風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: Car & Bike

Comment (2)  Trackback (0)

帯に短し褌に長し

 昨年フルモデルチェンジして、四代目になったスバル・インプレッサ。
 未だWRXモデルは発表されていないのですが、こんなのが先日発売されました。画像は無断借用。

01_20120927043208.jpg

 XVと言うタイプです。

 大学自動車部の時に、新宿のSUBARU本社広報部から、初代レオーネ4WDと、軽のレックスを借用して、長期北海道遠征に出かけ、同級生部員が厚岸のダートで見事そのレオーネをひっくり返し、広報車としては使えなくしてしまって以来、ずっと負い目を持ち続けているスバル。
 その時は肩まであった髪を、スポーツ刈りにして謝りに行ったり、1994年からは初代インプレッサWRXと、レガシィランカスター6を10年ほど乗り継いで、少しは貢献していると思うのですが、まだ完済はしていないかな。


 今は峠道および長距離ツーリング用のTTと、林道及び通勤用のジム兄ィの2台体制で、いわゆるカーライフをエンジョイしていますが、引退時期も近づき、そろそろそんな贅沢も見直さないと。

 なんて考えた時に、二個一にするには格好の車ですよね。ジムニーよりは燃費も良さそうだし。

476736.jpg

 初代のインプレッサには、グラベルEXと言う車高を上げたモデルがありました。

 その後フォレスターが発売されて、二代目インプでは姿を消しましたが、一昨年三代目インプに、XVが登場、四代目にも今回モデル追加されたのでした。

 レガシィにもアウトバックがあるし、フォレスターと、このXV、いずれも本格的なオフロード車というわけではないのですが、時々林道に入り込みたくなる程度の私には十分な最低地上高のモデルが、おそらく国内メーカーでも車種がもっとも少ない方のスバルに、三つもあるのは不思議です。

 濃い目のブルーメタリックもあります。標準アルミホィールのデザインは今一。

17_20120927043208.jpg

 惜しむらくは、普通のインプレッサスポーツの車幅1740mmに対して、XVは1780mmであること。広すぎるよ。
 オーバーフェンダーが2cmずつはみ出してるということでしょうか。

 イメージカラーのオレンジとルーフレールが被る、クロスポロ。

ecbae26baea86efa967a763e46d2ccfe.jpg

 こちらはホントにノーマルポロの車高を少し上げただけの車なんですが、サイズが4000x1710mm、丁度いい。しかし四駆がない。

 XVがこのサイズになれば買いなんすけど。

 私らの世代、若い頃にラリーカーに憧れていた人は、XVやクロスポロのように、普通の車の車高を上げたモデルに惹かれますよね。

 ちょっと前に自動車部の後輩たちと話をしてたら、全然違いました。
 今時のラリーカーは、200km以上で突っ走りますから、車高は上げません。むしろ重心を下げないとカーブが曲がれないと言うのです。
 下回りに色々工夫があるのでしょうね。

 ところで、ジム兄ィ用の ワンセグテレビ、バッテリーが衰えてきて、プリセットのメモリーが消えやすくなり、毎日自動スキャンしなきゃなくなったり、途中でフリーズしたり。

 仕事柄どうしても、車を停めて、TVを見る必要が有るときもあり、新調しました。

IMG_1218.jpg

 9000円位で買える機種なんですが、なんとフルセグも映るんです。すごい。

 走ってるときは見ないのでよくわかりませんが、仙台市内だと、ワンセグに切り替わること無く、結構フルセグで踏ん張っているようです。

      IMG_1219.jpg

 A.I.D.という心臓を賦活してくれそうメーカーの、AI-711HV。
 7インチなので、液晶はもちろんフルHDではありませんが、AC電源と、車用のDC電源ケーブル、アンテナ付属です。ただしバッテリーは非内蔵。アンテナも外部のみ。

 ところで私の小学校、男子高学年のスイミングウェアは赤ふんどしでした。
関連記事
テーマ : 新車・ニューモデル  ジャンル : 車・バイク

Comments

何処かで妥協
☆風写さんへ
100%満足できる車はなかなか出てこないでしょう・・
消去法で選ぶしかないかも・・・
最近の車は大きくなってきているので、どうも好きになれません。
私も4WDの車が大好きなんで、手頃なモノが出るのを待っています。
このXVも良さそうですが、いかんせんワイド過ぎますね(-_-;)
風写さんが言うようにホイールのデザインは?です。
LYNX☆さんへ
そうですね
パワーウィンドウとか、ドアの内張り、エアーバッグ、その他諸々、無くても良いんですけどね。

なんでそんな車ばかりなんでしょう。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019