風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (4)  Trackback (1)

アルテ市民ポポロの庭

 先週某日。
 気が付くと、車を運転して、時計台の前を右折しています。

P6203127.jpg

 なんでだろう。

 道路沿いには、見慣れた半田屋(ピンぼけ)の店舗。おかしいな。

     P6203128.jpg

 高速に乗りました。

 20年ぐらい前に、札幌と岩見沢の間あたりにある大学や、岩手の滝沢にある大学に、映像機器の仕事で出張したことがあったのを思い出します、ここかな。

P6203130.jpg

 ここなら、行きはJRで帰りは高速バスだったような記憶。

 我に返ると、北海道の道央自動車道ですね。

 連日の降雨が記録更新中の札幌を出ると、北の方に青空。

P6203132.jpg

 光明が見えて来たってやつ。

 モードチェンジです。
 借りた車は、NISSAN NOTE。しかもクリムゾンレッド。

P6203203mo.jpg

 赤いレンタカー@北海道といえば、否が応でも思い出しますね(遠い目)。



 四駆モデルですが、牧草に突っ込まないようにしないと。

 美唄インターを降りて、富良野方向に向かい、辿り着いたのは此処。

P6203151.jpg

 ちなみに富良野方向の山越えは通行止めとの表示がありました。

 ちょっとサッカーチームのようでもありますが、廃校を利用した、アート美術館なんです。

P6203139.jpg

 緑と、木造建築にアート。

P6203141.jpg 

 良い組合わせです。

P6203136.jpg

 例によってウィキから引用、アルテピアッツァ美唄(アルテピアッツァびばい)とは、北海道美唄市にあるギャラリー・芸術文化交流施設。1992年開園。2002年第15回村野藤吾賞受賞。「アルテピアッツァ(Arte-Piazza)」とは、イタリア語で『芸術広場』を意味する。

P6203135.jpg

 廃校と書きましたが、一階部分は幼稚園として利用されていました。

P6203146.jpg

 幸せな子どもたちですね。

P6203145.jpg

 旧炭住街にあった美唄市立栄小学校の廃校校舎と、周辺の約3万平方メートルの敷地を再整備し、安田侃の彫刻作品約40点が展示されている。

     P6203140.jpg

 広いです。

P6203155.jpg

 木造校舎と体育館をほぼそのままの状態でノスタルジックな雰囲気の漂う展示スペースに転用しているほか、敷地内も整備して彫刻を周辺の自然と調和・融合するように展示している。

P6203150.jpg

 入園は無料で、木造校舎の1階は「市立栄幼稚園」としても使われている。

P6203148.jpg

 現在は約7万平方メートルの敷地を有し、NPO法人「アルテピアッツァびばい」の管理の下、アートスペースや市民ギャラリーの運営、イベントなども開催されている。2007年に体験工房「スタジオアルテ」、喫茶「カフェアルテ」がオープンした。


P6203158.jpg

 子どもたちと先生が、芝生に座って、なにか作業中でした。

P6203189.jpg

 二階部分を中心に、作品が展示されています。

P6203186.jpg

 中に入ってみました。

     P6203161.jpg

 ご老人のグループ。

P6203162.jpg

 卒業生だったりして。

P6203168.jpg

 さすが北海道、古いけど二重窓です。

     P6203165.jpg

 この部屋にも、安田侃の作品。

P6203163.jpg

  帰宅してから調べてみたら、前に酒田市美術館に行った時、芝生で見た彫刻も彼の作品でした。

P6203172.jpg

 他の方の作品もありました。

P6203171.jpg

 美しく整備された美術館、入場は無料です。

     P6203182.jpg

 アルテピアッツァ美唄、美術館のHPはこちら

P6203173.jpg

 Hokkaider氏の「北海道ツーリング パーフェクトガイド」で発見したスポット。

P6203178.jpg

 1950年開校の校舎だそうなので、私が通った木造の校舎と、年式は同じくらい。

P6203176.jpg

 春夏秋冬、何度も訪れてみたい場所です。

P6203180.jpg

 これは作品じゃないかな。

     P6203183.jpg

 この森の向こうまで、作品が設置されていたようでしたが、今回はパス。

P6203185.jpg

 体育館にも作品。

P6203197.jpg

 天皇皇后両陛下も訪れていました。

P6203196.jpg

 私のお気に入りはこれかな。

P6203192.jpg

 廃校を使った屋内展示は、東北にもありますが、屋外の彫刻展示は、宮城県美術館の庭や、横手の秋田県立現代美術館のほか、あまり数多くないように思います。

P6203200.jpg

 大理石の作品だからこそ、雪国でも一年中展示できるということなのかもしれません。

P6203201.jpg

 ツーリングで北海道を訪れる皆さん、是非お立ち寄りください。
テーマ : アート  ジャンル : 学問・文化・芸術

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2014