風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (0)  Trackback (0)

念願のそぞろ歩き?

 さて、至福の温泉宿、素泊りなので、夕飯は出て来ません。

DSC04717.jpg

 最悪は、近所のスーパーで酒と肴と弁当かカッペロを入手できることは前回わかっていたので、ダメ元でお喋り好きな宿の女将さんに教わった居酒屋を探します。

DSC04719.jpg

 夜の鳴子温泉メインストリート。

DSC04720.jpg

 暗いです。

 開いていそうな店は、こけし屋さんと、

     DSC04722.jpg

だんご屋さん。どちらも私にはほぼ無縁。

DSC04725.jpg

 教わった居酒屋、開いてました。滝の湯の近く。

DSC04726.jpg

 居心地の良さそうなカウンター。

DSC04729.jpg

 なんでも屋という割には、肴は刺身と焼き物系がメイン、野菜がありません。私向きか。

     DSC04728.jpg

 このメニュー、全てカレンダーの裏に手書きです。

DSC04734.jpg

 日本酒の種類が豊富ですが、綿屋は売り切れ。

DSC04730.jpg

 小僧山水を薦められました。

DSC04732.jpg

 注文したのは伯楽星の二合どっくり、冷や。

     DSC04731.jpg

 突き出しは出ませんでした。

 まずは銀だらを焼いてもらったのですが、出てくるまでに20分。

DSC04736.jpg

 突き出しはないし、これには参った。でも美味いです。

 続いて、馬刺し。

DSC04737.jpg

 これは激うま。

 刺身の店なんですね。他のお客さんが頼んだ、マグロやタコも美味そうでしたが、ワタシ的には、仙台から鳴子まで来て、海のものばかり注文するのも何なので、これで終了。

 そぞろ歩きを続けます。

     DSC04738.jpg

 鳴子で一番有名な立ち寄り湯、滝の湯です。

DSC04741.jpg

 奥に温泉神社。

DSC04742.jpg

 源泉から滝の湯に湯樋。これが湯の滝になって、湯治客の肩に落ちるのですね。

DSC04745.jpg

 隣のゆさや。

     DSC04746.jpg

 仙台に就職する前に、父と泊まったことがあります。15年ほど前。滝の湯にも浸かりました。

DSC04751.jpg

 ビミョーな駅のイルミネーション。

DSC04752.jpg

 歩いている人は殆ど居ません。

DSC04754.jpg

 居酒屋で聞いた話では、学校の卒業式があった日なので、団体の宿泊客は結構来ているようなのですが、宿に囲い込まれてしまっているのでしょう。

DSC04756.jpg

 今回、最も興味を惹かれた看板屋さん。山猫倶楽部の看板でも創ってほしいものです。

DSC04757.jpg

 さて、二軒目。

     DSC04753.jpg

 ゑがほ食堂です。

DSC04765.jpg

 7:20頃ですが、客は私だけ、すでに蛍の光が流れてきそうなムードでした。

DSC04763.jpg

 うちも外も、看板やら、ポスターやら、かなり賑やかで落ち着きます。

 おサケは一ノ蔵一種類。

DSC04761.jpg

 鳴子の温泉街、巧くプロデュースしたらとても魅力的な場所になれると思うのです。

DSC04762.jpg

 何故か鳴子は大相撲と縁が深い街です。 

DSC04770.jpg

 明日の朝飯候補。

     DSC04767.jpg

 この夜の〆は、山菜きのこそば、1050円。

DSC04772.jpg

 大盛ではないのですが、ビッグサイズ。

     DSC04773.jpg

 数えきれない種類のきのこと山菜を満喫しました。

DSC04777.jpg

 翌朝の朝飯も握ってもらいました。お持ち帰り。

     DSC04776.jpg

 残念ながらゆきむすびは品切れで、ひとめぼれです。

DSC04779.jpg

 通りの足湯。

     DSC04780.jpg

 洋食屋さん。

DSC04782.jpg

 こけし工房。

DSC04783.jpg

 初めて歩いた夜の鳴子温泉街。
 思っていたほど、そぞろ歩き向きではありませんでした。

 前回宿泊した宿の駐車場はいっぱい。

DSC04788.jpg

 また温泉三昧。
テーマ : にごり湯の温泉宿  ジャンル : 旅行

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2014