風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (4)  Trackback (0)

三国同盟

 今日は宮城でこんなレースがあるんです。

全日本実業団女子駅伝コース

 テレビは全国放送、ラジオはローカルのみですが、生で応援できない方はぜひご視聴ください。



 今日は三脚の話を書きます。

 英語ではTripod、独逸語だとStativ。

 写真撮影は、基本スナップだけなので、花火大会でもない限り、まず三脚は使わないのですが、何本か持っているのです。

       PC170133.jpg

 25年ぐらい前にたぶんデュッセルドルフのFOTOKOCHで買った、CULLMANN 2503。

 足は金属製ですが、その他は結構プラスチックが多用されてる、安っぽい三脚。

       PC170135.jpg

 これがずっとメインです。雲台 Pan Head は壊れて捨てたのだと思います。
 今は、日本のVelbonのスリーウェイ雲台が標準です。Made in chinaですけど。

       PC170144.jpg

 スリーウェイ雲台というのは、パン・チルトだけではなく、傾きも調整できる雲台ですね。

       PC170145.jpg

 縦位置撮影はもちろん普通の雲台でも出来るのですが、すぐに横位置に戻せるようにカメラを装着するとチルトができなくなりますよね。

       PC170146.jpg

 これは結構便利です。

 そして今度は、最近血迷って入手してしまった、イタリアMANFROTTOの三脚です。

       PC170134.jpg

 日本国内限定190本だけ販売された(らしい)190 More。雲台レスです。

PC170137.jpg

 前に買って持ってた、ライカの自由雲台 Ball Head を乗っけて使うつもりでした。

 そうしたら、これが合わないんです。

PC170138.jpg

 三脚ネジには、大型カメラで一般的な、3/8インチと、小型カメラ用の1/4インチ、二種類の径のネジが使われているのですが、イタリア製♂は大径、ドイツ製♀が小径でした。

 それでクラシックなライカの自由雲台をもう一個、せり落してしまったのでした。

PC170139.jpg

 上の画像で、右のちっさいのは、日本製SLIKのミニ雲台です。これも小径。

 早速大径の方のライカ雲台を乗っけて見ましたが、あまり格好よくないすね。

       PC170140.jpg

 三脚ネタを探しに、納戸を捜索してみたら、なんと、マンフロットの雲台がありました。それも大径。

PC170141.jpg

 もちろんちゃんと乗るのですが、この雲台、パン棒がないんです、と言うか、なくなったから打ち捨てられていたのをどこかで貰ったものです。たしか。

PC170142.jpg

 これで目出度くイタリアンコンビになりました。

 190more、足の方でこんな風にカメラを横向きにすることが可能です。

PC170147.jpg

 CULLMANNよりはだいぶガッチリしていますが、結構軽量。

 三脚といえば、こんなものもありました。

DSCN0795.jpg

 これも22-3年ぐらい前に、ドイツの中古カメラ市で買ったもの。

P1030522.jpg

 Made in Germany、BILORA社製のBiloRet 2037。

       P1030523.jpg

 1960年頃の製品のようです。

P1030524.jpg

 昔のお父さんは、みんなこんな三脚を持ってましたよね。
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

せいろ蕎麦はないのです

 寒いですね~~~。
 綺麗な朝焼けも、室内から眺めてます。

DSC03942.jpg

 早く春になって、夏になりませんかね。

 木曜日の夜は、女子駅伝中継スタッフの懇親会がありました。

DSC03945.jpg

 私自身はテレビで見てるだけなんですが、お呼ばれです。

 広瀬通ホテルリッチフィールド地下の燕來香。ワンフロア借り切りです。
 スワローズファンには、縁起の良いお店ですね。

DSC03946.jpg

 全国から集まった、頼もしいスタッフの皆さんたちと話が弾んで、美味しい台湾料理にあまり手が付けられませんでした。


 それでラーメンは我慢しつつ、国分町で蕎麦屋を探しますが、やっぱり見つかりません。

 ページェントでも見て帰るかと、定禅寺通りに出ますが、10時を過ぎていたので、終了後。またまた残念。


 細横丁、晩翠通を歩いて帰ります。

 とぼとぼ。

 ここまで来たらもう開いてる店なんてコンビニ以外はありません、カップ麺かな。

 とぼとぼ。

 と!!

 真っ暗な通りに、一軒だけ明かりが灯るお店。

DSC03953.jpg

 立ち喰いそばですね。せいぜい5人ぐらいしか立てません。

DSC03950.jpg

 せいろ庵。食券機がありました。

DSC03947.jpg

 せいろ庵なのに温かい麺しかないんだーーと思いつつ、寒いからどうせそれで良いのですが、たぬきそばをポチッ。
 1.5玉の大盛りが無料なのですが、やめときました。

DSC03948.jpg

 初めてなので、店内を眺めながら待つこと3分。

 出てきたのはなんと!

DSC03951.jpg

 肉そばです。

 親方、食券をろくに見ないで、私がたぬきそばといったのを、肉そばと聞き違えていたんです。

 いいからいいから差額(150円)払いますよーと言う私に、いえいえ、天かすかけますかと親方。
 カロリーオーバーだからと丁重にお断りしましたが、この手は使えると思ったあなた、ダメですよ。

 でも、得しました。
 肉そばでも、ラーメンよりはローカロリーでしょうか。

   DSC03952.jpg

 せいろ庵は法務局前。
 24時まで開いているそうなので、また行くことになりそうです。

 ちくわ天蕎麦が美味しそう。

 ブログをアップして、あらためて外を眺めたら、

PC170132.jpg

銀世界でした。
テーマ : うどん・そば  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

いろいろ

 水曜日の夕刊記事。

DSCN0790.jpg

 仙台浅草の、隆生丸の親方です。龍星丸ではありません。

 しばらくおじゃましてませんね。
 親方のお兄さんが志津川で獲った魚が売りなのは知っていましたが、震災でお母様とお義姉さまが亡くなっていたのでした。
 それでも親方は頑張っているようです。行かなきゃ。

 これは火曜日の昼飯。

   PA0_0092_20111215055901.jpg

 いつもの味噌ラーメン@八木山十八番です。700円。

       PA0_0091_20111215055858.jpg

 温まります。

 そしてこちらは水曜日、社員食堂のスペシャルランチ。

PA0_0092 (2)

 牛ステーキ丼500円。これはアタリでした、カロリー高いけど。

     PA0_0089.jpg

 揚げ出し豆腐が冷めてたのは☓。

 その日の帰り道。
 八幡の生協で食料を買いだめし、昨年お世話になった厚生病院前のイルミネーションです。

     PA0_0087_20111215055857.jpg

 こちらも暖かそうですね。

 そして昨日の昼飯。社員食堂の肉豆腐定食450円。

CA3A0004 (3)

 ちょっと脂身が多すぎ?

    CA3A0005 (2)

 朝8時過ぎに雪が降り出しました。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: アルコホリック

Comment (2)  Trackback (0)

街の明かりを消さないで

 報道によれば、今年の東北地方の日本酒の出荷高が、昨年を大幅に上回っているそうです。
 これは、決して東北人が呑んだくれているからで無く、東北の産品を積極的に購入する、全国からの支援の結果だと思います。

 河北新報によると、日本酒造組合中央会のまとめでは、4月から10月までの前年同期比は宮城の36%増を筆頭に、岩手15%、福島も7%増えた。「酒を飲むなら、復興支援のために東北の酒にしよう」という思いが、数字となってはっきり表れた形だ。

 ありがとうございます。

 そんな中、早めに発注していたお酒が届きました。

       DSCN0780.jpg

 大好きな日高見です。
 みちのくの母なる川、北上の古い呼び名ですね。だから、ひだかみではなく、ひたかみです。

 日高見を造る石巻の平孝酒造は、震災で大きな被害を受けました。
 暫くの間、仙台の居酒屋でも品切れの店が多かったほどでした。

 その後蔵の復旧に伴い、発売されたのが、震災復興酒 希望の光 純米酒。

hidakami_11782.jpg

 これは入手困難でした。画像は無断引用。

 今回なんとか入手できたのは、日高見 純米初しぼり 感謝の手紙です。

       DSCN0782.jpg

 今回も一升瓶に大きな手紙のラベルが貼ってありました。

DSCN0783cac.jpg

DSCN0784cac.jpg

DSCN0785cac.jpg

 じっくり味わって、復興を応援します。

     DSCN0787.jpg

 ガンバレ石巻。

       DSCN0781.jpg

 負けるな日高見。
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

なんくるないさー

 日曜日の朝。

IMGP3045.jpg

 大嫌いな冬ですが、強いて癒されるものといえば、この朝焼けのグラデーションです。

IMGP3047.jpg

 これを撮るためには、寒いベランダに出なければならないのですが、寝間着だけでショット・アンド・ゴー!

IMGP3043.jpg

 日がな家でゴロゴロ、古いカメラを弄り回しているうちに、早くも昼飯時。

 蕎麦でも食おうと、みたてまで行ったのですが、やってるはずなのに休み。
 ぐるりと歩いて回って、結局近所まで戻り、与那原家へ。

   DSC03927.jpg

 なんだか久しぶりでした。

DSC03919.jpg

 BGMは、J-POP名曲の沖縄んヴァージョンメドレー。

       DSC03920.jpg

 調理と接客は、相変わらずオネェさん一人です。

DSC03921.jpg

 なんとかなるもんです。

DSC03922.jpg

 小浜島とか、行ってみたいなぁ。

DSC03923.jpg

 ゴーヤちゃんぷる定食、850円。

DSC03924.jpg

 素沖縄そば。あっさり。

       DSC03925.jpg

 チャンプルー。

DSC03926.jpg
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 祭りだワッショイ

Comment (2)  Trackback (0)

空に向かう明りたち

 土曜日の夕方は、「震災の記憶」を見たあと、様々な思いを胸に、ページェントを見に感じに行きました。

IMGP2998.jpg

 今年は、鎮魂の明りです。

DSCN0777.jpg

 大渋滞ですが、車の中から眺めるのもいいもんでしょうね。

 いろいろな街から借りているイルミネーション。微妙に色にバラツキがあるページェントは、今年ならではなんです。

IMGP2999.jpg

 折しもこの夜は満月。

       IMGP3009.jpg

 今年は2日に始まったページェント、30日間と期間は長いけど、満月と一緒に見られたのはこの夜だけです。

IMGP3005.jpg

 何か、神々しささえ感じられる月でした。

IMGP3008.jpg

 地理的な関係で、毎年西側(市民会館方面)から歩くのですが、だんだん人が多くなっていきます。

       IMGP3015.jpg

 東側から歩き始める人が多いのでしょうね。

IMGP3023.jpg

 メディアテーク前。

IMGP3025.jpg

 横断歩道を渡るとき、ちょうど明かりが消えました。
 なんでーーーと言う子供の声。

 6時のスターライトウインクでした。一分後に再点灯。
 ワーーーーっと言う歓声。

 明かりx3、街灯は休業中です。

       IMGP3027.jpg

 毎年恒例、焼き芋カーの湯気。

IMGP3030.jpg

 晩翠通の西側南車線が定位置です。

 KAKIYAと甘栗屋さんの前も人だかり。

IMGP3032.jpg

 花より団子ですよね。

 月も隠れちゃったし、西公園へ向かいます。

IMGP3038.jpg

 こちらも、県外から支援を受けた明りたち

       IMGP3034.jpg

 また月が出てきました、このあと地球の影に隠れる予定です。

IMGP3037.jpg

 富士宮や石巻の焼きそばも食べられるし、ジャズコンサートも開かれていた西公園でした。

 機材はPentax K-7 + Tamron 18-250mm。ISO-1600、露出補正-1EV、手持ちAUTO撮影です。
 絞り開放付近で、シャッタースピードは1/30から1/60秒あたりで切れていたようです。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

淡々と担担麺

 土曜日。
 午前中、おとりよせ物が届くはずだったのですが、運送会社の行き違いで、午後に変更。

 急遽GARAGEに行くことに。

DSCN0762.jpg

 屋根の清掃作業中でした。

 しばし歓談して、昼飯です。

DSCN0768.jpg

 ビーノで訪問したため、かなり寒かったこともあり、酸辣湯麺を食べたくなったのでした。

 近所の広陽軒。

DSCN0765.jpg

 上は見本の酢豚かな。

 酸辣湯麺はなかったので、担担麺です。

 ウィキペディアによると、日本の担担麺は、麻婆豆腐と同様に、四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した作り方を紹介して広まったと言われる。

 一般に中国のものと比べて直径で1.5倍以上、場合によっては3倍ほどの碗で出され、日本のラーメンのように一杯で一食が事足りるようになっている。そして、辛さをおさえるためにスープを合わせ、汁麺として出される。汁の味や辛さは中国のものよりも薄く、飲める程度になっている。麺は店によって異なるが、一般的に中国のものよりも少し太く、鹹水を使った中華麺がほとんどである。

DSCN0766.jpg

 太麺になると、スープにからみにくくなることもあり、一部の店では、縮れ麺を使用し、スープとからませるようにさせている。


 胡麻辛味噌味で美味しいのです。ちょい太め(私と同じ?)でストレートな麺。

       DSCN0767.jpg

 日本では、担担麺のルールが決められていないため、店によってまちまちの味付けと具材になっており、たとえば肉のそぼろが牛肉や鶏肉だったり、チャーシューなどを載せたりと店によって様々である。また、チンゲンサイ、ホウレンソウ、サヤエンドウ、モヤシなどの野菜が少し添えられたり、みじん切りのニンジンなどがそぼろに加えられたりする場合もある。薬味は刻みネギや唐辛子の細切りなどが多い。

 辛味噌といえば、この娘たち。

 恥ずかしいので小さく載せておきます。

 サビの部分が、とても心地良く耳に残る曲なんです。ヨーロッパあたりの原曲なのかな。
 扶餘に行った時の壁のポートレイトは彼女たちですかね。

 ちょっと臭い息(餃子も食べました)で、MaxFritzSendaiへ、お邪魔虫。

DSCN0769.jpg

 先日のTANNミーティングvol.2が、バイク雑誌の記事になってました。

DSCN0771.jpg

 場違いな私も、よく探すと3枚も写ってますよ。

DSCN0772.jpg

 あっと、帰り際の道すがら。

R1058343.jpg

 幸楽苑に行けばよかったんだ。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

モダンカメラマンⅩLⅥ

 えーと、来年2月11日の、大山新酒酒蔵まつり、風写隊呑んだくれ日帰りバスツアーのエントリーが始まっています。
 定員24名。掲示板BBSをチェキラ!!

 今日紹介するのは、10月から使い始めた、NikonのCOOLPIX P300。

R1058946.jpg

 COOLPIXのあとにPがつくのは、ニコンのコンデジの中でも比較的ハイグレードなモデルになります。

R1058945.jpg

 センサーは、1/2.3インチ、約1200万画素の裏面照射型CMOS。
 最近のコンデジの王道ですね。

 ところがこのカメラの凄いのは、24mm相当からの4.2倍ズームに、開放F1.8のレンズ。 

R1058943.jpg

 1/2.3インチセンサーでこのF値のカメラはなかなかありません。

 使わないけど、動画もフルHDだし、ステレオマイクも内蔵です。

R1058948.jpg

 さらに液晶は3インチで、約92万ドット。これは下手なミラーレス一眼よりも高性能。

R1058947.jpg

 そんなカメラが先月まではずいぶんお安く入手できたのですが、このところ急激に品不足のよう。
 ディスコンですね。

R1058942.jpg

 と言うことは、後継機種が出るのかな。

R1058949.jpg

 作例というやつです。
 10月に大阪に行ったとき。

    DSCN0149.jpg

 帰りの機材。

DSCN0180.jpg

 朝焼けその一。

DSCN0200.jpg

 その二。

DSCN0218.jpg

 このカメラの最も嫌いな点。
 画角3:2モードが無いんです。4:3か、16:9だけ。

 遠刈田の街

DSCN0345mo.jpg

 35mmフィルムのオリジナル画角である3:2が、横でも縦でも最も落ち着くレシオなんです。
 4:3はアナログテレビと同じで古臭いし、16:9はハイビジョンと同じなんですが、ちょっと長すぎ。

 Canon ⅥL

DSCN0420.jpg

 日比谷公園

DSCN0507.jpg

 宮城県美術館、アリスの庭。 

DSCN0597.jpg

 仙台二高。

DSCN0606.jpg

 広瀬川の護岸工事

DSCN0619.jpg

 朝焼けその三。

DSCN0637.jpg

 北五十人町。

DSCN0706.jpg

 近所の紅葉

DSCN0734.jpg

 その二。

DSCN0737.jpg

 CANON S100が出てしまったので、これから買うなら、S100が良いと思います。
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: ロコモーション

Comment (2)  Trackback (0)

線路は どこまでもは続かない

 今週8日、不通になっている仙石線の奥松島区間で、最後の被災列車が撤去されました。

DSC03904.jpg

 仙石線なので、直流モーター仕様ですね。それはどうでも良いのだけれど。

 ローカル線ではありますが、宮城県第一第二の都市を結ぶ仙石線です。
 首都圏だったら多くの人が通勤通学に使う路線が、9ヶ月も使えないまま打ち捨てられている状態はありえませんよね。

 全く手が付けられていない、福島の常磐線よりは、これでもまだ恵まれているのかも知れませんが、あまりにも悲しい一枚の写真です。

 現在運休中の路線は、JRだけでも、八戸線、山田線、気仙沼線、石巻線、仙石線、常磐線(いずれも一部)。そして三陸鉄道の北リアス線(一部)、南リアス線全線です。そのほとんどが再開時期未定。

 JRには、多くの時間と金をかけて、赤字路線を復旧する体力はあるのでしょうか。
 津波に流されたレールや警報機が放置されたまま、廃線になっていく路線がでてきてしまうのでしょうか。



 仙台に住む私は、そんな不便を強いられていることもなく、後ろめたさはあるものの、普通の生活をしています。

 いざというときのために購入した石油ストーブ用の灯油タンク。

       s-DSCN0757.jpg

 1999年製ではいつ分解しても不思議はないということで、ピッカピカのタンクを買って来ました。中身を移動中。

 1999年式は、サンテックという素材ですが、これは旭化成の商品名でした、どちらもポリエチレン。

s-DSCN0760.jpg

 2011年式です。

s-DSCN0759.jpg

 古いタンクは、家庭ごみ? プラスチックごみ?
テーマ : 地震・津波  ジャンル : 地域情報

Category: 生活

Comment (2)  Trackback (0)

当分復旧せず

 週末ネタが続きます。
 日曜日の午後、バイクのリコール処理と、簡単点検が終わったということで、またまた中島丁をぶらぶら歩いて八幡へ。

 早速ピックアップして風が強い中、試走です。青葉山。

DSCN0743.jpg

 天守台がある青葉山、本丸に一番近い道路が未だに震災の影響で通行止めなんです。

 東北大工学部方面から、八木山橋方向に右折する丁字路。

DSCN0739.jpg

 いつの間にか一旦停止の標識も外され、センターラインも、タイトな右カーブに沿っています。

DSCN0740.jpg

 最短ルートとして会社にも提出している通勤路なんですが、ずっと毎日迂回です。

DSCN0744.jpg

 状況は以前報告しましたが、文化財の石垣が崩落したため、簡単に修理するわけには行かず、後回しになっているのでした。

 フェンスの向こう側、かつての通勤路は、完全に奥の細道化しています。

DSCN0742.jpg

 水戸黄門のロケにも使えそう。

DSCN0741.jpg

 開通する頃には、58になっちゃうよ。

 このあと八木山の会社へ。
 今週火入れが終わった新しいスタジオの最終調整を見に行ったのですが、誰もおらず。
 と言うことは、順調だったのね。

s-DSC03897.jpg

 震災前から作業を始め、資材不足で遅れに遅れましたが、なんとか年内に立ち上げることが出来ました。

 スタジオは無事月曜日に使用開始、大きな問題もなくオンエアされています。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 空花鳥風月雲

Comment (3)  Trackback (0)

五郎の散歩道 その拾漆

 うちのビーノに2件のリコールが出たということで、日曜日は八幡のバイク屋へ。

DSCN0692mo.jpg

 大型バイクがズラリ並んだスペースに持込と言うか、走り込み。

 天気も良かったので、帰りはぶらぶら散歩です。

 うなぎのいわま亭の前の四季桜、今回もちょっと遅かったけど、まだ咲いていました。

DSCN0694.jpg

 紫雲山来迎寺。

DSCN0701.jpg

 青空をバックに紅葉が見事。

DSCN0699.jpg

 おなじみ、らぁめん一番星。朝10時には当然開いて居ません。

DSCN0704.jpg

 ちっさい店であることがよくわかりますね。
 あの行列ぶりからすると、もう少し大きな店に移ったほうがいいのでしょうね。

DSCN0706.jpg

 牛越橋から広瀬川へ。さすがにもう芋煮会はやってません。

DSCN0718.jpg

 カワセミの姿を追ったのですが、見えるのはサギとトンビだけ。

DSCN0710.jpg

 これは渋柿かなぁ。

     DSCN0712.jpg

 風が強い日で、JR在来線がずいぶん停まっていたようです。

DSCN0717.jpg

 なぜかちょっとフワフワ感がある、堤防上のジョギングロード。

DSCN0720.jpg

 走ってる人、歩いてる人、犬そして私。

DSCN0721.jpg

 干し柿の下がったお宅。

DSCN0722.jpg

 気持ちの良い、広瀬川河川敷です。

DSCN0724.jpg

 まだまだ美しい、紅葉。

DSCN0728.jpg

 紅葉越しの広瀬川。

DSCN0730.jpg

 知事公館。

DSCN0732.jpg

 近所のお宅。

DSCN0734.jpg

 いい散歩道でした。

DSCN0737.jpg

 このあと散髪へ行き、帰りに買い物。

 床屋の親父さんの話では、澱橋下にもうずいぶん鮭が遡上してきているそうです。
 見逃した。

 またまたご近所のお宅。

     CA3A0002 (3)

 バイク屋から修理終了の電話がかかって来ました。

 機材はNikon CoolPix P300、最後の一枚だけは、ケータイW61CAです。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

アイドルだけじゃないだろうに

 土曜日は、今年最初の忘年会がありました。いえ、リーダー曰く、望年会。
 今年は決して忘れてはいけない年なのでした。

DSCN0641.jpg

 五橋から、仙台一天井が低いガードをくぐった向こう側。
 仙台市内で、珍しく歩道に自転車専用部分が設定されているところ。

 ヨドバシに車で行く人はよく御存知の通り沿いです。

       DSCN0642.jpg

 韓国家庭料理「扶餘」。

DSCN0644mo.jpg

 ポートレイトが貼りめぐらされている奥の席。

       DSCN0645.jpg

 震災後初の再会もあり、またベガルタ最終戦の勝利、4位確定のお祝いも兼ねて、特別に持ち込みのシャンパンで乾杯。

DSCN0648.jpg

 しかし、この手の韓国料理店、アイドルの写真、多すぎませんかね。

       DSCN0676mo.jpg

 他のお国の料理店にはないスタイルですよね。韓国にある日本料理店にはアイドル写真があるのかな。
 ヨン様以外判らないし。

DSCN0646.jpg

 いきなり、前菜ナムルとキムチに続いてチヂミ。

DSCN0649.jpg

 チヂミってもっと薄いイメージなのですが、これは極厚。

 生マッコルリ。

DSCN0650.jpg

 トッポギ、あんまり辛くない。

DSCN0651.jpg

 チャプチェも出ましたね。

 焼肉タイム。豚トロ。昔の焼肉屋さんにはありませんでした。韓国ではどうなんだろ。

       DSCN0654.jpg

 ハート型の、コリアン太巻き。これは焼きません。

DSCN0652.jpg

 肉を、焼きます焼きます。

       DSCN0655.jpg

 たまには良いもんですね。

DSCN0656.jpg

 料理のみ3000円コースで8人分です。

DSCN0657.jpg

 おばさんおじさんたちには、ちょっと多すぎたかも。

       DSCN0658.jpg

 真露も進みます。

DSCN0660mo.jpg

 一番食べたかった参鶏湯がトリ。鶏だけに。

DSCN0673.jpg

 あったまりました。

 料理の詳しい解説は、サエモンさんのブログを参照ください。

 当然のようにニ次会。五つぼには入れず、たけ政へ。いつか来た道です。

DSCN0687.jpg

 日本酒タイム。 

DSCN0680.jpg

 日高見、あとなんだったっけ。 

DSCN0681.jpg

 なんとか地下鉄で帰れたので、一つ前、勾当台公園で降り、光のページェントを眺めることに。

 しかし。

DSCN0688.jpg

 夜11時前なのに、消灯してました。残念。
テーマ : 韓国料理  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

昼一に朝市

 日曜日の夕焼け。

DSCN0749.jpg

 ひときわ明るい星は、金星でしょうか。

 先日駅前で用があり、早めに山を降りて、朝市で昼飯を食べることにしました。

s-0808asaitidon03[1]

 いろんな所で紹介されている、食べ処 庄家ですが、前景を撮り忘れたので、上の画像はぱんだ(親)さんのブログから無断借用です。ありがとう。

 店に入ろうとしたら、食券買ってくださいねぇ、と指示されました。

   PA0_0090_20111204172028.jpg

 何故か入り口から一番遠いファーサイドに機械があります。

 メニューの種類はこんな感じ。
 
PA0_0091_20111204172028.jpg

 基本はセルフサービス。食券をおばちゃんに渡し、うすーーーいお茶を汲んですすりながら待ちます。

   PA0_0096.jpg

 真心は、目から顔から言葉から。良いですね。

 みんなで作ろう自分の会社、という文章がよくわかりません。
 うちの会社はみんなで繕ってる感じですがね。(会社の人、読まなかったことにしてください)

 漬物がセルフ。高血圧の人は危険ですが、種類も多くて嬉しいかも。
 漬物取り皿は、一人一枚という指示も受けます。

PA0_0094_20111204172027.jpg

 10人強は座れるカウンター三列。この日はほぼ同時に入ったおばちゃん二人と、あとから常連風のおじさん一人でした。12:45ぐらい。

       PA0_0095.jpg

 朝市丼500円+味噌汁100円。トマトとフルーツ付き。

PA0_0093_20111204172057.jpg

 なかなか美味しそうでしょう。

PA0_0092_20111204172057.jpg

 量は健康的ですので、食べる人は+100円でご飯を大盛りにして、漬物をたっぷりいただくのが良いでしょう。
 旅行で仙台に来られる方、駅から徒歩3分です、よろしく。

 入り口に戸はありますが、カウンター越しに市場と空気を共有してますので、寒いです。

 次回は奮発して大漁丼を行ってみたいと思います。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 生活

Comment (6)  Trackback (0)

電気が止まる日には

 昨日の朝、7時過ぎに新聞を取りに行こうと、玄関を出たら、虹。

DSCN0691.jpg

 雨上がりの日曜日でした。

 ちょうど七つ森の上ですね。

DSCN0689.jpg

 その後洗濯物を干していたら、風花も舞っていました。

 そしてちょっと出かけようと10時半に再び玄関を出たら、また、虹。

PA0_0087_20111204162519.jpg

 今度は観音様の上です。



 話は変わって、石油ストーブ買いました。

       DSC03886.jpg

 薪や炭が燃えるストーブからは程遠いのですが、一応本物の炎です。

 3-4年前までは、石油ファンヒーターが大小2台あり、それなりに使っていたのですが、膝を悪くす事が時々ある(タンクを運ぶのが大変)のと、その頃一気に灯油が値上がりしたこともあり、使っていなかったので、2台とも人にあげていたのでした。

 そして、3月、あの震災がありました。

 電気ヒーターや、ガス床暖房は当然使えず、石油ファンヒーターも最初の三日は、停電で使えませんでした。
 ほとんど会社にいて、帰宅しても布団に入って寝るだけだったし、冬も終わりに近かったので、なんとか凌げたのですが、翌冬のことを考えて、電気が停まっても使える石油ストーブは準備しようと決めていたのでした。

 自宅ではそれほど必要がなくても、他の場所で使ったり、より困っている人に貸すことも出来ますから。

 さらに今年、不意に復活したキャンブーム。炎を眺めるのは実に癒されるということを、想い出したのでした。
 それで先日、ポチ。

 マンションの一階にある、専用ロッカーにひとつだけ残っていた灯油タンクも引っ張り出してきました。

       DSC03893.jpg

 電動ポンプはおニューをゲット。

 毎週月曜日に灯油の宅配が来ることを覚えていたので、運ぼうとしたらなんと、キャップが割れてました。

DSC03890.jpg

 それでも、一応満タンにしてくれてましたね。

 灯油タンクってたしか製造年月が、刻印されているはず。

DSC03891.jpg

 しみじみ眺めてみると、99年11月製造。前世紀の遺物です。カビだらけで汚物でもありますが。

DSC03892.jpg

 ケチなので、キャップだけは当日ポンプと一緒に買ってきたのですが、なんだか本体も、いつ破裂してもおかしくないような。

       DSC03894.jpg

 そんな危険な香りのする玄関先ではありますが、ストーブの燃料補給基地になっています。

 何故か炎が五重塔のように見える、石油ストーブ、目下のところお気に入りです。

       DSC03889.jpg

 ポリタンクの寿命、何年なんでしょうかねぇ。

        s-DSCN0756.jpg
テーマ : 地震・災害対策  ジャンル : ライフ

Category: 祭りだワッショイ

Comment (2)  Trackback (0)

今年は二日から

 社員食堂の定食シリーズ、パスタの合盛です。

PA0_0092_20111203162406.jpg

 サラダとコーヒー付き550円。

PA0_0091_20111203162406.jpg

 ペンネとフェットチーネでしょうか。データを見ると11月25日でした。



 金曜日、帰宅して、いつもの様にベランダから外を見て、例によってびっくり。

     R6249895.jpg

 この日から始まった光のページェント、以前はSLのイルミネーションがチラ見えしてただけでしたが、ずいぶん広い範囲が見えるようになっていたのでした。

 西公園の北部、SLの南側にイルミネーションが増設されたのでしょう。

 おまけに夜九時頃、テレビ塔たちのライトアップも応援。

     R6249897.jpg

 全部点灯しています。あの日以来初めてですね。

     R6249898.jpg

 報道されているとおり、一昨年からLED化して来たSENDAI光のページェントの数十万個のランプは、津波の被害を受け全滅しました。
 今年は募金で買った分に、広島や大館、表参道から借り受けたランプを足して、なんとか全盛時の半分以下ではありますが、46万個のランプを点灯することが出来たのでした。

     R6249894.jpg

 実にありがたい事です。

 今朝6時半に、またまた外を見ると、

     R6249899.jpg

 西公園のランプ、まだ点いてました?? なんでなんで??
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2011