風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (0)  Trackback (1)

みんな日帰り400円

 北湯沢から皆瀬川沿いの県道を走って、西馬音内盆踊りで有名な羽後町
 再び国道398号線、横根峠を越えて、由利本荘市へ。



 国道107号線に合流して、東由利の道の駅でトイレ休憩。
 銀河トンネルを抜けて海が近づいてくると、西目のウィンドファームが見えてきます。

 天気が悪かったので、翌日は好転することを祈り、県道経由で国道7号へ。
 仁賀保町に入り、宿に到着です。

IMGP5241.jpg

 金浦温泉、学校の栖(すみか)。変わった名前ですね。

IMGP5238.jpg

 大竹小学校の跡地に建てられたそうで、建物には校舎の雰囲気はありませんが、ところどころに遺産が残されており、おそらく卒業生の郷愁を誘っています。

     IMGP5239.jpg

 なんたってこの宿のすごいところは、住所。

 秋田県にかほ市大竹字硫黄谷地31-2 ですよ。 字硫黄谷地!

     IMG_4733.jpg

 ある意味危険な場所に小学校が建ってたような気がします。

 宿のHPから画像を借用。入り口の意匠が違ってますね。

img5103.jpg

 変わっているのは、硫黄鉱泉なんですね、残念ながら、熱くはない。

 なので、加熱した硫黄温泉ということになります。
 また、構造はよくわかりませんが、採取が禁止される前に玉川温泉から採ってきた北投石を使ったラジウム鉱泉と言う怪しげなお湯にも入れます。

 日帰り温泉を利用する地元の皆さんで大変繁盛してました。

 夕飯は別室の個室テーブル席。

IMG_4736.jpg

 テレビ付きでした。

IMGP5236.jpg

 揚げたハタハタかな、甘めの茶碗蒸し(苦手)。

IMG_4739.jpgIMG_4744.jpg
IMG_4741.jpgIMG_4748.jpg

 魚のオンパレードですね。

 酒は何種類か地酒があり、天寿酒造の鳥海山、由利正宗の齋彌酒造店が醸す雪の茅舎。こちらは半分持ち帰りました。

IMG_4737.jpgIMG_4747.jpg

 よく考えてみると、肉料理が全くありませんでした。

IMG_4745.jpgIMG_4746.jpg

 目の前で炊きあがっていた牡蠣飯。

IMG_4749.jpgIMG_4751.jpg

 汁物は海鮮鍋。私は食べられないグレープフルーツ。

IMG_4743.jpgIMG_4752.jpg

 ご馳走様です。

 再び硫黄温泉とラジウム鉱泉へ。

 ずっと混んでいましたがさすがに夜9時以降は借り切りでした。

 沸かし湯のせいか、夜10時から朝6時まではおそらく一旦湯を抜くのでしょう、入浴できません。
 しかし、硫黄泉を沸かす釜って、何年ごとに交換するんでしょうね。(給湯機に深い興味あり)

 夜中に目が覚めた時、温泉に浸かれないのと、昼はずっと日帰り客が多いのが難点といえば難点。

 朝にも入浴。一番風呂にも6-7人来ていました。

     IMGP5243.jpg

 宿の目の前が工事中。どうも日本海東北自動車道が通るようです。現在は仁賀保と酒田みなと間が工事中。秋田と庄内が高速でつながるのも時間の問題になって来ました。

IMGP5237.jpg

 いろんな場所で、高速道路開通祈願の看板を見かけますが、ただ通過されるだけになって本当に良いのでしょうか。

 朝食は日帰り湯治客が利用する食堂で。

IMG_4754.jpg

 自分用の部屋もそうでしたが、まだまだ暖房が必要な秋田です。

     IMG_4753.jpg

 ここで驚いたこと。なんと客は私だけなんです。

 たしかに夜は静かだったし、到着した時に、フロントのおねぇさんにいぎなり名指しで呼ばれたけど、泊まってたのは私だけだったみたい。今回だけじゃないけど。

IMG_4755.jpg

 ロビーにはプチ産直市場もあって、湯治客でごった返していたので、びっくりでした。

 朝飯にも肉系はなし。徹底しています。

 だけんど、日帰り湯治客用のメニューは肉ばかり、どういうこと?

IMG_4757.jpg

 場所柄、昔からある湯治場みたいなので、宿泊者のために、日帰り客に時間制限をかけるのは難しいんでしょうね。

     IMG_4732.jpg

 今年はこっちの方へキャンプにも来たいと思っており、その時の入浴場所調査も兼ねた、お泊りでした。宿のHPはこちら
テーマ : 温泉♪  ジャンル : 旅行

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2014