風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (4)  Trackback (0)

School's out

 承前。
 大地の芸術祭のレポートですが、新潟の十日町・津南で開かれているメインのトリエンナーレではなく、秋田の山奥でひっそりと飛び地開催されている、イベントなんです。詳しくは昨日のレポ参照。

      DSC01873.jpg

 村の名前で検索すると、ちょっと暗くなるネタがたくさんヒットする上小阿仁村ですが、こちらはめっぽう明るいイベントでした。

パンフ裏

 八木山橋ならぬ、八木沢橋、総秋田杉造り、かな?

DSC01936.jpg

 これもインスタレーションではなく、生活用の橋、軽自動車ぐらいなら通れそうでした。

DSC01939.jpg

 自然とマッチした美しい橋。

DSC01941_20120816044259.jpg

 何やらいわくあり気な碑、文化十年とありました。

      DSC01942_20120816044259.jpg

 また、オニユリ。

DSC01945_20120816044258.jpg

 秋田生まれの澤田弦吾さん「痕跡 traces」

DSC01947_20120816044400.jpgDSC01948.jpg

 再び芝山昌也さんの「TANADA-yagisawa-(棚田-八木沢)」。

DSC01955_20120816044359.jpg

 豪雪地帯の農作業小屋をモチーフにしています。

DSC01954.jpg

 このあたりは使われなくなって、だいぶ荒れた棚田でしょうか。

 その前に広がる、杉舞台。本来なら稲が実っている場所ですね。

DSC01958.jpg

 期間中、様々なイベントが催されているそうです。

DSC01950_20120816044359.jpg

 打ち捨てられていた、はせがけ用の支え木。

DSC01959.jpg

 とうもろこしとトンボ。

DSC01963_20120816044508.jpg

 ジュンサイは無さそうな沼。

DSC01967_20120816044508.jpg

 ここにも、支え木。

DSC01968_20120816044508.jpg

 汗だくで、八木沢分校に戻りました。途中に自販機ぐらいあると思い込んでいたのが甘かった。

DSC01990_20120816044508.jpg

 やはりちょうど1時間かかりました。

 八木沢カフェで、アイスコーヒーを所望。【プロジェクト縁「EN」】が運営してくれています。

DSC01972.jpg

 生き返ります。
 久しぶりに学校の椅子に座りました。

DSC01976_20120816044629.jpg

 隣のお嬢さんたちは、サンドリヨン × 技和(ぎお)「北のスイーツプレートセット」。
 給食用の食器でしょうかね。

DSC01975.jpg

 分校の教室。

      DSC01974_20120816044628.jpg

 廃校になってしまったとは思えない、今も使われているような教室でした。

      DSC01986_20120816044628.jpg

 分校内にもインスタレーション。

 絵本作家の丸岡慎一さん、「ひとりぼっちの卒業式」

DSC01981.jpg

 陶芸家、田村一さんの「carnival portraits」。

DSC01982.jpg

DSC01984.jpg

 ニッポン画家、山本太郎さんの「松樹鉄鶴図」 。

DSC01979.jpg

 たっぷり懐かしい雰囲気に浸ることができました。ニッポンの夏。もうすぐ二学期。

DSC01988.jpg

 またもうすぐ、学校が始まっちゃう、悲しいような、ちょっと楽しみなあの切ない気持ち。



 さらに、アリス・クーパーの、スクールズアウト。日HKのステージ101でもやってましたよね。



 YASUさんごめん(なんのこっちゃ)。

 白い風車は、現代美術家、空気ひとしさんの、「風花~上小阿仁~」という作品なのでした。

DSC01970.jpg

 集落では、今後また村おこしのイベントを考えているようです。アイデア募集中。

 頑張れ八木沢。

 ちなみに、集落内は駐車場が限られているため、杉舞台でイベントがある日は、道の駅上小阿仁からシャトルバスが出るそうです。
 イベントの詳細はこちら

 再び国道285号五城目街道に戻り北へ。
 道の駅で買い物をして、右折。県道214号、福館阿仁前田線。快走路でした。
関連記事
テーマ : art・芸術・美術  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments


このシリーズ良かったね。行ってみたくなりました。
選曲も非常にグッド!

こんにちは。
よくこんなイベント見つけましたね。
企画する人達もすごい。

瀬戸内海の小島でやってるイベントというか、野外美術館?を思い出しました。
(テレビで見ただけだけど)

ところでHAPPY END、あの、はぴいえんど? いい曲だけど…
連坊さんへ
ほい
ありがとう

ぜひ行ってみてください。9月の連休まで。

その後、田沢湖の近くではこんなイベントもあります。
http://haikou-fes.jimdo.com/
ハイコーフェス3。
kazuさんへ
あの、はっぴいえんどだと思いますよ。
細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂。
かつては岡林信康のバックバンドでした。

このようなマイナーなイベントは、関東でも沢山行われていると思いますよ。
ただ、関東のマスコミは、地方のようにローカルネタを扱う枠が少ないため、情報が埋没しているのだと思います。


興味がある県など、地方自治体の観光HPを、マメにチェックしていれば、いろいろ見つかると思います。
私は、Google Newsをカスタマイズして、例えば、"風力"と言う単語が入ったNewsは毎日チェックできるようにしています。
http://support.google.com/news/bin/answer.py?hl=ja&answer=1146405

美術品の展示は、屋内だと撮影禁止になりがちですが、このように屋外展示だと、自由に撮影できるのが、私が好きなポイントなんです。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019