風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

喰い倒れるもんか。

 大阪伊丹に着きました。飛行機も大阪も一年ぶり。リムジンバスで丸ビルに向かいます。

        IMG_1302.jpg

 昼飯は、昨年連れてきてもらった、新梅田食道街。食堂街ではありません。

 昨年撮った写真。

DSCN0086.jpg

 連れの大柄な同僚に、好きな店を選ばせたら、此処に決まりました。

   IMG_1305.jpg

 昔ながらの洋食屋さんですね。

        IMG_1308.jpg

 満席でしたが、5分ほどで着席できました。

        IMG_1306.jpg

 結構賑やか、サラリーマン、お年寄り、ワイン飲んでるお父さん、いろいろです。

   IMG_1311.jpg

 これ、おもろいと思いまへんか。

        IMG_1309.jpg

 夕方のランチとかもあるんでしょうか。

   IMG_1310.jpg

 日替わりランチを注文。
 ビーフ一口カツx2、野菜とエビの串焼き、サラダ、高野どうふ、スープ・ライス付き850円。

   IMG_1312.jpg

 仕事場に移動中、水陸両用観光バスに遭遇しました。

   IMG_1314.jpg

 一度乗らンとアカンな。

 茶屋町のTully'sで時間調整。

        IMG_1316.jpg

 おかげさまで、とても有意義な会議に参加しました。

 こんな映画も公開されるようです。

        IMG_1317.jpg

 ありがとうございます。

 懇親会を途中で抜け出し、再び新梅田食道街へ。
 ちなみに"旧"梅田食道街と言う街はなかったそうです。さすが大阪。

        IMG_1322.jpg

 大将は、立命館アメフト部のOB。

 白エビのかき揚げと、ハモの天ぷら。

   IMG_1319.jpg

 地酒は、東海地方のものが多いようでしたが、山形の十四代と惣邑も常備。

 JRのガード下なので、ガッタンゴットン、サラウンドBGM付き。

 炙り鯖の棒寿司、これが絶品。

   IMG_1320.jpg

 私は黒龍から惣邑。

 帰り際に、宮城の綿屋もおいて欲しい旨、お願いしてきました。

 ところで、昨日の記事にも少し登場しましたが、ANA国内線の機内誌「翼の王国」。

R6251046.jpg

 今月のグルメ企画が、なんとこの新梅田食道街なんです。

     R6251047.jpg

 20ページに及ぶ、一大特集。

R6251048.jpg

 読んでいるだけで、腹一杯になりそうです。

R6251049.jpg

 店はほぼ飲食店、おしゃれな店があるわけではないし、大勢で宴会が開ける店も無し。

R6251052.jpg

 ストレートに食に向きあう店主と、短時間勝負の通勤客。迷い込んだトラベラー。

     R6251054.jpg

 だけど、壱弐参横丁よりは、入りやすそうな店ばかりだし、優しそうな呼び込みのお母さんも居ます。

 実に大阪らしい横丁だと思いました。

R6251056.jpg

 スエヒロも載ってました。

R6251050.jpg

 旧国鉄の離職者の働き場所として始まった横丁のようです。

     R6251055.jpg

 梅田から新大阪は一駅、帰京前のお客も多いようでした。

 私も仙台駅前で呑むことは少ないのですが、大阪人にも意外と知られていない横丁とのこと。

R6251057.jpg

 次回は朝飯もトライしてみましょう。

R6251058.jpg

 現地でもらったパンフ、

  食道街1

 完全収録します。

  食道街3

 何でもありますよね。

  食道街4

 二階があったのには気づきませんでした。

  食道街2

 関係者のみな様、ありがとうございました。昨年の様子はこちら

 一人でホテルに帰る道に罠。

        IMG_1334.jpg

 らーめん上方麺三昧。

        IMG_1325.jpg

 なかなか、美味しそうな佇まいなんです。

   IMG_1327.jpg

 水は二杯目からセルフ、なんとメンマとキムチは、取り放題。太っ腹です。

        IMG_1328.jpg

 魚介系豚骨の醤油らーめん630円。

   IMG_1329.jpg

 太めのストレート麺です。

        IMG_1330.jpg

 飲み過ぎの胃には優しいスープ。

   IMG_1331.jpg

 美味しくいただきました。チェーン店のようです。

 更に帰り際、こんなお店を発見。

   IMG_1335.jpg

 誰かのブログで、見たことがあるよな記憶も。
 宮本武蔵が言えなかった子供が育って開いたお店とか。



 【追伸】サエモンさんの旧ブログでした。
関連記事
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Comments


 大阪人の食に関するバイタリティーと実質的な味の探求心には
頭が下がります。フグや串カツも安いのが特徴。トンカツよりも
ビフカツの方がメジャーだったように記憶しています。

 宮本むなし、明石で食べてきましたが、工夫がいっぱいのはんだや
みたいな感じでしたね。ネーミングも実に大阪人らしい。^^
梅田で近くで働いてる私も
参考になりました。(笑
関西にはよく来られるのですか?
次回、お時間がある時には是非、是非
サエモンさんへ
ずっと前に大阪人と話をした時に、聞いた一言が、今も忘れられません。

「不味いもんに、カネ払う奴の気ィが知れへん」
「食いもんは、美味くてなんぼ」

二言でした。
美味くない店、高い店は既に淘汰されてるんですね。

むなしの記事、リンクさせていただきました。
ケン坊さんへ
羨ましいです。

九州人で、奈良在住だとどうなんでしょう。
博多と大阪は、日本を代表する、東南アジア都市だと私は思ってますけど。

食道街は、どっちかと言うと、キタよりもミナミっぽいイメージもありますね。
そんなに詳しくないですけど。

大阪は、昨年今年と続けて行きましたが、2001年に仙台に来てからは、この二回だけですね、考えてみると。
次はたぶん再来年の10月です。異動がなければ。

その時はよろしくお願いします。異動がなければ。

ご無沙汰してます。
こんな居酒屋街を見ると「吉田類の酒場放浪記」を思い出します。
相変わらず健啖ぶりを発揮してますね。
kazuさんへ
あまり見たことないのですが、酒場放浪記にもこんな横丁が登場しますか。
どこも狭いので、カメラマンは大変だろうな。

最近は街に出て呑むことが殆どなくなり、こんな夜は月に1-2回です。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: