風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

地平線黄金湖

 爽やかな滝道ウォーキングを終え、国道115号線沿いで、ちょっと早めの昼飯です。

DSC01327_20120603095937.jpg

 此処でこのあとのルートを考えるのです。
 最初は桧原湖から白布峠を駆け上り、米沢からさらに蔵王まで走ろうかとも思っていたのですが、それはちょっと無謀。

DSC01329.jpg

 短縮ルート案にしました。

DSC01330_20120603095935.jpg

 数量限定の、天ざる蕎麦1250円です。

DSC01333_20120603095935.jpg

 ちょっと天ぷらが多すぎ。

 ここから一旦猪苗代町の中心部を抜け、西へ。県道7号線を走ります。

 こんな場所を発見。

      DSC01340.jpg

 こういう案内は嬉しいですね。
 蔵王や鳥海山にはありません。どこからでも見えるからかな。

DSC01338.jpg

 その後もう少し走ったら、こんな場所。こっちのほうが絵になるけど、高圧線と鉄塔があるのでした。

DSC01345.jpg

 田植え直後の田んぼ。

DSC01348_20120603100100.jpg

 ウスバシロチョウ。
 アゲハの仲間なんだそうです。 

DSC01343_20120603100100.jpg

 黄色い花の名はよくわかりません。

      DSC01344.jpg

 山はやはり雪が残っている頃が絵になりますね。

DSC01350.jpg

 今度は磐梯山ゴールドラインを登ることにします。昨年とは逆コース。

DSC01351_20120603100058.jpg

 こちらも無料開放中です。

DSC01352.jpg

 やはり峠道は登るに限ります。

 山湖台から眺める猪苗代湖。 

DSC01354.jpg

 ゲレンデの途中のようです。

 そして磐梯山。

DSC01357.jpg

 まだまだ登ります。

 猫魔スキー場?の入口を過ぎ、尾根を越えたところに、黄金平という駐車場があります。
 この辺りの方向からだと、磐梯山の噴火口が見えるんですね。

 いつも写真を取りはぐれるので、他人様ののHPから無断引用です。

黄金平

 一番荒々しく見える角度になりますね。

 ここからが裏磐梯ということになります。

DSC01359.jpg

 定番ですが五色沼、ホテル五色荘の駐車場にTTを停めて、毘沙門沼です。

DSC01366.jpg

 実に肥えた鯉たち。

DSC01361.jpg

 こういった自然公園内の沼に錦鯉を放つというのはどうなんでしょう。

 ほかの魚類は居ないのでしょうか。

DSC01363_20120603100250.jpg

 こちらからの磐梯山も比較的ワイルドですね。

DSC01370_20120603100249.jpg

 そして今度は、磐梯吾妻レークライン。

DSC01371.jpg

 今年も無料開放全制覇です。スカイライン・ゴールドライン・レークライン。
 またまた磐梯山。

DSC01372_20120603100248.jpg

 これで概ね一周したことになりますね。

DSC01375.jpg

 またまたさわやかな新緑ルートでした。

DSC01378_20120603100246.jpg

 土湯峠から、福島西ICへ、東北道で帰宅しました。



 ルートラボのマップは、左上の-+のボタンをクリックすれば、拡大縮小が可能。
 右下の△を押せば、デモ走行が始まります。右上のボタンでスピードを変えることも出来ます。
関連記事
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Comments

鳥海山眺望
山形を走っていて、鳥海山が美しかったので撮りたかったのですが、良さそうな所は駐車が出来ず、山が見えないところに携帯電話エリアがあって閉口しました。
なんとか、道の駅の展望台に登って撮影しましたが、山形県にも考えて欲しいですね。
島根県の松江市では、嫁が島が見える夕日スポットに駐車エリアがあります。
青森の岩木山は、駐車エリアはなかったものの、農道脇に止めて撮影できました。
百日紅さんへ
庄内平野から鳥海山を撮るなら、田圃の畦道に車を入れるのが一番でしょう。
霞んでいますけど、http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=684197
酒田北港の北端に行くと、風車と日本海、一緒に眺められます。
http://gallery.nikon-image.com/134894965/albums/1007631/photos/
五色沼の話題で水を差すようですが・・・
☆風写さんへ
精力的にあちこち走っていますね!
五色沼とても綺麗なんですが、私にとってここは特別な場所なんです・・・
霊というかいつ行っても何かしら感じ、実際不思議な事が続くのですよ。
娘が小さい頃ここでボートに乗りまして、ボートの上で娘を撮ったのですが。。。
なぜかある方向から撮ったフイルムは真っ白に感光してしまうのです、それも他の写真は正常で飛び飛びに数枚そうなるのです(-_-;)
それにどうしても寒気(悪寒)がして我慢が出来ないほどになります。
その後何度か行ってますが水辺に近づけません・・・
綺麗な水の色なのに???
LYNX☆さんへ
ぜんぜん走れていませんよう。
半日のツーリングを三回に分けて書いてるだけです。
季節が良いだけに悔しい毎日です。

五色沼の件は不思議ですね。FTbのようなTTL測光のカメラですか?
毘沙門沼だけの話でしょうか。遊歩道の反対側の方は?
諸橋美術館はすぐそばですが、大丈夫ですよね。
不思議です(-_-;)
☆風写さんへ
RICOHのオートコンパクトカメラでした。
そうですあの沼だけの現象です・・・
あの沼に近づくとゾクッときます。
諸橋美術館は反対にとても好きな場所です、明るい感じで!
LYNX☆さんへ
露出計のセンサーがレンズのすぐ上とかボディに付いているカメラだと、カメラの持ち方に依って、指がセンサーを覆ってしまうと、暗いと測定され、真っ白な写真になりますね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019