風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (2)  Trackback (0)

年越し

 承前。
 フェリーターミナルからシャトルバスで函館駅へ。

 大雪の青森からやってくると、まず積雪が少ないのに驚かされました。
 函館は太平洋側なんですね。

     IMG_6698.jpg

 それでも、ちょうど雪の降り始めでした。

 案内所でバス市電カードを求め、市電に乗ります。

P1000332.jpg

 仙台のバスみたいにカードがあると市電も楽ちんかと思いましたが、乗り口にはカードを通すマシンはなく、整理券を取って支払い時に、ワンマン運転手が処理してくれる感じでした。

 ちょっと早めでしたが、荷物があったので、まずはお宿へ。

     IMG_6699.jpg

 青森から傘を持ってくるのを忘れたので、雪まみれで湯の川温泉です。

IMG_6700.jpg

 青森も函館も、雪が降っても傘をささない人、結構多いですね。欧羅巴もそうでした。

 早めにチェックインさせてくれたので、荷物をおろしてまずは温泉掛け流しへ。

宿のHPから借用spa01.jpg

 温泉旅館というよりも、温泉浴場付きビジネスホテルと言った宿でしたが、雪も強くなってきたし、傘を借りて近くのコンビニで買ってきたビールとスナック、ネットもつながるし、がんがん暖房を入れた部屋でまったり。

P1000184.jpg

 まぁ、観光しまくるのが、休みというわけでもないし。

 結局、何処にも出かけず、2014年最後の晩餐です。

IMG_6701.jpg

 豪華というほどではありませんが、私には充分。

 冷酒を一本。

IMG_6703.jpg

 あとで画像を見たら、2013年製造やん。

IMG_6704.jpgIMG_6705.jpg
IMG_6706.jpgIMG_6709.jpg

 肉鍋の火が、着席する前から点いていたのが残念。

IMG_6710.jpg

 年越し蕎麦も出してくれました。

IMG_6707.jpgIMG_6711.jpg

 雪さえ降っていなければ、箱館山の夜景でも見に行けたのですが、結局デブ性。

宿のHPから借用spa01.jpg

 温泉に入って、チューハイ飲んで、ボクシングと紅白をザッピング。
 いつも通り年を越す前に寝てました。

 zzzzzzzzzz...新年。

 未明に起き出して珈琲飲んだり、また温泉。

 空を見たら星が見えたので、浜に出てみることにしたのでした。

P1000187.jpg

 湯の川温泉は南側が海と砂浜です。函館湾内ではありませんが、津軽海峡。宿から数分歩けば、浜に出られます。

 6:50。

P1000185.jpg

 夏は無理ですが、冬場なら日の出が見えるはず。高級旅館なら露天風呂や、部屋からも見えるんでしょうが。

 7:02。

IMG_6714.jpg

 気嵐が幻想的でした。

P1000188.jpg

 箱館山は西側にあたりますが、標高があるぶん早く見えるかも。

P1000189.jpg

 もちろんかなり寒いです。温泉で温まった体を完全装備で保熱。

 7:09。

P1000196.jpg

 星座アプリで調べた限り、このあたりから上がるはず。というか、日の出時刻は7:02だったので、もう上がっているはずか?

 7:20。

P1000203_201501080615500dc.jpg

 7:22。

P1000207.jpg

 出ませんねぇ。7:23。

P1000212.jpg

 7:25。

P1000217.jpg

 7:27、ん~~もう少しか。

P1000228.jpg

 7:29。

P1000241.jpg

 7:30。 まだまだ。

P1000244.jpg

 でた~~~~、これが私の初詣。

P1000246.jpg

 世界が平和でありますように、すべての人に幸せを、ぱんぱん。

     P1000252.jpg

 7:31。

P1000256.jpg

 初日の出でした。

P1000261.jpg

 7:33。

     P1000266.jpg

 箱館山にも歓声が上がっていることでしょう。

P1000271.jpg

 7:34。

P1000274.jpg

 来年の年賀状かな。還暦の年明け用。

P1000294.jpg

 宿に戻って朝飯です。

IMG_6724.jpg

 嬉しい事に、なんとなく正月っぽい彩り。そしてイカ刺し。

IMG_6726.jpgIMG_6727.jpg

 お雑煮も付けてくれました。

IMG_6728.jpg

 函館風なのかな。

 ご馳走様でした。もう一度温泉に入って、宿を後にします。

     IMG_6732.jpg

 雪は積もりましたが、晴れた朝になりました。

IMG_6736.jpg

 元旦らしい天気。

IMG_6737.jpg

 私と同じ色のTTが走り抜けます。

IMG_6738c.jpg

 市電に乗ります。

     IMG_6741.jpg

 大学生時代に、市電にビビりながら走った道路だったのを思い出しました。

     IMG_6739.jpg

 あの頃とあまり変わらない景色です。

IMG_6744.jpg

 あれは夏でしたけどね。
テーマ : 朝日・朝焼け・その他  ジャンル : 写真

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2015