風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (5)  Trackback (1)

お気に入りの、櫻並木

 昨夜の仙台。

DSC00905.jpg

 大きな満月が見られました。

DSC00903c.jpg

 次の新月が金環蝕の日ですね。

 さて、玉川寺をあとにして、庄内あさひICへ向けて、TTを走らせていると、一旦停止していたパトカーが背後に。
 しばらくテール・トゥー・ノーズで走ってましたが、いやらしいというか走っている気がしないので左折。

 そこはちょうどお馴染みの松ヶ岡開墾場でした。 

IMG_0600.jpg

 折しも櫻が満開。

DSC00870_20120503140205.jpg

 まさに、この日散り始めたぐらいのベストタイミングでした。ありがとう庄内警察。

DSC00856_20120503140204.jpg

 初めての訪問は、2009年夏。二度目は、一昨年、2010年のゴールデンウィーク

DSC00866_20120503140203.jpg

 三度目は2010年秋でした。今回が四回目。

DSC00860_20120503140202.jpg

 構内に車が入っているのが興醒めですが、良い所です。お気に入りスポット。

      DSC00855_20120503140202.jpg

 ぶっとい染井吉野。

DSC00862_20120503140312.jpg

 かなりの古木なんでしょうね。

DSC00864.jpg

 枝垂桜もありますよ。

DSC00871.jpg

 早く仙台に戻らなければならないことも忘れて、暫しぶらつきました。

DSC00859_20120503140310.jpg

 これを読まれている方、ぜひ来年は行かれることをお薦めします。

DSC00853_20120503140311.jpg

 山形道に乗り、いったん田麦俣のななかまど亭で蕎麦を食おうと思ったものの、満員のため諦め、昼飯抜きで、仙台に戻ったのでした。

関連記事
テーマ : 東北旅行  ジャンル : 旅行

Comments

染井吉野
染井吉野に古木はありません。
70~80年で枯れるからです。
朝日さんへ
コメントありがとうございます。
特にツッコミコメント、大歓迎です。

某HPによれば大正年間に櫻を植えたそうですから、ちょうど80年ほどでしょうか。
その染井吉野なら寿命が近いということですね。

ワシントンの桜は100年経ってるけど・・・
風写さんへ
アメリカ・ワシントンに、日本からソメイヨシノが贈られたのが100年前、今年、日本にさきがけて開花しました。一般的に寿命80年と言われてるのに…

都内有数の桜の名所、千鳥が淵の歴史には、明治時代に桜が植えられたとありました。
そうなんだ、と納得したのですが、80歳の桜守・新堀さんによれば、昭和30年代、ボート場整備のために歩道整備と共に桜の苗木を植えたそうです。
彼が、地方で100年以上生きているソメイヨシノを知り、環境が良ければ、長生きすることを納得されたようです。
排気ガス等の劣悪な環境にある桜の老木(古木とは言いません)は、樹木医の手で生き延びてますが、まさしく人の延命策と同じかもしれません。
どっちがいいのか・・・。
屋久島の縄文杉同様、樹齢2000年とも言われる山高神代桜(山梨)と聞くと、悠久の歴史を思わざるをえません。
こちらの寿命は、あとせいぜい20年か。



京都市の哲学の道の桜の様に、次々に植え替えられているからです。
クローンである染井吉野の極少数の突然異変の株は 例外 です。
NHKのニュースによれば






Trackbacks

管理人の承認後に表示されます
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019