風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (2)  Trackback (0)

また絶対来たい宿、鍵は予約可

 一昨日から昨日にかけて、各地で豪雨があったようですね。
 私は新横浜に泊まり、横浜から東京、仙台と移動してきたのですが、傘をさしたのは、仙台に戻ってきてからのみ。
 
 途中の川の水位は高く濁流が流れていましたし、東北線は一部不通が続いていました。



 さて、これはもっと前の話、その夜のお宿もペンションです。写真を撮り忘れたので、お宿のHPから無断借用。

森のふくろう

 森乃福郎さんとは関係無いようです。

 前夜のペンションとはだいぶ趣が異なり、こちらは釣り客、スキー客向けの温泉宿。
 最近多い、裸足で館内を歩き回れるスタイルなんですが、トイレのスリッパをそのまま穿いたまま歩いてしまい、オカミさんに怒られました。それも間違えて入った女子トイレの。

     IMG_5083.jpg

 ぬるやかで優しいお湯が、24時間こんこんと掛け流しされている、ペンションでした。

     IMG_5084.jpg

 お風呂は一ヶ所だけ。交代で貸し切り使用します。

       IMG_5086.jpg

 この夜も満室だったそうですが、特に問題なく、夕方と早朝、好きな時間に入れました。

 糠平温泉郷には他にも多くの宿泊施設があり、無料で他の施設の湯にもつかれるとのことでした。さすが北海道。

       IMG_5088.jpg

 でもおカミさんいわく、此処のお湯が一番だって言われるそうです。

IMG_5071.jpg

 今日はよく走り回りました。

 風呂から上がって、ロビーで中生。珍しく、キリンだわ。

     IMG_5063.jpg

 忙しそうなオーナーご夫妻に、いろいろインタビュー。

 私の愚痴。

 「タウシュベツ、行きたかったんですけど、ツアーがみんな満員でダメでした。」

 オカミサン。

 「あら、鍵あるわよ。」

 なんですか?

IMG_5064.jpg

 たしかに特別に許可された人が、自分で鍵を開けて入ることが出来る、と言う文言は見かけてたのですが、まさか此処にあるとは。今回最大のサプライズでした。

P6213474.jpg

 どうも平日に町役場で申請して、一週間だけ借りられるかなんかで、たまたま前後に行きたい客がいたので、借りていたとか。

 私の前にも、同じようにツアーに参加したかったけど、ダメなので何とかならんかと言う方がいて、ちょうど目の前でチェックイン、それでは明日の朝6時に、私の車(レンタカーだけど)で一緒に行きましょうと、トントン拍子に話が進み、ツアー代も払わなくていいし、好きな時間にいけるし、ヒグマも多いから一人じゃない方がいいし、言うことなし。

IMG_5069.jpg

 夕食(ピンぼけ)もその方、厚木から来ていたSくんと隣の席で、いろいろ話が進みました。

 温泉玉子サラダ、ご主人が釣ってきたオショロコマの南蛮漬け。前菜盛り合わせと醤油味のキムチ鍋。

IMG_5070.jpgIMG_5072.jpg
IMG_5068.jpgIMG_5073.jpg

 オカミさん地元の粒貝って、どこが地元なのかは聞き忘れました。

 お酒も、オカミさん一押しの男山極上。

IMG_5076.jpg

 オプションの十勝ポークステーキ、行者にんにくソースが激うま。

IMG_5080.jpgIMG_5081.jpg
IMG_5074.jpgIMG_5078.jpg

 ウド二種類と、山芋グラタン。

 鹿肉のスモークと行者にんにくのおひたし。

     IMG_5075.jpg

 美味しくいただきました。食べきれなかったけど。

 食後にご主人と作戦会議というか、北海道における、小さな町のペンションが、いかにマーケティングを行っているか、いろいろ感想や意見も求められました。

IMG_5082mo.jpg

 Sくんとともに、生ビールを一杯ごちそうになり、楽しい夜のミーティングになりました。

 この日にはいませんでしたが、バイクは10台位停められるガレージがあり、濡れたウェアも乾燥できるそうです。

 私が予約した楽天トラベルでも、じゃらんネットでも、とても評価が高い糠平の素敵なお宿です。

 ちなみに無線LAN使えます。
テーマ : 温泉旅行・温泉宿  ジャンル : 旅行

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2014