風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

くいだおれどすえ

 大槻ケンヂ氏のお兄様が、事故で亡くなられました。
 とても上手なカメラマンで、仙台にもよく来てくれて、何度も何度も仕事をご一緒に。

 とても残念で悲しいニュースでした。合掌です。



 京都に行ったら、何を食べればいいんでしょう。
 東京だったら、あまり意識せずに、地元にいる時と同じように、単に好きなモノを喰うんですけど。

 仏蘭西と同じで、レストラン(料亭や割烹)でディナー(京懐石)みたいなのが正式なんでしょうが、高級すぎ。
 京料理には、クレープリーや、ビストロに当たる場所が少ないように思います。そんなことないのかな。

 この日の昼は、結局三条で、何やら観光客向けっぽい店へ。

IMG_1343.jpg

 がんこ三条本店の二階、ひとりだけど個室の座敷(だけどテーブル席)に入れてもらい、はんなり京都弁の仲居さんにまず生ビを注文。

IMG_1341.jpg

 茶碗蒸しのがんこ御膳と、なんだか豆腐、生ビ込みで2000円ぐらい。

   IMG_1344.jpg

 御膳てのが、ビストロあたりにあたるのかも。

 例によってピンぼけ画像は小さめに。

   IMG_1346.jpg

 茶碗蒸し。

IMG_1347.jpg

 薄味です。

IMG_1348.jpg

 京都の魚料理は、ハズレが無いですね。

IMG_1345.jpg

 無難に美味しいランチでした。
 お勘定をしようとおもたら、中国人団体客の大量入館。

 夜はどうしようかと悩みました。

 昼間少し散歩したけど、ヨサゲな店は、高そうだし、結局朝飯だけ予約してた旅館で、夕飯も追加してしまいました。

 小奇麗なレストランのカウンター席にひとり。ほかのお客さんたちはお座敷でした。

 此処でもはんなり京都弁の仲居さんが、時々相手をしてくれましたね。

 学生時代、やっぱり憧れたのは(男はみんな同じだと思うけど)博多弁と京都弁の女の子。好きだったなぁ、青春の門や博多っ子純情。

 なにを、のみはりますかー。イイですねイイですね。

      IMG_1358.jpg

 お酒は、一本目が、佐々木蔵之介の実家、佐々木酒造の「美しい鴨川」。京都だけでの限定販売、これはストライク、好みでした。

 懐石料理と、会席の違いもわからない、私には贅沢な料理の数々。

IMG_1350.jpg

 肴はおばんざい彩々、上の画像で左上から時計回りで、滑子おろし和へ、柿とスナックエンドウの白和へ、丁字麩と九条葱のてっぱえ、舞茸と菊花のお浸し。

 そして、秋茄子と鰊の炊いたん。

IMG_1354.jpg

 胡桃豆腐 吹寄せ野菜。

IMG_1355.jpg

 いつも、食べ方がよくわからない、土瓶蒸し。

IMG_1359.jpg

 iPhoneで検索してみましたが、やっぱり良くわかりません。
 松茸も入っていたような気がします。

   IMG_1361.jpg

 旬の鮮魚、お造り。右下は湯葉ですね。

IMG_1362.jpg

 これは何でしょう。

IMG_1363.jpg

 五色田楽。

IMG_1364.jpg

 そして、毛蟹酢。

IMG_1371.jpg

 いと旨し。お酒二本目は、同じ佐々木酒造の、聚楽第。辛口でした。

IMG_1373.jpg

 そしてこれがメインディッシュかな。 

IMG_1366.jpg

 いろは(旅館の名前です)名物、A4ランク国産黒毛和牛の金平糖鍋。
 まぁ、すき焼きみたいな味付けですが、砂糖の替りに金平糖を使います。

IMG_1368.jpg

 見目麗しいけど、ちょっと入れすぎ。

 上は全部肉であるわけはなく、中は湯葉と豆腐と、葉っぱです。

IMG_1370.jpg

 味が染み込むように崩すと、普通の肉鍋に。

IMG_1375.jpg

 赤出しと京漬物に、キヌヒカリのご飯で〆。

IMG_1377.jpg

 貧乏性なので、デザートも食べてしまいました。グラスは水です。

IMG_1379.jpg

 夜が明けて、朝飯はバイキング。

 またまた色々取ってしまいます。

 右下は湯豆腐。揚げ物は湯葉です。

IMG_1398.jpg

 表面的やけど、一応京都を食べ尽くしたような満足感を得ることは出来ました。
関連記事
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: