風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (2)  Trackback (0)

昼時に行くのが味噌だったかも

 土曜日、石巻で夏まつりが始まった上に、夜にはベガルタ戦。
 あおりでまたまた朝は仕事。

 帰り道の昼時、ちょうど前を通りかかったら、駐車場が開いていたので、久しぶりに寄ってみます。

     IMG_2757mo.jpg

 霊屋下の、千代らーめん瑞園。

 向かいのるーぷるバス停。週末は観光客で一杯。瑞鳳殿下だからですね。

     IMG_2752.jpg

 親父さんがスワローズのTシャツ着てましたね。今度行くときはワタシも着て行こう。

 これまでは醤油味のワンタンメンチャーシューメンでしたが、今回は初めてねぎみそらーめん850円。

IMG_2753.jpg

 味玉が標準で入ってます。

 札幌ラーメン式の味噌ではなく、あくまでも味噌味のらーめん。
 麺も細めの弱縮れ麺。やさしいスープ。

     IMG_2755.jpg

 ワンタンも標準で二個入ってます。

IMG_2756.jpg

 やっぱり醤油のほうが良かったかなと思いつつ、塩を頼んでいる客が多いのも気になります。

 豆板醤の香りを漂わせながら、県美術館の駐車場に向かったら、満車ではなかったので、入りました。

     IMG_2759.jpg

 連休いっぱいまでだった、ゴッホ展の招待券があったのでした。

 ちょうど博物館の方の新しい企画が始まった週末だったせいか、意外とすいてて、小さな絵が多かったのですが、楽しめました。

     IMG_2760.jpg

 ところで、私がドイツから戻ってきた1990年は、ゴッホの100周忌。
 オランダで大きな回顧展が開かれていて、見に行っていたことを想い出しました。

 そう言えば、洗面所にその時買ったポスターが貼ってあります。

P7131803.jpg

 その時は、アムステルダムのゴッホ美術館と、郊外にあるクレラーミューラー美術館に世界中からゴッホの絵が集められていて、私が訪れたのは後者でした。

 BMW325iを停めた、森の中の駐車場から、シャトルバスで移動したような。

 その時も、今回も、有名なひまわりや糸杉の絵は見られませんでした。
 それらは別の美術館で見ましたけどね。

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

空気はトロピカル

 昨日、柏木の、元"香菜"があった店舗前を通ったら、新しいお店のための改装工事中でした。
 新店の名は、玄武。大阪のラーメンチェーン店でしょうか。

 先週某日。また面倒な会議のため、東京出張。

 ひょっとしたら新型車両かも、と期待して、こまちの席を取りましたが、いつものやつでした。満席。
 こまちだと、四人がけなので、真ん中の席になる心配はありません。
 豪快に鼾を掻いてるお客さん約一名。

IMG_2736mo.jpg

 時間があったので、丸の内をちょっと散歩。

     IMG_2737.jpg

 この日の仙台は22℃、東京は34℃。

DSCN9922.jpg

 亜熱帯ですね。
 暑いの自体は問題ないのですが、あのまとわりつくような、液状化した湿気はダメです。

DSCN9924.jpg

 やはり住むべき場所じゃない。

     DSCN9925.jpg

 地下鉄千代田線。

DSCN9927.jpg

 銀座線と丸ノ内線しかなかった時代を覚えている私なので、それ以外の路線は新しいと感じがちですが、この二重橋駅はずいぶん古い作りでした。

 国会議事堂前で下車して、昔バイトしてた溜池。

 山王パークタワーの地下食堂街。

IMG_2738.jpg

 旅に出ると、食事は名物を漁るのですが、東京だと迷いますね。

 結局手打ちうどんの杵屋。

IMG_2741.jpg

 夏のおすすめ、冷し王さんの卵とじうどん定食800円。中華味です。でも、なんちゅうネーミング。山王だから?

DSCN9928.jpg

 半玉追加無料は我慢しました。

     IMG_2744.jpg

 難しい内容の会議。とても覚えきれないのでひたすら資料にメモします。

IMG_2745.jpg

 4時間かかりました。ふーーーーー。

 有志で軽く喉を潤し、再び新幹線。仙台止まりのはやて。

IMG_2746mo.jpg

 連休前だし、泊まって親の墓参りとかにも行きたかったのですが、翌朝に仕事が入ってしまい、とんぼ返りであります。

 夏のたっぷり野菜弁当850円。野菜・豆を23種類使用、マンナン入りご飯。
 445kcal+ワンカップ大関。

IMG_2750.jpg

 大関なんて、実に久しぶりなんですが、味は脳に染み付いてました。酸っぱいですよね。

 帰りも満席。仙台の空気は優しくて。
テーマ : 東京  ジャンル : 地域情報

Category: アルコホリック

Comment (0)  Trackback (0)

今月はこの5-6本(羽)

 先々週、山形県観光物産館で買い占めてきた山形の酒たち。

DSCF9026.jpg

 もっとも物産館においてある酒は、高級酒中心で、なかなか手が出ない銘酒ばかり。

 比較的リーズナブルなお気に入りを探しました。

 最初はもちろん栄光冨士。地の利的には全く無縁ですが、富士山の世界文化遺産決定にふさわしい名前。

DSCF9028.jpg

 3本ゲット。

 次は南陽、東の麓の、なんどでも。

     DSCF9029.jpg

 酒米はつや姫ですね。

 好きな温度で呑んでください。

     DSCF9030.jpg

 残り3本、右端の高嶺はいただきものです。

DSCF9031.jpg

 惣邑の酒米は、羽州誉。

DSCF9032.jpg

 出羽桜の酒米は、出羽燦々。

     DSCF9034.jpg

 みんな、うまいっす。
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Category: Car & Bike

Comment (0)  Trackback (0)

クルマの差 カメラの差

 最近は、大河ドラマと朝ドラの舞台が東北なので、もっぱらそちらに夢中ですが、もう一本だけ見たのが、島の先生。
 平清盛で、崇徳上皇を演じた井浦新がイイ役でした。

 今週は、TTが4回目の車検でドック入りしているので、マンション下の駐車場に、弟分が停まってました。

IMG_2731e.jpg

 異様に広い。

 車検は基本的に、新聞に折込ちらしが入ってくるような、近所の工場で十分かと思っているのですが、Audiのセールスマンがひつこく電話をかけてくる(恐らく買い換えてないかの確認)来るのと、ボーナスを貰ったあとの、ちょっと財布の紐が緩んでいる時季なのとで、結局ディーラーに頼んでしまいます。
 諸経費込みで17-8万くらいでしょうか。

 本当に必要な物だけ見積もって来いといっても、高いオイル交換や、専用ワイパー交換が入ってたり。
 そんなの車検時にやる必要はないし、外車は買ったあとにカネがかかるなんてこと、言われないようにしたほうが結局得だと思うのだけれど、系列の方針なんでしょうね。

 今回はリアブレーキパッドを変えたほうがいいとの連絡があり、初めて交換します。

 こちらは8日の夕景。

IMG_2733.jpg

 雲の縁が変わったカタチに光っていたので、慌ててiPhone5で撮影しましたが、やはりこの手のシチュエーションは、スマホでは綺麗に撮れませんね。

 それがわかって逆にホッとしたり。

 昨日の夕方、TTが車検から戻って来ました。

     IMG_2762.jpg

 大袈裟な。

   IMG_2763mo.jpg

 自走して来なかったのは、9年目にして初めてかも。

   IMG_2765mo.jpg

 セールスマンは、買い換えさせたがってるけど、まだまだ乗るぞぉ。
テーマ : メンテナンス&ケア  ジャンル : 車・バイク

Category: 不健康

Comment (10)  Trackback (0)

じぇじぇじぇ

 昨日のヒースロー空港、787が火災事故を起こしました。
 そのエチオピア航空の機材が、The Queen of Sheba。

 高校のお帰り時間の音楽がシバの女王でした、そう言えば。なつかしい。



 もう、3年以上飲んでます。1000錠越え。

DSCN9929.jpg

 一応、効いてるような気がするけど。

DSCN9930.jpg

 NOVARTIS。



 大名マークさん、芝の女王じゃないですよん。

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

ぜんぜん追いつけない

 さて、ロッジスガノでまったりしたあと出発です。雨も上がりました。

IMG_2717mo.jpg

 友人のスーパー7。かっこいいです。

IMG_2718.jpg

 出発といっても、夕べも来ました歩いても8分の上ノ台のシャモニーでいきなり休憩です。

IMG_2719mo.jpg

 夜朝2日続けて来るのは初めてかも。

IMG_2721.jpg

 ホントの出発、県道14号上山蔵王高原線で一旦上山へ降ります。

s-IMG_0188mo.jpgbyユケチュウ

 市内には入らず、国道13号線を南下、県道263号萱平河崎線で楢下宿方面へ。
 宿場町をかすめて、今度は県道268号楢下高畠線、国道113号七ヶ宿街道経由で、二井宿から宮城県へ。

 早くも昼飯です。こちらもおなじみ芭蕉庵。

IMG_2722.jpg

 ロッジスガノに泊まる、蔵王ミーティングの翌日は、なぜか恒例蕎麦の昼飯なんですね。
 調べてみました。

 2005年が、山形市内の老舗、庄司屋。(リンク先は最近の記事)
 2006年は、寒河江の蕎陶庵。
 2007年が、天童高擶の吉里吉里
 2008年は、上山のたから亭
 2009年も、吉里吉里
 2010年が、山形市内、栄屋本店、この時は鶏中華か。
 2011年が、銀山温泉の、滝見館。
 2012年が、白鷹の、さんご

 前日に来ることが多かった芭蕉庵なのです。

 十割蕎麦。

IMG_2725.jpg

 お腹は空いていなかったけど、ぺろっと。

IMG_2726.jpg

 ご馳走様でした。

 道の駅にもよらず、関宿で左折、県道51号南蔵王七ヶ宿線で横川宿方面。

 南蔵王へ駆け上がって、国道457号線経由で、七日原。

IMGP3399mo.jpg

 初めて来ました、カフェfua。

IMGP3400.jpg

 こんな山の中に、小さな喫茶店、商売になるのだろうかと思うのは杞憂のようでした。

IMGP3406.jpg

 大好きな薪ストーブ。

     IMGP3402.jpg

 みんなが覗き込んでいるので、近づくと、サンタクロースならぬ、スズメが、煙突から落ちて来てました。

IMGP3404.jpg

 生き延びられたのであれば、良いのだけれど。

 夜にディーラーが、車検のためにTTをピックアップに来る予定だったので、川崎町で銀行に寄って諸経費分を下ろします。

 そして同じ町内の友人宅へまたまた寄り道。

IMGP3409mo.jpg

 しかし美しい排気管だな。

IMGP3412.jpg

 ずっとスーパー7で走ってきたわけではなく、私はあくまでも、泥まみれのジムニーで、その7の後を追ってきたのでした。

 縁側で寝っ転がって、お茶します。

IMGP3410.jpg

 良い感じ。

IMGP3411.jpg

 走りっぱなしだった土曜日と、Stop & Goの日曜日。
 同じツーリングでも、撮った写真がぜんぜん違いますね。


 参考までに前週のルート。


 仙台に戻っていつものバーバーで散髪。

 TTは無事引き渡しました。9年目の車検です。
テーマ : こんなお店行きました  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

9回目でした

 さて、午後に蔵王温泉に到着し、大露天風呂に浸かりました。

 蔵王。東北を代表するビッグネームの観光地ですが、八幡平と同じように、絶対的な中心に欠けるせいかとても曖昧な地域です。

 蔵王町は宮城県、蔵王温泉は山形県。
 蔵王PAは東北道で、山形蔵王インターは山形道、ずいぶんと離れてる。
 白石蔵王駅は宮城県側で東北新幹線の駅ですが、奥羽本線の蔵王駅には新幹線は停車しません。
 スキー場は両方にあるので、みやぎ蔵王・山形蔵王と呼び分けているようです。

 宿に早めに入ることにしました。おなじみロッジスガノ。
 すでに仲間が数人到着しています。

IMGP3334.jpg

 調べてみると2005年から毎年来ていますね。

 2005年は高畠の酒井ワイナリー経由で10月。
 2006年も七ヶ宿米鶴経由で10月。当時とはかなり参加メンバーが変わっています。

IMGP3339.jpg

 2007年も不忘山林道と米沢経由で10月
 2008年は高畠を回って11月
 2009年鶴岡笹川流れ村上まで大回りして6月でした。

s-035-f0378mo.jpg

 2010年は七ヶ宿高畠経由で4月
 2011年は鳴子新庄経由で6月
 2012年は金山経由で5月。参加できなかった会もあったのかな。

IMGP3338.jpg

 9回目ということになるのでしょうか。

IMGP3336.jpg

 この見事な山形牛も合計何キロか食ってるわけ。

s-024-d461d.jpg

 四人前の肉。

 ※付き画像は、LYNX☆さんのブログから、画像を借用させていただきました。

 ここの鍋奉行は、まず野菜から。

IMGP3343.jpg

 自動的に分前が分配されてきます。

IMGP3347.jpg

 いと美味し。

 一昨年までは、風呂に入ったあと部屋か廊下か食堂で二次会だったのですが、この日は持ち込み酒も控えめで、一次会でほぼ完飲。

IMGP3356.jpg

 昨年来恒例となりそうな、夜軍鶏です。

 上ノ台ゲレンデ下の、シャモニーへ。

IMGP3360.jpg

 記録によると、そぞろ歩いて8分。

     IMGP3359.jpg

 真空管アンプでJAZZ。

IMGP3374.jpg

 紅花。 そして、おしゃべり。  

IMGP3364.jpg

 ジントニック。

     IMGP3369mo.jpg

 なぜか芋ようかん。

IMGP3373.jpg

 誰が注文したのか、ピッツァ。

IMGP3377as.jpg

 そして山盛りのパスタ。

IMGP3378.jpg

 夜は更けてゆきます。

IMGP3389mo.jpg

 ご馳走様でした。

IMGP3391.jpg

 毎年来る、蔵王温泉には他にたくさん店はあるはずなのに、そぞろ歩きする時間もあるはずなのに、なぜかロッジスガノと、シャモニーしか入ったことがない私でした。

 今度は、スガノのお風呂へ。あ゛っづいのでうめて入ります。

IMG_2715.jpg

 食堂で軽く三次会、最後に残った缶チューハイをいただきました。呑み尽くし。

 ぐっすり寝て、朝起きて風呂。
 朝ドライブに行った仲間も居たようでした。

IMGP3396.jpg

 毎度ながらの美味しい朝食。
 マイペースの旅だったら飯三倍は食えるけど、この日はたぶん早い時間に昼飯になりそうで、美味い蕎麦を食べるためにも、ご飯は一杯だけ。

 名物、だし。

IMGP3398.jpg

 そういえば夕飯時は、ご飯が出ませんでしたね。
テーマ : 温泉  ジャンル : 旅行

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (1)

これは忘れたくても忘れない

 遠刈田温泉で美味い蕎麦を堪能したあと、前週のようにエコーラインへは向かわず、国道457号線を南蔵王方面へ。

IMGP3271.jpg

 いったん白石市に入り、古い分校跡を発見しましたが、田沢湖の分校のように、公開はされてませんでした。

IMGP3270.jpg

 県道51号線、南蔵王七ヶ宿線に入り、七ヶ宿町との境。硯石という地名。

IMGP3272.jpg

 登山口の標識を目印に右折。西へ向かうと即ダートです。

IMGP3276.jpg

 不忘山林道の始まり。

IMGP3279.jpg

 最初のうちは脇道も多く、ナビとにらめっこしながら試行錯誤の繰り返し。 

IMGP3280.jpg

 雨上がりの林道、だんだん道が細くなります。
 この辺りで一台のオフロードバイクとすれ違いました。注意、注意。

IMGP3282.jpg

 目立たないところに通行止の看板、期間が読めません。

IMGP3284.jpg

 前にも通ったウォーターハザード。

IMGP3290.jpg

 そう、この道を走るのは二回目なんです。

 この美しい渓谷の所に、2台だけ駐車してました、フライフィッシングでしょう。

IMGP3291.jpg

 前回もあった放置車。

IMGP3295.jpg

 参考までに前回2007年に見たときは、こうでした。

   R1021021.jpg

 放置しておくだけでどうして潰れるんでしょうか。雪のせい?

IMGP3298.jpg

 雨上がりのせいか、両側の草が道路側に倒れているため、天然の洗車場状態。

IMGP3299.jpg

 二回目なので不安はありませんが、とにかく極悪路です。

IMGP3301.jpg

 県境が近づくに連れて、雨になってきます。

IMGP3303.jpg

 名もない峠を越えて、山形県側、道は少し広くなりますが、本降り。

IMGP3305.jpg

 やっと舗装路に出ました。

IMGP3307.jpg

 ダート区間は約23km、ハーフマラソンより長いぞ。70分ぐらいかかりました。ほぼトップランナー記録ぐらい。

IMGP3308.jpg

 県道263号線、いったん上山市菖蒲の集落に入ってホッとしたのもつかの間。

 菖蒲川ダム方面へ右折します。

 特に通行止めの看板もなかったし、地図によれば、この道で蔵王の坊平へ上がれるはずなんです。

 途中、不動滝の看板につられて左折。

IMGP3309.jpg

 再び悪路、林道でした。

IMGP3310.jpg

 小雨だし、少し歩きそうなので、不動滝も結局パス。

IMGP3311.jpg

 道路は自然に牧場内へ。
 上の不動滝の看板には芦刈とありましたが、ここは芳刈牧場。

IMGP3312.jpg

 牧場を抜けるとあっさりエコーラインにぶち当たりました。

 山形蔵王温泉方面へ。前週も通った道です。

 しかし今回は上山へはおりず、横倉から紅葉峠方面へ右折。

 スキーゲレンデが集まるあたりですね。

IMGP3315.jpg

 眺望抜群です。上山市街。

 車で行ける一番奥。上の台のロープウェーの終点。この道を降りられれば、目的地までは早いのですが、ダメですね。

IMG_2707.jpg

 同じジムニーで降りた人の話は聞いたことがありますけど。あきらめます。

IMGP3328.jpg

 ほとんど人がいない観光地。私以外には車1台のカップル2名だけでした。

IMGP3318.jpg

 美しいドッコ沼です。独鈷沼かな。

IMGP3325.jpg

 雨上がりに一休み。

IMGP3322.jpg

 一息つくカフェも見当たらず、再びエコーラインに戻って、蔵王温泉へ。ここは山形市になるのかな。

 ずいぶんと久しぶりの大露天風呂です。

IMG_2713.jpg

 さすがにここは観光客多し。

IMG_2710.jpg

 前に来たときはこんな目隠しはなくて、男湯は丸見えでしたっけ。

     IMG_2711.jpg

 入湯料は450円、脱いだ服を置くコインロッカーが100円。

 中は撮影禁止なので、某HPから画像を無断借用。

    大露天風呂

 しばし、休めました。湯源郷。
テーマ : 林道を走ろう!  ジャンル : 車・バイク

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

まさに匠の技

 関東が梅雨明けした翌日だったかな。
 暑いけど、雲が多かった週末。

 東北道には乗ったけど、村田インターでアウト。
 前週に引き続き、蔵王を目指します。

IMG_2703.jpg

 朝方ひと仕事あったので、遅いスタート。
 蔵王町の遠刈田温泉で昼飯に。

IMGP3269.jpg

 無料駐車場にはなんとか駐車出来ましたが、結構な人出(写っていませんが)。

 最近美味しい蕎麦屋が出来たという情報の記憶。

 確かに活気がある温泉街ですが、私の美的感覚からすると、宣伝用ののぼり旗が多すぎる。

IMGP3266.jpg

 あらためて歩いてみると、蕎麦屋、何軒かありますね。
 この街で昼飯は初めてかも。

 ここかなぁ。 匠庵。

IMGP3259.jpg

 座敷とテーブル席が4-5卓にカウンターに3席。
 親父さんと、おねぇさん2名のオペレーション。

IMGP3262.jpg

 とてもシンプルなメニュー。

     IMGP3261.jpg

 温かいメニューは冬季限定なので、冷たい蕎麦だけしか注文出来ません。

 ぶっかけ蕎麦を所望。

 雪の蔵王山や~~。ステキ。

IMGP3263.jpg

 そしてこの十割蕎麦。どまん中のストライクでした。

 細い上に長い。どんだけの技なんでしょう。

IMG_2705.jpg

 透明感抜群の蕎麦を、野菜たちとかき混ぜて食らう極楽。

 お気に入りのお店が増えました、また必ず来ます。より詳しい情報はこちらへ。

 遠刈田温泉の湯は、ちょっと熱すぎるし硫黄泉ではないの、でわざわざ入りに来る程でもないのですが、コンパクトで楽しい温泉街ですよね、美味しい豆腐屋さんもあるし。その壱その弐

 お店たちにとってとてもイイのは幹線道路が街のど真ん中を、くねくねと横切っていること。
 駐車場がわかりにくいので、路上駐車が多いのは✕。

 ドライバーも目移りするためか、突っ込んだらしき痕跡。

IMGP3267.jpg

 やっぱりのぼり旗が多すぎるのだ。

 そぞろ歩きが楽しい、賑やかな温泉町。もう少し落ち着きが欲しいような気がします。
テーマ : うどん・そば  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

夢と現実の狭間

 先月某日、会社近隣のこんなところで一仕事。

IMG_2656.jpg

 大滝詠一のロングバケーションの世界だな。

 現実に戻って、今月2日の昼飯。野羊山十八番の野菜ラーメン580円。

   IMG_2693.jpg

 同じく4日は野菜炒め定食600円。ライス多すぎ。

   IMG_2694.jpg

 5日は社員食堂で、担々麺450円。

   IMG_2699.jpg

 6日。資福寺の紫陽花中継を見届けたあと、会社構内の紫陽花をパチリ(死語)。

     IMG_2701.jpg
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 電脳生活

Comment (0)  Trackback (0)

タイムトラベラー

 先日紹介した、捨てられないモバイルPC、Windows95のリブレット。

IMGP3234.jpg

 ネットに繋がずに、インターネットエクスプローラー5(!!)を立ち上げたら、懐かしいYahoo!のページ。

IMGP3248.jpg

 キャッシュに残っていたのでした。まさに過去への旅。
 ハリー・ポッターと炎のゴブレットが、注目の予約書籍です。2001年頃?

 最初の画像に、LANカードが写っていますが、どうしても接続ケーブルが見つからないため、楽天ショップで中古を580円(送料込み)でおとりよせ。

IMGP3254.jpg

 メインPCでドライバーをダウンロードして、PCMCIAカード経由でコピーしたり、フロッピードライブを引っ張り出してきたり、バタバタして、なんとかインターネットには繋がりました。

IMGP3249.jpg

 しかし滅茶遅。というか、今どきのWebページが、当時のマシンには重すぎ。

IMGP3252.jpg

 全く実用にはならないことが解りました。カメラとは違う。
テーマ : パソコンな日々  ジャンル : コンピュータ

Category: 昭和の香り

Comment (4)  Trackback (0)

世界文化遺産か

 先月某日、出勤時の宮城県美術館の看板。

IMG_2638.jpg

 これは、そのゴッホの自画像。

     gohho.jpg

 朝、通勤時は美術館の横を通って、1260kHzを聴いて行くことが多いのですが、先日たまたま話題になってたこと。

 子供の頃、よくシャンプーしながら、アトムとかやってたことを想い出しました。

 そうなんです。

 昔から毛の生え際が、逆さ富士。自写像です。

IMG_2697.jpg

 いわゆるひとつの、富士額なんです。

 ちょんまげが似合いかも、とか言われたのも50年前。

 すっかり白髪頭になってます。壮年アトム。

Category: アルコホリック

Comment (2)  Trackback (0)

先月からこの二本(気)

 どうでもいい話かもしれませんが、オリンピックの開催都市を決めるために、何回プレゼンさせるの?と思う今日この頃。聞く人たちは毎回異なるのでしょうか。

 最近の晩酌の友は、気仙沼で買ってきたこいつら。

IMGP0676.jpg

 金紋両国の船尾灯と、男山本店の蒼天伝。

 どちらも気仙沼さかなの駅で買ってきた、特別純米酒です。 

     IMGP0678_20130704042458.jpg

 震災前は、仙台で気仙沼の酒を嗜むことはほとんどありませんでしたが、最近は人気ですね。

 これだけでも、少しは支援になるのかなって。

IMGP0677_20130704042456.jpg

 皆様も、もし居酒屋や酒屋で見つけたらぜひ。

 どちらかと言えば、船尾灯がガッツリ系、蒼天伝が優しい味。

 私好みなのは蒼天伝です。

     IMGP0679_20130704042459.jpg

 ガンバレ気仙沼。

 ホヤぼーやのスマホケースもお買い上げ。

DSCF9019.jpg

 追記です。7月6日の空きびん回収かご。

     IMG_2700.jpg
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Category: 街角探検

Comment (2)  Trackback (0)

永六輔作詞

 蔵王でコバイケイソウを見たあとは、特にあてもなく山形盆地側へ。

 知らない街を歩いて見ることにしました。

DSC03633.jpg

 城下町で宿場町で温泉町、斎藤茂吉の生まれ故郷、上山です。かみのやま。

 お城があります。

DSC03554.jpg

 しかしこれは二の丸跡に建つ模擬天守。コンクリート造りの博物館でした。三戸城と同じですね。

DSC03553.jpg

 仙台は梅雨寒の曇り空だったこの日、ご覧のとおり、上山は夏のような暑い日でした。

DSC03552.jpg

 たまたま車を停めたのが本丸跡の月岡神社、そちらへ戻ろうとしたら、眼の隅に動く影。

DSC03561.jpg

 キジが一羽、散歩中です。

DSC03556cas.jpg

 この日の機材は、NEX-7に10倍ズーム。さらにトリミングしてます。

DSC03557cas.jpg

 美しい鳥です。しかも美味いのかな?

DSC03559cas.jpg

 車には戻らずに、もうしばらく歩くことに。

DSC03564_20130702065202.jpg

 武家屋敷通りがあったのでした。

     DSC03569_20130702065204.jpg

 夏の日にふさわしい散歩。

     DSC03601.jpg

 旧曽我部家。

DSC03576_20130702065353.jpg

 曲屋ですね。

DSC03572_20130702065350.jpg

 17世紀中頃の建築だそうです。

DSC03574_20130702065352.jpg

 水琴窟がありました。

     DSC03578_20130702065355.jpg

 二軒目は山田家。

DSC03580.jpg

 元は常陸の国笠間の出自だそうです。

DSC03581.jpg

 戊辰戦争にも出陣した家柄。

DSC03584_20130702065458.jpg

 何だかメカニカルでかっこいい消火栓、出力は二系統でしょうか。

     DSC03585_20130702065459.jpg

 続いて、三輪家。

DSC03565_20130702065453.jpg

 内部まで公開されています。

DSC03587.jpg

 出自は豊前の国中津。

DSC03593_20130702065701.jpg

 良い感じです。どうですかYASUさん、こんな縁側。

DSC03595_20130702065703.jpg

 上山藩の重鎮の邸宅です。

     DSC03596.jpg

 美しく手入れされている、庭の植木。

DSC03592_20130702065659.jpg

 お城の周りは、山の方から引水されているようで、水路も目立つのですが、これは水芭蕉でしょうか。

DSC03600.jpg

 最後は、森本家。

DSC03604_20130702065742.jpg

 ここにも水琴窟。

DSC03605_20130702065744.jpg

 丹波篠山の方から来た家柄。

      DSC03606_20130702065745.jpg

 この建物は、錦繍亭と呼ばれるそうです。

DSC03607_20130702065747.jpg

 静かな武家屋敷通りでした。 

     DSC03608.jpg

 昼飯です。
 昔からガイドブックで、名前だけは知っていたお店、味津肥盧です。みつひろ。

DSC03613_20130702065829.jpg

 東北で割子そばは珍しいですよね。

DSC03614c.jpg

 備忘録。

IMG_2682.jpg

 かみのやま温泉街にある蕎麦屋さん、山形ですから中華もありです。

     IMG_2683.jpg

 割子そばは天ぷら付きなので、やめにして、こちらは板そば。

IMG_2686.jpg

 割子のそばは1.5人前分なのに対し、板は2人前分で930円。

       IMG_2688.jpg

 特につゆが私好みで美味かったです。蕎麦は板に乗ってませんけどね。

    IMG_2691.jpg

 満腹で、さらに歩きます。

     DSC03616_20130702065926.jpg

 それなりに活気がある温泉街から、住宅街へ。

DSC03617_20130702065928.jpg

 由緒有りげな茅葺屋根。

DSC03620.jpg

 な、な、なんと。

     DSC03631.jpg

 たくあん発祥の地。

DSC03622.jpg

 江戸時代に紫衣事件で江戸を追われた沢庵禅師が暮らした春雨庵でした。

     DSC03623_20130702065955.jpg

 戦国大名や宮本武蔵、柳生十兵衛、そして徳川家光とも関係が深く、歴史小説のレギュラーメンバーの一人ですね。

DSC03626.jpg

 上山城に戻ったら、甲冑武者が普通に歩いてました。

     DSC03634.jpg

 暑そうです。

 山形県観光物産館で、出羽の酒を買い占め、仙台に戻ります。

 山形市内で、外気温32℃。ピンぼけですみません。

DSC03639.jpg

 奥羽山脈をくぐって宮城県に戻ったら、やっぱり雲の下。

DSC03641.jpg

 外気温19.5℃ですよ。

DSC03642_20130702070157.jpg

 やっぱり宮城県は避暑地ですね。



 今週末も蔵王に行きます。

テーマ : 日帰りお出かけ  ジャンル : 旅行

Category: 空花鳥風月雲

Comment (4)  Trackback (0)

こば 行け 異装?

 仙台がずっと雲に覆われていた週末。
 家にいると体に黴が生えそうなので、駄目元で出かけました。

 東北道から山形道。早くも宮城川崎インターをアウト。

IMG_2675.jpg

 曇り空ですね。国道457号線から蔵王エコーライン。

IMG_2678.jpg

 峩々温泉近くの丁字路でトイレ休憩、後ろを振り向いても霧の中。

IMG_2679.jpg

 山頂方向ももちろん五里霧中。

DSC03461.jpg

 ところが、駒草平に近づくと、青空が見えてくるではありませんか。

 画像サイズも大きくなっちゃった。

DSC03463_20130701060950.jpg

 雲の上ということなんでしょうか。

DSC03465_20130701060952.jpg

 私も雲の上の人に。

DSC03469.jpg

 駒草平に到着。

DSC03482_20130701061041.jpg 

 展望台から、蔵王連峰を望みますが、霧が晴れたり曇ったり。

ZAOパノラマ

 大きな滝が見えました。

     DSC03474_20130701061039.jpg

 【追伸】不帰の滝:水源は御釜だそうです。上にちょっと見えるのが振子滝。

 これはコマクサじゃないな。

DSC03481.jpg

 【追伸】タニウツギでした。

 青空が広がって来ました。

DSC03480.jpg

 大黒天の展望台。仙台方向は雲の下です。

DSC03485.jpg

 この山々の向こうがお釜でしょうかね。

DSC03483.jpg

 しかし、この日の目的地は御釜ではありません。

 蔵王ハイラインの入口を過ぎて、リフト乗り場の駐車場、それも御釜から一番遠い端っこに車を停めます。 

DSC03486_20130701061314.jpg

 歩いて県境を越えて5分。分水嶺はどこだろう。

DSC03487_20130701061335.jpg

 なかなかガイドブックや地図にも載っていない、見たのか見えんち、じゃなくて、御田ノ神園地。

DSC03492.jpg

 初めてやって来ました。

DSC03497_20130701061339.jpg

 ウォッチン+で紹介されたとおり、前週世界谷地では見頃を終えていた、コバイケイソウ小梅蕙草が見頃なんです。

DSC03499.jpg

 すごい群落でしょう。

DSC03500.jpg

 ウィキペディアから。
 コバイケイソウ(小梅蕙草、Veratrum stamineum)はユリ科シュロソウ属の多年生の植物。中部地方以北、北海道に分布し、山地から亜高山の草地や湿地のような、比較的湿気の多いところに生える。 名前の由来は、花が梅に似ており、葉が蕙蘭に似ているため。

     DSC03504_20130701061614.jpg

 山地草本の中では大型で、高さは1mほどになる。6月から8月に穂の先に白い花をつける。花茎の先端部は両性花、横に伸びる花は雄花である。群生することが多く、初夏の山を代表する花の一つ。 光沢があり、硬く葉脈がはっきりとした長楕円形の葉が互生する。

DSC03507.jpg

 有毒であり、全草にプロトベラトリン等のアルカロイド系の毒成分を持つ。誤食すると嘔吐や痙攣を起こし、血管拡張から血圧降下を経て、重篤な場合死に至る。若芽は山菜のオオバギボウシやノカンゾウの若芽に似ており、誤食による食中毒が毎年のように発生しているため注意が必要。


DSC03505.jpg

 改めてよく見ると、確かに先端部の花には雌しべがありますが、横に伸びる花には、雄しべしかありません。

DSC03506.jpg

 どんな理由があるのでしょう。

DSC03543.jpg

 ワタスゲも満開(?)。

DSC03508.jpg

 どちらも白い花なのが絵的には残念です。

DSC03544_20130701062348.jpg

 これは一体なんでしょう。

     DSC03512.jpg

 ユーレイのような花。

DSC03516.jpg

 上から見ると風車ですね。チングルマが咲いたあとの羽毛?

DSC03523.jpg

 熊野岳や刈田岳の方向。

DSC03525_20130701062144.jpg

 他の花も少しだけ見られました。

     DSC03530_20130701062146.jpg

 マツに、ドウダンツツジの仲間かな。

DSC03531_20130701062147.jpg

 ハクサンチドリ。

     DSC03534.jpg

 ツマトリソウ。

DSC03540.jpg

 季節によって他の花々も見られる場所らしいのですが、この時季はとにかくコバイケイソウとワタスゲの天下でした。

DSC03539.jpg

 カッコウの啼き声が響き渡る高層湿原。 

DSC03520_20130701062105.jpg

 季節ごとに訪れたほうがよさそうですね。飛ばせば仙台から一時間。

DSC03545_20130701062350.jpg

 宮城県側の駐車場へ歩いて戻る道、道沿いにもコバイケイソウ。

DSC03547_20130701062351.jpg

 エコーラインの反対側にも群落。

DSC03548_20130701062352.jpg

 いつもなら見逃してしまいそうな花園でした。

DSC03549_20130701062406.jpg

 これもタニウツギですね。隣はツツジ?
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2013