風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (1)

結果的にはたいした雨ではなかったけれど

 安曇野を変換する時、何時も”あずみの”で入力していますが、現地での表記は”あづみの”に統一されています。ローマ字表記だと、AZUMINOでしたけど。

IMGP5668.jpg

 食後に向かったのは碌山美術館。

IMGP5615.jpg

 大糸線の線路にほど近い(館内でも踏切の警報機がよく聞こえる)街なかにあります。

      IMGP5671.jpg

 すみません、またまたウィキペディアから全面引用です。
 荻原碌山(おぎわら ろくざん、1879年(明治12年)12月1日 - 1910年(明治43年)4月22日)は、明治期の彫刻家。本名は守衛(もりえ)、「碌山」は号である。

IMGP5672.jpg

 1879年(明治12年)長野県安曇野市(旧南安曇郡東穂高村)に生まれ、5人兄弟の末っ子だった碌山は、幼い頃から病弱で大好きな読書をしたり、絵を描き過ごした。碌山が17歳の時、運命的な出会いが訪れる。通りがかった女性から声をかけられた。田舎で珍しい白いパラソルをさし、大きな黒い瞳が印象的な美しい女性であった。

     IMGP5667.jpg

 その人の名は相馬黒光。尊敬する郷里の先輩、相馬愛蔵の新妻で3歳年上の女性であった。東京の女学校で学んだ黒光は、文学や芸術を愛する才気あふれる女性。碌山はそんな黒光から、あらゆる知識の芸術を授けられ、未知なる世界の扉を開いていく。やがて芸術への情熱に目覚めた碌山は洋画家になろうと決意する。

IMGP5613.jpg

 教会建築の館内は撮影禁止なので、碌山の作品でシャッターを押せたのはこれだけ。

     IMGP5660.jpg

 本格的な勉強をしようと、1901年 (明治34年) アメリカのニューヨークに渡り絵画を学ぶ。アルバイトをしながら、アカデミーで西洋画の基礎を学び、来る日も来る日もデッサンを続けた。人間を描くことに夢中になった彼は、目に見えない骨格や筋肉の動きまで徹底的に研究。つぶさに肉体を写し取ろうとした。

     IMGP5622.jpg

 しかし、碌山はまだ本当に描くべきものを見出せずにいた。そんな修行の日々に1903年 (明治36年) アメリカからフランスのパリに訪れた碌山は衝撃的な作品に出会う。1904年 (明治37年)に後に近代彫刻の父といわれる オーギュスト・ロダンの「考える人」を見て彫刻を志す。碌山は「人間を描くとはただその姿を写し取ることではなく、魂そのものを描くことなのだ」と気づかされる。

IMGP5621.jpg

 アメリカに戻り、1906年 (明治39年) アメリカから再度フランスに渡り、アカデミー・ジュリアンの彫刻部教室に入学し、彫刻家になろうと決意する。学内のコンペでグランプリを獲得するほどの実力を身につけていった。1907年 (明治40年) フランスでロダンに面会。「女の胴」「坑夫」などの彫刻を制作。年末フランスを離れ、イタリア、ギリシャ、エジプトを経て1908年帰国。

IMGP5616.jpg

 そして東京新宿にアトリエを構え、彫刻家として活動を始める。そんな碌山に運命の再会が待っていた。憧れの女性、黒光である。黒光はその頃、夫の相馬愛蔵と上京し、新宿にパン屋を開業していた。

rokuzan.jpg

 碌山は黒光の傍で作品を作る喜びに心躍らされた。相馬夫妻はそんな碌山を夕食に招くなど、家族ぐるみのつき合いが始まった。黒光の夫、愛蔵は仕事で家を空けることも多く、留守の時には碌山が父親代わりとなって子供たちと遊んだ。

IMGP5625.jpg

 黒光は碌山を頼りにし、碌山はいつしか彼女に強い恋心を抱くようになった。しかし、それは決して許されない恋であった。ある日のこと、碌山は黒光から悩みを打ち明けられる。夫の愛蔵が浮気をしてると告白された。愛する女性の苦しみを知り、碌山の気持ちはもはや抑えようにもない炎となって燃え始めた。碌山は当時、パリにいた友人に高村光太郎宛ての手紙で「我 心に病を得て甚だ重し」と苦しい胸のうちを明かしている。

     IMGP5630.jpg

 行き場ない思いを叩きつけるかのように碌山はひとつの作品を作り上げる。1908年 (明治41年) 第二回文展で「文覚」が入選。人妻に恋した文覚は、思い余ってその夫を殺害しようとした。ところが誤って愛する人妻を殺してしまった。大きく目を見開き、虚空をにらみつけた文覚。力強くガッシリとした太い腕。そこにはあふれる激情を押さえ込もうとした表現されているかのようであった。

IMGP5624.jpg

 碌山は愛する人を殺め、もだえ苦しむ文覚の姿に抑えがたい自らの恋の衝動とそれを戒める激しい葛藤を重ね合わせた。一方、黒光は碌山の気持ちを知りながらも、不倫を続ける夫の憎しみにもがき苦しんでいた。碌山は黒光に「なぜ別れないんだ ? 」と迫った。しかし、その時黒光は新しい命を宿していた。母として妻として守るべきものがあった。

IMGP5637.jpg

 出口のない葛藤のなかで碌山は作品を生み出していく。体を地面に伏せ、顔をうずめた女性「デスペア」1909年 (明治42年)。苦しみながらも現実を生きていかなければならない。そこには逃れられない黒光の絶望感が込められていた。同年、 第三回文展「北条虎吉像」「労働者」を出品。1910年 (明治43年) 追い討ちをかけるように不幸な出来事が起こる。黒光の次男の体調が悪くなり、病に伏せる日が多くなった。次男を抱える黒光を碌山は黒光を来る日も来る日も描き続け、「母と病める子」を世に出した。

IMGP5633.jpg

 消えかかる幼い命を必死に抱きとめようとする黒光。しかし、母の願いもむなしく次男はこの世を去った。悲しみのなか、気丈に振舞う黒光に碌山は運命に抗う人間の強さを見出してゆく。そして思いのたけをぶつけるように、同年「女」を制作。何かに捕らわれているかのようにしっかりと後ろで結ばれた両手。跪(ひざまず)きながらも立ち上がろうとし、天に顔を向けている。

IMGP5639.jpg

 信州大学名誉教授の仁科惇はこの「女」を「矛盾しているかもしれないが、碌山は希望と絶望が融合した作品である。手を後ろに組んで跪いて立ち上がっているのは一種の絶望感の現れでしょうし、そうは言っても顔は天井に向けられ、この構成全体から、希望といったものが込められている。そういう葛藤を『相克の中の美』が宿っているのではないか。自分の思いを作品に昇華させた」と評している。黒光はこの像を見て「胸はしめつけられて呼吸は止まり・・・自分を支えて立っていることが、出来ませんでした」と語っている。

IMGP5634.jpg

 同年、4月22日急逝。

 30歳の若さでした。上に出てくる相馬愛蔵氏は、新宿中村屋の創業者、妻黒光氏は仙台藩士の娘だそうです。

IMGP5644.jpg

 彼の彫刻も素晴らしいのですが、この美術館周辺の佇まいがまた最高。HPはこちら

     IMGP5646.jpg

 ミュージアムショップも素敵です。

IMGP5662.jpg

 この暖簾が欲しかったのですが、売り切れでした。

IMGP5663.jpg

 地元の高校生の制作だそうです。

IMGP5648.jpg

 写欲沸きまくりの空間でした。

IMGP5651.jpg

 是非お越しください。

IMGP5656.jpg

 天気が良かったらなぁ。

IMGP5614.jpg

 この後また車で移動して、豊科近代美術館。宮芳平展~野の花のように~開催中。

IMGP5675.jpg

 なんでこんな立派な美術館が幾つもあるのだろう。

miyayoshihei.jpg

 またまた車で移動中に、少し有名らしい道祖神発見。

IMGP5683.jpg

 こちらも朝ドラ関連。大竹しのぶ主演だって。

IMGP5680.jpg

 1975年というから19歳の時。見てたかも。

IMGP5682.jpg

 少し天気が良くなりかけていたので、展望が良い場所へ移動します。

IMGP5685cas.jpg

 池田町の北アルプス展望美術館前の展望台から。

安曇野_パノラマ1_edited-1

 天気が良ければなぁ。

IMGP5693.jpg

 もっとも宿のお父さん曰く、夏は晴れてても山は霞んでいるとのこと。

IMGP5694.jpg

 春に来ないとダメか。まだ紫陽花が咲いていました。

IMGP5695.jpg

 またまた移動。

 今度は、安曇野ジャンセン美術館

IMGP5697.jpg

 ここも撮影不可。

JANSEN.jpg

 上はパンフレットからです。

IMGP5700.jpg

 このあとハーモニックドライブという会社の敷地内にある、IIDA・KAN と言う小さな現代美術館も見学。

 すっかり雨対策の一日になってしまいました。

IMG_5670e.jpg

 宿は、ワタシ的には超珍しい連泊。

 移動し続けることが旅の醍醐味的なイメージが有るためなんですが、もう寄る年波。

 またゆっくり、お風呂に浸かりました。

IMG_5672.jpg

 日曜日だったので、宿は前日よりも少しすいています。

IMG_5674.jpgIMG_5675.jpg
IMG_5673.jpgIMG_5678.jpg
IMG_5676.jpgIMG_5680.jpg

 鮎の塩焼きにすき焼き。

     IMG_5681.jpg

 この夜も美味しくいただきました。

IMG_5683.jpgIMG_5684.jpg

 あとはのんびり。

IMG_5682.jpg

 ネットのコメントは全てiPhone5のテザリング経由です。

 ぐっすり寝て、入浴して朝飯。湯豆腐付きです。

IMG_5690.jpg

 月の輪子猫に見送られて出発。

     IMG_5693.jpg

 行って来ます。

IMG_5695.jpg
テーマ : 信州 安曇野♪  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2014