風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (4)  Trackback (0)

捨てられないもの四

 久しぶりの捨てられないものシリーズ(こんなものもありましたね)

        L1010069.jpg

 14日木曜日は、県内様々な場所で松焚祭、どんと祭がありました。

 ご存じない方のために、得意のウィキペディアからコピペ。

どんと祭(どんとさい)は、宮城県を中心に呼ばれる祭りの呼称である。他地域では、左義長やドント焼き、婿投げ・墨塗りなどと呼ばれる。
例年1月14日に、神社の境内で正月飾りを焼き、御神火にあたることで一年の無病息災・家内安全を祈願する。県内各地の神社やお社で行われるが、県内最大規模のものは仙台市の大崎八幡宮の松焚祭(まつたきまつり)であり、全国的に知られている。


L1010063.jpg

松焚祭
仙台市都心部北側の北山丘陵西部にある大崎八幡宮で行われる年中行事で、300年の歴史があるとされ、仙台市の無形民俗文化財に指定されている。市内各地から当神社を目指して歩く、裸参りが特に有名である。

例年約10万人の人出で賑わい、神社前の国道48号と接続道路は交通規制がなされ、バスやタクシー以外の進入が出来なくなる。また、市内各地から、参拝用のバスの特別運行がなされる(仙台市電があった頃は市電の特別運行もあった)。

以前は20万人程度の人出があったとされるが、仙台都市圏の拡大や郊外居住者の増大により、人ごみを嫌った参拝客が他の最寄の神社のどんと祭に流れるようになったこと、また、成人の日が必ずしも1月15日ではなくなったことにより、その前夜のお祭りの意味もあったどんと祭に参拝しづらくなったことなどが原因となり、大崎八幡宮への参拝客は減ってきた。


L1010067.jpg

 と言うわけで、16時半に大崎八幡の御神火は、この巨大な正月飾りの山に移され、仙台の空を明るく照らすのです。

 今年は平日と言うこともあり、夕方の生番組を持つ全五局が生中継でした。

        L1010066c.jpg


 お茶の間のみなさんもハイビジョンテレビの前で心身ともに温まったことでしょう。大型テレビがあるのはお茶の間じゃなくてリビングかな。お茶の間って死語ですか? でも結構まだ使われているような。

 で、物を捨てられない私はと言えば、正月飾りなんてそもそも飾りませんが、初詣に行けば、何か記念品を買ってきたりすることもあるわけです。  

               L1010070.jpg

 六-七年ぐらい前までは毎年元旦ニューイヤー駅伝のあとに、豪勢に3-4時間も生番組をやっていたもので、何ヶ所か出す中継のうち、私は続けて竹駒稲荷神社担当。

 中継が事故なく上手く行きますようにと、破魔矢や熊手を拝領(?)したものでした。

 で、こんな綺麗で立派な記念品、私には燃やせません。

L1010068.jpg

 どんどん溜まっていくんです。

 縁起物を御神火にくべるのは、捨てるのとは違いますね。

 でも、本当にゴミを持ってきて投げる輩がいるのですよ。
 今年は仙台市内の愛宕神社のどんと祭で、電池らしきものが破裂して怪我人が出ています。
 実に怪しからん奴がいるもんです。
関連記事
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Comments

捨てないのではなく再利用
正月飾り、わが家は捨てないのではなく再利用します。なにしろ化学製品で出来ているので、エバーグリーンなのです。燃やすと有毒ガスがでますからね(言い訳)。
しかし、生木の門松は、近所の八幡さんで燃やします。この門松に使う松、花屋さんでも売っているのですね。あくまで生け花用として。ですから注連縄などのお飾り(?)はついていません。別購入。でも、正月の飾り物屋さんより立派で安い。新しい発見です。(それほどでもないか)
御神火にくべるモノ
昨日、会社に嫁さんからメールが来て、「厄払いの時に貰ってきた破魔矢は東照宮のどんと祭に持って行っても良いのか」と聞かれ、神社に聞けとも思いましたが怖いので言わずにネットで調べて、良いようだと返答しました。
電池は言語道断ですが、イロイロ考えるとバチが当たるのも怖いv-12ので、なかなか難しいもんですナ。

私の住み始めた多摩ニュータウンの地元氏神では、今日が「どんど焼」でした。社務所が開き(普段無人)、甘酒がふるまわれ、子供たちが長い竹棒に刺した団子を焼くようです。氏子はおもに旧住民だと思いますが、子供は新住民でしょう。円錐状に積み上げるのは、正月飾り、御札、だるまなどみたいです。

kazuさん
ぱんだ(親)さん
きぬのみちさん

いつもコメントありがとうございます

正月と小正月、重要な行事なんですね。
ずっと休みだと良いのに。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019