風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ウインドファーム

Comment (2)  Trackback (0)

Windy coast

 男鹿の市街からしばらくJR男鹿線沿いに走り、その後県道42号線、菜の花ロードへ。
 八郎潟です。

 北海道を別にすれば、おそらく国内で最もストレートな道路がある地域でしょう。
 Google Earthからコピペ。

八郎潟空撮

 今回走ったのは、画像左下から北進するルート、まっつぐです。
 一番長く見える東西のストレート部分で10kmほど。

 来たことがある方は判ると思いますが、主要な道路の両側は、桜や松の並木が続いて、国内最大級の水田地帯はよく見えません。

 まったくすごい事業を行ったものです。

 八郎潟の広さは、約220k㎡。
 ウィキペディアの「面積の比較」によると、山手線の内側や、サンマリノ、十和田湖の三倍弱、猪苗代湖の二倍強、東京23区や琵琶湖の1/3ほどの広さです。仙台だと太白区とほぼ同じ広さ。

 海沿いの松林越しに風車が見えるようになってきたら、北西方向に八郎潟を出て、再び国道101号、男鹿街道へ。

DSC01793.jpg

 更に海沿いの道路へ曲がります。

 八竜風力発電所。八竜町は合併して、現在は三種町になってます。背景の山は白神山地。

      

 砂浜の海岸沿いに、綺麗に17基の風車が並んでいます。こちらの背景は男鹿半島ですね。

DSC01816.jpg

 2006年に完成したウィンドファーム。
 ドイツ・リパワー社製の、1.5MW発電機です。

DSC01797_20120814171218.jpg


 残念ながら3基は停止中でした。

DSC01803.jpg

 三種町のHPから、空撮画像を無断拝借。

kaze.gif

 この美しい海に、初めてやって来たのでした、感動。

      DSC01805.jpg

 海鳥。 

DSC01800.jpg

 釣り人。

DSC01798.jpg

 もちろん地元の若者や家族が集まる、海水浴場です。

DSC01830.jpg

 ここ「日本の快水浴場100選」釜谷浜海水浴場では、相馬野馬追と同じ頃に、サンドクラフトというイベントが開かれます。

    DSC01828.jpg

 一度来てみたいと思っていたのですが、なんと海水浴シーズンはずっと残されていたのです。

DSC01817_20120814055817.jpg

 これまた感激です。

DSC01820.jpg

 大小様々の砂像が並んでいます。

DSC01818.jpg

 その様子は制作段階から、ライブ画像が配信されており、今日現在も見ることができます。風車もね。

DSC01819.jpg

 砂像の一覧はこちら

 日没以降はライトアップもされるとのこと。

DSC01822_20120814063431.jpg

 蔵王高校の生徒達が制作した、むすび丸。

DSC01824.jpg

 仙台からは遠いけど(八竜ICから4kmほど)とても良い浜でした。
 日本一高い砂山なんてのもあるのですが、風が強い証拠でしょうか。



 松林にはオニユリ。

DSC01834.jpg

 ところで今朝の河北新報によれば、三種町、国内のジュンサイの9割を生産しているそうです。
 世界一なのかも。

 さて、ここで、浜の画像を、目を凝らして見てきた方から、他にも風車があるじゃねえか、という声が聞こえてきました。

DSC01826.jpg

 そーなんです。

 同じくらいの規模のウィンドファームがもう一つ、北の方に見えたのでした。

DSC01837mo.jpg

 道はダートですが、TTで行ってみました。

      DSC01840.jpg

 全く動いていません。

DSC01841.jpg

 とりあえず写真だけ。

DSC01853as.jpg

 数えたら23基ありました。八竜と合わせてちょうど40。

能代風力2

 動いていなかったので、新しく建設中のウィンドファームだと思い込んでいました。

 ところが宿に着いて、ロードマップを見直していたら、なんとウィンドファームがあるのは能代。

 2005年に遠路やって来て、今の前のテンプレートのトップ画像を撮影した能代風力発電所だったのでした。
 その時、つまり7年前の画像。

s-IMGP0358c.jpg

 たしかにどこかで見た形の風車だと思ってはいたのでしたが。
 しかし、車も写真も全く当時のまま。増えたのは齢と体重、尿酸値に血圧。

 ちなみに、風力発電機はドイツのエネルコン社製、タワーはポルトガル製だそうです。
 2001年に完成し、0.6MWの風車が24(?)基。

 ちょうど能代の風車巡礼に来た頃、八竜の風車は工事が始まっていたことになりますね。
 まだまだ作れるぞ。

 ところで2009年5月9日の河北新報一面。

秋田に1000基

 八竜と能代のウィンドファームが、構想の発端なのでしょう。

 国道7号に出て南下、今夜の宿へ向かったのでした。
テーマ : 風力発電  ジャンル : その他

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2012