風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (6)  Trackback (0)

おいしい戦利品

 先日のパスポートの記事を書いていて、思い出したことがいろいろありました。
 ブログを毎日書くことで、確実に記憶が活性化されているのが判ります。



 その中のひとつ。と言うかたくさん。

R6250425.jpg

 なんじゃこりゃ~~という感じですが、食器ですね、主にスプーン。

 フォークやナイフも混じっています。

R6250435.jpg

 そうなんです。

 航空会社の食器たち。これはJALですね。

R6250434.jpg

 新旧ロゴが混じっています。

 こちらは大英航空。

R6250431.jpg

 国際便で、食後、トレーを片付けるときCAに、初めての海外旅行に来たような素振りで、これ記念にもらえませんか? と聞くと大体もらえるんですね。

 スカンジナビア航空。

R6250430.jpg

 ドイツからだと、ロンドンやパリ、チューリッヒ・コペンハーゲンあたりは、ちょうど東京大阪ぐらいの距離で、一時間のフライトなんですが、国際線ですから必ず食事が出るんです。

 フィンランド航空とアイスランド航空。

R6250427.jpg

 例えば北イングランドの地方都市に行くのに、日帰りで、デュッセルドルフ-アムステルダム-ニューカッスル-ロンドンヒースロウーデュッセルドルフと言うルートで出張したことがあります。
 そうすると4便のうち3便が国際線ですから、3食が機内食なんですね。

 ポルトガル航空とオーストリア航空。

R6250428.jpg

 スプーンをもらえるチャンスが多いわけです。

 イベリア航空。

R6250433.jpg

 エールフランスと、アリタリアがないのは、プラスチック製だったからかな?

 これは珍しいと思います。バーミンガム・エグゼクティブ航空。

R6250432.jpg

 15人乗りぐらいの小さなジェット機で、全席エグゼクティブクラスという変わり種。
 CAはたった一人ですが、当時は珍しいフルボトルの紅白ワインを持って回ってくれてました。

 そしてもちろん一番たくさん乗った、ルフトハンザ。WMF製です。

R6250436.jpg

 当時マイレージシステムがあれば、世界何周できたでしょう。

R6250437.jpg

 こんなに沢山貰わなくてもイイと思うのですが、安上がり(と言うか只)のお土産にでもしようと思ったのでしょう。

 手前の二種類のスプーン。

R6250438.jpg

 奥が初期型で、手前が後期型。安っぽくなっているのが判りますね。

 グラスもありました。

R6250439.jpg

 スイス航空のグラスはひびが入ってしまっているので飾り物ですが、JALとルフトは現役です。

R6250440.jpg

 一つだけ航空会社以外のスプーンも見つけました。

R6250426.jpg

 バーデンバーデンにあるお得意様、ドイツ南西放送SWFのものでした。
関連記事
テーマ : ヨーロッパ旅行記  ジャンル : 旅行

Comments

几帳面と言うか・・・貴重
☆風写さんへ
綺麗に並べましたね・・・
全くと言ってよいくらい飛行機に乗らない私には、珍しいものです。
途中で匙(スプーン)を投げることなくよく集めましたね!
笑っちゃいました。
風写さん、ここまで数があると笑っちゃいますね。うちにもJALとルフトハンザがあって、現役で使ってますね。ナイフはあまり無く、スプーンとフォークですね。初出張がルフトでノイスでしたが、降りる時にも検査があるのを知らずに、「胸ポケットのものを出せ!」と言われ、スプーン、フォークにかなり苦笑いされたことがあります。
来週お会いできるのを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

ハハがコリアンエアーで塩胡椒入れの小瓶をダダこねてもらってきてましたが。
なるほど、もらえるものなんですね。

食器なんかは航空グッズ専門店や、空港関係のイベントなんかでも販売してたりします。
エンジン部品をカットした文鎮?とかと共に結構売れるみたいです。
LYNX☆さんへ
死ぬほどフライトしましたからね。当時は。

私は乗り物はみんな好きだし、ただ酒も飲めるので、イイ仕事ではありました。
Mikeさんへ
私もこんなにあるとは思いませんでした。
出してきてびっくり。

押し入れを発掘すると、ほかにもいろいろ出てきそうですが、それは老後のお楽しみ。
おおさんへ
そうですか
では、老後の小遣い稼ぎには良いかもしれませんね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019