風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

オーシンツクツクの 夏 なんです

 ロンドンオリンピックが終わりましたね。
 私が生まれた年には、メルボルンオリンピックがあったそうです。

 東京オリンピックの年は小学校2年。
 メキシコが小6、ミュンヘンと札幌が高1。この頃は次のオリンピックが待ち遠しくて待ち遠しくて、4年という時間はとても長いものでした。

 モントリオールが、大2、社会人になった翌年がモスクワで、ドイツ時代にロスとソウル&サラエボ。
 4年という時間はどんどん早くなって行きました。

 ちょっと省略して、仙台に来てから、アテネと北京、そしてロンドン。
 ウインターゲームがズレたせいもあって、もう毎年のようにオリンピックが開かれている印象さえあります。

 そして次のリオの年には、還暦を迎えます。あと4年。小学校2年生が6年生になる時間。
 その時はあっという間にやってくるのでしょうか。

 今回のオリンピック、一番印象的だったのは、女子のサッカーでした。ブラジルとフランス、両方には到底勝てないだろうと思っていたからです。メダルを取れるとしたら、大津がいる男子のほうだと思ってました。

 先日の河北新報にこんな記事が載っていました。

RyuMurakami London2012

 サッカーにはとても造詣が深い龍氏(今年が還暦だ!!)の寄稿ですが、特に最後の二段あたり、大きく頷きながら読みました。

 オリンピックで本来争われるべき競技は、歴史が古い、陸上競技や水泳、レスリングやボクシングなどで或るべきだと思うのですが、私にとっては、なんといっても、圧倒的にサッカーのほうが、観ていて楽しいスポーツであることを確認した、今回の大会でした。



 三種から国道7号線を南下し、五城目に入りました。



 昔からとても気になる名前の町、朝市で有名らしいのですが、宿は里山に。

DSC01861_20120814105306.jpg

 本当に何もないただの山里、廃校になった小学校の跡地が隣にありました。

 いろんなセミが鳴いて、トンボが飛び交っていました。

DSC01860_20120814105306.jpg

 秋田は、どこに行っても菅江真澄です。

      DSC01863_20120814105306.jpg

 比較的新しい木造の建物、当然秋田杉でしょう。

DSC01871.jpg

 館内にはトイレ以外スリッパはなくて、みんな裸足で歩きまわります。

   DSC01858_20120814105947.jpg

 以下4枚は、宿の案内ページから無断借用。

DTsY4q.jpg ytPsqv.jpg

53768_1.jpg NL6VUz.jpg

 秋田県の海側では珍しい、硫黄温泉なんです。
 昼間から19時までかな、立寄り客が結構入浴しているのですが、その後は宿泊客専用。それでも22時まで。
 どうもいったん湯を抜くようなんです。

 いったん、泉質はヌルヌルだけど、硫黄の香りは弱めの温泉に浸かり、部屋でビールを呑みながらSG戦と五輪をザッピング。

 その後18時前に、もう夕飯タイムでした。国民宿舎っぽい待遇。

IMG_1005.jpg

 お皿がいっぱい並びます。

      IMG_1006.jpg

 上の写真の大食堂は満席で、私ともう一組の夫婦だけは隣の大広間。

IMG_1021.jpg

 どの部屋もふんだんに秋田杉が使われているようでした。

 お酒は300ccボトルが三種類。

IMG_1008.jpg

 五城目は山がちですが、海からもそれほど遠くないので、肴は山幸海幸が混じっています。

IMG_1011.jpg

 私にはちょうどいい。

IMG_1013.jpg

 もちろん旬のジュンサイもね。

      IMG_1017.jpg

 二本目は飲みきれなくて、お持ち帰りに。

IMG_1023.jpg

 夏でも、だまっこ鍋。

IMG_1022.jpg

 煮過ぎです。

 もう一度温泉を満喫して、女子バレーの3位決定戦、オリンピックを見ながら眠りに落ちました。

 この日も一日、良い天気でしたが、翌朝も晴れていました。
 爽やかです。
 


 朝は男子レスリング、そして散歩。

DSC01859.jpg

 源泉と神社。

DSC01870.jpg

 朝早くから草刈りのエンジン音が響き渡る、田園地帯。

DSC01864_20120814105814.jpg

 (たぶん)あきたこまち。出穂してました。

DSC01867_20120814105947.jpg

 朝風呂に入ったついでに、立寄り客用の休憩所に侵入。

IMG_1024.jpg

 こりゃまた立派。

      IMG_1026.jpg

 朝食は8時。

IMG_1032.jpg

 また腹いっぱい食ってしまいました。

IMG_1029.jpg

 この日は東へ向かいます。

関連記事
テーマ : 温泉宿  ジャンル : 旅行

Comments

「湯の越しの宿」?
☆風写さんへ
今回のこの宿かなり気になります・・・・是非一度行ってみたいです。
LYNX☆さんへ
毎晩湯を入れ替えるらしいので、湯残しの宿ではないんですけどww。

書いた通りロケーションはただの田園地帯(七ツ森のおさだみたいな場所だけど、おさだほど景色が良くはない)なんですが、気持ちのよい建物です。

ただ料金の割りに、料理はごく普通ですね。anegoの由良温泉と比べると特に。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: