風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

朝一番ならすいています

 さて、せっかく松島に来たので、車を瑞巌寺近くの駐車場に停めます。

 松島城。

       PB230049.jpg

 伊達政宗が再建した五大堂。

PB230051.jpg

 五大堂から見た、島々。

PB230050.jpg

 沿岸の商店街、松島周辺は今回の震災で、最も津波の被害が少なかった地域なのですが、それでもまだ閉まっている店が見受けられました。

PB230053.jpg

 そして向かったのは、此処。

PB230126.jpg

 円通院です。初入院。

PB230123.jpg

 ずっと来たかったのです。

PB230056.jpg

 宮城を代表する紅葉の名所なのですが、混みそうなので、朝一で来ることにしたのでした。

PB230118.jpg

 紅葉ライトアップでも有名なのです。下に並ぶのも、ミニ灯籠。

PB230115.jpg

 伊達政宗の嫡孫、光宗の菩提寺。
 家光の光をもらってることからも跡継ぎ候補だったことがわかりますね、父は忠宗。母は、家康の孫、孝勝院振姫ですから、家光とは従兄弟です。

PB230061.jpg

 霊廟三慧殿。光宗は幼少より文武に優れていたものの、19歳という若さで、江戸城内で死去。
 幕府による毒殺説もあるそうです。

PB230062.jpg

 藩主とはならなかったため、青葉山には祀られていないのですね。

 光宗像の右上には、薔薇の図、左上には水仙の絵。
 これらはそれぞれローマとフィレンツェを象徴する花なんだそうです。

 知らなかったのですが、日本に園芸種の薔薇(日本には野生種の薔薇はあった)を持ち込んだのは、支倉常長だったのですね。円通院には15m四方ほどの西洋風の庭がありました。

PB230072.jpg

 光宗と常長が会ったことがあるのかどうかはわかりませんが、少なくとも円通院を建てさせた忠宗は、世界を回って来た常長の話を何度も聞いていたでしょう。

PB230067.jpg

 決して広くはありませんが、美しい庭園を持つお寺です。

       PB230070.jpg

 自然のままの扇谷とは全く趣を異にします。

PB230077.jpg

 隣にある国宝瑞巌寺が男性的だとすれば、円通院は女性的です。

PB230085.jpg
 
 そうそう、美しい副住職様が有名なのですが、お会いすることは出来ませんでした。
 ちょっと恐れ多いのですが、その天野さんからのメッセージを転載します。



 全国の皆さん、よろしくお願いします。すでに松島は復活しています。来てください。

PB230078.jpg

 さて、円通院の本堂は、別名大悲亭。

PB230057.jpg

 元々は、光宗が江戸で使っていた建物だったのですが、その死を悼んだ父忠宗が、移築したもの。

PB230082.jpg

 当時の建物は、東京にはほとんど残っていないため、貴重です。

PB230119.jpg

 小堀遠州作と伝えられる、前庭。

PB230091.jpg

 ライトアップはこの23日が最後だったそうです。

       PB230075.jpg

 今は少し静かになっていることでしょう。

PB230084.jpg

 照明器具が片付けられたこの時期が、一番良いかも。

PB230093.jpg

 仙台の皆さんも、是非お出かけください。

PB230106.jpg

 伊達光宗。
 二人のおじいちゃんが、伊達政宗と池田輝政、曽祖父が徳川家康ですよ。

PB230111.jpg

 凄い血筋だなぁ。

PB230090.jpg

 バラが咲き乱れる季節に、また来たいものです。

PB230087.jpg

 IR仙石線、松島海岸駅からも歩いて数分、ミシュランガイドでも二つ星に選ばれた、円通院でした。

PB230127.jpg

 私が拝観し終わった9時半頃、観光客がどんどん入って来ました。



 昼飯は、なぜか南仙台のとんかつ屋さんで、広島産カキフライ定食。

PB230128.jpg
テーマ : 紅葉  ジャンル : 旅行

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2011