風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

蘇ってくる '70

 さて、新町通を北へ。

IMG_0392.jpg

 これは珍しいのかな。

 京町家の建物ですが、醤油の醸造元です。明治12年創業の、澤井本店。美味そうです。

IMG_0394_20121020071115.jpg

 土蔵もなんとなく、京都らしく品がある雰囲気。

      IMG_0395.jpg

 車で来てたら買って帰るのだけれど。

 烏丸通に戻って、御所の西側を北へに行くと、赤レンガ造りの建物が沢山並んでいました。

      IMG_0396.jpg

 同志社大学ですね。礼拝堂は明治19年の建築だそうです。

IMG_0397_20121020071115.jpg

 大勢の学生たち。

 実は高校3年生当時、通っていた高校は自由な校風で、ほとんどの生徒は大学に進学するのですが、一浪が標準。特に男子は、クラスから二人しか現役で入学しませんでした。
 私もそのつもりで、志望を高めにしぼり、大学を4つ、予備校をふたつ受験したのですが、なんとなく浪人して、翌年は京都の大学を受験しようかと思っていたんですね。

 観光で来るよりも、学生として生活してみたかったと言うことでしょうか。

IMG_0399_20121020071202.jpg

 最初の三つの大学と、予備校ひとつは桜散る。
 ところが次の予備校と、発表がエイプリルフールにあった大学には合格したんですね。

 学費は、予備校のほうが五倍か十倍ぐらい高い。
 それで東京にある大学、自宅から通えるし、実は高校よりも近い大学に入学決定、クラスで二人のうちの一人になったのでした。まぐれだったと思いますが、まぁ親孝行は出来ました。自画自賛。

 そんなことを思い出しながら、もしかしたら此処で学んだかもしれないキャンパスを歩いていると、なんだか華やかな雰囲気。

IMG_0400_20121020071202.jpg

 いつの間にか同志社女子大になってました。此処はどう頑張っても入れなかったな。

 女子大の中を、カメラをぶら下げて歩くおっさん、危険です。

 なんとなく今出川通から、寺町通へ右折。通りの名前が、いちいちそそられますね。

 立派な門構えのマンション、さすが京都です。

IMG_0401_20121020071202.jpg

 画廊には、ビュフェの版画。

IMG_0403_20121020071201.jpg

 旅行者と思われる中年のご夫婦が、ビュフェに誘われて店に入って行きました。

 これは、同志社の創設者、新島襄と妻八重の旧邸です。

IMG_0405_20121020071201.jpg

 残念ながら見学は要予約、やんわりとお断りされました。

IMG_0404_20121020071201.jpg

 明治11年竣工。八重が86歳まで暮らしたお家です。
 代々木の巨大なスタジオに、再現されるかもしれないですね。

      IMG_0406.jpg

 河原町通。

 大正浪漫を感じさせる、丸太町東洋亭。

      IMG_0407_20121020071301.jpg

 創業者は大正時代に、19歳の若さで世界一周、仏蘭西で料理を学び、大正13年にこのレストランを開いたそうです。

 鴨川沿いに出ます。

IMG_0408_20121020071301.jpg

 二条から三条。

IMG_0409_20121020071301.jpg

 市民のオアシスですね。
 仙台の広瀬川もこんなふうになって欲しいと思っているのですが、府庁舎で案内していただいた方の説明では、もともと鴨川はもっと東を流れていたそうです。

IMG_0410.jpg

 平安京が整備されるに従って、流量がコントロールされ、位置も変わって、今の姿なんですね。

IMG_0412_20121020071300.jpg

 水量の変化が激しい急流、広瀬川では難しいのかもしれません。

 地酒屋さん。獺祭はどこでも人気のようですね。

IMG_0413.jpg

 ホテル近所の何気ないお寺の門。奥は幼稚園でした。

IMG_0414_20121020071345.jpg

 三条大橋。

IMG_0418.jpg

 学生時代、tsunaさんも一緒に、北海道で引っ掛けた、知り合った大阪の女子大生たちと、太秦に遊びに行こうと、京都三条で待ち合わせ。

IMG_0416_20121020071345.jpg

 彼女たちは当然のように嵐山の方の三条で待っていたのですが、僕らは迷わずこの辺りで待ってたんですね。
 会えるはずがありません。

IMG_0419_20121020071345.jpg

 いろんなことを思い出す、京都散歩でもあるのでした。
関連記事
テーマ : 京都  ジャンル : 地域情報

Comments

同志社
☆風写さんへ
岡山の友人“田中二三一”氏が、風写さんのブログをいつも見ているそうですが、今回の記事で「私もここの卒業です」との事。
いつも風写さんのブログを感心して見ているので、よろしく伝えてというメッセージでした。
なつかしい!
河原町丸太町。
若かりし頃、京都を旅する時、多分、丸太町教会にお世話になりました。
父方の親戚が嫁いだ教会。
その時、街を散策していた際、東洋亭を見かけた記憶があります。
そんな老舗だったのですか?

田中二三一さまへ
どうもありがとうございます。

同志社ですか、京都住まい、沢山思い出があるでしょうね。羨ましい限りです。
京都レポート、金曜日まで続く予定ですので、よろしくお願い致します。

なにか感じるものがありましたら、ぜひ直接コメントをお願いします。
コメントNameは、T231なんていかがでしょう。生意気言ってすみません。
kazuさんへ
丸太町教会ですか。
地下鉄より京阪の駅が近い、鴨川の東側ですね。

京都は仙台よりもずっと教会が多いような気がするというか、鶴岡や弘前と比べても、仙台は教会が目立たない街ですね。
何か歴史的な理由があるのでしょうか。

此処で密かにネタばらししますが、今回の旅の友は、ナカムラユキさんという方の「京都レトロ散歩」と言う本です。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: