風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (0)  Trackback (0)

安全安心が一番だけど

 まだまだ続きます。

 国道の南側へ移動。

DSC01000_2014080704201855f.jpg

 有料の桟敷席以外の部分でも、道路に面した部分で観覧できる場所はたくさんありますが、かなり早い時間から場所は取られているようで、私達のような移動観覧者はその後ろに立って見ることになります。

DSC01032_201408070420244e4.jpg

 それでも暫くすると前に立っている人も移動するため、だんだん撮影するには良いポジションが形成されていくのでした。

DSC01006.jpg

 周辺のビル等の灯りはそれなりに落とされているのかもしれませんが、派手な看板は残っていますね。

DSC01007_20140807042022b7c.jpg

 このトビウオ、好きです。

DSC01009_20140807042023e61.jpg

 大きなねぶたの間には、お囃子隊や跳人の他にも、色々宣伝用の山車が通過します。

DSC01010_20140807042041d95.jpg

 柳町通りのほうが、近くから迫力のあるねぶたを眺められましたが、全体を見るにはこちらの国道のほうが、向いています。

DSC01016_20140807042043eba.jpg

 ぐるっと回ってきたねぶたを、ショートカットしてきて迎え撃つため、昨日の記事と同じねぶたばかりになっています。

DSC01020_20140807042045de4.jpg

 跳人。
 連坊少年も昨日初めて挑戦していますが、思っていたよりも実際に跳ねている人が少なく、なんとなく歩いている人多し。

DSC01026_20140807042046d7f.jpg

 35年前に来た時は、もっとねぶたとねぶたの間に跳人が充満していたような記憶があり、平服で飛び込み参加している観光客も多かったように思うのですが、今はロープなどでチームごとに囲い込まれており、とても大人しくなっていました。

DSC01028.jpg

 一時期問題になった、カラス跳人などへの対策を経て、今の形に落ち着いているのかもしれません。

 もっともこれは初日だったからで、後半戦はもっとワイルドになっているかも。

DSC01031_20140807042224e75.jpg

 この子の脳にも、原始のリズムが蓄積されているのでしょうか。

DSC01038.jpg

 青森ねぶたは毎年8月の2日から7日までの、6日間。最終日は昼間だけなので、夜は5回、最終夜には大きなイベントがあるそうです。

DSC01043_20140807042227298.jpg

 ねぶたの運行は19:10から21:00までの二時間弱。

DSC01044.jpg

 大型ねぶたの運行数は、2日から6日まで順に、15,16,17,21,22だそうです。

DSC01045_20140807042231551.jpg

 やっぱり5日か6日がベストでしょうか。

DSC01046_20140807042258bd7.jpg

 21時に花火が上がり、この夜は終了。

 裏通りへ移動します。美しい造りの地酒屋さん。

DSC01058_201408070423000aa.jpg

 そしてなんとか入れた居酒屋。

DSC01059.jpg

 美味しそうな品書きを見るだけでも楽しいお店でした。

IMG_5494.jpg

 突き出しは、鮟鱇の共和えともずく酢。

IMG_5486.jpg

 お酒は七力。

IMG_5487.jpg

 ホタテとイカの刺身。

IMG_5488.jpg

 ホヤ。

IMG_5489.jpg

 〆はそばかっけです。

IMG_5492.jpg

 打った蕎麦を細く切らずに、三角に切り、豆腐や野菜と茹でて、にんにく味噌で食べます。

IMG_5493.jpg

 ちょっとにんにくが多いかな。

 呑んだ客には、おにぎりと漬物をサービスしてくれるお店で、玉子焼きも焼いてもらい、翌朝の朝飯になりました。ピンぼけですみません。

   IMG_5495.jpg

 弘前では不幸な事故が起きてしまいましたが、今どきのお祭りは、やはりそれなりに制御されているというか、関係者の苦労に色々と思いを巡らせた夜でした。
テーマ : 青森ねぶた祭り  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2014