風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (6)  Trackback (0)

温泉街といえば、そぞろ歩き

 昨日は仕事始め。
 下駄箱に仕舞っておいたビジネスシューズと言うか、通勤快足というか、草臥れた黒の革靴を、朝方慌てて引っ張り出して履いて出勤。

 昼休みになんとなく足元を見たら、

          DSCN0971.jpg

左右別の靴でした。誰にも気づかれませんでしたけどね。とほほほ。

 さて、飯坂温泉そぞろ歩き編です。
 何故か画像のサイズにバラツキがありますが、お許し下さい。

 福島交通飯坂線の駅前にあるのが有名な十綱橋。

       R6249936.jpg

 ウィキペディアによると、1915年(大正4年)9月竣工。全長51.7mの鋼上路2ヒンジブレーストリブアーチ橋。 現存する大正期の鋼アーチ橋で最も古いものの1つ。 飯坂温泉の中心街にあり交通の大動脈となり、温泉を代表するランドマークである。 歴史的土木構造物として、2004年の土木学会選奨土木遺産に認定される。

 欄干にはかつてのつり橋のワイヤーをモチーフにした街灯が取り付けられていたが、拡幅工事により撤去された。
 昔、橋の両岸を十条の藤の綱で結び、板を渡してその上を歩行していたので「十綱橋」と言っていた。 1882年に木造のつり橋がかかり、これが落ちると1884年に橋がかけられた。この橋は1910年に落橋したが修繕された。その後に現在の橋がかけられた。


R6249940.jpg

 飯坂に着くやいなや雪になったので、一旦宿で休憩。

 ほりえや旅館のはす向かいにあるのが、なかむらや旅館

R6249948.jpg

 上は部屋の前の廊下から撮ったものですが、雪がやんだので見学に。

 国の登録有形文化財の土蔵造りです。

   R6250057.jpg

 震災の被害が若干あるようでした。 

       R6249970.jpg

 歴史を感じる建物です。

       R6250058.jpg

 立派な松の木は、舞鶴の松。

R6249964.jpg

 そして、旧堀切邸。

R6249959.jpg

 前からある施設かと思ったのですが、震災後5月にオープンしたものだそうです。

 HPによれば、1775(安永4)年建築の県内で現存する最大で最古の土蔵「十間蔵」や近代和風住宅の「主屋」など、歴史的価値の高い建物が現存します。
 当時からあった建物は、「表門」「主屋」「十間蔵」「井戸小屋」などで、ほかの建物は新築となっていて、主屋に隣接する「新蔵」「中の蔵」「道具蔵」には展示スペースもあり、文化伝承の場となっています。  新築の建物では、堀切家を紹介するビデオコーナーや観光案内スペースの「離れ」、イベントなどで使用できる「下蔵」などがあります。


R6249957.jpg

 この家から出た、堀切善次郎氏は、東京市長となり、関東大震災後の東京の復興に貢献したそうです。

 十間蔵の内部です。

       R6249962.jpg

 軽く一回りして、宿にもどりました。

       R6249971.jpg

 風呂に入り、夕食後、夜の散策です。さすがに浴衣とどてらでは無理なので、フル装備に戻ります。

       R6249992.jpg

 ところが普通のスニーカーを履いてきたのが失敗、夜の飯坂、坂も多いし結構滑りまくりました。

R6250044.jpg

 まずは宿のお隣、鯖湖湯です。

       R6250037.jpg

 吉永小百合さんが立っていそうな、絵になる建物ですねぇ。

       R6249995.jpg

 鯖湖神社のお湯かけ薬師如来。お湯かけ前。

   R6250038.jpg

           お湯かけ後。

          R6250039.jpg

 足湯はかなりヌルいです。誰も浸かってません。

R6250040.jpg

 歩いている人はあまり居ません。居てもたぶんほとんど地元の方。

       R6250017.jpg

 温泉場特有の施設もありませんでした。もうそんなの大昔の事なのでしょうか。

       R6250034.jpg

 再び旧堀切邸、夜9時まではライトアップが見られるのでした。

       R6249997.jpg

 十間蔵です。

       R6250002.jpg

 一番気になった看板。 

R6250029.jpg

 鯖湖湯に次いで、趣きのある波来湯の建物。摺上川沿いに建っています。

       R6250020.jpg

 飯坂の源泉は15ヶ所、共同浴場は九つ。なので普通の旅館には立ち寄り湯の看板は目立ちません。
 入浴料は200円均一です。

 良さげなBAR。

       R6250024.jpg

 良さげな居酒屋。いや、カフェかな、ラーメンも??

       R6250016.jpg

 そしてまた、此処に来てしまいました。
 腹はいっぱいなんですけど。

       R6250006.jpg

 食事の後、片付けながら若旦那が、「餃子食べに行かないんですか??」などと振るもんだから、気にはしていたのです。

          R6250007.jpg

 他の店は、円盤ひとつ食べ切るの大変だけど、照井さんは半分でも注文できますから、だって。

R6250010.jpg

 一応ブロガーの義務ということで。

          R6250009.jpg

 超有名なお店ですね。さすがに12月30日の夜は、満席ではありませんでしたが、地元の家族が食べまくっていました。 

          R6250008.jpg

 11個580円の円盤餃子です。

       R6250012.jpg

 フライパンでかなり油を一杯使って焼きあげるのでしょうね、パリパリというか、かりかりで、揚げ餃子に近い世界。
 中はほとんどキャベツですが、かなり細かく裁断されてます。美味しいです。22個でもいけたかも。

          R6250015.jpg

 街の皆さんは、ラーメンで〆てました。

 合計980円払って、また街へ。

 ニンニク臭のゲップを放出しながら、滑る坂道を降りて、再び十綱橋。

R6250021.jpg

 美しいライトアップでした。

 この旅の機材は、主にRICOH GXR + A12/28mmです。
テーマ : ちょっと、お出かけ  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2012