風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

湯のまち 誌のまち 花のまち

 雨の中、旧紫波郡役所をチラ見したあとは、下道を飛ばします。
 石鳥谷の道の駅あたりで4号線を逸れて、西へ。

 花巻には、多くの温泉場が点在していますが、たぶんその中では一番北に位置する、台温泉です。

IMG_0412.jpg

 盛岡の宿には、やや大きめですが、普通の家庭用の風呂しか無く、雨だったら帰りにどこかで温泉に入ろうかと思っていたのでした。

 精華の湯。

IMG_0867.jpg

 温泉宿は10軒以上あるようでしたが、唯一の立ち寄り専用施設。

IMG_0404_20120720045804.jpg

 露天風呂はありませんが、大きな窓に囲まれて、開放的です。冬場は雪見風呂ですね。
 
     IMG_0871.jpg

 ほのかに硫黄の香りがする、良いお湯です。

 隣にお蕎麦屋さんもありました。

IMG_0440.jpg

 あとで発見したのですが、おおさんお気に入りの店だったのでした。リンクさせていただきます。

IMG_0417.jpg

 濡れた髪を乾かしながら、ぶらり散歩。

IMG_0428.jpg

 すんばらしく立派な木造旅館がありました。驚き。

IMG_0414_20120720045951.jpg

 中嶋旅館と言うそうです。木造四層、天守閣みたい。
 BMWのバイクも居ますね。福島ナンバーだったかな。

      IMG_0416.jpg

 小雨だったので、レンズが曇っちゃってます。

IMG_0405_20120720045950.jpg

 閉まっている宿もありつつ、美しく整えられた宿も数軒、絵になります。

IMG_0439.jpg

 時々立ち寄り湯か、蕎麦屋にやってくる車以外、あまり人も車も通りませんでした。

IMG_0438.jpg

 本当に静かな谷間の湯治場。

IMG_0431_20120720050113.jpg

 花巻温泉や、志戸平温泉とは全く趣を異にします。

IMG_0435.jpg

 この温泉街を歩いてみたくて、来たようなもんです。

IMG_0437.jpg

 今もCMで活躍する、高校野球少年。

      IMG_0411_20120720045950.jpg

 一番奥まで行き、戻ってきたら木が倒れてました。

IMG_0419_20120720050112.jpg

 バイクなら通れるけど、車はちょっと無理な感じ。

IMG_0421_20120720050112.jpg

 上下の写真を比べてください。上が帰り、下が行き。

IMG_0407_20120720050210.jpg

 私が歩いたせいで、倒れちゃったのかな。ワイルド。
 近所のおじさんに伝えたけど、しっかり処理してくれたものか、心配です。

 奥の方の旅館に居た車たちが出られないかと心配もしたのですが、台温泉の道路は一回りできることをあとで知りました。

 車に戻り出発です。
 釜淵の滝というのを見る予定があったのですが、忘却。岩手医大花巻温泉病院のそばでしょうか。

 花巻市内を通り抜け、再び4号線へ。また北上に来たかみ。

 昼飯はラーメンにすることに。

      IMG_0878.jpg

 ラーメン屋「味噌家 がんこ亭」。味噌ラーメンだけで五種類程。

IMG_0876.jpg

 醤油ラーメンにするつもりで入ったのだけれど、結局これ、奥州ねぎ味噌ラーメン白。

IMG_0874.jpg

 ボリュームたっぷりでした。

 まだ仙台に帰るには早い。

IMG_0879.jpg

 再び雨が激しくなった中、奥州市に入ります。つづく。
関連記事
テーマ : 温泉♪  ジャンル : 旅行

Comments


中嶋旅館はあの佇まいと男風呂のみ露天の岩風呂が自慢です。
花巻勤務時代は一泊夕食付き6000円だったので、出張してくる人が来たら泊めたものです。
今は8000円ぐらいするみたいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
おおさんへ
なるほど
今度、冬にでも泊まりに行きましょう。
anegoさんへ
オープンで書いてくださいよ。
ツッコミ訂正大歓迎ですから。

他の人は気づいてくれなかったのかな。
直さないでおきますね。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: