那須の方で生活されているそうです・・・ここのぐい飲みをゲットしてきました・・

高速で行ったのですが バイクは出発まで時間がかかるのですよ

ゑみし窯の池田さん 5日まで 仙台で2人展を開催していますよ
池田さんも浪江の出身で 原発について 活動されています
陶芸家の方は 土や薪が放射能で汚染されると大変なのだそうですよ

カエル系はね
川魚のカジカです
風写さんのペットに似てますよ

天翔窯(南会津下郷町)の佐野さんの作品です
小さいやつは箸おき
使いづらいが愛嬌が愛用してます
やんべ蔵人さんへ
お疲れ様でした。

人手不足ですか。
確かに訪問する側からすると、三日間というのは嬉しいのですが、開催する方は大変でしょうね。

うちの会社の夏まつりもそうですが、若い人たちは、学園祭の経験と記憶がフレッシュなので、イベントの力になりますよ。
高校生では無理かもしれないけれど、ハタチ前後の若い人をうまく巻き込めるといいですね。
スタッフが増えるとまとめるのも大変になりますが。
LYNX☆さんへ
たしかにいろんな地方から参加されてる窯元には驚きでした。

私も一時間半ちょっとぐらいの滞在でしたが、仙台からは近いので、行きやすいですね。
YASUさんへ
そうですね
バイク好きは、そんなところも魅力に感じるのでしょうね。

うちの原チャリも、ストマジのときは面倒でした。
ビーノになって、メットとウィンドブレーカーをトランクに入れっぱなしにできるようになり、ぐっと使いやすくなったのでした。

今日の河北新報に池田さんの2人陶展の記事がありました。
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/11/20121101t15002.htm
あいしゅさんへ
カエルじゃないんですか!?
カジカ。

下郷には行ったことがあります。
美味しいお蕎麦屋さんと、巨大な蕎麦畑がありました。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=2436807
あそこでカジカが焼かれているのですね。
陶器市
今年の陶器市は例年以上に大反響の様子でしたね!
何気にお宝もゲット出来たのではないでしょうか・・・(笑)
毎日の様に通っている商店街ですがこの3日間の賑わいは
格別です♪
NAO。さんへ
コメントありがとう。
同じ内容なので、ひとつ削除しますね。

すごい人出でした。
蔵の中は広くないので、ちょっとヒヤヒヤもの。

奥様に無理やり連れてこられたダンナさんが多いのは、週末のスーパーと同じです。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: