風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

いろんなサイトから引用

 引き続き山手をそぞろ歩き。
 これはですね、元町公園にあるエリスマン邸。エリスマン氏はスイス人だそうです。

DSCN1050.jpg

 色々なサイトから、テキストデータを無断借用。
 エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅として、大正14(1925)年から15(1926)年にかけて山手町127番地に建てられました。設計は、「現代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドです。

 なんとシイベルヘグナー関係者でした。ライカの輸入元。元輸入元かな。

DSCN1051.jpg

 昭和57(1982)年マンション建築のため解体されましたが、平成2(1990)年元町公園内の現在地(旧山手居留地81番地)に再現されました。1階には暖炉のある応接室、居間兼食堂、庭を眺めるサンルームなどがあり、簡潔なデザインを再現しています。

 崖の下に弓道場がありました。

DSCN1052.jpg

 私がドイツに渡った月に、ハンブルグから女王様が来ていました。

DSCN1053_20140707064656be8.jpg

 えの木てい。

DSCN1054.jpg

 1927年に建築され、かつて外国人居留だった山手に残る数少ない西洋館のひとつです。暖炉、木製の上げ下げ窓、150年以上昔のアンティーク家具など古き良き横浜の雰囲気を今も漂わせています。1階はカフェ、2階は6名様までご利用頂ける個室とスィーツショップがあります。

 山手234番館。

DSCN1056.jpg

 山手234番館は、昭和2(1927)年頃外国人向けの共同住宅(アパートメントハウス)として、現在の敷地に民間業者によって建設されました。関東大震災により横浜を離れた外国人に戻ってもらうための復興事業の一つとして建てられ、設計者は、隣接する山手89-6番館(現えの木てい)と同じ朝香吉蔵です。

 ここにもちびレンタカー?

DSCN1055_20140707064725caa.jpg

 会員になると、1分20円で借りられるそうです。次回は是非。

DSCN1062_20140707064728bcb.jpg

 風景にマッチしたトイレと電話ボックス。

DSCN1066_20140707064730e9a.jpg

 綺麗に整備された散歩道です。

DSCN1067.jpg

 横浜山手聖公会。

     DSCN1058.jpg

 イギリス国教系かな。横浜山手聖公会(Yokohama Yamate Seikokai)は、神奈川県横浜市中区にある日本聖公会の教会堂である。プロテスタント・日本聖公会横浜教区に属する教会で、外形は大谷石を使ったノルマン様式の聖堂をもつ。

DSCN1069_20140707065008d59.jpg

 大谷石なんだ。

 山手236番館。
 明治42年に建造された、横浜市内に残る唯一の「和洋併設型住宅」木造西洋館。
館内には、チャールズ・ワーグマンのポンチ絵や、ジェラールの西洋瓦等、文明 開化当時をしのばせる展示品など、居留地だった頃から関東大震災までの横浜や山手に関する資料を展示している。


     DSCN1071_20140707065009d37.jpg

 山手資料館とも言います。
 
DSCN1072.jpg

 山手十番館。

DSCN1075.jpg

 レストランとして使われているようです。

DSCN1074.jpg

 港の見える丘公園に着きました。

DSCN1077.jpg

 これはイギリス館。バラ園が見事です。

DSCN1078_20140707065043a3d.jpg

 前夜の雨で、ラベンダーは倒伏。

DSCN1082_2014070706504615f.jpg

 これは紫陽花かな。

DSCN1085_20140707065047952.jpg

 イギリス館、良い雰囲気ですね。

DSCN1117_20140707065209907.jpg

 イギリス館は、昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。

DSCN1086.jpg

2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓から庭や港を眺望できます。地下にはワインセラーもあり、東側につく付属屋は使用人の住居として使用されていました。

DSCN1094_20140707065206fb5.jpg

 玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸であった由緒を示しています。

DSCN1099.jpg

 写生人たち。

     DSCN1089_20140707065205b61.jpg

 赤いくつの、暗いメロディを流しながらやってくる、巡回バス。

DSCN1100_201407070652432fd.jpg

 イギリス館の南側、噴水広場を挟んで立っているスパニッシュスタイルの洋館が、山手111番館です。

DSCN1103.jpg

 ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、ローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として現在地に設計されました。

DSCN1107_20140707065246d97.jpg

 設計者は、べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンです。玄関前の3連アーチが同じ意匠ですが、こちらは天井がなくパーゴラになっているため、異なる印象を与えています。

     DSCN1113_20140707065249930.jpg

 大正9(1920)年に来日したモーガンは、横浜を中心に数多くの作品を残していますが、山手111番館は彼の代表作の一つと言えるでしょう。

DSCN1111_20140707065248862.jpg

 大佛次郎記念館。

DSCN1119_201407070654157c1.jpg

 港の見える丘公園の展望台。
 小学生の頃に来ているはず。

DSCN1120.jpg

 ベイブリッジ。

DSCN1124.jpg

 風車。

DSCN1123_20140707065417ef2.jpg

 注文が多い広場です。

DSCN1126.jpg

 巨大な客船、あるいは客船のような建物?

DSCN1125_2014070706542154b.jpg

 そして今度はフランス山です。

DSCN1141_20140707065440b1a.jpg

 港の見える丘公園の北側部分。
 幕末から明治初期にかけてフランス軍が駐屯したところから「フランス山」と呼ばれています。
緑豊かな遊歩道の中にかつてのフランス軍駐屯地、フランス領事館の跡地としての歴史を偲ばせる庭園などがあります。


     DSCN1140.jpg

 庭園はさておき、風車があるのです。

DSCN1137_201407070654363dd.jpg

 井戸水を汲み上げていたそうです。

 富良野にある風車とそっくり。

     DSCN1135_201407070654346b0.jpg

 山を降りて、再び商店街。

     DSCN1144.jpg

 やっぱり異国情調にあふれていますね。カメラ爺向き。

     DSCN1146.jpg

 クルマ爺向きでもあり。

DSCN1147.jpg

 トケイ爺向きでもあります。

     DSCN1148.jpg

 面白そう。

     DSCN1149_201407070655498fa.jpg

 ラーメン爺向きでもありました。

     DSCN1150_20140707065603f8e.jpg

 石川町駅に戻り、根岸線に乗ります。

DSCN1152_201407070656045d4.jpg

 そう言えば、ドルフィンってあの辺だったのかな。

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2014