風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (4)  Trackback (0)

これもひとつのmeeting

 さて、こちらは南相馬市鹿島区のJAにある、北郷本陣。

IMGP0059.jpg

 相馬野馬追の行事予定表によれば、総大将お出迎えという儀式になります。

      IMGP0051.jpg

 本陣を張った北郷の副大将のもとに、宇多郷(相馬市)から進軍してきた総大将が合流します。

IMGP0052.jpg

 ところで、この伝統を受け継ぐ相馬氏とは、どのような人たちなのでしょうか。またまたウィキペディアから引用。

IMGP0057.jpg

 相馬氏は、下総国、陸奥国(後の磐城国)を領した一族である。桓武平氏良文流千葉氏の支流。

IMGP0054.jpg

 初代の相馬師常は鎌倉時代初期の武将千葉常胤の次男である。師常が父常胤より相馬郡相馬御厨(現在の鎌ケ谷市、柏市、流山市、我孫子市、野田市の一帯)を相続されたことに始まる。

 伝承によると師常は平将門の子孫である篠田師国の養子で、将門に縁の深い相馬御厨を継承させたとする。しかし、将門が本拠としていたのは、もっと北の豊田郡・猿島郡であり、相馬郡はその周縁部でしかない。相馬氏による相馬郡支配の正当化を図るためのこじつけとする見方もある。

      IMGP0078.jpg

 奥州の相馬氏は、遠祖・千葉氏が源頼朝から奥州に領地を受けた後、千葉一族・相馬重胤が移り住み、南北朝時代の初期は南朝が優勢な奥州において数少ない北朝方の一族として活躍した。南北朝の争乱が収まるとやや衰退し、室町時代後期に標葉氏を滅ぼしたものの、それでもなお戦国時代初期には、行方郡、標葉郡、宇多郡の三郡を支配するだけの小大名に過ぎなかった。しかし、武勇に秀でた当主が続き、更に独立心が旺盛で、奥州の大名・伊達氏、更に関東の大名・佐竹氏に対しても一歩も退かず、伊達氏とは30回以上にわたって抗争を続け、たびたび苦杯を舐めさせている。

IMGP0076.jpg

 やがて伊達政宗が現われ南奥州の諸大名が政宗の軍門に悉く降った時も、相馬氏は敗戦したとはいえ独立を維持し伊達氏と戦う意地を見せた。そして天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐に際し豊臣方について本領を安堵された。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては中立。豊臣政権時代に西軍・石田三成と親密であった佐竹義宣 の弟・岩城貞隆と婚姻を結ぶなどしていたため西軍寄りとみなされ、戦後徳川氏により一旦改易されたが訴訟を起こしてこれを凌ぎきり、再び本領安堵にこぎつけて近世大名として生き抜くことに成功した。
 その後も秋田に転封された佐竹氏とは養子を送りあうなどして補完関係を築いた。奥州相馬氏は福島県相馬地方を明治時代にいたるまで実に700年以上もの長い間統治したため、相良氏、島津氏とともに世界史上にも珍しい領主として知られる。


 すごいでしょう、同じ地域を700年以上統治しているんです。

      IMGP0081.jpg

 この北郷本陣では、総大将の軍勢の動向をチェックすべく、早馬が何度も送られ、状況が報告されます。

 表通りから副大将の本陣前まで、騎馬が疾走する姿を何度も見ることが出来る場所です。(ピンぼけ御免)

IMGP0073_20120731062333.jpg

 状況の報告や、上司からの命令(下知?)は全て古式さながら。

 三度目の早馬を送ったあとに、宇多勢の到着が報告されます。

      IMGP0083.jpg

 またまたカッコイイ騎馬武者です。

      IMGP0085_20120731061608.jpg

 続々とやって来ます。まさに、『世界一の馬の祭典』。

IMGP0087.jpg

 兜をかぶっていない人は、どういう御役目なんでしょうね。

      IMGP0090.jpg

 昔は実際に相馬市から進軍してきたのでしょうが、今は現代的な方法でバイパスはしているようです。

IMGP0091_20120731061725.jpg

 総大将もご到着。

IMGP0097_20120731061725.jpg

 相馬家当主の名代、現相馬市長です。

 記録によれば、この日の相馬市の最高気温は34度台。

      IMGP0098_20120731061724.jpg

 暑い中、本当にご苦労様なんですが、武者たちには、それ以上の喜びがあるのかも知れません。

IMGP0099_20120731061724.jpg

 纜を従者に握られた子供たちも多数。

      IMGP0103.jpg

 彼らも10年後には立派な騎馬武者に成長することでしょう。

IMGP0106.jpg

 沿道の皆さんはそれを見続けていくんですね。

      IMGP0108.jpg

 コミュニティが見守って、子供たちを導いていく、素晴らしい伝統です。

      IMGP0110.jpg

 伝統とともに、そこにあり続ける、階級社会のようなものも教わるのかも知れません。
 体育会系体験。

      IMGP0112.jpg

 どう頑張っても、どんなに野馬追が大好きでも、一生騎馬には乗れない子もいるかもしれない。

 それも人生です。

 騎馬武者たちが駆け抜ける道、マンホールにはカバーがかけられています。

IMGP0053.jpg

 蹄鉄が乗ると滑るんですね。

 ところで、騎馬武者には、女性もいるのですが、休憩時間の風景。

      IMGP0063.jpg

 歴史と現実の不思議な交差。
 騎馬武者の伝統を受け継ぐ娘さんは、少なくとも髪は染められないということですね。

 オジさんカメラマンたちのレンズが交錯しました。
関連記事
テーマ : お祭り&行事  ジャンル : 地域情報

Comments

助かってます?
☆風写さんへ
このように詳しい解説付きでレポしてくれるので、こちらとしてはとてもありがたいし、助かって?ます・・・
なかなか良いポイントをカメラで撮っているし・・流石ですね。
LYNX☆さんへ
次回のための自分用の記録なんです。
全て信用はしないでくださいね。

大将の出迎え、総大将が副大将を出迎えていたと、帰ってくるまでずっと思い込んでいたくらいですから。

風写さんのレポのおかげでスルーした儀式も観れました♪

それにしても暑かったですね。
私は1キロ半、汗をかいたようです・・・もう戻りましたけど(笑)。

楽しんでいただけたようで何よりです。お疲れさまでした。
みっちょんさんへ
まだ宮古ですか?

今回は本当にお世話様でした。
私は根なし草のようなものなので、故郷の良さを思い出した二日間でした。

その故郷を失なっている人達のことを思うと、悲しくなります。

ありがとうございました。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: