風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 不健康

Comment (6)  Trackback (0)

何を食べればいいんだ

 会社の帰りに、ちょっと買い物をするのに便利だった御霊屋橋のローソン100が閉店してしまいました。
 そこそこ客は入ってたと思うけど、客単価安いもんね。

 でも、近所のお年寄りは、とても不便になったと思います。

 土曜日は人間ドックの結果が来たので、ローテよりは早めに罹りつけの内科へ。
 胃に小さなポリープがあるとのことだったので、また胃カメラを呑めと言われるのがユーウツでした。

 ほかにもいろいろ"B"やら"C"があったのですが、胃もスルーされ、結局コントロールすることになったのは、尿酸値。
 2012年から、8.0 → 7.7 → 8.2 → 8.2 。

 足の親指は時々疼くことは過去にもあったのですが、先日少しだけ腫れたのが、たいして痛みはなかったけど、軽い発作と判断されたようです。
 二週間痛み止めと湿布で良くなったため、これから投薬もしようと言う事に。

     IMG_9180.jpg

 フェブリク錠10mgを処方され、薬局で、注意書きをくれました。

IMG_9181.jpg

 まぁ頑張ります。

 そしてこの日は、年に一度の排水管クリーニングの日。
 うちはいつも土曜日の昼一です。

 少し早めに昼飯に。

  資料 IMG_7512.jpg

 近所の、もがみ野。

 初めて見る献立を発見です。牛皿だしセット、870円。ご飯が美味しいんです、この店。

IMG_9178.jpg

 だしが結構たっぷりなのが、痛風向きかも。

IMG_9179.jpg

 もり蕎麦は半人前だけだけど、結構満腹に。

 夕方、鈴木水産に買い物に行き、買って来たのは、アナゴの天ぷらと今シーズンの初サンマ刺し。

P1040609.jpg

 牛肉に、アナゴとサンマはどうなんだろう、尿酸値。

 ちょっと脂がのり過ぎです、今年の秋刀魚。どろっどろ。

P1040611.jpg

 ちなみに秋刀魚、一匹300円、刺身にしたのは400円でした。(税抜き)
テーマ : 食と健康  ジャンル : ヘルス・ダイエット

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

モダンカメラマンLⅩ

 夕べは、燕虎戦も、鷲獅子戦もとりあえず放っておいて、U18のアメリカ戦を見ていました。
 佐藤世那-郡司のバッテリーで完封勝利。気もちのいいゲームでした。オコエも清宮も脇役。

 そうするとスワローズもイーグルスも勝っちゃったりして。世陸も最後の方は見てました。

 久しぶりのカメラ紹介です。

P8280002.jpg

 2012年12月に購入した、Pentax K-5Ⅱs。先輩から譲ってもらったK-7から買い換えたものですが、もうK-3も出ていますね。

 どれも質実剛健なペンタックスらしいデザイン。

P8280004.jpg

 上面の大型液晶パネルは、フィルムカメラ時代のペンタックスが始めたように記憶しています。

P8280008.jpg

 本当はここにシャッタースピードダイアルが欲しいところ。

 いつかニコンかキヤノンのデジイチに移行しようと思いつつ、レンズの遺産があるせいか、ずっとペンタックスのまま。その間に旭光学はリコーに吸収されてしまいました。

P8280003.jpg

 ローパスフィルターレスデジイチの走りなんですが、その優位性を書こうと思っているうちに2年は以上たってしまいました。

 再生ボタンが左側にあるのは、ちょっと違和感。

P8280006.jpg

 2013年1月に訪れた、下北半島の寒立馬

IMGP0130_20131227080255dc0.jpg

 K-5Ⅱsで撮りました。

IMGP0101.jpg

 カメラの型番が、マイナーチェンジでⅡとか、sとかついていくのは好きです。

     P8280010.jpg

 去年の夏の信越ツーリング、上越高田の雁木。

IMGP5489.jpg

 高田城の蓮。

IMGP5537.jpg

 松本の旧開智学校や松本城安曇野と大王わさび農場禄山美術館その他
 そして、木崎湖の原始感覚美術祭

IMGP5822.jpg

 さらに、その続き、蔵の街須坂戸倉上山田温泉に、妙義山

 気合を入れて撮りたいときに、活躍してくれています。

 SONY α7は電子VFなのに対し、こちらは光学VFですから、バッテリーの持ちが良いはず。

P8280009.jpg

 先日の、赤川花火大会の時にも使用したのですが、パソコン大画面で、スライドショーで見てて、異変に気が付きました。

IMGP6306.jpg

 よく見ると、すべての画像で、同じ位置に火花が。

IMGP6306c.jpg

 いわゆるドット欠けとか、白キズとか言われる現象。

 撮像素子の欠損なんです。

IMGP6394c.jpg

 マニュアル露出で、ISO感度を上げて、レンズキャップして撮ってみると一目瞭然。

IMGP6488cal.jpg

 通常の写真で気が付くレベルではないのですが、花火のように黒バックだと、見えてきます。
 キャンプに行って天の川を撮ろうなんて考えていたので、早めに気が付いて良かったのかも。

 全部で10個以上発見できました。

 サービスに送らないかんかな、料金が高かったら、K-3Ⅱに買い替えか、いろいろ思いを巡らせながら、ネットで情報検索していたら、な、な、なんと、

P8240001.jpg

 カメラの機能で消せるのでした。

P8240002.jpg

 デジタルカメラと言っても、いまだに撮像素子はアナログ。
 微小な光電変換素子が、壊れていくのですね、一説によると宇宙線に弱い。

 そのドットを、プロセス段階で読みださないように処理するのです。隣の情報で補完する。
 長くプロ用のビデオカメラに接していましたから、その手のカメラでできるのは知っていましたが、まさか自分のデジイチでそんなことが、それも外部機器なしでできるとは、驚きました。

P8240003.jpg

 あっという間、数分で終了。

P8240004_20150828055229557.jpg

 2013年5月、仙台市郊外の定義山

     IMGP0463_20130526080423.jpg

 2014年の5月、仁賀保の金峰神社

IMGP5274.jpg

 いろんな場所で活躍しています。

 K-3Ⅱに買い替えたい気持ちもありますが。K-1を待ちましょう。
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

三十六景もまわりたい

 今朝の仙台も雨、洗濯物が溜まって居るので、今日も除湿機が活躍しそうです。

 ドライブ日和の日が少ないこのところの週末。それでも出かけたのは先週の日曜日、23日です。

P1040597.jpg

 仙台西道路から、国道48号をを山形方面へ。

 7月に山寺の後藤美術館に行った時に買った、YAMAコレ、やまがた夏の3美術館めぐりチケットの期限がこの日までだったのでした。

P1040599.jpg

 蔵の形がモチーフ、天童の広重美術館。数年前に一度訪問しています。

     IMG_9146mo.jpg

 歌川(安藤)広重の絵を、財政が苦しかった幕末の天童藩が、藩内で販売したため、天童に多くの広重による肉筆画が残っていたのだそうです。

     IMG_9143.jpg

 浮世絵は傷み易いため、管内の照明は、展示室に人が入った時だけ、自動的に点灯されます。

       P8230001.jpg

 やはり浮世絵は、広重と北斎です。

 ゴッホやモネに影響を与えた、ヒロシゲブルー。

 三館めぐりで、一枚ずつポストカードをもらいました。

       P8230002.jpg

 美術館の前には、将棋の駒屋さん。

     IMG_9147.jpg

 このバス停、仙台行のバスが出ます。

 入ったことはないけど、有名なお蕎麦屋さん。

     IMG_9149.jpg

 浮世絵美術館よりも、蕎麦屋の駐車場の方が倍以上広いんです。

 まだまだ昼飯の時間には早かったので、こちらのショールームへ。

IMG_9157.jpg

 最近注目されている、山形の木工を代表する会社ですね。

IMG_9150.jpg

 これは非売品です。

IMG_9153.jpg

 天童木工のエンブレム。

     IMG_9154.jpg

 残念ながら走れません。

IMG_9155.jpg

 座り心地抜群の安楽椅子たち。

IMG_9152.jpg

 欲しいなぁ。置き場所はないけれど。

IMG_9151.jpg

 カタログと価格表をもらってきましたが、手は出そうにありません。

 道の駅で買い物。公園にはミスト。

IMG_9158.jpg

 まだ腹は減っていなかったので、結局そのまま宮城県へ戻り、作並の手前と言うか、鳳鳴四十八瀧の駐車場にある、どうだんの里で昼飯です。

IMG_9166.jpg

 美味いんだな此処が。

IMG_9159.jpg

 もう温かい蕎麦も食べたい涼しい東北、鴨南蛮かなあと考えながら11:30、開店時刻を待って入店したのですが、冷たい蕎麦しかありません。

       IMG_9160.jpg

 超久しぶりな、天ざる。

IMG_9163.jpg

 1290円はちょっと高級です。

     IMG_9165.jpg

 半日のミニドライブでした。

テーマ : ちょっと、お出かけ  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

夏限定もそろそろ終わり

 スワローズが、ジャイアンツを三たて、チョー気持ちいい。イーグルスも久々に勝ちました。

 お盆休み明けの8月17日、ミニカレー+小鉢x2、250円。

IMG_9133.jpg

 小鉢はポテサラと金平ごぼう。

 18日は、ざるうどん+小鉢、360円+50円。

IMG_9134.jpg

 小鉢は、ナス炒め。

 19日は冷し担々麺、450円。

IMG_9135.jpg

 21日は、鶏ささみフライ定食500円。

IMG_9137.jpg

 小鉢は、アスパラ炒め。

 24日は、月見そば260円を食券で注文したのに、出て来たのはきつねそば300円。おばちゃんたちのコミュニケーションが悪い。

IMG_9167.jpg

 小鉢50円は冷めたもつ煮込み。痛風にはどうなんだろう。

 25日はいつもの豆腐ステーキきのこソース定食、460円。

IMG_9169.jpg

 フライドポテトが余計なんだけど、結局完食。小鉢はマカロニサラダ。

 26日は、ミニチャーハンと小鉢x2で、250円。

IMG_9171.jpg

 そして27日、麻婆豆腐丼440円。

IMG_9172.jpg

 いつもご馳走様です。
テーマ : 社員食堂  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

まぁヘルシーな方で

 もう窓を開けてたら、寒くて眠れないほど涼しくなっている仙台。
 夕べから春秋用の羽根布団をかけてます。

 そんな中、スワローズがジャイアンツに連勝、いい気持ちです。イーグルスは8連敗ですけどね。

 これは8月16日の日曜日。赤川の花火から明け方に帰ってきた日です。

 ガレージを訪問し、頭領と一緒に、南仙台へ。

IMG_9127.jpg

 以前とんかつ屋さんがあった店舗が、蕎麦屋になってました。時代の趨勢か。

 十割そば 柳生庵。やなぎう。

IMG_9129.jpg

 冷し肉そば(柔らか蒸鶏入)、928円。

IMG_9130.jpg

 頭領は、二色そば 韃靼 更科 天ぷら付 1252円。

IMG_9131.jpg

 美味しい十割そばでしたが、手打ちとはどこにも表示されていません。

     IMG_9132.jpg

 美味しいけれど、値付けが平日のビジネスマンたちには、ちょっと高めかな。

 そして、22日土曜日の昼、立町。

IMG_9139.jpg

 カッフェトムテが開店して、初めて昼に行けました。

IMG_9140.jpg

 土曜日のランチは、ボウルとカレーの二種類。

 これは、ドライトムヤムクンライス、だったかな。スープ付きで860円。

IMG_9141.jpg

 混ぜて食すべしと言う事だったのですが、お洒落なお店のカウンターで、けもけもするのは躊躇われました。

     IMG_9142.jpg

 客は私のほかにおしゃべりなおばぁちゃんが一人、帰り際入れ替わりで中年のご夫婦。

 道すがら、西公園のSL周辺、大分整備が進んでいます。

IMG_9138.jpg
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

希望の灯り

 仙台の夏が終わってしまいました。今日の最高気温予想は22℃。
 夏は一番好きな季節です。なぜなんだろう。

 小学校は、泳げない子がいないという記事がスポーツ新聞に載ったほどの学校でしたが、夏休みにほぼ毎日あったプールの開放は、あまり好きではありませんでした。確か一級から六級まであったグレード分けでは三級でした。
 近所でクワガタや、ザリガニ、オタマジャクシが採れたので、夏場は早起きしていましたね。

 中学高校はテニス三昧。大学生になっても、アルバイトの合間や、大学自動車部の遠征期間以外は、高校のテニスコートに通ってまいした。光化学スモッグの時代です。休憩時間に飲む、常温の水道水の美味かったこと。

 ドイツにいた8年間、日本人的な感覚での夏は、ほぼありませんでした。
 休みを取って、スペインやギリシャあたりまで行くと、気温は日本より高くなることもありましたが、湿度が低いんですね。

 年をとって嬉しいのは、着るものが少しで良いこと。
 旅行の時も荷物が少ないし、洗濯機を回す間隔も長くなります。乾くのも早い。

 夏の匂いが好きなのかな。香りではなくて匂い。

 ドイツや仙台には、ゴキブリが居ないのも◎。



 これは8月7日の昼飯。

 仙台七夕の期間中ですね。

     IMG_8896.jpg

 らーめんが700円⇒500円の割引サービス中だったのです。

     IMG_8897.jpg

 旨とろ味噌らーめん。最近ラーメンの頻度が下がっています。

IMG_8898.jpg

 この日は、クーポン券は発給されませんでした。

 エアコンが停まっていて、窓やドアが全開。

       IMG_8899.jpg

 これは20日。旨とろ味噌つけ麺、750円。

IMG_9136.jpg

 貴重な徒歩圏内の食堂です。

 ところで先日帰宅時に、十八番の前を通りかかったら、ひとつだけ、灯りがともっていました。

IMG_8900.jpg

 どうも10月に復活の方向で、親方がリハビリに励んでいるという噂、楽しみです。
テーマ : ラーメン  ジャンル : グルメ

Category: バスツアー

Comment (0)  Trackback (0)

ヒ・カ・レ・ミ・ラ・イ・ヘ

 岩手・秋田から帰ってきた翌日。15日でした。
 昼前にバスで仙台駅へ。空模様が怪しくなってきましたね。

IMG_9094.jpg

 いったん長町に集合し、昼飯を食べてから、バスに乗り込みます。

 昼飯中にしばらくにわか雨がありましたが、12時に出発したら晴れてきました。
 いきなり村田JCT手前から渋滞。お盆だな。

IMG_9098.jpg

 25人乗りぐらいのマイクロバスですが、新車みたいにとても清々しい車で、空席もありました。
 トイレはなし。

IMG_9100.jpg

 その後、天気は上々。

     IMG_9103.jpg

 しかし月山道路は渋滞。

IMG_9108.jpg

 月山インターから湯殿山インターの間が、脇道が狭いので高速と国道の車が一緒になって混むんですね。
 これなら最初から新庄経由の方が早いかもしれない。

 湯殿山インターから下道に降りて、道の駅月山に到着したのが、15;45。

IMG_9109.jpg

 その後ずっと下道で、庄内おばこの里こまぎで買い物休憩できたのは、16時半過ぎ。
 ポイントカードを使って食糧とワイン。

     IMG_9097.jpg

 鶴岡駅にほど近い、赤川河川敷に到着したのは、17:05頃でした。

 バスの駐車場は羽黒橋の南。そこから羽黒橋の下をくぐって、2-30分歩かされます。

IMG_9112.jpg

 17:45には桟敷席に到着。仙台から5時間半コースですね。

P8150001_20150821071900be5.jpg

 それでもまだ1時間以上、打ち上げまで時間がありました。

P8150004_201508210719022e4.jpg

 夕陽が沈んでいきます。

P8150005_201508210720071e8.jpg

 いい天気です、海に行けば夕陽が沈するところが見えたかもしれません。

IMGP6273.jpg

 打ち上げ場所にとても近いので、カメラの仰角はこんな感じで待ちます。

     IMG_9116.jpg

 本当はもう少し高くした方が、出来映えを確認するための液晶モニターが見やすくなるのですが、周りに遠慮(気が小さい)しました。

 ネットで予習し、機材はPentax K-5Ⅱs + シグマの12-24mmズーム。
 35㎜換算で、19-38㎜相当と言う我が家では一番引けるズームレンズです。この間までほとんど出番がないので、売り払おうかと思ってたのですが、救世主でした。

IMGP6275.jpg

 花火の画角は、打ち上がるまで分からないもんですが、いぎなり外してます。
 ほとんど真上で炸裂している感じ。

IMGP6278.jpg

 横に広がる花火はそもそも無理、縦位置にすれば、上下方向は最大の花火でも収まりそうですが、結局横位置固定に決定。

IMGP6288.jpg

 打ち上げ開始は仙台と同じ、18時なので、最初は空に明るさがのこりますが、じき真っ暗に。

IMGP6294.jpg

 赤川は、大曲と同じ花火競技会。

IMGP6306.jpg

 しかし必修科目はなく、割物花火の部と、デザイン花火の部、好きな方にエントリーできるようでした。

IMGP6327.jpg

 超広角レンズを斜め上に向けて撮影しているため、平行に上がる光跡が、先細りに写っています。

IMGP6330.jpg

 設定は、ISO-100、ピントは∞固定。

IMGP6333.jpg

 ホワイトバランス、今回は白熱灯で固定にしてみました。

IMGP6348.jpg

 AFとAWBを固定にすることで、シャッターレスポンスが良くなるはずです。

IMGP6376.jpg

 この辺りは割物の部ですね。

IMGP6393.jpg

 金平糖みたいな花火。

IMGP6398.jpg

 シャッタースピードは10秒前後、これが肝で、このために三脚使用は必須です。1/10秒ではありません。

IMGP6415.jpg

 そうすると絞りはF:8~11ぐらいになると思います。いずれもマニュアル露出ですね。

IMGP6419.jpg

 撮れ具合を見ながら、シャッタースピードと絞りを微調しています。

IMGP6420.jpg

 こうしてみると、カラフルな花火が増えていますね。

IMGP6462.jpg

 青や緑、10年前にはなかった色ではないですか?

IMGP6469.jpg

 いずれにしても19㎜相当レンズでも今回の位置(真ん中辺)では、全体が入りません。

IMGP6473.jpg

 桟敷席の最後列、桟敷席専用トイレの前あたりに三脚を立てて撮影している方々が居ました。

IMGP6477.jpg

 その辺りなら入りそう。桟敷席のチケットを買って後ろに立つのが、撮影にはベストなのでしょう。

IMGP6482.jpg

 次回のための、課題と言う事で。画像はNikonのフォトギャラリーにもアップしていますので、155枚のスライドショーをお楽しみください。

        P8150036.jpg

 約2時間のショータイムは終了、あっぱれな大会でした。

      P8150038.jpg

 30分以上かけてバスに徒歩で戻ります。

    P8150039.jpg

 駐車場から出る部分から、鶴岡市内も大渋滞。

 月山道路も同じ、庄内あさひから月山インターまでが大渋滞。

 寒河江サービスエリアが、朝の2時。花火終了から、5時間後です。

  IMG_9126.jpg

 仙台到着は朝の3時半。

 素晴らしい花火ですが、行きが5時間、帰りが6時間半(普通ならそれぞれ2時間半弱)のバス旅がネックですね、酒呑んで寝てるだけですけど。

 噂では来年は20日前後になるらしく、お盆時期から少し外れるので、少しは早いかも。
テーマ : 花火  ジャンル : 写真

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

鉄をアートにした男。

 上小阿仁を後にして、やっと仙台に帰る方向。

 県道214号をまず東へ。

P1040569.jpg

 秋田内陸縦貫鉄道沿いに走る、国道105号にぶつかって右折。
 南へ向かいます。

 比立内駅近く、道の駅あにに寄ってみましたが、混んでいたので近くの食堂へ。

IMG_9088.jpg

 食堂ゆさんこ。

IMG_9086.jpg

 チャーハン630円。味噌汁がついてました。

IMG_9087.jpg

 快適な105号線をさらに南下。

P1040571.jpg

 引き続き小雨模様です。

P1040573.jpg

 羽前中里駅を過ぎて、県道38号へ左折。

P1040575.jpg

 田沢湖畔です。

P1040585.jpg

 赤とんぼも湖を眺めていました。

P1040578.jpg

 やはり、大館や上小阿仁と比べると、とても観光客が多いですね。

 駒ヶ岳は見えません。

P1040581.jpg

 しかし、物おじしない赤とんぼ。

P1040583.jpg

 前回渋滞があったので、裏道で田沢湖駅方面へ。

P1040587.jpg

 国道46号に入って東へ。

P1040588.jpg

 仙岩トンネルを抜ければ、岩手県です。

P1040589.jpg

 最後の立ち寄り地は、岩手県立美術館。

IMG_9089.jpg

 ずいぶん前に一度来ています。

IMG_9091.jpg

 先日さんさを観に来た時に、駅その他に貼ってあったポスターがとても気になっていたのですね。

     P8220007.jpg

 フリオ・ゴンザレス。サッカーか野球選手のような名前。歌手?

 バルセロナの鍛冶屋の息子で、溶接もプロと言う彫刻家。ピカソやガウディにもつながっているアーティスト、これは良かった。

P8220008.jpg

 私も金工をやりたくなりました。

 盛岡と言えば、舟越保武。

      IMG_9090.jpg

 ほかにもたくさんありました。

IMG_9092.jpg

 明るい美術館です。

     IMG_9093.jpg

 盛岡南インターから東北道。



 暗くなってきました。

P1040591.jpg

 宮城に入ったら渋滞。

P1040594.jpg

 ラジオを聴きながら、のんびり戻ってきました。

P1040595.jpg

 暗くなってから、仙台に戻るドライブは珍しいんです。



二泊三日で約970㎞のドライブでした。
テーマ : ドライブ記  ジャンル : 車・バイク

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

遠くの物をとる方法

 涼しくなってきました。
 テレビでは、もう鍋物のCMが始まっています。作る人、いるのでしょうか。

 三年ぶりの上小阿仁のアートイベント、八木沢集落以外にも会場が増えていました。

 旧小沢田小学校です。廃校が使用されている会場が多いのは悲しい現実。

P1040568.jpg

 道の駅や、村役場にもほど近い村の中心です。

 三年前は八木沢の田んぼに並べられていた、皆川嘉左ヱ門の木彫り彫刻が、ありました。

P1040478.jpg

 3年1組の教室です。

P1040495.jpg

 はさがけの絵がいくつかありました。

P1040498.jpg

P1040477.jpg

 この山本太郎の絵は、前回は八木沢の分校跡にありました。

P1040492.jpg

 白田誉主也

P1040487.jpg

 やはりインドアは絵画中心。

P1040497.jpg

 一番楽しかったのはこれ。

P1040481.jpg

 「100〼詣展 in KAMIKOANIプロジェクト秋田2015」

P1040482.jpg

 by 秋田県内の若手アーティスト + 畠山耕一

P1040486.jpg

 造ってみたくなりました。 升を取りよせよう。

P1040484.jpg

 秋田には、土俵が多いですね。

P1040496.jpg

 もう一か所、別の会場。

P1040554.jpg

 旧沖田面小学校です。

P1040553.jpg

 おきたおもて。

P1040555.jpg

 こちらは展示と言うより、制作現場を見る会場。

P1040556.jpg

 アーティストのそばに行くのは、緊張します。

P1040557.jpg

 滝沢達史

P1040559.jpg

 アトリエでしょうか。

P1040558.jpg

 またまた阿部乳坊

P1040562.jpg

 本人ともすれ違いました。

     P1040561.jpg

 冬の上小阿仁でしょうか。

P1040560.jpg

 一番好きなのはこれ。

P1040563.jpg

 阿部乳坊「遠くのものをとる方法/How to reach」

     P1040564.jpg

 ちょっとダリの影響かな。

P1040565.jpg

 上小阿仁を後にしました。
テーマ : art・芸術・美術  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

ただ、ここに、有り続けたい。

 仙台はだいぶ涼しくなりました。
 育英が負けた瞬間が夏の終わり。

P1040474.jpg

 大館を後にして、鷹巣から国道105号です。

P1040476.jpg

 米内沢からは、285号線、五城目街道を走ります。三年振りの上小阿仁村。

P1040505.jpg

 萩形(はぎなり)キャンプ場の入り口周辺には、たくさんの黄色い旗。

P1040506.jpg

 またまた町道です。

P1040552.jpg

 過疎が進む秋田で、ただでさえ山の中の国道から、さらに9㎞谷を分け入るのです。

P1040550.jpg

 ちょっと開けた場所に廃校。ここに車を停め、歩きだします。

P1040509.jpg

 別府充貴??? 調査中

P1040510.jpg

 KAMIKOANIプロジェクトの始まりです。

IMG_9038.jpg

 三年前は9㎞の県道沿いに、ひっそりと咲いていた白風車、今回もそこかしこに。

     IMG_9041.jpg

 空気ひとし 「風花」です。

 野の花も迎えてくれます。

P1040518.jpg

 今年は、越後妻有のトリエンナーレイヤーであることは以前書きましたが、三年前のトリエンナーレの時に、飛び地開催を行ったのがここ上小阿仁村八木沢地区だったのです。

 その翌年から、単独で開かれているのでしょうか、今年は秋田県民文化芸術祭の一環の位置づけのようでした。

P1040512.jpg

 阿部乳坊 「マッシュハウス:八木沢に降る雪」

P1040515.jpg

 マタギと熊がシーソーに乗っている 「冬山」

P1040520.jpg

 長沢桂一

     P1040521.jpg

 「KAMIKOANI2014」

P1040526.jpg

P1040525.jpg

 ただのはせがけ。これ欲しいんです、庭があれば洗濯物掛けの支柱にしたい。

     IMG_9042.jpg

 打ち捨てられているものもあります。TTやジムニーでは運べそうもありませんが、そのうちに上小阿仁村に手紙を書こうかと思い始めているんです。

IMG_9043.jpg

 高橋直宏

     IMG_9044.jpg

     IMG_9047.jpg

 地元の秋田杉をチェーンソーで削った作品です。

     IMG_9048.jpg

 皆川善博

     IMG_9050.jpg

 これも長沢桂一

IMG_9054.jpg

     IMG_9053.jpg

 これは三年前と変わりません。芝山昌也 「Transfiguration-hasagake-2012」

     P1040528.jpg

 里山の石碑

     P1040530.jpg

 村の木橋には、森香織

IMG_9056.jpg

 「Over the rainbow」

IMG_9058.jpg

 これも芝山昌也

IMG_9060.jpg

 木村剛士 + 二宮涼

P1040532.jpg

P1040534.jpg

 杉山雅之 「ここに来しもの – Which has come 2015」

IMG_9062.jpg

 福永竜也 「ジャングルジム」

IMG_9065.jpg

 松本慎吾 

P1040537.jpg

 小雨が降りそうで降らない微妙な空気。

     IMG_9073.jpg

 また石碑とはせがけ。

     IMG_9076.jpg

 花

     IMG_9079.jpg

 かたつむり

     IMG_9080.jpg

 廃校の公民館に戻りました。

     IMG_9036.jpg

 カフェがあります。

IMG_9085.jpg

 田村一

P1040540.jpg

 さまざまなイベントが、九月中旬まで予定されています。

P1040546.jpg

 音楽祭も。

     IMG_9084.jpg

 馬喰町バンド、聞いたことがありますね、ジャズフェスかな。

 守村大

P1040538.jpg

 田附勝

     P1040547.jpg

 中に八木沢の写真が。

     P1040548.jpg

 三年前の訪問記録はこちら、その一その二

 詳細加筆執筆中です。
テーマ : art・芸術・美術  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

毛馬内こもせ通り、そして

 昨日は甲子園の決勝で、会社中仕事が手につきませんでしたが、残念ながら敗退。
 決勝までを念頭に置いて、二番手の百目木をもっと長く使っていれば、と思ったりしますが、そうしていたらもっと早く負けていたかもしれないし、結果論ですね。
 ついでにスワローズも、イーグルスも負け。

 貝梨峠を後にして、国道282号を西進。
 兄畑から県境を越えて、秋田県の湯瀬、鹿角花輪、そして毛馬内。

P1040463.jpg

 こみせがある商店街がありました。こもせか?

P1040453.jpg

 津軽黒石のこみせや、上越高田の雁木と同じ、雪よけのアーケード。

P1040459.jpg

 高田や黒石と比べると、新しめで小奇麗。

     P1040455.jpg

 歴史を感じるほどではないかも。

P1040458mo.jpg

 毛馬内は西馬音内と並ぶ、盆踊りで有名な街ですね。

P1040454.jpg

 ちょうど今週末でした。大曲の花火競技会と同じ週末だ。

     P1040456.jpg

 一度見に来たいですね。

P1040461.jpg

 ちょうどこの通りを練り歩くのかな。

P1040457.jpg

 安比でミスコースしたせいで、小坂に立ち寄る時間はなく、国道103号でハリストス教会がある北鹿を通って、大館へ。

 前回と同じホテルだったかな。

P1040464.jpg

 ちょうど目の前が墓地。お盆の前なので多くの墓参り客が花やお供えを持ちこんでおり、翌朝はカラスたちが大宴会でした。

 クラウンとボルボ850の間にTT、ちっこいなぁ、

P1040468.jpg

 ホテルには大浴場がありました。

     IMG_9011.jpg

 前に来ていたときは、温泉水を陸送していたのですが、システムが変わっています。

IMG_9013.jpg

      追伸:ホテルは前回と異なりました、前回はグランドパーク、今回はルートイン。

 今回、お盆時期と言う事もあり、晩酌セット付という変わったプランを選択しました。

IMG_9014.jpg

 比内地鶏料理のチェーン店、秋田比内や(偶然前の晩の久慈のホテルの隣にも支店がありました)で晩酌ができるコースだったのですが、風呂から出て寛いでいたら、フロントから電話。

 なんと秋田比内や大館本店、休みだったのです。なんちゅうプランニングだ。

IMG_9015.jpg

 それでホテル前の別のお店に、変更。

     IMG_9017.jpg

 秋田比内やよりも大衆的。

       IMG_9018.jpg

 お酒は二杯までどうぞと言われたのですが、これが一杯目の飛良泉。5月に朝散歩で、酒蔵の前を通りましたね。

       IMG_9020.jpg

 豪快に酎ハイ用のグラスです。

IMG_9021.jpg

 料理はきりたんぽコースに、焼き鳥でした。

       IMG_9023.jpg

 どうせ晩酌セットだから、肴も追加するだろうとふんでいたのですが、きりたんぽって腹にたまるんです。

       IMG_9027.jpg

 比内地鶏出し、痛風にはどうなんだろう。

 二杯目は地酒の北鹿。チェイサー付です。

       IMG_9025.jpg

 足りなかったら二軒目で、鳥刺しを喰おうとかも考えてたのですが、晩酌セットで酒も肴も十分。安上がりな夜でした。

IMG_9029.jpg

 ホテルに戻りましたがシャーロットは見当たりません。

      IMG_9030.jpg

 ぐっすり眠って、朝風呂を浴びて、朝食タイム、小雨模様でした。

       IMG_9033.jpg

 お盆時期の地方都市のホテル、4‐5人以上の大人数の家族、ご老人含む、が多いですね。

 里帰りもホテル泊まりが多いご時世なのかも。私も八王子に墓参りするときはホテル泊ですけど。

IMG_9032.jpg

 バイキング朝食には十六穀ご飯。

 最近のビジネスホテル、食後の珈琲をロビーや部屋にテイクアウトできるシステムが多いですね、好きです。

       IMG_9034.jpg

 結局夜徘徊も朝散歩もなしの大館滞在、国道7号でいったん秋田市方面へ。

P1040469.jpg

 途中鷹巣バイバスへ左折します。

P1040472.jpg

 天気は小雨が降ったりやんだり。

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

県道から林道

 甲子園の仙台育英、なんとあの早実に圧勝です。それも完封。
 今日は雨かもしれないらしいのですが、順延されなければ、投手力でちょっと不利な、東海大相撲戦。
 打たれたら打ち返してほしいものです。郡司がカギかな。

P8200008.jpg

 優勝すれば、もちろん春夏通じて東北勢の初優勝。泣いてしまいそうです。平沢大河、スワローズかイーグルスに入ってほしいですね。



 葛巻から岩手町を抜け、いったん県道17号で、寺田集落へ。右手に見える変わった山の形は、田代山でしょうか。手前はたばこ?

P1040431.jpg

 小さな集落に食堂を発見。ラッキーです。

IMG_8984.jpg

 全く客が居ない、まるかん。

IMG_8986.jpg

 おかぁさんがエアコンとテレビをつけてくれました。

IMG_8987.jpg

 ラーメンが目立つ品書きなんですが、健康に良くないので、蕎麦を探します。

IMG_8988.jpg

 冷やしたぬきそば、500円。

IMG_8989.jpg

 せんキャベツが乗っている珍しいそば。

     IMG_8990.jpg

 キリリと冷えた美味しい蕎麦でした。

     IMG_8991.jpg

 壁に飾られた山田洋二監督と、倍賞千恵子の写真。

IMG_9003.jpg

 謂れをおかぁさんにインタビュウしたのですが、半分も理解できませんでした。

P1040432.jpg

 町道や岩手広域農道で、JR花輪線の松尾八幡平駅方向へ。

P1040435.jpg

 国道282号にぶつかって右折。弘前方面ですね。

P1040437.jpg

 安比高原は、ゴルフ中継で安比GCには来たことがあったのですが、いわゆるリゾートの方に足を踏み入れたのは初めて。

P1040438.jpg

 平庭高原や葛巻高原と比較すると、ちょっと異質な空間でした。

P1040440.jpg

 目指したのはリゾートではなく、その奥に伸びる林道。

P1040441.jpg

 ツーリングマップルには特にダートとは書いていなかったので、TTで突っ込んでいったのですが、魚卵御覧の通り。

P1040443.jpg

 轍はないので、地上高が低い車でも走れるのですが、兄畑で再び国道に合流するまでは2‐30㎞あるし、今回は記念写真だけ撮って戻ることに決定。

P1040445.jpg

 次回、ジムニーで再挑戦します。

P1040450mo.jpg

 しかし帰宅してから地図を見返してみると、ひょっとしたらミスコースかも。

P1040448mo.jpg

 岩畑山の北側を抜けていたはずだけど、どうもいたのは南側。

 秘湯安比温泉方向に向かっていたようなんです。確かに他にも道はありました。

 そうとは知らず、いったん国道282号の安比高原入口まで戻り、弘前方面へ。

P1040452.jpg

 途中、面白い(と感じるのは私だけ?)ポイントを発見してトイレ休憩です。

     IMG_9010mo.jpg

 貝梨峠のパーキング。何か象徴的なモニュメントもありますね。

IMG_9006.jpg

 ここに、分水嶺公園があるのです。

     IMG_9009.jpg

 岩手と秋田の県境からは東に10㎞程の場所なのですが、此処が奥羽山脈上の分水嶺、太平洋と日本海、運命の分かれ道なのだそうです。

IMG_9005.jpg

 堺田の分水嶺公園と比較すると、打ち捨てられた感じ。

IMG_9004.jpg

 あまり興味を示す人はいないのでしょうね。

 毛馬内へ向かいます。
テーマ : ドライブ記  ジャンル : 車・バイク

Category: 博物芸術

Comment (2)  Trackback (0)

石に願いを

 今日はいよいよ仙台育英と早実の準決勝。
 現住地である仙台の高校と、本籍地が属する地域の高校と言う事で、ある意味幸せなのかもしれないけど、決勝で当たってほしかった。

 じぇじぇじぇの小袖浜から丘を越えて、野田駅へ。三鉄の駅であるとともに、道の駅にもなっています。

IMG_8978.jpg

 大学生時代、自動車部の北海道遠征の帰り、大間から東京に戻る途中に野田のYHに宿泊したのを覚えています。

IMG_8979mo.jpg

 その時はひたすら海岸沿いを南下して、次の宿泊地は野蒜の奥松島YHだった(私の初宮城)のですが、今回は北上山地を越えます。

P1040366.jpg

 県道29号線を西へ。白石峠は若干細いところがありましたが、ダートにはなりませんでした。

 快適な道を走り続けて、卯坂峠と角掛峠の間の集落に、こんな火の見櫓がありました。

     P1040367.jpg

 完全木造です。昔はみんなこうだったのかな。

     P1040368.jpg

 そして平庭高原へ。

P1040373.jpg

 ずっと白樺林の中を走ることができる、貴重なルートなんです。

P1040374.jpg

 ここで国道281号に合流します。

P1040377.jpg

 とにかく白樺だらけ。

P1040380.jpg

 森のそば屋がある、八戸川内大規模林道の入り口や、ウィンドファームの看板もパス、国道340号を横切って、さらに西へ。

P1040383.jpg

 葛巻町に入ります。
 ここでは取り締まりで切符を切られたことがあるので、ゆっくり走りました。敵の思う壺。

 サイトの容量制限の関係で、いったんここまでの走行ルートを表示します。



 ここで切ると、ちょうど二つの地図になるんですね。

 ほかにも楽しそうな道がたくさんある北岩手なんですが、TTだったこともありそのまま国道4号と交わる岩手町の沼宮内まで。

 石神の丘という道の駅に、小さな美術館が併設されているんです。奥野誠「生成1」。

     P1040384.jpg

 屋外美術館だけだと、100円、屋内にあるギャラリー込だと500円、なんですが、チケットは300円分のクーポンになっていて、産直市場や、レストランなどで使えます(備忘録)。

P1040390.jpg

 彫刻の森を散策します。上の画像、手前の作品は私向き、李相一「風(Wind)]

 沈丁花のような、良い香りがする綺麗な花木、何でしょうね。

     P1040386.jpg

 北田吉正「森の友達」。

     P1040387.jpg

 峯田義郎「風私考‐通り風‐」。

     P1040392.jpg

 良いですね。

 土田隆生「マ・マ・マ」。

P1040394.jpg

 平原孝明「飛んだ日」。

     P1040397.jpg

 姫神山が見える展望台です。手前は、東北新幹線の、いわて沼宮内駅。

P1040399.jpg

 田中毅「岳」。

P1040401.jpg

 ネルソン・カルドノ「ESPANTA ESPIRITO」。

     P1040406.jpg

 こちらは岩手山展望台なんですが、かろうじて東側(向かって左)の稜線が見えるか見えないかでした。

P1040410.jpg

 美しく整備された公園美術館です。

P1040409.jpg

 北島一夫「霊的果実」。

P1040413.jpg

 ルイス・ネウパース「月の山」。

P1040416.jpg

 これは壊れた誘導灯。

     P1040417.jpg

 坂井央也「響音」。

P1040420.jpg

 まだ、紫陽花が咲いています。

P1040424.jpg

 ほかにも石の彫刻がいろいろ。

P1040422.jpg

 ブルーベリー園や、野外劇場までありました。

P1040425.jpg

 屋内で特別展示されていたのは、伊藤馨一の彫刻でした。
 佐藤忠良の弟子。花巻生まれで、今は大船渡で創作活動をしているそうです。

IMG_8982.jpg

 素敵でした。

 クーポン券を使って産直野菜と葛巻ワインを購入し、さらに西へ向かいます。
テーマ : art・芸術・美術  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

初めて走るルートでした

 久慈の市街を後にして東へ。

P1040318.jpg

 小袖海岸の赤浜展望台。

P1040315.jpg

 海岸沿いの県道268号は、だんだん細くなって行きます。

P1040320.jpg

 美しい海、対岸は弁天鼻でしょう。

P1040322.jpg

 あまちゃんを放送していたころ、この細い道を通るのは大変だったでしょうね。

P1040323.jpg

 久慈にも浄土ヶ浜がありました。

P1040325.jpg

 車を停める場所も、あまりありません。

P1040324mo.jpg

 停めて写真を撮る人も、ほかにはいませんが。

P1040330.jpg

 兜岩。角まで天然なのかな。

P1040331.jpg

 走り続けます。

P1040338.jpg

 これは、つりがね洞。

P1040335.jpg

 美しい天然の造形、道路は自然を破壊しています。

P1040333.jpg

 でもそのお陰で観光ができる私。

P1040340.jpg

 小袖に到着です。

P1040347.jpg

 ドラマでは北三陸鉄道の駅があるような設定でしたが、実際の小袖は、三陸鉄道の路線からはかなり離れており、バスか車でないとたどり着くことはできません。

IMG_8974.jpg

 港の駐車場には、誘導係が何人もいました。

P1040348.jpg

 海女センター、着いた時には閉まっていました。

P1040355.jpg

 その前が、あのドラマで何度も出てきた、入江です。

P1040351.jpg

 あきちゃんが何度も潜った青い海。

P1040350.jpg

 優しくて怖い海。

P1040349.jpg

 ウニも見えますよね。

P1040353.jpg

 あきがジャンプした防波堤。

P1040363.jpg

 9時ちょうどに、またまたあまちゃんのテーマが鳴り響きました。

P1040360.jpg

 今日も一日頑張りましょう。

     P1040357t.jpg

 これはこれは。

P1040356.jpg

 いただくしかありませんね。

IMG_8977.jpg

 一個700円。すべて食べ終わっても、まだ動いてましたよ。
 痛風にはどうなんだろう。

P1040364.jpg

 久慈市内に戻るのは大変そうなので、野田方面に抜けて、山へ向かいます。
テーマ : 岩手県の話題  ジャンル : 地域情報

Category: 街角探検

Comment (10)  Trackback (0)

あまロスシンドローム

 久慈の宿に着いて、シャワーを浴び、リラックスしてから、居酒屋探し。

 あまちゃんに出てくるエキナカカフェのモデルの店もあるらしいのですが、結局ホテルの周辺を一回りして此処に決定。

     IMG_8954.jpg

 ラーメン店ではありません。

 久慈の次郎だけど、仙台四郎。

IMG_8968.jpg

 のみ比べセットは、選択可能なんです。一つは、唯一の地酒、福来にします。

IMG_8955.jpg

 突き出しはモズク奴。

IMG_8958.jpg

 呑み比べ、黒龍いっちょらいと、画像はないけど豊盃の”ん”。

     IMG_8956as.jpg

 みんな旨いです。

 刺し盛り。

IMG_8960.jpg

 雲丹は痛風にはどうなんだろう。

     IMG_8962.jpg

 串焼き盛り合わせ。レバーとかはまずいのかも。

IMG_8969.jpg

 以降はこれ、地元の福来、涼霞。

IMG_8964.jpg

 旨いです。

     IMG_8965as.jpg

 〆は五カンにぎり。

IMG_8970.jpg

 ご馳走様でした。

 ホテルの部屋に帰ったら、なんと奇遇。

P1040246.jpg

 岩手放送で、先日の盛岡さんさの収録番組をやっていました。

P1040249.jpg

 途中から見たのですが、主に三日目の踊りでした。

P1040252.jpg

 毎年賞取りの中心は、大学チームのようです。

P1040274.jpg

 人数が多いな。

P1040266.jpg

 翌朝は、恒例朝散歩。足も痛いし、控えめに。

P1040278.jpg

 やはりあまちゃん一色です。

P1040277.jpg

 北三陸駅のモデル、三鉄久慈駅。

P1040281.jpg

 カフェはありませんが、この部分はドラマセットそっくりですね。

P1040284.jpg

 ホームには様々な列車がシリーズに並んでいました。

P1040290.jpg

 10年ぐらい前に、函館から、八戸経由で久慈まで来て、三鉄に乗り換えて宮古まで行ったことがあるのですが、乗り換え時間が3分ぐらいしかなくて、久慈駅をゆっくり眺めたのは初めてです。

P1040292.jpg

 ドラマでは観光協会が入っていた建物。

P1040283.jpg

 駅前デパートという名前ですが、もう営業はしていないみたい。

P1040280.jpg

あまちゃんハウス。ドラマのセットなどが展示されているそうです。

   P1040300.jpg

 これは琥珀のショップかな。

P1040297.jpg

 面白かったのは、此処。ほっかほか弁当に、ウニ丼がありますよ。

   P1040288.jpg

 朝7時ちょうどに、商店街のスピーカーから、あまちゃんのテーマが鳴り響きました。

P1040293.jpg

 朝なのでシャッターが閉まっている店ばかりですが、車通りも多く、活気がある町でした。

     P1040295.jpg

 あまちゃん効果はあるのかな。

P1040296.jpg

 ホテルに戻って朝飯。満席というわけではないのですが、バイキング式の動線と言うか、構造的に問題があり、妙に込み合ってました。

P1040303.jpg

 早々に平らげて、部屋に戻ったら、BSで、あまちゃんを放送中。

P1040307.jpg

 残念ながら東京編でした。

P1040310.jpg

 たっぷり薬を飲んで、足の湿布を貼り替えて、今度はまれを見てから出発です。

P1040312.jpg

 今日は晴れますように。          どんどはれ
テーマ : 岩手県の話題  ジャンル : 地域情報

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: