風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

今度はもっと早めにゴールへ行こう

 三連休に開催中の、大崎バルーンフェスティバル2014。
 初日の朝から、出かけてきました。5時出発。

DSC02128_20141123055614c17.jpg

 岩出山の旧町役場の駐車場、朝6時過ぎ位なら余裕で停められます。

 まずは腹ごしらえ。anegoさんが握ってきてくれたおむすびにありつきます。ありがとう。

DSC02129_20141123055615be8.jpg

 会場には食品即売のテントも多く、豚汁、うどん、ポトフ、何でもありでした。

DSC02143_201411230556206da.jpg

 ちょうど日の出の時間。

DSC02130_20141123055617822.jpg

 初日の天気は生憎でしたが、雲の布団のせいか、気温は高め、まぁ、それでも寒いのですが、冠雪した栗駒山がよく見えました。

DSC02133_20141123055618404.jpg

 各チーム、バーナーの空ぶかし、じゃなくて入念な動作チェック。

DSC02142_201411230556428e2.jpg

 6:44。栗駒山の駒型マーク、この季節でもなんとなくわかりますね、左の方。

DSC02136_20141123055640703.jpg

 雁や白鳥も飛んでいるようでしたが、上の画像の鳥はたぶんカラス。

DSC02147.jpg

 係留気球の体験搭乗と言う囮もあるのですが、結構な観客が集まりました。

DSC02153_20141123055645b12.jpg

 この朝の競技は、JDG。

DSC02155.jpg

 ジャッジ・デクレアド・ゴール、別名ヘジテーション・ワルツ。

DSC02156_201411230558190af.jpg

 競技開始直前に、競技委員会が特定の場所をゴールに設定、各気球はそのゴールを目指してフライトし、マーカーを落とすと言う、一番わかり易い競技です。

     DSC02159_201411230558205cf.jpg

 いつものヘア・アンド・ハウンド、兎狩りと比べると、各チームまちまちに、作戦を練ってスタートするため、テイクオフの時間に幅があり、スタートだけを眺めるなら、これが一番かも。

     DSC02160_201411230558222a0.jpg

 最初に離陸したのは、千葉のチームかな。

 おもしろ写真を撮って、さっそくアップしている観客多数。真似してみましたが、デジイチには向かないお遊びです。

DSC02163_20141123055823243.jpg

 気球は、まず送風のみで膨らませたあとに、暖気が送り込まれます。

DSC02165_20141123055825f72.jpg

 皆さん、マイペース、いやアウアペース。

DSC02169.jpg

 大崎バルーンフェスタは、岩出山時代から、なんと29回目だそうです。東西に田んぼが広がる米どころの大崎平野は、気球向きの地形と風況なんでしょうね。

DSC02174_20141123055839ade.jpg

 今回の出場は、25基。25機か?

DSC02183_20141123055839429.jpg

 天気が良い時は、順光側に回りこむのですが、程々に曇ってるので、観客席(ただの堤防ですけど)から動かずの撮影です。

DSC02185.jpg

 機材はSONYのα7+Tamron Zoom 18-200mm。

DSC02186_20141123055843cb9.jpg

 なので、APSサイズのスクイーズです。

     DSC02191.jpg

 思い思いのタイミングで上がっていく気球たち。

 この2機は毎度お馴染みです。

DSC02192_20141123055953938.jpg

 実際に目にすると、実に壮観。

DSC02198.jpg

 良い具合の雲バックが、よくポートレート撮影に使われる、壁紙?みたい。

DSC02200.jpg

 テイクオフは結構な重力からの離脱速度なんですが、一旦浮かぶと、のんびり漂っているように見えます。

DSC02206_201411230559587c2.jpg

 羨ましい限り。

DSC02208_2014112306002181b.jpg

 水平方向には、風以外全く推進力を持たない気球が、目的地へ向けて、飛んでいきます。

     DSC02210_20141123060023aaf.jpg

 気球に乗って、というとザ・ブームの曲があるらしいのですが、私の場合思い浮かぶのは、矢野顕子。

DSC02214_20141123060024c98.jpg

 気球に乗って まーいあがれ 

 未練の綱を 断ち切って

DSC02224.jpg

 二度と戻って 来れないように

 さよなら さよなら さよなら

     DSC02218_2014112306002620c.jpg

 最初にテイクオフ!した気球はもう見えなくなっていますが、これから飛ぶチームも。

DSC02227.jpg

 ずいぶんメンバーが多いチームも。

DSC02234.jpg

 今回のベストショット。

DSC02237_20141123060446b21.jpg

 栗駒山はずっと見えました。

DSC02239.jpg

 まだまだ残っているのですが、彼らの離陸をずっと待っていたのが今日の敗因でした。

DSC02240_201411230604503d3.jpg

 最初の離陸は6:57でしたが、最後の気球は7:31。

DSC02243.jpg

 兎狩りだとほぼ一斉なのに。

DSC02244.jpg

 せっかくなので、気球を追っかけます。

 高清水方面に小一時間走り、8:22。

DSC02250_20141123060539014.jpg

 なんとなく気球の密度が高い場所にゴールがありました。

DSC02251.jpg

 ミレーの絵に出てきそうな、農村の一角。

DSC02248_20141123060538eb3.jpg

 周辺で何機かが最後のトライアル中でしたが、ほとんど風もありません。

DSC02256_20141123060649e3e.jpg

 ほとんどの気球はゴールし終えているようです。

DSC02252.jpg

 ちょうど着いた時は十勝のチームが、マーカーを投下した後に、ぐしゃっと着陸したところでした。

DSC02255_20141123060648274.jpg

 インタを受けるパイロット。

DSC02254_20141123060646ecc.jpg

 素晴らしい競技ロケーションです、と語っていました。

DSC02260_20141123060651e65.jpg

 ゴールの周辺に、マーカーがいくつも落ちています。

DSC02259_201411230607089de.jpg

 たいしたものですね。

DSC02261_20141123060710399.jpg

 ということで、JDGの時、マーカーを落とすところを見たければ、もっと早くスタート地点を離脱する必要があるのだという教訓でした。

 一昨年のゴールのレポートはこちら

 田んぼの中をのんびり仙台へ向けて南下。

 大衡に新しく出来た産直ショップ、万葉おおひら館で買い物。

IMG_6403mo.jpg

 向かいにあるトヨタ東日本で生産されているカローラも産直です。

IMG_6405.jpg

 大葉も産直?

     IMG_6404.jpg

 泉のCOCO'sで早い昼飯。

IMG_6406.jpg
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2014