風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (2)  Trackback (0)

8年間のスタンプラリー

 東北南部、梅雨入りしてしまいました。

 平成16年、2004年から律儀に使い続けていた、いわゆるおくすり手帳が、一杯になりました。次回に作り直しでしょうか。まさか二冊持ち歩かなきゃないのかな。

DSC00097.jpg

 それで何故か思い出したのが、我がパスポートです。

DSC00099.jpg

 80年代に、デュッセルドルフを拠点に、仕事とバカンスで、ヨーロッパ中旅行してたので、ご覧のとおり、スタンプだらけ。もちろん全部ビザと入出国証明です。

 当然期限切れ。

DSC00098mo.jpg

 それでなぜパスポートを思い出したかというと、下は西ドイツの労働許可ですが、結構でかいですよね。場所を食う。

     DSC00103.jpg

 ある時、2回目ぐらいの許可延長の時に、パスポートにまっさらのページがないからという理由で、許可申請が突っ返されたのです。ゲルマンですよね。

DSC00102mo.jpg

 それでパスポートは、日本領事館へ。 

DSC00101mo.jpg

 上のようになって戻って来ました。

 増補と言うそうです。これは1986年11月に、向こうで作った2冊目のパスポートなんですが、1982年に作った最初のパスポートは40ページだったのに、1986年のやつは24ページしかないんです。
 そのせいで足りなくなっちゃった。

DSC00100_20120609153335.jpg

 これはかなり珍しいでしょう。

 その後どうもルールが変わったようで、スタンプが一杯になったら、パスポートを作りなおす事が出来るようになりました。

 それからパスポートを更新しても、古い方にビザが残っていて有効な場合、当然ですが、新しい方と一緒に持ち歩く必要があります。大体はビザの期限はパスポートの期限に設定されるのですが、普通はその前にパスポートが更新されるわけで、しばらくは面倒なんです。

 あとはいろいろスタンプの紹介。

 これはハンガリーの入国ビザです。ブタペストで入国して、ヒゲシャロームで出国。

      DSC00104.jpg

 実はブダペスト出張中に、二日間休みができたので、一泊二日でウィーンまで鉄道旅行したんです。この時は大変なことがあったのですが、いずれ書き込みたいと思います。

 こちらは、フランスの入国ビザ。

DSC00106.jpg

 元々は、ドイツやイギリスと同じく、短期であればフランスはビザ不要だったのですが、80年代にヨーロッパで爆弾テロが頻発した時期があり、突然EC諸国以外の国民は、ビザを取れと言い出したんです。フレンチです。

 確かにシャルル・ド・ゴール空港で、不審物騒ぎに遭遇したことはありました。

 それまではこんな感じの入出国スタンプだけ。

     DSC00122_20120609153333.jpg

 発表されたのが、折しもイギリス南部のブライトンで展示会が開かれている最中。私と同僚は、西ドイツから、オランダ・ベルギー・フランス経由で、機材をトラック輸送する担当運転手で、行きはカレーからドーバーへ渡る最短フェリーで海峡を越えたのですが、帰りはドーバーから少し遠い、ベルギーのオステンデへのフェリーを使わざるを得なくなったのでした。
 函館から大間に行くはずが、青森まで行かされた感じでしょうか。

 国境が一箇所減ると、税関手続き(高価な電子機器を沢山積載)の回数も減って、少し楽になるんですが、このルート、前だか後だか忘れましたが、転覆事故があって、フェリーエイドのレコードが出るきっかけになった路線なんです。



 このマキシシングルは、もちろん買いました。

 2回目まではいかにも間に合わせのビザシールでしたが、3回目に取った時は小奇麗なシールになりました。

DSC00107mo.jpg

 えーと、これは今は亡き、チェコ・スロヴァキア共和国。

      DSC00108.jpg

 体調が悪かったかなにかで、誘われたプラハ市内観光をパスして寝ていた記憶があるのですが、結局その後一度も行けず。後悔しています。

 ルーマニア。ローマの国というくらいですから、イタリア語が通じるようです。関係ないけど。

      DSC00110_20120609170113.jpg

 ブカレストには、チャウシェスク後に二回行ってますね。

 こちらがもっとも頻繁に通った大英帝国。悪名高きパスポートコントロールの行列。

     DSC00113.jpg

 余りにも足繁く通う(多い時は月に4往復)ので、ブラックリスト入りし、いろいろもめましたが、通常3ヶ月滞在できるところ、1ヶ月限定になってしまいました。イングリッシュのやり方。

     DSC00115_20120609153515.jpg

 そんなに長居はしないよ。

 次にフランスと同じくらい、よく通ったスペイン。

     DSC00112_20120609153514.jpg

 アスタマニヤーナの国は、いつも優しく入れてくれます。エスパニョール大好き。上は出国印。

 その次はスウェーデン。

     DSC00116.jpg

 こちらもいつも紳士的でした。

 ポルトガル。

     DSC00114_20120609153513.jpg

 こちらは二回だけかな。女性の半分以上がマリアさんです。

 何度か通ったトルコのイスタンブール。

     DSC00117_20120609153512.jpg

 こちらはプライベート旅行の最中に、お金を払って記念にもらった、サンマリノのスタンプと印紙。

     DSC00109.jpg

 切手も有名ですね。

 これは珍しい、何度も行ったけど、たぶんこれだけ。オーストリアのウィーン空港。

     DSC00118_20120609153642.jpg

 たぶん日本から来た誰かと一緒で、そいつが欲しいといったので、ついでに私にもくれたか何かで。普通はわざわざ押しません。

 ちなみに、ドイツ、スイス、イタリアあたりも普段は、行けと手振りされるだけ、スタンプは無しです。

 ビザ用ではないページに押してるのは、これもトルコ。 

DSC00119.jpg

 ターキーです。

 狭いスペースにきっちり押してくれたのが、フィンランド。

     DSC00120_20120609153640.jpg

 フィニッシュの国民性でしょうか。

 こちらはデンマーク、デーニッシュはいつもきれいに押してくれるのが特徴です。

     DSC00121.jpg

 スタンプ台が優秀なのか。

 これはアイスランド。 

     DSC00123_20120609153639.jpg

 何も一番寒い2月に北極圏まで行かなくてもいいのに。でもホテルのバスルーム、お湯の蛇口から硫黄温泉が出たのにはびっくり。

 下は、左がギリシャで、右がユーゴスラビア。

      DSC00125_20120609153744.jpg

 ユーゴはまだ分裂前ですね。

 これも珍しい、オランダです。

     DSC00124_20120609153743.jpg

 アウトバーン上ですね。なんでスタンプをくれたのだろう。不明。

 イスラエルにも行っていますが、此処のスタンプがあるとイスラム各国に入国できなくなるので、別の紙にスタンプを貰い、パスポートに挟んでおきます。
 出国の時にはそれを回収しておしまい。だから残っていません。今なら写真を撮るけれど。

 そしてオマケは中華人民共和国です。

      DSC00111.jpg

 これだけは日本に帰ってきてから。
 この出張旅行の間に、母が他界したので、想い出深い記念になってしまいました。
関連記事
テーマ : ヨーロッパ  ジャンル : 海外情報

Comments

すごいスタンプ
風写さんお久しぶりです。 
私もUSA駐在中は南米でスタンプ(VISA)が一杯になり、増補しましたね。
ですが、ヨーロッパ組には負けますね。国の数が違いますね。
今度、仙台の展示会に参加する予定でおります。
Mikeさんへ
21日ですね。
楽しみにしています。

ヨーロッパですが、EU統一後はたぶんスタンプも減っていることでしょう。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: