風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (5)  Trackback (0)

モダンカメラマンLⅥ

 昨日の午後7時過ぎ。
 予約していた記事、それも書きかけのものが突然公開されていました。
 友人のぱんだ(親)さんのブログを開いてみたら、やはり同様。

 怖いですねーーー。
 サポートサイトにお詫びが掲載されていますが、FC2側の不具合だったようです。
 私の予約記事は朝に入力していたものだったので、それからずっとオープンだったのかと焦りました。見られた方はいますか?
 無料なので、あまり文句は言えませんけどね。

 私は15年前、これからのテレビは金を払って好きな番組を見る放送だと考え、有料衛星放送の世界へ転職したのですが、世間の反応は薄く、会社は消滅し、結局地上へ戻ってきたわけですが、今日の全米オープン決勝、初めて日本人が出る試合を無料のテレビが放送出来ないことは、なにかこの業界にとって歴史的な出来事になるように思います。
 全米オープンって、前は地上波でやってたよねと思って調べたら、最後はTBS系列でした。

 久々のカメラ紹介です。タイトルのLは50のローマ数字表記。なのでLⅥは、56になります。
 ウィキペディアにはなんでも載っているもので、56と言う項目もあったりするのですが、56(五十六、ごじゅうろく、いそむ、いそじあまりむつ)は、自然数また整数において、55 の次で 57 の前の数である。
 性質
合成数であり、正の約数は 1, 2, 4, 7, 8, 14, 28, 56 である。
6番目の三角錐数である (1 + 3 + 6 + 10 + 15 + 21 = 56)。1つ前は 35、次は 84。
7番目の矩形数 7 × 8 である。1つ前は 42、次は 72。
8番目のテトラナッチ数である。1つ前は 29、次は 108。
連続する6つの素数の和として表すことができる。(56 = 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17)


 数学って面白そうですね。

 ところで、6月だったかな、ガレージセールでカメラを7台手放したことを書きましたが、その資金で既に3台も別のカメラをゲットしてしまった、全くおバカな私です。

P9090002.jpg

 その一台、SONY α7はすでにかなり活躍していますが、今日の紹介はOLYMPUS STyLUS SP-100EE。

 35mmフィルム換算で、24mmの超広角から1200mm相当の超望遠まで、50倍ズームと言う夢の様なおもちゃなんです。
 この手の高倍率ズーム付きコンデジは、デジイチユーザーには不要と思ってきましたが、さすがに50倍ズームレンズは、一眼にはありません。

P9090003.jpg

 さらに型番のEEなんですが、Eagle's Eyeの略、鵜の目鷹の目ではなく、鷲の目ですね。

P9090005.jpg

 超望遠状態で、ファインダーや液晶モニターを見ながら動く被写体を追うのは至難の業。

 その時この照準器が威力を発揮するというのです。

P9090006.jpg

 人殺しの道具の技術移管ですね。平和利用。

 広瀬川の上を舞うトンビで練習しているのですが、まだ使いこなせていません。

P8240004.jpg

 これ以上寄ると、空しか撮れない。

 で、どんだけ寄れるかというと、下の画像は24mm相当の風景ですが、下部中央右のマンションの塔屋。

P8120003.jpg

 此処のパラボラアンテナに、良く鳶が留まるのです。

P8100002_201409090434023f9.jpg

 別の日の空。

P8120010.jpg

 テレビ鉄塔のアンテナ設備点検ができちゃったりします。

P8120008.jpg

 在宅勤務ってやつ?

P8120005.jpg

 デジタル送信機があるのは大年寺山の鉄塔。

P8120004.jpg

 地上波デジタルの送信アンテナは、日本全国で2000ぐらいになるのでしょうか? もっとかな。

 広瀬川の向こうで、ラグビーに興じる若者たち。

P8310045.jpg

 こういう広場は、昔は子供専用だったのに、今は中高年の方が多いのはなぜ?

 もちろん月も撮れます。と言うか月用に買ったようなもの?

P8310067.jpg

 上は8/31、太めの三日月。若干靄っているか、レンズが汚れていたか。

 そして昨日の中秋の名月。

P9080021.jpg

 月見は、主に旧暦8月15日から16日の夜(八月十五夜)と、日本では旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)にも行われる。そのため、月見に関する話題で単に「十五夜(じゅうごや)」「十三夜(じゅうさんや)」と言うと、これらの夜を意味する。

P9080018.jpg

 秋分は北半球では、太陽と月の角度により、月の(地球から見た)位置が観月に最も適している。秋分は旧暦では旧暦8月にあたる。実際の新暦での日付は、秋分(9月23日ごろ)の前後半月の1か月の期間の中で変動する。

P9080019.jpg

 十五夜の日は満月の日に近い日ではあるが、必ずしも両者は一致するものではなく、むしろ異なる場合の方が多い。その差は最大で2日である。


 そう、今回は昨日9/8が中秋の名月であり、十五夜なんですが、満月は今日9/9なんです。

 この色違いの月は今朝、早朝の月。

P9090023.jpg

 この月こそ十五夜の満月だったのかも。

P9090024.jpg

 SP-100EEのフルオート手持ち、露出のみ-1EVで撮影していますが、ジャスピンという感じではありませんね。
テーマ : 月の写真  ジャンル : 写真

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2014