風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (0)  Trackback (0)

裏庭には二羽庭馬が

 原町の朝は、みっちょんの冷製スープで、幸せな一日が始まります。

    IMG_0947.jpg

 まずは近所を散歩、すでに亜熱帯の空気。

 閑静な住宅街。おんまが、居ました。

R6250669.jpg

 いななくこともなく、しずかにおとなしく、いつもそこに居るように、繋がれています。

R6250687.jpg

 賢そうです。

 絆という言の葉は、此の綱が語源ですね。
 短すぎず、長すぎず、動く自由を縛ること無く、かと言って遠く離れないよう、微妙な塩梅が、半と言う旁(つくり)に表されています。

 藤棚にも馬たち。

R6250673.jpg

 この街では、強い絆で、馬と人々は繋がっていました。

 街なかでもあり、綱はちょっと短めではありますが。

R6250689.jpg

 まだ眠っているのでしょうか。

R6250686.jpg

 もうすぐ顔を長~~~くして待ってた、出番なんです。

 でもまだ眠いよ~~~。

R6250684.jpg

 少し前までは、本当にこのように街なかで、馬が飼われていたそうです。
 さすがに今は匂いの関係で郊外に移っているのですが。

 門馬さんのお宅。裏庭に馬が居る門馬家の、門。

R6250675mo.jpg

 この時期この地域、野馬追に出陣する家の門には、誇らしげに旗差物が掲げられています。

 それは郊外の農家でも、町内の住宅でも同様。

    R6250672.jpg

 門馬さんのお宅には5本、いや6本も翻っており、重要な家系であることが伺えるのでした。

        R6250682.jpg

 そうなんです。

 門馬家は、先代、当主、跡継ぎ、更に兄弟たち、多くの騎馬武者が野馬追の重要な役割を担当、当主は、中ノ郷の先乗り、先陣を預かる相馬家代々、侍大将の家柄なのでした。(YASUさん、推敲お願いします)

R6250691.jpg

 周囲のお父さんお母さんと会話を交わしながら、騎馬武者が来ます。

     R6250694.jpg

 異端者を見つめる、何かを問いたげな、またまた賢そうな眼差し。

 特に交通規制もないので、車が渋滞することも暫し。

 また普通の道なので、マンホールもいつものまま、上で騎馬がドリフトもします。危険。

R6250697.jpg

 当主は暑い中、多くの人達を手伝わせながら、準備中。
 取材陣も群がっていました。

     R6250679as.jpg

 先乗りの出陣を促すために、多くの武者たちが門前を訪れ、口上を述べます。

     R6250706.jpg

 これが、また実にカッコイイ。

 右に左に、暴れようとする馬をなだめながらの口上は、簡単ではありません。

 記録できなかったのですが、某HPを参考にすると、こんな感じ。

R6250702.jpg

 門馬軍師殿に申し上げますっ!

 陣中なれば馬上にての口上、平に御容赦願いますっ!

 門馬軍師付組頭 XXXXっ!

 只今定刻通り、お迎えに参りましたっ!

R6250701c.jpg

 軍師殿におかれましては本日の御出陣、

 真におめでとうございます!

 なお戦場地雲雀ヶ原本陣に進軍し、

 無事なる凱旋までお供させていただきますっ!

 以上っ!

R6250708.jpg

 おそらく雛形通りの口上を述べる武者がほとんどなのですが、一人、今回の震災の被害に触れ、鎮魂のための馬追になることを語った口上があり、また泣きそうになってしまいました。

 来年も見物ができたら、録音にも挑戦したいと思います。

     R6250722.jpg

 武者たちの中にも、家族や肉親を津波で失った人が居ます。

 お神酒が配られ、全員で相馬流れ山。

R6250718.jpg

 勇壮です。

R6250726.jpg

 狭い生活道路で見物するのは、かなり危険。いつ馬に蹴られても不思議ではありません。

     R6250728.jpg

 門馬大将の出陣です。

    IMG_0952.jpg

 いや~~~~カッコイイ。
関連記事
テーマ : お祭り&行事  ジャンル : 地域情報

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019