風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ニュース

Comment (2)  Trackback (0)

いつまでこのままなんだろう

 石巻の日和山下から、日和大橋を渡って魚町。大きな缶詰の看板というかオブジェは撤去されましたが、道路の両側は一年前に来た時のまんま。

 渡波を過ぎて、万石浦を左に見ながら、万石橋を渡ります。

 折浜から、桃浦。牡鹿半島の西海岸。

DSC02337.jpg

 津波の後に何度も耳にした地名が、次から次へ。

 月浜、月の浦の展望台です。

DSC02338_20121028134544.jpg

 言わずと知れた、支倉常長がローマを目指して、サン・ファン・バウティスタ号で出港した浜ですね。

 知らなかったのですが、展望台の僅かな平地、そして入口の駐車場の片隅、それぞれ二軒ずつ、仮設住宅が建っていました。

DSC02341.jpg

 常長像も、ここから津波の到来を確認していたことになります。

DSC02342_20121028134544.jpg

 ちょうど仮設住宅から、お父さんが出てきましたが、挨拶しか出来ませんでした。

DSC02340.jpg

 前回、震災前の訪問はこちら

 月の浦にも降りてみましたが、家は1軒も無し、唯一建っていたのはプレハブの小さな番屋だけでした。

 そして侍浜、萩浜、小積浜。

DSC02343_20121028134543.jpg

 牡鹿半島の海辺は全て廃墟です。

 尾根を越えて、東海岸へ。

 途中にある森の中の、日当たりが悪そうなちょっとした平地には、数軒ずつの寂しい仮設住宅。
 真新しい電柱と引き込み線。プロパンガス、水や灯油のタンクも並びます。

 でも海の馬鹿野郎は、碧く澄んでいました。

DSC02345mo.jpg

 女川町に入って、塚浜の小屋取浜。

DSC02347.jpg

 稼働していない原子力発電所。

DSC02349.jpg

 だけど御存知の通り、核燃料はたっぷり保存されているのです。
 電力を産まない施設にも、多くの労力が必要。資本はもちろん電力料金。

 1m近く沈下した船着場。

DSC02353_20121028134649.jpg

 下は前々回来た時の画像ですが、流された家々だけは片付けられています。

R6249091.jpg

 でも、そこまで。

 五年後十年後も変わらないのかもしれない。

 東海岸を北上します。

 夏浜、飯小浜、野々浜、大石原浜、横浦、高白浜、小乗浜、角浜。
 悲しい位、海に依存してきた人達が暮らしてきた地名ばかり。

 そして此処に街があったことが信じられない、女川の浜辺、街の中心です。

DSC02356_20121028134649.jpg

 丘の上にあったから、なんとか残った女川町立病院の駐車場からの風景。
 海抜15mぐらいはあるように見えましたが、一階は浸水したそうです。

 ここから街があった地域全体を見渡すことができます。

 低地に広がる、津波の被災地域、その向こうの無事だった部分。残酷な線引です。

DSC02357.jpg

 女川は、非常に特異な現象、鉄筋コンクリートの建造物が、転倒するという現象が見られました。

DSC02355_20121028134717.jpg

 まだ幾つかが残されていました。

DSC02358.jpg

 震災後一年七ヶ月がたった、国内有数の港町、女川の街の中心です。
 関東に住む方でしたら、銚子や、焼津に匹敵する港町。

 政治家が、被災地の復旧復興を口にしますが、本音ではないということなんでしょうね。
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments


暗澹としますね。鎌倉から室町にかけても、このようなことが繰り返されたらしいですね。末世、末法ですね。だから新仏教が出たのですね。
きぬのみちさんへ
そうなんです。
今回のような大災害は、ある意味、政治家にとってはチャンスだったとも言えるし、打ちのめされた人々が宗教に依って救われるかも、と思ったのですが、どちらも私が予想したようには機能しなかったようです。

年末に同窓会がありそうですね。
22日なら出られそうです。
その時は、ロンドンの話を聞かせてください。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: