風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

レディオガガを見てみたい

 音楽の日の閖上中継を見ながら書いています。

 あまり宣伝してはいけないのかもしれませんが、あまちゃんは録画して週に一二度まとめて見ています。

 大昔、若花田貴花田が上り調子だった時、日本で一番愛されてる兄弟で、部屋のおかみさんは世界で一番幸せな母親かと思ったもんですが、あまちゃんは、今の日本で一番愛されている娘か、なんて思ったりしています。

 東京編は、もっと暗いいじめの世界になるかと心配だったのですが、思わぬ方言の応酬で、楽しさが引き続いてますね。小学校六年のクラスの催しで、狂言ぶすの太郎冠者次郎冠者を、東北弁と大阪弁でやったのを想い出しました。今もセリフの一部を覚えています。

 あまちゃんは、キョンキョンが好きで見始めたのですが、登場人物的には、副駅長と花巻さんが好きです。
 ああいう役どころ、似たようなキャラクタが多い中で、ちょっとずれたクールなボケ役が、一番笑わせますね。

 さすがクドカンです。

 三陸鉄道は北も南も走破しています。こちらに紹介がありますが、eyevioが閉鎖されてしまったため、動画は見られなくなってます。そのうち、再開できるように努力しますね。

 先週某日、久しぶりに北四番丁の、旬菜(しゅんな)味いち。

     IMG_2665.jpg

 カウンター攻撃です。

 珍しく、大山が置いてあり、堪能しました。

     IMG_2662.jpg

 体が肉を欲していたので、庄内豚ステーキDE・味そソース。

IMG_2663.jpg

 超柔柔の庄内豚と、味噌ソース。オススメです。

 他にもいろいろいただきましたが、これは親方がサービスで出してくれた、カレー風味(だったかな)のフリッター。

IMG_2664.jpg

 ご馳走様でした。

 親方がHASEKURAで、出張シェフをやるという噂が出ていました。
テーマ : 居酒屋  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

またまたいつもの

 カモシカやタヌキが時々出没する我が社、熊はもっと下の方にも出たりしますが、先週はキタキツネがやって来ました。もともと野生ではいないはずでは??

 まとめて昼飯シリーズです。

IMG_2636.jpg

 20日の、野羊山十八番、名物冷し中華800円。ピーナッツ風味のスープが秀逸。

IMG_2637.jpg

 24日、社員食堂無料開放。

IMG_2652mo.jpg

 ありがたいことに、最近頻度が上がって来ました。いつもの3倍くらいの集客になります。

 一番カロリーが低そうな、海鮮バラちらし。 

IMG_2654.jpg

 向かいの同僚は、エキストラの、焼きそばとわんこそばまで。

IMG_2655.jpg

 25日は十八番。

IMG_2658.jpg

 ソース焼きそば、650円。

IMG_2657.jpg

 そして26日。

IMG_2659.jpg

 社員食堂の、白身魚の唐揚げ、ねぎソースがけです、450円。

IMG_2660.jpg

 ほとんど葉っぱ。岩鬼

 夜になって、肉が食いたくなりました。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

梅雨がくーると想い出す

 さて、栗駒山の近くまで来たので、世界谷地に寄って見ることにしました。
 ハイシーズンなので、駐車場が一杯だったら諦めるということで。

 朝9時半頃、何とか空いてました。

 家族連れや、団体客多数です。

 歩きます。

     IMGP0589_20130626052518.jpg

 1時間もあれば、駐車場から歩いてぶらぶら回れる湿原、お手軽なので私向きです。

IMGP0591_20130626052520.jpg

 気軽に歩ける湿地帯は二つ。第一湿原と第二湿原。

IMGP0647.jpg

 団体が第一の方へ向かったので、私はまず第二の方へ行ってみましたが、通行止。

     IMGP0646_20130626052524.jpg

 それでもゲートをくぐり抜けて進みましたが、戻ってくる方の話ではたいしたことないとの話で、取りやめ。

IMGP0593.jpg

 第一湿原に向かったら、やはり団体で渋滞してました。

IMGP0637_20130626052927.jpg

 そう、ニッコウキスゲが見頃なのです。

IMGP0604.jpg

 前回2007年に来た時に綺麗だった、コバイケイソウはもう終了、かろうじて花の形を保ってました。

IMGP0599.jpg

 湿原の木道は絵になりますね、好きです。

IMGP0605.jpg

 例によって世界谷地のホームページからコピペ。

 世界谷地とは広い湿原という意味です。
 標高1,627.4メートルの栗駒山の標高669から707メートル地帯に広がる細長い湿原で、面積は14.34ヘクタール。栗駒山の緩やかな南斜面、標高1,154.9メートルの大地森と標高869.4メートルの揚石山の間にあります。

     IMGP0610.jpg

 世界谷地原生花園は、上・中・下の3段に分かれて広がる4つのグループ、大小8つの湿原からなり、その間を幅50メートルものブナの原生林が横断しています。
 この湿原は、深さ1.3メートルの泥炭層の上をミズゴケ類の厚い層が覆っていて、その表面に高山植物が群生しています。

IMGP0607.jpg

 世界谷地原生花園では、5月のミズバショウから9月のエゾオヤマリンドウまで、数多くの花々が咲きます。
 特に6月下旬に咲くニッコウキスゲの大群生は全国的に有名です。湿原がオレンジ色の花に覆われ、美しい風景が見られます。


IMGP0612.jpg

 微妙な自然のバランスの上に成り立つ湿原の花園。

IMGP0611_20130626052702.jpg

 ピンクのペンギン型の花。なんだろう。

IMGP0617.jpg

 盗み聞きしたボランティア案内人の話では、結構人の手を入れて保全しているようで、本当の自然とは言えないというか、人が入ることで変わってしまう部分を補正しているというか。

IMGP0616.jpg

 栗駒山です。

IMGP0619.jpg

 ニッコウキスゲと言う名は通称で、正式にはゼンテイカ。ユリ科です。

IMGP0620.jpg

 一つ一つの花は一日しか咲かないのだそうで、儚いもんですね。

     IMGP0623_20130626052730.jpg

 気仙沼の海沿いに咲くニッコウキスゲも、ローカルでは有名ですが、普通は山に登って見る花。

IMGP0625_20130626052731.jpg

 歩く人に摺り寄るように、木道沿いに開く花は健気です。

IMGP0632.jpg

 ちなみに世界谷地の木道、かなり新しく、ごく最近修理されているようでした。

IMGP0635.jpg

 ありがたいことです。

     IMGP0640.jpg

 来るときに、レンズを上に向けて撮りまくってるお姉さんが居たので、帰り道に真似してみました。

IMGP0648.jpg

 葉っぱたちが一番美しい季節でもあるのですね。

IMGP0649_20130626052931.jpg

 どなたか同定おねがいします。

IMGP0650_20130626052933.jpg

 鳥の声が聞こえて来ませんか?

IMGP0652.jpg

 爽やかです。

IMGP0653_20130626053002.jpg

 これだけは解りました。

IMGP0654_20130626053004.jpg

 これは何でしょうね。

IMGP0656.jpg

 不気味です。

 一時間ほどの散歩。車に戻り、違う道で荒砥沢ダム経由、細倉方面へ。

 画像はありませんが、荒砥沢ダム下から、深山牧場へ上る道、牧場ではまだ牛の放牧は始まっていませんでしたが、ここから文字地区へ降りる道、すんばらしい道でした。お薦めです。

IMGP0663_20130626053005.jpg

 一時間ほど走り回って花山へ。 

DSCN9911.jpg

 初めて来てみました、花舞の里。

DSCN9902.jpg

 想像していたよりも、ずっと可愛らしい店舗。広い駐車場。

DSCN9904.jpg

 まだ新しいお店なんですね。

DSCN9905.jpg

 迷います。

DSCN9907.jpg

 ざるそば大盛りか、野菜天ざるか。はたまた、ざるそばとカイモチにするか。

DSCN9908.jpg

 結局珍しく、野菜天ざるに。

DSCN9909.jpg

 暑い日にはピッタリのキリッと冷えた蕎麦。

DSCN9910.jpg

 ご馳走様でした。

 このあと、栗駒山をぐるっと回ろうかとも思ってたのですが、花山湖のそばで聞いたことがある窯元の看板。
 食後に戻って寄ることに。

DSCN9913.jpg

 しかし、しかし、こんな時に限ってお休み。

DSCN9912.jpg

 残念です。

 座主、変わった名前ですが、地名なのでしょうか。
 花山湖に掛かる橋が、座主橋ですね。

 池月、古川インター経由で帰仙。

 近所で洗車し、帰宅しました。

DSCN9914.jpg

 気持ちのよい半日ツーリングでした。

テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

梅雨の晴れ間と言えるほどの梅雨でもない

 予報外に天気に恵まれた先週末。

 日曜日は北へ向かってみました。

 まずは鶴巣インターの吉野家で朝飯。結構席が埋まってました。ピンぼけ。

   IMG_2650.jpg

 牛丼店で食事するのはほとんどここの朝食だけです。

 並盛280円+けんちん汁120円。

   IMG_2651.jpg

 築館インターを出て北へ。県道42号築館栗駒公園線。17号栗駒岩出山線、179号文字上尾松線。

DSCN9888.jpg

 荒砥沢ダムです。

DSCN9890.jpg

 岩手・宮城内陸地震からも5年が経ちました。

DSCN9891.jpg

 大きく崩れた山々、保全工事はほぼ終了しているようです。

IMGP0657.jpg

 2009年当時の現地見学の様子はこちら

IMGP0658_20130626043727.jpg

 被害の修復工事のおかげで、快適な道路が出来ています。前回3月は雪で入れませんでしたが、さすがに今回はOK。

IMGP0659_20130626043728.jpg

 それでも、以前の道路が通行止の場所がありました。

     DSCN9900.jpg

 通行止の所に車を停めて少し歩きます。

DSCN9901.jpg

 まだ少し雪が残る、栗駒山。

DSCN9893.jpg

 崩落した山の中腹には、新たな道路。

DSCN9896.jpg

 以前は特別に入れてもらった、崩落現場の見学ポイント、未だに一般の人は入れません。

DSCN9897.jpg

 ツーリングルートとしては快適でした。つづく。
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

万物の根源

 土曜日の昼。

 仙台駅東口のパソコンショップに行ったついでにパルシティ裏へ。駅裏のビル裏。

     IMG_2642.jpg

 11:25ごろ、まだ開いていない、麺匠ぼんてん。

IMG_2641.jpg

 32分頃に開店です。

 仕込みがうまく行かなかったとかで、白湯スープが出せないとかの貼り紙がありました。

 自販機や貼り紙の写真を撮りたかったけど、客が私だけで、大人しくしてました。

IMG_2643.jpg

 BGM、一曲目はLed Zeppelinの天国への階段、良いなぁ。

  

 ここは太麺が売りですが、細麺も選べるようなことが書いてあったような気もします。

 ラーメン680円+中盛100円。二種類の叉焼。

IMG_2644.jpg

 天国です。

 2曲目はGloria Gaynorの、I will survive。あの世に行っちゃいかんのね。

  

 極太麺。コシが強いです。

IMG_2645.jpg

 3曲目はSHAZAMる暇がなかったですが、R&B系。

 食べ終わるまでに他の客は2名、すいてました。

     IMG_2646.jpg

 美味しかったァ。
テーマ : ラーメン  ジャンル : グルメ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (6)  Trackback (0)

後ろ向きはないだろう

 農業園芸センターの薔薇を見たあと、買い物をして帰宅する予定だったのですが、時間が早すぎて、まだ店が開いていません。
 それで昨年と同じというか、逆コースですが、多賀城へ。

DSC03445.jpg

 これは花菖蒲でしょうか。毎年見てるのに、まだ見分けがつきません。

DSC03447.jpg

 あやめまつりが開幕間近。
 
DSC03450.jpg

 昨年車を停めた場所が、今年はイベント会場。

DSC03448_20130624052146.jpg

 露天もイベント用のテントも準備万端でしたが、まだ始まっていませんでした。

 ここで上の画像ですが、私は何故か霜降りの牛肉を思い出すのでした。

DSC03446_20130624052142.jpg

 そうですね、3年ぶりの開催なのかな。

DSC03454_20130624052249.jpg

 こちらも艶やかですが、薔薇や百合ほどのカラーヴァリエーションはありません。

DSC03456.jpg

 ところ荒井からこちらに来る途中、東北本線の踏切に、撮り鉄が数人居たので、もしやと思っていたら、東のほうから大きな汽笛が聞こえました。

 それで線路に近い方向へ移動しようとしたら、

DSC03451_20130624052245.jpg

悲しいことにこんな日に限って、ズームレンズを持って来てない。

 上の画像をトリミングしてみます。

DSC03451cas.jpg

 かろうじて蒸気機関車が走ってたのは解りますかね。

DSC03452cas.jpg

 情けないことに先頭は電気機関車、SLは最後尾で後ろ向きに白煙を時々吹き上げながら引っ張られてました。

DSC03453casmo.jpg

 待ち構えてた撮り鉄たちも拍子抜けだったろうな。

テーマ : ■お花が好き♪  ジャンル : 趣味・実用

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

ちょっと意味深?

 夕べの満月は見事でしたね。スーパームーン。

 土曜日は朝飯後に車で東へ。荒井です。

DSC03405_20130623200853.jpg

 この仙台東道路が、津波をせき止めたことは有名ですが、その手前に、マンション建築中。

 家を失って仮設住宅に住んでいる人達向けの、公営住宅でした。

DSC03404_20130623200858.jpg

 部屋からは荒井の水田地帯から海までよく見えるはず。

 何だか悲しい場所かなと感じました。

 向かったのは海側にある、仙台市農業園芸センター。

 9時の開園より早かったけれど、脇の方から入ることが出来ました。

DSC03441.jpg

 センターの大花畑、植え込みの作業中です。

 津波の被害がひどく、取り壊しが決まった大温室

DSC03420_20130623200857.jpg

 そして、この季節は薔薇が綺麗なんですね。

DSC03412_20130623200857.jpg

 盛りは過ぎて、だいぶ花びらが散ってます。昨年の様子はこちら

DSC03422_20130623200958.jpg

 雨上がりで、ウェットな花びら。

DSC03415_20130623200956.jpg

 有名なコメディアンの名前がついた品種は、もう花がありません。

DSC03413_20130623200955.jpg

 NEX-7用のマクロレンズを入手していたので、テストでした。30mm/F3.5。35mm換算だと、ちょうど50mmぐらいでしょうか。等倍まで寄れます。

DSC03434.jpg

 ほとんどレンズ密着ですが、ここまで寄ると、何の写真だかわかりませんね。

DSC03437.jpg

 大沼と、海の方角。

DSC03425.jpg

 西遊記を想い出します。

 もう百合が咲いていました。

DSC03431_20130623201107.jpg

 薔薇と百合、どちらも香りが強い花ですね。

DSC03430_20130623201105.jpg

 どちらもゴージャスです。

DSC03429.jpg

 インドアで、サツキと山野草展開催中。

     DSC03443_20130623201242.jpg

 昔は、親父にせがまれて、この山野草展をよく見に来たものです。

 この日のおもしろ写真、なんじゃこれ。

DSC03444.jpg

 買ってくれば良かった。

 昨年の様子はこちら
テーマ : ■お花が好き♪  ジャンル : 趣味・実用

Category: アルコホリック

Comment (2)  Trackback (0)

今週はこの一本(伝心)

 富士山がユネスコ世界遺産。

 富士山が世界有数の美しい山なのは事実ですが、どうも文化遺産てのがピンと来ません。文化も、遺産も。
 何で自然遺産じゃないんだろう。

 最近入手した酒です。

     P6200005.jpg

 福興支援酒、絆伝心。

     P6210008.jpg

 珍しい、佐賀の酒です。

P6200003.jpg

 ラベルも肥前和紙。

P6210006.jpg

 放射能の風評被害で出荷できなくなった、登米の酒米イセヒカリを使って造ったお酒なんだそうです。

     P6200004.jpg

 酒蔵、天吹酒造があるのは、三養基郡みやきという町なんだそうです。
 嬉しい話ですね。

     P6200002.jpg

 詳しいストーリーはこちらをご覧ください。
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

金華山沖かよ

 昨日は辛坊さんの遭難で、我が社も大騒ぎ。
 一応同学年の彼が、なぜこんな時季にヨットで太平洋を横断しようとしたのかはさっぱりわかりませんが、正直、困ったもんです。

 遭難した場所は、金華山沖1200kmの海上ということでしたが、地図を見ると、どうしても銚子沖にしか見えない場所。

     遭難海域

 と言うか、沖という言葉はこんなに遠くまで含まれるのでしょうか。

 しかし救助に向かっているのが、第二管区海上保安部ということになると我が社の管轄。

 それで今朝になって二管のホームページで管轄海域を確認してみました。画像は無断借用です。

二管

 おそらく海上保安庁の中でももっとも広い範囲を担当しているのではないでしょうか。
 上の海図で、福島と茨城の県境、勿来の関のところから右下斜めに伸びている直線、これが恐らく三管との管轄の境。

 どう見ても銚子の方が近いとは思いましたが、このラインより北側だったということでしょうか。

 三管の担任水域と言う画像も見つけました。無断借用。

三管

 うーん、こちらの管轄のほうが広いか。

 数年前に、塩竈の駐在を閉めた時に本部長にご挨拶したこともあり、自衛隊や警察よりもなんとなく親近感を持ってる海保ですが、いろいろ検索してみると、結構好きな灯台も海保の管轄なんですね。

 海保と海自の任務の比較もちゃっかり借用。

■海上自衛隊の任務
海上自衛隊の任務は下記の通り定められています。

自衛隊は、わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対しわが国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当るものとする。

陸上自衛隊は主として陸において、海上自衛隊は主として海において、航空自衛隊は主として空においてそれぞれ行動することを任務とする。
(自衛隊法より)

■海上保安庁の任務
それに対して海上保安庁の任務は下記の通りに定められています。

海上保安庁は、法令の海上における励行、海難救助、海洋の汚染の防止、海上における犯罪の予防及び鎖圧、海上における犯人の捜査及び逮捕、海上における船舶交通に関する規制、水路、航路標識に関する事務その他海上の安全の確保に関する事務並びにこれらに附帯する事項に関する事務を行うことにより、海上の安全及び治安の確保を図ることを任務とする。
<中略>
この法律のいかなる規定も海上保安庁又はその職員が軍隊として組織され、訓練され、又は軍隊の機能を営むことを認めるものとこれを解釈してはならない。
(海上保安庁法より)


 辛坊さんのお父さんは自衛官だったようですが、今回のような遭難事故、水上航空機で着水し救助するというのが、普通なのかはちょっと気にはなりました。

 彼が出演している番組は、比較的好んで見ていますが、ジャーナリスト、そしてキャスターとしての彼の活動にも、大きな影響を与える事故だったでしょう。

 最終的には海自の航空機で救出されて、厚木に運ばれたので、我が社の業務は急速に縮小されたのでした。
テーマ : 考えさせるニュース  ジャンル : ニュース

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

何者でもなく、何者にもなる

 天気がイマイチだった先週末、土曜日の昼飯は、長町の伊達餃子楼へ。

IMG_2599.jpg

 12時前に行ったのに、予約も含め満席。人気ですね。

     IMG_2601.jpg

 おのくん。 

     IMG_2600.jpg

 東松島の仮設住宅に住むお母さんたちが作っている人形、詳しくはこちら

IMG_2608.jpg

 超バラエティに富んだメニューの数々。

IMG_2612.jpg

 迷います。

IMG_2610.jpg

 これは平日のみね。

IMG_2609.jpg

 佐浦の酒粕が使われてます。

IMG_2607as.jpg

 結局今日のランチメニュー、地鶏と温野菜の香り醤油ソース、コックさんの気まぐれランチ700円。

   IMG_2613.jpg

 量が少なめですが、ンまそうでしょう。

   IMG_2614.jpg

 伊達餃子3個、+200円。

   IMG_2617.jpg

 薄味で美味しいスープ。

   IMG_2616.jpg

 幸せです。

 先輩からあんかけ焼きそばのおすそわけ。

   IMG_2619.jpg

 ご馳走様でした。夜のスペシャルコースはこちら

   IMG_2602.jpg
テーマ : 中華  ジャンル : グルメ

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

勿体無い日帰り

 先週某日、仙台市役所前から、高速バスです。
 ここから乗るのは、村田の乾坤一に行って以来。

IMG_2567.jpg

 一度仙台駅まで行って、ぐるっと回るので、仙台宮城インターに入るまで30分ぐらいかかってしまします。

 仙台は曇り時々小雨の天気でしたが、県境を超えると晴れていました。

IMG_2571.jpg

 山形県です。朝日連峰までくっきり。

IMG_2575.jpg

 山形の天気がずっと良かったために、南東北の梅雨入りは、だいぶ遅れました。

 山形駅。

IMG_2584.jpg

 結局仙台宮城インターから、山形交通のバスターミナルまでは50分ほど。

 片道900円、回数券は2枚綴りが1800円、6枚綴りが4600円です。宮城交通山形交通共通で、無期限で使えるそうです。

 山形大学の前では、定期券で下車する女子学生がいました。
 逆に定期で仙台に通ってる学生も多いのでしょう。

 バスから、仙台駅前にも支店がある亞呉屋が見えたので行ってみましたが、

   IMG_2576.jpg

定休日でした。

 それでこちらに。

       IMG_2583.jpg

 ぐらんふぁ。おじいちゃんという意味ですかね。

IMG_2579.jpg

 カウンターのみの席はながーいコの字型。
 表の佇まいといい、明らかに以前は牛丼店。

 前菜が出ます。

IMG_2578.jpg

 野菜たっぷりの冷やしラーメンです。830円。

IMG_2581.jpg

 ピンぼけですいません。

     IMG_2582.jpg

 長い会議をやっつけて、夜は前にも来たことがある、香味庵まるはち。

     IMG_2589.jpg

 老舗の漬物屋さんなんですが、映画の撮影にも使われてました。 
  
     IMG_2591.jpg

 憧れていた二階の部屋で飲み食いすることが出来ました。

IMG_2586mo.jpg

 お昼に来た時の記録はこちら

IMG_2588.jpg

 帰りも高速バスです。

     IMG_2592.jpg

 仙台行きの最終は10時ちょっと前。
 ラス前を狙っていたのですが、もう一本前のバスに乗れました。

IMG_2593.jpg

 速度制限を守ってのんびり走るバスですが、1時間で仙台着。広瀬通フォーラス前で降りて、歩いて帰宅です。

 稲荷小路のスペインバルのそばに、末廣の支店が出来ていました。

IMG_2595.jpg

 〆のラーメンはやめておきます。

 東京エレクトロンホール宮城。

IMG_2597.jpg

 夜に通りがかると不気味です。
テーマ : ちょっと、お出かけ  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

バクダンか賄いか

 東北地方、昨日梅雨入り宣言が出ました。
 今日は久しぶりに本降りの雨です。

 さて、グルメ旅の最後の食事、昼飯なんですが。

 お目当てのお店の前にこんな車。

R6251887.jpg

 耳がでっかくなっちゃった車。ナンバーも33。

R6251886.jpg

 消息筋の情報によると、マギー審司さんの実家の電気屋さんでした。
 小型車だけど、3ナンバー、これで車検を取っているんですね。

R6251883.jpg

 お目当てのお店は、北かつまぐろ屋

R6251884.jpg

 宮城県北部鰹鮪漁業組合の直営店。

R6251885mo.jpg

 少し並んで待って、入店です。

  R6251888.jpg

 これは迷いますね。

R6251890.jpg

 最後は、バグダン丼とまぐろ三色丼と迷いまくった挙句、結局このまぐろ屋の賄い丼。

R6251893.jpg

 まぐろが光っていますねぇ。んまい。

R6251894.jpg

 腹ごなしに向かったのは、リアスアークミュージアム。

R6251895.jpg

 ノアの箱舟が、陸地に辿り着いたイメージをモチーフにしているそうです。 

     R6251896.jpg

 いわゆる震災瓦礫が、震災発生後の写真とともに数多く展示されていました。

     R6251897.jpg

 ちょっと重い気持ちになって、美術館を後にしました。

 さてツアーのトリは、お買い物。

R6251900moas.jpg

 気仙沼さかなの駅です。

 皆さん、カツオやモウカをお買い求め。私はもちろんコレですね。

R6251898.jpg

 帰り道の林林館、またスワローズに会いました。

R6251901.jpg

 皆様有難う御座いました。



 ルートマップ、割といい加減です。
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

唐桑の縞模様

 朝風呂に入って、朝飯を片づけ、さらに散歩までしたあと、出発です。

 県境を超えて、陸前高田へ。正式には、たかた、ですが、地元の人でも、たがだとか、たかだと発音するそうです。2010年のGW、八戸へ行く途中に、昼飯に立ち寄って以来でした。

 しかし、三陸地方最大の平野、ほとんど何もありません。

 これは、カーナビによれば、市役所があったあたり。

R6251857.jpg

 何もない街の跡をぐるっと回ったあと、気仙中学校。

R6251860.jpg

 海辺にほど近い場所にある学校、おそらく3階まで津波をかぶったのでしょう。

R6251865.jpg

 発災後2年以上が経つというのに、全くの手付かずです。

R6251862.jpg

 政治家は一体何をしているのでしょう。

R6251863.jpg

 気仙川の河口の向こう、有名なモニュメントが見えました。

R6251861.jpg

 実は正直、なんで一本の枯れた松の木を、手間と時間を掛けて保存するのだろうと思ったことがありました。

R6251864.jpg

 気仙沼や女川は、港が中心の街、なんとか船が着けるようになり、魚が集まれば、復旧復興への道筋が付けられます。

 しかし陸前高田には大きな港もないし、復興の核になるのは、やはり松原と砂浜なのでしょう。

 悲しいけど、ここが陸前高田なのだと確認するためのモニュメントなんですね。広田湾。

R6251866.jpg

 宮城県へ戻ります。

 旧唐桑町です。今は気仙沼市の一部。

R6251871.jpg

 浜で探しものです。

 唐桑には、縞模様が美しい小石が多いとか。

R6251869.jpg

 自然破壊にならない程度、いただいて来ました。

R6251868.jpg

 このあと唐桑半島を南下。

 御崎岬のビジターセンターです。

R6251877.jpg

 唐桑では、端午の節句を旧暦で祝うそうで、鯉のぼりが半島中に翻っていました。

 ここで、津波体験館を見学。

R6251876mo.jpg

 とんでもない施設と思うでしょうが、未来の子どもたちに、体験させることは必要かもしれません。

 そして、漁火パーク。

R6251881.jpg

 鯉のぼりと、仮設住宅。

 唐桑半島の絶景ポイントですね。初めて来ました。広田湾。

R6251878as.jpg

 東海岸。

R6251879as.jpg

 そして、気仙沼大島(左)と、大島瀬戸。奥は松岩のあたりでしょうか。

R6251880as.jpg

 このあたりに橋が架けられることが決まっています。

 ところで風光明媚な唐桑半島には10年前、2003年6月に来たことがありました。機材はNikon Coolpix 5000です。

DSCN0327.jpg

 まだブログを書き始める前の時代、車もレガシィランカスターに乗っていました。

DSCN0331.jpg

 実はこれらの画像、震災発生直後の記事でアップしていたのでした。

DSCN0329.jpg

 唐桑半島、行くと感じるのは、坂道が多い集落に、御殿のような邸宅が、結構な密度で立ち並んでいること。上の方の画像を確認ください。

DSCN0328.jpg

 唐桑御殿で検索してみると、あまちゃんのじっじと同じ、マグロ遠洋漁業に出る漁師たちの家なんだそうです。

 この折れ石と、縞模様の石、関係があるのでしょうか。

DSCN0323.jpg

 とても興味深い、唐桑半島でした。
テーマ : 東日本大震災  ジャンル : ニュース

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

目を背けないで

 今回宿泊したホテル一景閣

R6251847.jpg

 温泉ではありませんが、最上階に大浴場とサウナ。

 夜朝一回ずつ入浴しました。

 最上階のバルコニーから望む、大島。手前が一景閣の名の由来になった一景島の緑。

R6251798.jpg

 土台だけが広がる弁天町ですが、水産関連の会社、氷や発泡スチロールの工場、冷凍庫などが少しだけ出来てきています。

R6251800.jpg

 震災発生2年3ヶ月後の現実です。

R6251803.jpg

 朝食。ありがたいです。

R6251807.jpg

 恒例、宿の周りを散歩します。

R6251810.jpg

 土台。地盤沈下した地域、車が走る道路は1mほど嵩上げされているので、見下ろす感じになります。

R6251809.jpg

 ホテルの前の一景島。

     R6251838.jpg

 元々は気仙沼湾に浮かぶ小島だったらしいのですが、昭和31年に周りが埋め立てられたそうです。

R6251841.jpg

 こちらも嵩上げされた岸壁と、魚市場

R6251811.jpg

 前日にお餅をいただいだマグロ船。まだいました。

R6251818.jpg

 傾いたまま残されている関連施設。

R6251817.jpg

 地盤沈下しているということは、冠水するということ。水溜りからは悪臭が漂っていました。

R6251821.jpg

 主要な道路は嵩上げされていますが、脇道はまだ。

R6251823.jpg

 嵩上げを見込んでマンホールや下水管が設置されていました。

R6251828.jpg

 しかし、それはいつのことやら。

R6251824.jpg

 何の施設でしょう、太い鉄骨が巨大な力で引きちぎられています。

R6251830.jpg

 恐るべき自然の力。

R6251835.jpg

 一景閣が残ったのは、いろんな偶然が重なったことなんでしょうね。

R6251834.jpg

 一景嶋神社のご加護かも。

R6251843.jpg

 新聞には平和な日本の現実。

     R6251849.jpg

 三階くらいまでは波の中になったと思われるホテルのロビー、美しく整えられていました。

R6251855.jpg

 まさに、オアシスですね。

R6251853.jpg

 この日はこのあと、さらに悲しい被災地に向かいます。

R6251719.jpg

 発災前の気仙沼の風景は、こちらに少し画像があります。
テーマ : 東日本大震災  ジャンル : ニュース

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

気仙沼くいだおれ

 どこかで計算違いがあったのか、ホテルにチェックインし、少しだけ休憩。

 少しテレビを見て、出発です。

 気仙沼湾の湾奥にあったエースポート跡。フェリー乗り場の駐車場、がすっかり取り壊されて更地。

R6251726.jpg

 その山側、おそらく商店街の建物が何軒か流された場所に、屋台村がありました。左上がプラザホテルですね。

気仙沼横丁

 基本的に、ほぼ飲食店街。ミニステージもありました。

R6251725.jpg

 美味しそうな店ばかり。

R6251729.jpg

 フェリー港前ということも合って、観光客とジモティ両方向けというか、楽しい交流の場ということでしょう。

R6251730.jpg

 かんばれ気仙沼の寄せ書き、ちょっといびつな達磨さんは、流れ着いたものなのかも。

     R6251731.jpg

 5時前だというのに、表で呑み始めているグループがひとつ。

R6251732mo.jpg

 奥のお店からビールとツマミをもらい、日本酒は持ち込み。

R6251736moas.jpg

 私には、今日の初アルコールで、乾杯です。

     R6251734mo.jpg

 ラーメン屋さんのツマミチャーシュウは、脂身多し。

R6251738.jpg

 でもこれが乗ってるラーメンは美味そうだなぁ。

 メインの店の予約時間までの時間調整だったのですが、餃子も食べたりして、出ようと思ったら雨。

     R6251739mo.jpg

 キョーレツな雨男、晴れ女、晴れ男、雨女のバランスが微妙で、行ったり来たり。

 小降りになって、歩き始めます。

R6251740.jpg

 フェリー乗り場周りの港湾施設、まだまだズタズタです。

R6251741.jpg

 船がぶつかって折り曲げられた大型の道路標識もまだこのまま。

     R6251742.jpg

 そんな海沿いの一角で、老舗の店が復活を遂げているのでした。

R6251743.jpg

 道路は1mほど嵩上げされていますが、歩く酔っぱらいがよく転げ落ちるのだそうです。

R6251745.jpg

 以前とは少し離れた場所に移転復興した炉端焼きのお店。福よし。

R6251746.jpg

 親方の書による名言、読み始めるとキリがありません。じっくりお読みください。

R6251747.jpg

 ホヤの殻を干してこさえたランプも有名だったようです。

R6251749.jpg

 この書は、昔の店からかな。ちょうど津波のラインが入っているのかも。

R6251748.jpg

 まるでマリーナのようなベランダ前の一等席。

     R6251750.jpg

 いぎなり、豪快な刺盛り。

R6251752.jpg

 日本一の生カツオ、スーパーのカツオと、同品種とは思えない、別モン。
 これまで食べた中で、サイコーのカツオ刺しでした。

 こちらは蟹ともろきゅう。

R6251755.jpg

 地酒の種類はほとんどありませんが、このオリジナル純米酒だけでじゅうぶん。

R6251757.jpg

 12飲兵衛で何本開けたのでしょう。

R6251759mo.jpg

 そして名物。

R6251751.jpg

 今回品書きを見られなかったので、正式な料理名がわからないのですが、イカの身とワタの味噌陶板焼きと言ったところでしょうか。

R6251761md.jpg

 烏賊ががまるごと買えれば、海辺のキャンプで作れそうだな。

R6251762.jpg

 んまいです。刺盛りの前にこれだけ先に出してほしい。

 これは刺盛りのあとに出して欲しかった、イワシの串かつ。

R6251763.jpg

 涙が出そうに旨かったイカそうめんfrom刺盛り。脇役じゃないぜ。

     R6251764.jpg

 とどめのホッケ焼き、腹一杯で食い切れませんでした。ちなみに料理だけで3000円コースです。

R6251765.jpg

 このあとに親方サービスで、カツオ差しがさらに一大皿。

 誰も箸が付けられないというか、まだ刺盛りが余ってました。

 どうなってるの?

R6251769.jpg

 おしゃれな店内にはアップライトピアノが一台。
 どうも店内ライブが出来るように、親方が置いたそうです。

 そしたらホントに始まっちまいました。

R6251770.jpg

 なんという幸せ。

 世界広しと言えども、日本酒とカツオ刺しを炉端で嗜みながら、生のピアノ演奏を聴ける店はそうそうナイでしょう。

 サエモン会のメンバーに、プロのピアニストがいるというのもすごいのだけれど。

R6251774mo.jpg

 ケンイチ親方、本当にご馳走様でした。

 もったいないので、次回はコースはやめておきます。あるいは密かにタッパーとアイスボックス持参だな。

R6251775.jpg

 危なっかしい海べりを歩いて、次のお店を探します。

R6251785.jpg

 暗いのでほんとうに危険。

R6251779.jpg

 紫市場に行く予定だったのですが、結局また屋台村へ。

     R6251790.jpg

 そろそろ締まり始める時間で、開いてる店は客が大勢、と言うか、12人で入れる屋台はそうそう無いし。

R6251792mo.jpg

 結局一旦火を落とした焼き鳥屋さんに無理やり。

     R6251793.jpg

 まだまだ呑みましたとさ。

R6251795mo.jpg
テーマ : 食べ歩き!  ジャンル : グルメ

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: