風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (11)  Trackback (0)

モダンカメラマンⅩLⅦ vol.2

 今日で1月も終わりですね、早いもので今年ももうあと11ヶ月。

 さてNEX-7はどんなカメラか。

R1058977.jpg

 NEXとは、New Experience の略らしいのですが、結局いわゆるミラーレス一眼、初中級用のデジタル一眼レフと同じ、APS-Cサイズ、昔の35mmハーフサイズほどの撮像センサーを搭載する、レンズ交換式カメラです。

 このサイズの撮像センサーを使っているカメラは、デジタル一眼レフでは、ニコン、キャノン、ペンタックス、ソニー、シグマですが、ミラーレスでは、ライカ、ソニー、フジフィルム、リコー、エプソンになります。韓国製もあったかな。
 レンズ固定式だと、シグマ、ライカ、リコー、フジフィルム。

 バルナックライカ並みに、とにかく小さいボディですが、フラッシュも内蔵しています。

R1058985.jpg

 そしてそのセンサーの画素数は、なんと約2400万。メモリースティックやSDHCカード(どちらでも使えます)に残る画像のサイズは、6000x4000ピクセルになります。

 個人的にはこんなにでかいサイズの画像は不要なのですが、昔からスペックの数値を重視して製品を開発してきたSONYの技術は尊敬に値します。

R1058988.jpg

 シャッター音もものすごくメカニカルで、かつ小さく、マイクロフォーサーズのシャッター音のように安っぽくなく、マニアの心をくすぐります。

 毎秒10コマの高速連写が出来たり、60pや、24pのフルハイビジョン動画が撮れたりもするのですが、あまり使いそうもありませんね。

 使い勝手的には、右手親指部に並ぶ二つのダイヤルに特徴があります。

R1058984.jpg

 デフォルトでは、左がモードによって絞りなど、右が露出補正、背面のもう一つのダイヤルがISO値になっています。
 特に左ダイヤルは、プログラムモードで絵を見ながらボケの調整に使えますね。とても使いやすいレイアウトです。

R1058981.jpg

 3インチの液晶モニターは、ローアングルやハイアングル撮影用に、チルトのみが可能です。
 視野角もめちゃ広いし、この手のカメラで自分撮りする人は少ないでしょうから、これで十分。

R1058982.jpg

 そして更に、ここが私にとってはもっとも重要だったのですが、有機ELのXGA、約235万ドットのEVFが内蔵されているのですね。位置もM型ライカと同じ左上(カメラマンから見て)角。

 一眼レフスタイルのファインダーだと、私の低い鼻でも液晶モニターに当たるのですが、この位置ならグーー。

 これがすごい。

R1058983.jpg

 もともと私はEVFで十分派。ファインダーは構図を決められて、ピントが確認できれば良いので、必ずしも光学レフファインダーである必要はないと思っているのです。
 初めてLUMIX G1のファインダーを覗いた時には驚かされたものですが、これはもっとすごい。

 これまで使ったことがあるEVFのカメラ、シャッターを押したあと、1秒前後、ファインダー像が消失する、ブラックアウトするのが普通でした。

 これはやはり困りもの。動いているものが1秒間見えなくなるというのは、大きいですよね。被写体がどちらに移動したのかもわからなくなります。

 ところが、NEX-7のEVFは、体感的には、光学式の一眼レフと同じぐらい、0.1秒ぐらいでファインダー像が復帰するんです。もちろん背面の液晶モニターでも同様。これはいい。

 レンズマウントは、αEマウント。サードパーティ製のレンズは少し出てきていますが、今のところ採用しているのはSONYだけ、いつもの様に孤高です。

R1058986.jpg

 最近発表されたFujifilmのX-Proも、同じセンサーサイズを採用したのに、別のマウントになってしまいました。

 しかし例によって変換アダプターで、様々なレンズを楽しむことは出来ます。

R1058987.jpg

 とりあえずライカM用だけは揃えました。

 ちなみに、Lumix GH2 + ズームレンズ2本があおりでドナドナとなりました。
テーマ : デジカメ  ジャンル : 写真

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2012