風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (2)  Trackback (0)

ここも駐車場か?

 10月になりました。1日は都民の日ですね。
 衣替え。

 近所の広瀬町にあった太白飴本舗。これは8月30日です。

IMG_0019.jpg

 以前の記事で紹介した通り、築130年の兵藤飴老舗が取り壊されることになりました。

 ついに9月12日、解体工事が始まっていました。

IMG_1153.jpg

 既に太白飴本舗の看板は外されています。

 南側の駐車場にユンボが入り、壊していくようでした。

      IMG_1159.jpg

 あっという間に無くなりそう。

IMG_1158.jpg

 商家と言えども、一般のかたのおうち、遠慮しつつ眺めさせていただきました。

      IMG_1155.jpg

 9月13日、意外とゆっくり、工事が進んでいます。

DSC00449_20120930160028.jpg

 作業員の会話は、関西弁でした。

DSC00450_20120930160146.jpg

 9月15日。

IMG_0253.jpg

 表側は裏通りですが、結構交通量が多いので、防塵幕が張られていました。

IMG_0256_20120930160146.jpg

 9月22日。

IMG_1213.jpg

 9月26日。

IMG_1222.jpg

 角っこにあった立派な庭木も伐採されていました。

 そして9月29日。

IMG_1227.jpg

 すべて更地に。

IMG_1228.jpg

 太白飴本舗 兵藤飴老舗 2012年7月31日(火)閉店(開店閉店サイトから引用)

 仙台市で唯一のあめ専門店「兵藤飴(あめ)老舗」(青葉区広瀬町)が7月末で閉店し、128年の歴史に幕を閉じた。老夫婦が二人三脚で切り盛りしてきたが、震災で店舗が半壊。後継者はなく、体調の心配もあって店を畳むことにした。すべて手作りの看板商品「太白飴」をはじめ、昔ながらの優しい味を惜しむ声が上がりそうだ。

■老夫婦で切り盛り

 創業は明治17年(1884年)。4代目店主の兵藤嘉夫さん(71)は「閉店は残念だけど、いつかこういう日が来るんだな、とは思っていた。震災で少し決断が早まっただけ」と話す。店番などを担当する妻の〆(しめ)子さん(73)が今春、体調を崩して2か月ほど入院。嘉夫さんも4、5年前から30キロの砂糖の袋を引きずるようにして運ぶようになっていた。

 創業時からの建物は、4枚のガラス戸に、陳列ケースが並ぶ昔ながらの店構え。戦争の空襲にも耐えてきたが、震災の揺れで壁が沈下し、あめ作りの作業台や機械が傾いた。

■太白飴

 売れ筋の太白飴は、蒸したモチ米に麦芽を混ぜて作った自家製の水あめが原料。砂糖を加えない自然な甘みと、軟らかい口どけが特徴だった。最盛期だった戦後の高度成長期には、しょうゆやニッキも含め15種類程度が店頭に並び、自転車で市内全域に宅配もした。近くの大崎八幡宮のどんと祭の夜は参拝客がひっきりなしに訪れ、午前3時頃まで営業する習わしだった。「あの頃は甘い物といえば、あめ。作れば作るほど売れた」と嘉夫さんは懐かしむ。

 1999年に81歳で死去した先代の父、巳三郎さんは頑固な職人肌で、あめ作りのことは息子に何一つ教えず、見よう見まねで覚えさせた。晩年、「お前の代で店は終わりにしろ。これ以上やっても無理だぞ」と言われた言葉が強く印象に残っているという。あめ一筋の店は40年ほど前まで市内に20店近くあったが、徐々に閉店するなどして兵藤飴老舗が最後になっていた。

■「技術消えてしまう」

 「ふわっとした独特の口どけと甘さを生む技術が消えてしまうのは寂しいですね」と嘉夫さん。建物は今月下旬にも解体が始まり、夫婦は近所のマンションに引っ越す予定だ
関連記事
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Comments


 おはようございます。

 台風一過で眩しい朝となりました。
10月1日の都民の火には河童のバッチが
もらえたのではなかったっけ。

 飴屋さんがまた一つなくなりました。
飴は日本古来の菓子なのに、現在には
通用しなくなったのでしょう。キャンディー
でさえ喜ぶ子供も減りましたから。

 何かに変化する時期を逸したようです。
煎餅や練り菓子と違って変化も難しそう。。。
サエモンさんへ
河童のバッジありましたね。
何かに参加するともらえたのかな、私はもらった記憶がありませんが、小学校から高校まで休みだったので、よく覚えている日なのでした。

兵藤飴本舗、もしもう少し大崎八幡の近くにあったら、生き残れたかもしれないと感じました。

大崎八幡の門前町とか、瑞鳳殿の坂道あたりに、老舗を移設して観光地チックにする手もありかも知れませんね。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: