風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (3)  Trackback (0)

クラシックカメラマン124

 生まれてから57.5年になりました。
 あと2.5年で大台。バレンティンのホームランに追いつきます。

 イーグルス、王手ですね。
 試合は接戦ですが、選手の表情がとにかく必死で明るい。
 ジャイアンツの選手の顔はこわばっています。何がそんなに不安なんだろう。

PB012580.jpg

 隣に気になる記事。
 クリネックススタジアムが、どうも今年限り。

 フルキャストスタジアムが2005年から3年間。
 クリネックススタジアムが翌年から6年間。
 来年は楽スタか?

 山猫ボスから、先日これあげるよ、と突然やって来たこんなカメラ。

PA202524.jpg

 ありがとうございます。

 ライカにそっくりですが、ロシア製のFEDと言うカメラ。
 後にFED 2からFED 5まで発売されたので便宜的に、FED 1と呼ばれたりするようです。

 某サイトに依れば、フェドФЕДというのは、ウクライナのハリコフにある浮浪児、孤児の矯正施設のことで、ソ連のKGBの生みの親フェリックス・エドムンドビッチ・ジェルジンスキーの名を冠してФЕДと呼ばれている。その職業訓練場が、1934年にライカⅡ型のコピー生産を始めたのだ。当時のFED1カメラの上部には、ФЭジェルジンスキー記念ウクライナ内務人民委員部労働コンミューン ハリコフ(Трудкоммуна НКВД-УССР им ФЭДзержинского Харьков)製と記されている。

PA202525.jpg

 しかしこのカメラ上部の刻印とは違います。
 こちらは、1939年以後は、製作所の名称はウクライナ内務人民委員部の労働コムーナではなく、ソ連邦内務人民委員部ハリコフ・コンビナート(НКВД-СССР Харьковский КОМБИНАТ им ФЭДзержинского)製となっている。つまり、このFEDカメラ工場は、単なる職業訓練施設ではなく、国家が本腰を入れた本格的な工場、コンビナートとして計画し育てられていることがわかる。このFED1の生産台数も、コンミューン時代の5年間に12万5000台、その後れっきとした企業となって1955年までに累計80万台も生産している。

 レンズはインダスター50mm/F3.5。エルマーのデッドコピーなのでしょうか。

PA202526.jpg

 真似をされたLeica Ⅱと並べてみました。

 ファインダーの右上角のところが、ライカ(奥)はRが付いているのに対し、フェド(手前)は角ばってます。

PA202513.jpg

 背面も、とても良く似ていますが、アクセサリーシューの右下、ライカ(手前)にはある段差が、フェド(奥)には無くてむしろこちらのほうが美しい。

PA202516.jpg

 上部。

     PA202514.jpg

 見た目の質感はあまり変わりません。

PA202515.jpg

 距離計を駆動する、コロの部分の形状が異なります。

PA202523.jpg

 ライカ(下)には、回転するコロがレンズに当たりますが、、フェド(上)はくさび形。すり減っていくと、精度が狂っていくことになります。

PA202522.jpg

 あと、レンズマウントのネジ山の数が、フェドのほうが一周分多いんです。

 シャッターボタン周りもちょっと違いますね。右がフェド。

PA202518.jpg

 底カバーのOPEN/CLOSE表示が、もちろんライカはドイツ語、フェドはロシア語。

PA272536.jpg

 日本人にはわかりにくい部分ですが、意味は重要です。

 底カバーを外した内部もちょっと違いますね。上がフェド。

PA202520.jpg

 カバーをテレコにしてみたら、フェドにライカのカバーはつきましたが、逆はうまく嵌まりませんでした。

PA202521.jpg
テーマ : ライカ・マウント・レンズ  ジャンル : 写真

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2013