風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

追いつけ追い越せ引っこ抜け

 日曜日は花を買って仙石線に乗りました。せんごくせん、ではありません、せんせきせんです。

DSCN0876.jpg

 宮城県第一の都市、仙台と、第二の都市、石巻を結ぶから仙石線なのですが、この通り。

CA3A0004c_20111229065310.jpg

 震災から9ヶ月半だというのに、高城町から矢本まで、駅7つ分が未だに代行バスです。
 そして悲しいことにまだ何時どのように復旧するかが決まっていないのです。

 石巻から仙台まで、石巻線と東北本線を遠回りして、一日一往復だけ直通列車が走るのが決まり、報道されている状態です。

 そんな仙石線からも、耕作されなかった田んぼや、使われていないビニールハウスを今も見ることができます。

 この日は自宅が床上まで浸水し、半年以上経ってやっと一階部分のリフォームが終わった、ブロ友のお宅訪問でした。

DSCN0877mo.jpg

 床をすべてはがして、クリーニングし、もちろん壁のクロスも全て張り替えたそうですが、新築の家のようでした。庭の植木も津波で流されたので、余計そう見えたのかも知れません。

DSCN0878.jpg

 自家用車は2台とも流されてしまいましたが、車や船などが幸運にも家にぶつからなかったのでした。

 この日は実に美味しいものがたくさん。

 それまでは仙台市内のアパートで暮らされていたご夫婦は、大の競馬ファン。

 ビッグレースがある日は、仲間を集めてパーティなのですが、震災のせいで、しばらく中断していたのですね、久々の開催。

     DSCN0880mo.jpg

 この日は巨匠手づくりの、蔘鷄湯(サムゲタン、삼계탕)も登場です。

DSCN0881.jpg

 例によってウィキペディアによれば、料理自体の歴史は古くはない。丸鶏を水炊きして塩などで食べる料理ペクスク(白熟)と、もち米で作る粥がひとつになってできたタックク(鶏肉のスープ)がサムゲタンの原型とされるが、これが文献に登場するのが1920年代である。[要出典]やがて粉末で入れていた高麗人参が丸のままとなり、鷄蔘湯(ケサムタン)と呼ばれていたが、人参の効能を強調するために蔘鷄湯(サムゲタン)とされた。これも30~40年前のこととされている。

       DSCN0882mo.jpg

 若鶏の腹から内臓を出してきれいにし、そこに高麗人参と洗ったもち米、さらに干しナツメ、栗、松の実、ニンニクなど薬膳料理の食材としてよく知られたものを詰めた後、水に入れて2~3時間じっくり煮込む。煮込む際に長ネギなどを加えることもある。ひとり1羽ずつ、熱々のスープに入れてトゥッペギ(小さい土鍋)で供する。
 
     DSCN0884.jpg

 調理時に味付けはほとんど行なわず、食卓で塩・コショウ、キムチなどで味を整えて食べる。小皿に塩を入れ、少量のスープで溶き、そこに肉片をひたすという食べ方もある。よく煮込むため簡単に骨がはずれ、また軟骨や小骨まで食べることができる。スープを残し、そこにご飯を入れることもある。

DSCN0887.jpg

 実に旨かったです。

 こちらは何やらパソコンでデータ入力中。 

     DSCN0889.jpg
 
 耳に赤鉛筆こそ挟んでいませんが、競馬好きの皆さん、うんちくを語ること、語ること。

DSCN0890.jpg

 ファンファーレ。

 中山競馬場のスタンドと同じぐらい盛り上がります。

DSCN0893.jpg

 さて、今年の競馬の総決算、有馬記念のスタートです。

DSCN0897mo.jpg

 新聞を丸めての応援もむなしく、誰もあたりませんでしたとさ。

 楽しかったです。そしてご馳走様でした。

 また仙石線に乗り帰宅。

 三連休の三日目、仙台の街には人があふれていました。

     DSCN0905.jpg

 今日の一曲はやっぱりこれかな。



 当時の四歳馬ってのは数え年で、今の三歳馬と同じなんですよね。

 腹一杯の三連休でした。
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2011