風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (4)  Trackback (0)

県内唯一の村に

 夕べはあまりにも湿度が高かったので、今季初めてエアコンを試験運用しました。
 動作しているようです。

 今朝の仙台。

P7311996.jpg

 青葉山周辺、地面から水蒸気が逃げ出そうと努力していますが、行き場がありません。
 手前は仙台二高と宮城県美術館。

 太陽が見たいよう。

 さて、なんとか雨が降っていなかった日曜日の朝。

 今年もやって来ました。大衡村の昭和万葉の森。

DSC03703.jpg

 非常にじめじめした里山の自然公園なので、虫除けスプレーかけまくり。

DSC03704.jpg

 色んな所でも報道されているとおり、山百合が満開なのです。

DSC03705.jpg

 駐車場のゲートが9時に開くという情報だったので、オンタイムに到着しましたが、完璧に貸切状態。

DSC03643.jpg

 ものすごい蝉の声ですが、人間は私だけ。

DSC03644_20130729053124.jpg

 まだ紫陽花も綺麗です。

DSC03646.jpg

 どちらに向かっても山百合が咲いているようでしたが、昨年と同じ、西側の丘へ。

DSC03657_20130729053210.jpg

 このところちょっと強い雨が続いていたので、倒れている百合も多数。

DSC03649.jpg

 でも雨露も絵になりますね。

DSC03650.jpg

 去年のほうが色が鮮やかだったような気がします。

DSC03647.jpg

 どのくらい手をかけているのでしょうか。

DSC03660.jpg

 この辺りが一番密度が高い。

DSC03651.jpg

 これなんかが咲きたてでしょうか、雌しべが青い。

DSC03658.jpg

 伸びてきた雌しべ、ちょっと♂っぽいですね。

DSC03654.jpg

 雄しべとカップリング?

DSC03662_20130729053352.jpg

 機材はSONY NEX-7 + 30mmマクロ(一部標準ズーム)です。

 こちらでも。

DSC03663.jpg

 華やかというか、妖艶な香りに包まれました。

DSC03664.jpg

 他に誰もいないのが不思議な散歩道。

DSC03669_20130729053542.jpg

 暗くなってきたら怖いかも。

DSC03671_20130729053543.jpg

 明るい方に逃げ出すと、また紫陽花です。

DSC03675.jpg

 花菖蒲は終わってます。

DSC03689_20130729053734.jpg

 ガクアジサイ。

DSC03676.jpg

 また、額紫陽花。

DSC03678_20130729053731.jpg

 虫もたくさん見られます。

DSC03693_20130729053734.jpg

 イトトンボも沢山飛んでましたが、これは何だろ。

DSC03696.jpg

 これも、何だろ。

DSC03680.jpg

 表示がありました。ネムの木の花だそうです。

DSC03687.jpg

 美しいグラデーションに、カナブンも吸い寄せられてます。

DSC03686_20130729053758.jpg

 こちらは桔梗ですね。山百合ではなく桔梗が村花だそうです。

DSC03702.jpg

 昨年のレポートはこちら

 昨年は建築中だった産直施設、万葉おおひら館

IMG_2899.jpg

 さすが大衡、トヨタ東日本のお膝元です。車も展示中。

IMG_2897.jpg

 野菜やら、宮城の産物をたっぷり買い込んできました。
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: 博物芸術

Comment (2)  Trackback (0)

やっぱり宇宙服?

 今日の仙台も霧の中。相変わらずです。
 天気図を見ると、前線が日本列島を横断しています。
 関東以西は、本当に梅雨明けしているのでしょうか。

 土曜日、明石台でこってりラーメン大盛を食べたあとは東へ。

IMG_2891.jpg

 奈良市や太宰府市の姉妹都市、多賀城にある、東北歴史博物館。

  IMG_003.jpg

 東北地方には、弥生時代がなかったとか、後進の地であったとか、過去の常識を打ち破ってきた、研究者たちの業績が、たっぷり展示されています。

 前に九州国立博物館を訪れた時、遮光器土偶は東北で一番多く見つかっているのを知ったり、山形で見つかった縄文のビーナスが、昨年国宝に指定されたり、土偶には興味があったので、満を持して見学。

IMG_2890.jpg

 鏃や石器、土器の展示数には目を見張りましたが、遮光器土偶は数体しかありませんでした。

 特別展会場は、撮影不可でしたが、常設展はフラッシュを焚かなければOK。

IMG_2852.jpg

 iPhoneで撮影です。

IMG_2853.jpg

 良いですね、謎ですね、ヨーダですね、遮光器土偶。

     IMG_2854.jpg

 松尾芭蕉が憧れた壺の碑のレプリカ。

     IMG_2858.jpg

 東北各地に広がる、なまはげの親戚縁者たち。

namahage.jpg

 多賀城廃寺の復元模型。

IMG_2859.jpg

 平泉中尊寺金色堂の柱のレプリカ。

     IMG_2860.jpg

 見事ですね。

     IMG_2861.jpg

 誰だかの鎧兜。

     IMG_2867.jpg

 芭蕉の辻、往年の模型。

IMG_2868.jpg

 復元してほしいものです。

     IMG_2870.jpg

 津波で大きな被害を受けた、石巻ハリストス教会の模型。

IMG_2863.jpg

 ちょっと手を広げ過ぎかとも思いますが、東北と謳ってるのに、宮城県立です。

 その証拠に、入場料は500円なんですが、1000円札を出したら、お釣りがコレ。

  P7281984.jpg

 先日発行された県の記念硬貨。

  P7281985.jpg

 構内には、よくある、よくある、移築された古民家。 

 ここと、ミュージアムショップだけ観るなら、入場料はかかりません。

IMG_2889.jpg

 旧河北町橋浦ですから、あの大川小学校の対岸にあった家です。

 冠木門の向こうにあるのは、母屋ではありません、中門。

IMG_2874.jpg

 中門をくぐった先の母屋です。

 明和6年(1769年)に建てられた肝入の邸宅、デカイ。

IMG_2888.jpg

 ここよりも古い、南三陸町の遠藤家。

 震災で大きな被害を受け、四国の古民家村か何かに移設する話がありましたが、どうも解体して香川までは運んだものの、頓挫しているようです。

IMG_2883.jpg

 大大大好きな薪の燃える香り。

IMG_2879.jpg

 走り回る子どもたち、暗い部屋で敷居に足を引っ掛けて転んでました。

 庭には泰山木の花。

IMG_2887.jpg

 資福寺で見て以来だな。
テーマ : 歴史  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

こむら返りじゃない

 今朝の仙台はやっぱり。

P7291992.jpg

 昨日は青空が覗いた時間帯もあったのですが、まだ梅雨が明けません。

 土曜日は恒例、月に一度の内科通い。処方箋を書いてもらって薬局で降圧剤と、胃薬。
 ディオバン製造元のいざこざについては、結局血圧を下げる効果については問題ないとの判断でした。

 帰宅する道すがら。

 先日来工事していたこんなお店、開店です。Wine Store ブドウの木。

IMG_2841.jpg

 閉じたまんまの薬局があった場所、家から100m程の距離なんです。

     IMG_2842.jpg

 覗いてみるとカウンターがありますね、奥はワインセラーかな。

 酒のかわしまから、お祝いの鉢植えも。

     IMG_2843.jpg

 普通の酒屋さんでも、立ち飲みコーナーが有ったりしますが、ここもそんな感じなんでしょうか。

 いや、店呑みがメインで、持ち帰りは25%offか。
 来てみないとダメですね。
 
 いったん帰宅して、車でお出かけ。
 富谷のホームセンターで買い物したあと、明石台の天下一品こむらさきで昼飯。

     IMG_2851.jpg

 13年前、仙台に来た頃、国分町で飲んだ後の〆は、当時は少なかった国分町の深夜営業のラーメン(遠い目)。
 二軒並んでる通りに連れて行かれて、こってりかあっさりか、選ばされたもんです。

IMG_2845.jpg

 ゆでた孫ゆで玉子は無料。

 もう一軒はなんて言う店だっただろう。支那そば屋?

 天下一品ラーメンの大盛950円。強気な値付けですが、店は昼前に満席。ピンぼけ。

   IMG_2846.jpg

 ここのこってりは、味ではなくスープの粘度。

 いわゆるポタージュ系の走りでしょうか。ピンぼけ。

IMG_2847.jpg IMG_2850.jpg

 そのせいか、大盛ゆで玉子付きは途中で飽きました。

 でも時々食べてみたい味なんですよね。
テーマ : 杜の都仙台だより  ジャンル : 日記

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

変わり映えしない空模様

 今朝の仙台もこんな天気。

P7281982.jpg

 まだ梅雨は明けそうにありません。広瀬川も濁流。

 この週末は、相馬野馬追ですね。

 先日南相馬を訪れた時に、自分用に買ってきたもの。

P7251949.jpg

 まず市場食堂で買ってきた、海苔醤油。ナイスなデザインです。

P7251952.jpgP7251953.jpg

 そして市立美術館で買ってきた、野馬追のブルーレイディスク。

P7251950.jpg

 今年は結局行かなかったので、これで楽しみます。

P7251951.jpg

 ところで野馬追の行事は予定通り開催されているのかしらん。
テーマ : 福島県  ジャンル : 地域情報

Category: 電脳生活

Comment (2)  Trackback (0)

野次馬御用達?

 今朝の仙台。
 またまたミスティな朝です。エネルギーを西日本に吸い取られているみたい。

     P7271959.jpg


 一昨日大きな列車脱線事故があったスペイン北西の、サンティアゴ・デ・コンポステーラ。
 1980年代に仕事で一週間滞在したことがありました。

s-Santiago1.jpg

 キリスト教の聖地と呼ばれる世界遺産の都市です。

s-Santiago2.jpg

 そのうちもう少し詳しく報告したいと思います。

 先日、報道フロアのおかぁさんに、こんなサイトを教えてもらいました。

s-火事どこ仙台1

 せんだい火事ドコ?まっぷ 。

 どのような背景で設置されたサイトかよくわかりませんが、消防が出動している現場を、地図上に表示してくれるんですね。アップも結構早いようですから、実際に消防署や消防車が指令に使っているデータを使えているのかもしれません。

 ここまで拡大可能。

     火事どこ仙台2

 スマホ用のサイトもあります。

 いろんなサイトがあるものです。
テーマ : インターネット  ジャンル : コンピュータ

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

つばぜり合いで午前様

 今日の仙台も梅雨らしい天気。

P7261958.jpg

 週末、どこかへ出かけたいけれど、300km圏内は全て同じような空模様のようです。
 うーーーん。

 先週の日曜日。
 夏まつりのアテンドはパスさせていただき、昼前に、まず投票。

 どこかの落語家さんが、選挙特番を面白くする方法を提案しているそうです。
 それは、みんなが出口調査で嘘を言う。

 残念ながらわが投票所には、調査員が居ませんでした。
 これまではいつも拒否していたので、よく知らないのですが、どんな風にインタビューされるのでしょう。

 昼飯。

資料IMG_1077cmoas.jpg

 投票所の少し先にある、うさぎのモチつき天秤棒です。

資料CA3A0003_20100714061658.jpg

 BGMはJazzyな女性ヴォーカル曲。

 担々麺のつけ麺、840円。

IMG_2830.jpg

 普通盛りでも結構多めですが、+100円で大盛りにもできます。

 標準はひやあつですが、冷たい汁も選べるようです。これは熱いやつ。

  IMG_2829.jpg

 最近カウンターの向こうには、若い中国人らしき女性が入っていて、親方が一生懸命指導しています。 

 麺量が少なくなると出てくる赤米混じりのご飯と、少しぬくとめた玉子とスープ。

    IMG_2831.jpg

 ライスインセットは無料のオプションです。ピンぼけ。

     IMG_2832.jpg

 午後から仕事で、本番前に弁当支給。

    IMG_2833.jpg

 決着が付いたのは零時を回ったあとでした。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

流行りのインテリアか

 今朝の仙台も霧の中。

P7251947.jpg

 涼しいです。梅雨はいつ明けるのでしょうか。

 土曜日、市民広場でのお仕事終了後。

    IMG_2828.jpg

 呑助おじさんたちで、行軍開始したら、定禅寺通沿いのビル3階に、知らない呑み屋を発見し、即チャレンジ。

IMG_2827.jpg

 第十一天海丸。

 宮城の魚を喰いましょう、宮城の酒を呑みましょう。

IMG_2826.jpg

 どこかで入ったことがある雰囲気。
 あとで調べたら、ラーメン国技場後に出来た、津田鮮魚店の系列でした。

IMG_2821.jpg

 東口の、天海のてっぱん屋も系列。

IMG_2809c.jpg

 魚市場をまんま飲み屋にした様なスタイル。 

IMG_2822.jpg

 密かに流行っているのでしょうか。

IMG_2825.jpg

 仕入れ元がいろいろ表示してあります。

IMG_2823.jpg

 炉端焼き盛り合わせ。

IMG_2817.jpg

 もっきりは豪快ですが、まぁ下手です。私は蒼天伝。

IMG_2816.jpg

 刺身はギンザケ、金華〆鯖、ホヤ酢各二人前づつ。

IMG_2811.jpg

 また向こうで血の一滴が溢れてます。

     IMG_2815.jpg

 焼き野菜と生野菜の盛り合わせ。

IMG_2813.jpg

 蒸し牡蠣や、気仙沼ホルモンも食べたかったけれど、あら汁で〆。

IMG_2819.jpg

 詳しくはこちらで。
テーマ : 居酒屋  ジャンル : グルメ

Category: 祭りだワッショイ

Comment (8)  Trackback (0)

なつまつり

 今日も涼しい仙台です。予想最高気温は21℃。

 既報の通り、20日21日は、仙台市民広場・勾当台公園で夏まつりが開かれました。

 3年毎に参院選挙とかぶります。

R6251970.jpg

 土曜日は朝から案内所で、パンフレットの配布と、ゴミの収集。

 あとは、記録用のブース撮影。

 夕方には自分用の買い物。

 この紅鮭しぐれをお買い上げ。

R6251972.jpg

 この日は、運転免許証から、クレジットカードに定期券、現金も裸のものから封筒入りまで、拾得物多数でした。

R6252016.jpg

 こちらも右のボトルをお買い上げ。

R6251959.jpg

 牡蠣串もお買い上げ。

R6252055.jpg

 終了間際に半額になった、生まれ故郷の名物もお買い上げ。

R6251914.jpg

 暑い中、皆様ご来場ありがとうございました。

R6252051.jpg

 また来年もよろしくお願い致します。

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

平家の落ち武者集落

 涼しい日が続く、梅雨の仙台です。
 夕べはちょっと強い雨が降ったようで、福島山形は、洪水避難した地域もありました。

 ちょっと前の三連休の最終日。

IMG_2796.jpg

 仙台の郊外、東京で言えば日の出村みたいな、坪沼という山里の集落にあるお寺へ。

DSCF9048.jpg

 と言っても都心から日の出村に行くほど遠くはなくて、車で30分もかかりません。

 小さな沼があるから、ついた地名でしょうか。

 仙台から車を走らせると、いったん名取に入ってから再び仙台市内の坪沼へ。
 西は川崎町支倉、南は村田町菅生。そして東は名取市に面している、仙台の盲腸のような、盆地の集落ですが、東北自動車道と、ネズミ捕りが有名な県道が貫通しています。

 4年前に若くして逝ってしまった友人の墓参りでした。

DSCF9038mo.jpg

 忘れかけていた、いろんなことを想い出します。

IMG_2791.jpg

 何故か紫陽花の花の上に、バッタが。

IMG_2794.jpg

 花を食べるのかな。

IMG_2795.jpg

 輪廻転生?

 その後近所の、というか、この集落では唯一の食事ができるお家。

DSCF9050.jpg

 前に探したことがあったのですが、見つかりませんでした。定休日で、上の看板がなかったのかも。

 ここが農家レストランなんです。

DSCF9051.jpg

 心布乃里、心布の里と書いてあるところもありますね。

DSCF9060.jpg

 屋根は比較的新しい瓦葺きですが、築300年の古民家だそうです。

     DSCF9053.jpg

 ただいまーーと言いたくなるような、おばあちゃんの家に帰ってきたみたいな、キュンとさせられる玄関と縁側。

     DSCF9063.jpg

 低めの鴨居と高い天井。

DSCF9073.jpg

 匂いまで古臭いんです。

    IMG_2799.jpg

 思い出話が続きます。

DSCF9055.jpg

 客は圧倒的に女性が多いとか。

DSCF9054.jpg

 今は予約だけなのかも。

DSCF9067.jpg

 よくばりランチ1500円、最初にそばすいとんが出てきます。

DSCF9068.jpg

 これはすいとんと言うよりも、そばはっとの方が近いような気がします。

DSCF9069.jpg

 メインディッシュ。

DSCF9071.jpg

 デザート。

DSCF9072.jpg

 このあと珈琲をいただきながら、思い出話が続きます。

 そこに女将さんが参戦。
 なんと、故人のお母さまと同級生。

 天国の彼女のこともよく知っている方でした。
 引き合わせられるということは、こういう事なのでしょうか。

DSCF9062.jpg

 この日は法事といった正式行事ではなかったのですが、冠婚葬祭は、主役のために行われるのではなく、周りの人のためだということを、あらためて感じた日でした。

DSCF9065.jpg

 坪沼。
 定義と同じく、平氏の落ち武者集落との言い伝え。
テーマ : スピリチュアル・ライフ  ジャンル : ライフ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

またまた日常

 これは16日に会社の構内で撮った画像。

   IMG_2804.jpg

 秋桜ですよね。梅雨が明ける前なのに。

 えーと、先々週からの食堂5連発。

 8日、鯖の味噌煮定食450円。ご飯少なめ。

IMG_2729.jpg

 9日は、冷やしラーメン+豆腐ハンバーグの小鉢、計400円。

IMG_2734.jpg

 10日は十八番のチャーハン600円で、11日は、チーズ入りはんぺん揚げ定食450円。ご飯少なめ。

IMG_2735.jpg

 ケチャップよりソースのほうが合うと思う。

 16日は十八番の塩ラーメン650円。

IMG_2802.jpg

 18日。社員食堂の豆腐と野菜の揚げ出し定食。500円。ご飯少なめ。

IMG_2805.jpg

 ところで、会社の近くに、やぎやまと言う名前のつけ麺・油そば専門店が準備中。たのしみです。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

もっと南へ

 相馬小高神社を見学したあと、小高の町内を走ります。
 昨年通ったときは、住民が昼間だけは自由に入れるようになった直後、倒壊家屋もそのまんまでしたが、一年の間に、だいぶ片付けられていました。

 でも常磐線の小高駅はそのまま。レールも雑草に覆われています。

IMGP0719.jpg

 このあと思い切って国道6号線を南へ。

 小高から南は、すべての商業施設が閉まっていました。

IMGP0728.jpg

 意外にあっさり、浪江町には入れます。

IMGP0723.jpg

 ただし警備員だか警察官多数。

IMGP0727_20130717060722.jpg

 町内に入る道路は全て閉鎖されているか、ゲートが設営されていました。

IMGP0726_20130717060721.jpg

 こんな悲しい風景があることは、忘れないように。

 浪江町役場辺りで引き返しましたが、調べてみると、双葉町の手前ぐらいまでは、一般車でも入れるようです。

IMGP0725.jpg

 現在町役場機能は、八重の桜にも出てきた、二本松にあるそうです。

 一旦南相馬まで引き返し、南相馬市博物館を見学。
 兜の修復の取材班がいましたが、客は私だけ。

IMGP0730_20130717060741.jpg

 空はすっかり晴れて、暑くなっていました。

     IMGP0731.jpg

 周辺は、雲雀原に隣接する、気持ちのよい公園。

IMGP0733.jpg

 SLがありましたが、あまり保存状態はよくありません。。

     IMGP0736_20130717060848.jpg

 C-50。

     IMGP0734_20130717060746.jpg

 プレートが傾いてるし。

IMGP0739.jpg

 原町市街に変わった建物。

     IMGP0742_20130717060851.jpg

 相馬ガス。

 前に連れてきてもらった、原ノ町駅そばのお店でお昼と思いましたが、日曜のランチタイム、閉まってました。

IMGP0743mo.jpg

 せっかく見つけたのに。

 それで、どんだけ知ってる店がないんだよというわけでもないのですが、これも前回連れてきてもらったお店が美味しかったので、6号線に戻って北上し、副大将の出陣地を確認しつつ、相馬市に入ってすぐの相馬総合卸売市場。

IMG_2787.jpg

 割烹文字島の市場食堂

IMG_2778.jpg

 割烹の宿も復活しているようですね。

     IMG_2776.jpg

 海鮮丼を薦められましたが、土日限定十本のみの、鯖の棒寿司に決定。

IMG_2780.jpg

 フェニックスのような人参。

     IMG_2783.jpg

 んまいです。

IMG_2782.jpg

 このあと、今度は松川浦の南側へ。

IMGP0748.jpg

 大洲松川浦ラインにはやはり入れませんでした。ずたずたなんでしょうね。

IMGP0745.jpg

 さて今年の相馬野馬追、行くべきか、行かざるべきか。

テーマ : 福島県  ジャンル : 地域情報

Category: 祭りだワッショイ

Comment (0)  Trackback (0)

夏まつり なう

勾当台公園に、伊達餃子楼さんのブース発見。



是非どうぞ

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

あとの二ヶ所も

 相馬中村神社を詣でたあと、常磐道に乗ります。

P7141918.jpg

 仙台から山元までが開通していますが、福島に入って相馬から南相馬までも、震災後に開通しています。無料。

 今回、TTの車検明けテストを兼ねて、この地域に来てみたのは、野馬追が近いからなんですね。

     IMG_2772.jpg

 昨年訪れた、南相馬。
 市内に入って、雲雀ケ原。会場の見学です。宵乗り競馬や、甲冑競馬のゴール地点。その向こうは、神旗争奪戦の会場です。

P7141921mo.jpg

 暑い中、練習中の人馬も数頭だけいました。

P7141920.jpg

 羊腸の坂、オフロードバイクなら登れそうです。

P7141922.jpg

 雰囲気を感じに、相馬太田神社を訪れました。

     IMGP0685_20130716053058.jpg

 原町の市街から、南の方向へちょっと離れた田園地帯。

IMGP0688.jpg

 中の郷の騎馬武者たちは此処に集結して、雲雀ヶ原まで威風堂々行進します。

IMGP0690.jpg

 この神社にも絵馬堂がありますが、まだあまり祭りの雰囲気はありませんでした。

IMGP0693.jpg

 これは騎乗の練習用かな、木馬。

IMGP0689_20130716053101.jpg

 拝殿にも馬の奉納額。

IMGP0699.jpg

 願掛けの絵馬。

IMGP0695.jpg

 静かな境内でした。

 さらに南へ5-6km。

 発災直後は立ち入りも制限されていた、小高地区。

 相馬小高神社です。

IMGP0703.jpg

 旧小高城址。
 相馬家の城郭は、中村城と小高城のツートップだったようです。

IMGP0715.jpg

 小高郷、標葉郷の武者たちはここから出立するのです。 

IMGP0714_20130716053257.jpg

 見事な建築と彫刻です。

IMGP0706.jpg

 此処にも馬。

IMGP0713_20130716053402.jpg

 相馬中村神社と同じく、こちらも本殿の周りをぐるり見学出来ます。

IMGP0711_20130716053401.jpg

 絵馬殿は鍵がかかっていて入れませんでした。ガラスの外からパチリ。

IMGP0716.jpg

 神社前の広場は、野馬追の原型といわれる、野馬懸が開催される場所。

     IMGP0702.jpg

 確かに馬たちが入ってきている証拠が、今回のオチでした。

    IMG_2774.jpg

 昨年の野馬追、その他の記事は、副大将出陣、街なかの騎馬武者の家お行列
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

相馬だから馬に縁があるわけ?

 昨日は野球中継がない日。(フレッシュオールスターはあったけど)
 毎日録画してる、あまちゃんを観る夜なんですね。
 一本か二本前の分を流しながら、皿を洗ったり晩酌の準備をしたり。
 そのあと3日分楽しめました。益々おもろくなってきましたね。

 平和主義のわたしゃ、ずっと海に潜ってるあまちゃんも見たかったし、東京なんぞに行ったらつまらなくなるだろうと、予想してたもんですが、裏切られ続けてます。



 さて、相馬にやってきて、これまで松川浦以外は知らなかったことに気づきました。

 それで、やってきたのは此処。

P7141905.jpg

 すごい、狛犬の手前に、御神馬の像。

P7141858.jpg

 相馬城址公園にある、相馬中村神社なんですね。

     P7141860.jpg

 手水場にも御神馬。

P7141864.jpg

 元々は妙見神社なんです。

     P7141863.jpg

 参道の石段の両側にも。

P7141867.jpg

 徹底していますよね。

P7141870.jpg

 珍しいと思います。

P7141869.jpg

 寛永20年(1643年)に相馬中村藩2代藩主相馬義胤(相馬氏第18代当主)により建立され、国の重要文化財に指定されている拝殿。

     P7141865.jpg

 同じく、美しい本殿です。

P7141880.jpg

 仙台の神社は、本殿には近づけないところが多いのですが、こちらはぐるり、回ることができます。

P7141879.jpg

 大絵馬は黒馬。

P7141871.jpg

 彫り物も馬ですね。

P7141881.jpg

 トリミング。

P7141881c1.jpg

 奥には、野馬追で使われる、御神水の井戸もありました。

 隣には絵馬殿。

P7141872.jpg

 奉納品の数々。

P7141873.jpg

 ウィキペディアから。
 相馬中村神社の起源は相馬氏の始祖である平将門が承平年間(931年~937年)に下総国猿島郡に妙見社を建立したことに始まるといわれる。

P7141874.jpg

 その後、この地に相馬中村城を築城した相馬中村藩初代藩主相馬利胤(相馬氏第17代当主)が、慶長16年(1611年)に城内南西に一族の守護社である妙見社を建立したのが、現在の相馬中村神社の起源である。

P7141875.jpg

 別名・妙見中村神社。祭神は天之御中主神(妙見菩薩)。相馬野馬追の出陣式が行われる。
P7141877.jpg

 そう、昨年初めて来て、大感動した相馬野馬追、メイン会場は南相馬ですが、総大将はここから出陣するのです。

P7141878.jpg

 15kmくらい離れていますかね。

P7141876.jpg

 神社の奥には、馬場がありました。

P7141894.jpg

 隣には、厩舎。

P7141889.jpg

 バラック風ですが、この季節だけしか使わないのかもしれません。

P7141890.jpg

 いつもとは異なる馬具の訓練とかも、必要なのかもしれませんね。

     P7141886.jpg

 触れます。

P7141892.jpg

 痩せ気味ではないですか?

P7141888.jpg

 血統を書いた看板には聞いたことがあるような馬の名前も。

P7141891.jpg

 扇風機が沢山回っていました。

P7141887.jpg

 暑いけど、今年もがんばってね。 

P7141896.jpg

 城址公園には、相馬神社もあります。本丸かな。相馬中村城、別名馬陵城とも呼ばれるそうです。

P7141897.jpg

 天守閣などの遺構は無いようですが、立派な石垣はずいぶん残っています。

P7141903.jpg

 伊達藩と代々闘ったお城ですね。

 二宮金次郎の"大人な"銅像がありました。

     P7141901.jpg

 滞在したことがあるのかな。

P7141904.jpg

 お堀も一部残っていますが、これは狭いですね。

     P7141908.jpg

 紫陽花の季節でもありました。満開。

P7141906.jpg

 場内の急坂で、高校生が青春しています。

P7141911.jpg

 ダッシュ、ダッシュ。

P7141912.jpg

 グランド兼馬場。

P7141915.jpg

 スパイク跡ならぬ、蹄鉄跡。

P7141917.jpg

 野馬追では総大将率いる宇多郷の騎馬武者隊がここから出発、途中の鹿島で北郷の部隊と合流し、雲雀ヶ原を目指すのです。

 昨年の合流の様子はこちら

 ボタ餅も落ちてますので、注意です。

P7141907.jpg

 おあとがよろしいようで。
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

忘れないでほしい

 未だ梅雨が開けない仙台。
 夕べからの大雨に加え、今朝は雷も。
 さらに7時前から、広瀬川の方でサイレンが響きわたっています。
 上流のダムが放水するのでしょうか。

 先週末某日。
 朝から霧の中の仙台でしたが、晴れることを念じつつ、東二番丁通りを南へ。

P7141804.jpg

 日曜日の朝6:30.さすがにガラガラです。

P7141806.jpg

 朝ドラの最初の目的地は朝飯ですね。

IMG_2771.jpg

 前から入ってみたかった、愛宕橋駅そばの半田屋。

IMG_2770.jpg

 地元の人以外は知らない、あなたの街の食堂。

IMG_2766.jpg

 メニューはこちら

IMG_2767.jpg

 肉じゃが147円+明太スパ105円+めしミニ74円+みそ汁63円=389円也。

IMG_2768.jpg

 おばちゃん二人で頑張ってました。
 常連さん風の客が常に7-8人、入れ替わり立ち代り。

 長町南インターから、仙台南部道路、東部道路、常磐道。

P7141809.jpg

 終点の山元インターまで突っ走り、国道6号線。

 初めて山元町の海沿い。

P7141810.jpg

 何もない場所ですが、カーナビの案内は、"踏切に注意してください"。

P7141811.jpg

 常磐線が毎日沢山の人々を運んでいた線路跡です。

 ナガサレール・イエタテールの舞台ですね。

P7141816.jpg

 最近買って読みました。

P7141821.jpg

 海沿いの道をなんとか、新地町へぬける道に挑戦しますが、県境先で通行止。 

P7141822.jpg

 宮城県側に引き返します。悲しいほどに広がる土台と電柱だけの街。

P7141820.jpg

 ナビを頼りに回り道。

P7141824.jpg

 この辺りにはまだ瓦礫が残ってました。

P7141825.jpg

 国は、この地域をいつまでこのまま放っておくのでしょうか。

P7141826.jpg

 永遠にこのままになってしまうのでしょうか。 

P7141827.jpg

 県境を越えて、福島に入っても同様。

P7141830uz.jpg

 最新のカーナビ地図には、常磐線(休止中)のテキスト。

P7141831.jpg

 この辺りの線路は、山側に移転することだけは決まりました。

P7141834uz.jpg

 それが決まるまでの、長かった道のり、そしてそれが実現するまでのもっともっと長い道。

P7141833.jpg

 悲しい。

P7141835.jpg

 釣師浜漁港の前を抜けて、松川浦大橋が見えて来ました。

P7141837.jpg

 周辺も土台だけの街、橋だけが残った感じです。工事車両以外は通行禁止。

P7141839.jpg

 それでも橋や港湾施設の復旧は進んでいる方ですね。 

P7141842.jpg

 ぼろぼろの松川浦漁港。

P7141846.jpg

 釣りで遊ぶ子どもたち。海底には蟹が沢山。

P7141844.jpg

 大橋を行き来する工事車両。

P7141847.jpg

 ここはどこの国なんでしょうか。

P7141849.jpg

 TTはタイムマシンか、宇宙船か。

P7141848uz.jpg

 それでも漁船は元気に稼働中。

P7141855.jpg

 水産物直売センターがあった場所。

P7141852.jpg

 誰もが立ち寄ったこの場所も土台だけです。

P7141850.jpg

 選挙カーも走っていません。

P7141853.jpg

 それでも斎春旅館は、再建されていました。

P7141857.jpg

 良かった良かった。
 2009年の画像。

   PB290226_20130715054947.jpg

【追伸@night】

 今日は、糞忙しい午後に、名門S二高の生徒が来るから15分ぐらいスタジオを見せて欲しいという依頼があり、いやいや行ってみたら6人中5人が可愛らしい女子高生。

 いやいやいやいやいやいやいやいや。
 おじさん少し若返りました。
テーマ : 東日本大震災  ジャンル : ニュース

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: