風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (4)  Trackback (0)

a vice-general

 これは、JR常磐線の線路。
 しかしどこまでも続いているわけではありません。

IMGP9989.jpg

 北は仙台から亘理まで、南は上野から広野まで。
 そしてこの部分、原ノ町から相馬の間だけが開通しているんです。

 そんな悲しい南相馬市鹿島区。
 道路に美しく着飾った馬たちが集まっています。

IMGP9990.jpg

 JRが途切れているからというわけでは、もちろんありません。

IMGP9992.jpg

 競馬の中継で見る、サラブレッド達よりは一回り小さいでしょうか。

IMGP9991.jpg

 すこおし、ずんぐりの馬もいますが、

IMGP0001.jpg

ほとんどは、よく引き締まった精悍な馬です。

IMGP9995.jpg

 そして、とてもおとなしい。
 知性まで漂ってます。

      IMGP9994.jpg

 触っても良いのでしょうか。

IMGP9998.jpg

 この日のために育てられ、鍛えられてきた、馬たちの晴れ姿。

IMGP9997.jpg

 そして、兜。

IMGP0002.jpg

 法螺貝が鳴り渡り、突然、武者たちの宴会場。

IMG_0924.jpg

 そうなんです。

IMGP0010.jpg

 ここは、鹿島区北郷にある、相馬家副大将の本陣。

 相馬家の国歌、相馬流れ山を斉唱し、出陣です。

IMGP0014.jpg

 騎馬行列。

IMGP0016.jpg

 想像していたのは、眼鏡を掛けたおじいちゃん達が、なんとか騎乗して、歩いていく行列でしたが、全然違う。

      IMGP0021_20120730213521.jpg

 もうとにかく、実にカッコイイんです。

IMGP0019.jpg

 凛々しいという言葉が、一番ピッタリかな。

      IMGP0022.jpg

 まさに精悍な馬と騎馬武者。

IMGP0036.jpg

 彼らを間近で眺められただけでも、ここまでやって来た甲斐があると感じました。

      IMGP0025.jpg

 相馬野馬追の始まりです。

IMGP0037.jpg

 胸を張って進んでいく武者たち、馬たちの表情までが、誇らしげに見えました。

      IMGP0028.jpg

 侍大将、軍師、伝令、先祖代々役目を受け継いで来ている男たち、馬はほとんどがこの日のためだけに育てられているのだそうです。

IMGP0040.jpg

 こんな伝統を受け継いでいる地域があったとは。

      IMGP0034.jpg

 行列は、威風堂々、総大将の元を目指します。

IMGP0042.jpg

 残されるのは、無数の草餅だけ。

IMGP0043.jpg

 我々は腹ごしらえ。

IMGP0049mo.jpg

 場所は、相馬市内の相馬総合卸売市場内にある、市場食堂なんですが、なんとなんとなんと、松川浦にあった「割烹の宿 文字島」の皆さんが、震災後避難しつつ開いたお店。

 知る人ぞ知る人たちが順番待ちです。

IMGP0047.jpg

 店内のテレビは、TBCを流してました。

 私は、一日遅れのうな丼。1200円。

IMGP0046.jpg

 こちらは名物海鮮丼、980円かな。

IMGP0045.jpg

 美味しくないわけがありません。
関連記事
テーマ : お祭り&行事  ジャンル : 地域情報

Comments


颯爽と歩く騎馬の姿、なんてかっこいいのでしょう。
馬は此の世で二番目に美しい生き物だそうです。来年は見に行きたい。
相当暑かったようですが、体重は減りましたか?(失礼)
うなぎ、まだ食べてなかった。私は土曜の牛で代用だな。日曜はよろうしく☆

野馬追いの馬はおそらく
アングロアラブですネ
簡単に言うとアラブ種と
サラブレットの混血です
このお祭りは見た事がないのですが
福島競馬場の馬場を走るのを見ました
なかなかの迫力でした
anegoさんへ
本当にかっこよかったです。

体重は少し減ったかな。
金曜日が人間ドックなんですけど。

うなぎももう年に一度ですね。
大名マークさんへ
馬の皮膚のすぐ下、全身の血管が浮かび上がっているのを間近に見てきました。

ぜひ一度、ご覧になって下さい。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: