風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

題未定

 また颱風が近づいています。怖いです。
 今年の漢字は"水”ですね。

 昨日は目黒でさんま祭が開かれたようです。気仙沼の秋刀魚が無料で振舞われました。

DSC03617.jpg

 JR目黒駅周辺はちょうど目黒と品川の区界。
 さんままつりは、双方の区の商店街で、一週間ほど間をおいて二度催されるそうです。

 先に催される品川区側にやってくる秋刀魚は、岩手県宮古産。

 目黒の秋刀魚に関する蘊蓄はこちら

 土曜日の昼食です。この日の朝に歯の修理が完了し、久々に万全な状態での食事となりましたが、食べるものはおんなじ。

  CA3A0004_20110919090233.jpg

 サエモンさんも絶賛している、二日町の生蕎麦たかみです。

CA3A0002_20110919090233.jpg

 いつも混んでいてなかなか入りにくいのですが、この日はすんなり相席で座れました。

 大ざる750円。

CA3A0001_20110919090232.jpg

 機械打ちの方ですが、美味しいお蕎麦をいただきました。

     CA3A0003_20110919090232.jpg

 でもあとから相席になった客が頼んだ、手打ちのせいろ。
 やっぱりもっと美味そうでした。
テーマ : うどん・そば  ジャンル : グルメ

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

そんなに近くに寄りたいの?

IMGP2885.jpg

 上の写真は、我が家のデジ一、Pentax K-7にズームレンズを付けて、ベランダの花を撮影したもの(f=200mm、F:7.1、1/13秒、ISO800)ですが、こんな写真を取るのがマクロレンズですね。

 マクロという言葉は、巨大なとか巨視的という意味。
 マクロ経済や、マクロ言語、エクセルのマクロ機能、いずれもよくわかりませんが、写真だと要は近づいて小さいものを大きく撮影することですね。一言で言えば接写。

 昔は普通のレンズと、マクロレンズ(なぜかニコンの接写レンズは、マイクロニッコール)の境界ははっきりしていたのですが、最近はズームレンズの倍率が高くなったのに歩調を合わせるように、マクロ能力が増し、標準ズームレンズでも、かなり寄れるようになって、境界があやふやになっています。

 我が家にある、一応Macroと謳っているレンズと、標準ズームや、手元にあるコンデジの接写能力を比べてみることにしました。

   R1058629.jpg

 被写体を何にしようか、迷ったのですが、新聞にしました。 

   Nokton1.jpg

 したがってボケ味については、比較対象外です。

DSC03559.jpg

 まず上のOlympus E-PL2と、標準ズームM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6II Rで撮った画像。ワイド端は14mm(35mmフィルム換算で28mm相当)。

   OZoomW.jpg

 ちなみに手持ち撮影なので、多少の手ぶれはお赦しください。また露出も結構いい加減です。

 テレ端は42mm(同84mm相当)。此処までしか寄れません。

   OZoomT.jpg

 スペックでは、0.25m(焦点距離14-19mm) / 0.3m(焦点距離20-42mm)、最大撮影倍率 は0.19倍(35mm判換算 0.38倍相当)だそうです。1:3ぐらいになるのでしょうか。

 ちなみにフィルム時代から、ピント、フォーカスを合わせる距離の数値は、撮像面が原点です。つまり撮像面からの距離。昔のフィルムカメラのトップには、原点のマークが付いていました。。丸に横棒。

 続いて、Voigtlaender NOKTON 25mm/F0.95。(同50mm相当)

R1058639.jpgR1058640.jpg

 特にマクロと謳っているレンズではありませんが、最短撮影距離は0.17m、最大撮影倍率1:3.9だそうです。

 この1:2とかいう数値は、本物の大きさ:撮像面上での大きさです。
 フィルムだとわかりやすいのですが、35mmフィルムの縦幅は、24mmですから、長さ24mmの被写体がフィルムの縦にちょうど収まると、1:1になります。縦の半分サイズに写っているのが、1:2です。

 Lサイズのプリントだと、縦は9cmほどですから、1:2で接写した場合は、4.5cm程にプリントされることになりますけど。20倍ぐらいに大きくなりますね。

   Nokton3.jpg

 こんなもんでしょう。

 あとは、Pentax K-7に色々装着してみました。

   R0010680.jpg

 標準の18-55mm(同28-85mm相当)防滴ズームレンズ。ワイド端。

   PZoomW.jpg

 テレ端。スペックは、最短撮影距離[m]0.25。

   PZoomT.jpg

 コンデジだと、ワイド端のほうが寄れたりもするのですが、レンズ交換式カメラのレンズは、寄れる距離がほぼ一定なので、テレ側のほうが倍率が上がります。

 次は、Tamron DiⅡAspherical 18-250mm/F3.5-6.3 A12。いわゆる高倍率ズームっちゅうやつです。

R1058637.jpgR1058638.jpg

 一応マクロの文字がありますね。最短撮影距離は45cm。倍率はテレ端で1:3.5。

   TamZoomT.jpg
 
 そして、同じくTamron Di Tele-Macro 70-300mm/F4-5.6 A17。望遠系ズームの代表例ですね。

R1058641.jpgR1058643.jpg

 LYNX☆さんにもらったレンズです。 
 最短撮影距離は95cm。倍率はテレ端で1:2、かなり寄れます。

   PTeleZoomT.jpg

 やはりこのぐらいで、やっとマクロ撮影と言える感じがします。
 一番上の画像もこのレンズです。

 更にこれもTamron。。SP 90mm F2.5 52BB。マニュアルフォーカスですけど。

R1058633.jpgR1058632.jpg

 タムロンの歴史の上でも、銘玉と言われるレンズの一つですね。

   Tam52BB1.jpg

 上のA17と同じ程度まで寄れました。最短撮影距離が39cm,倍率は1:2。

 そして真打。

R1058634.jpgR1058635.jpg

 PENTAX-DA Limited 35mm Macro/F2.8です。35mmフィルム換算56mm。
 13.9cmまで寄れます。Near端の状態だと撮像面からレンズ先端まで12cm以上ありますから、ほとんどレンズ前15mm辺りで撮影できることになりますね。1:1の世界です。

   P35mm4.jpg

 ちなみにマクロレンズ、Near端にセットするとこんなに長くなります。

       R1058636.jpg

 でっかく撮るには、1:xの数値に注目すべきということがわかりますね。

 では、コンパクトデジタルカメラではどうなんでしょう。

   P9171062.jpg

 我が家の一二番バッター、GX200と、CyberShot WX1です。

 まずはマクロスイッチレスのWX1。最短撮影距離は、AF=ワイド端時約5cm-∞/テレ端時約50cm-∞。
 ピントがイマイチですが、参考ということで。

 ワイド端(24mm相当)では、5cmまで寄れるのでこんな感じ。

   Cshot1.jpg

 ちなみにコンデジの場合、距離数値はレンズ先端からのワーキングディスタンスです。

 テレ端(120mm相当)だと50cm離れなきゃないので、これしか撮れません。

   Cshot3.jpg

 しかしやっぱりマクロが売り物のRicohのGX200
 マクロスイッチオン、ワイド(24mm相当)端で1cmまで寄れてこの迫力。

   GX200-2.jpg

 テレ端(72mm相当)でも、4cmまで寄れるので、同じぐらいまで拡大できるんです。

   GX200-3.jpg

 すごいなーー。これも1:1の世界ですね。

 ボケ味の差については、次回としますが、基本的に撮像素子が大きいほど、レンズが望遠寄りであるほど、前後がボケます。
テーマ : マクロレンズで撮った写真  ジャンル : 写真

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

秋もあけぼの

 もうずいぶん前から秋の虫が鳴いていますが、一方まだ時折蝉の鳴き声も耳にします。
 来年の分の蝉も地中から這い出してきた感じで、2012年は蝉の少ない年になりそうな。

 他の蟲や、それを捕える蜘蛛たちも大発生しているようで、少なくとも昆虫たちにとっては恵まれた夏だったようです。
 それを捕食する燕も元気。鯉や虎、龍まで喰っちゃいます。


 昨日16日の朝日です。6時頃。

      R6249188.jpg

 霧が濃い仙台の朝でした。

   R6249186.jpg

 昨日は閖上の瓦礫の山が発火し、日がな一日消火活動が続いていましたが、海風だったせいか、仙台市内でも、目に異常を訴える人が居たようです。

 そして今朝。4時半頃にあった地震で目が覚め、せっかくなので眺めていたのでした。

R6249193.jpg

 5時頃の空。こういう週末の朝は、天気が良ければそのまま出かけるか、そうでなければ朝食後に二度寝します。

   R6249199.jpg

 ところで、朝焼けや夕焼けの雲、なかなか上手くAFが働いてくれません。
 ビルで合焦させると、露出が思ったとおりにならなかったりして。マニュアルフォーカスで撮れば良いのですが。

      DSC03598.jpg

 見えるままの絵を得ようと思うと、露出のマイナス補正が必要になったりします。

 あ、また揺れてる(6:09)。
テーマ : 今日のつぶやき  ジャンル : ブログ

Category: スポーツ

Comment (0)  Trackback (0)

羽ばたけ若蝦夷

 先週末にブログのテンプレートを変えました。
 自前の画像をトップに持ってきたのは初めてかも。いかがでしょう。

 ちなみにコメントを書くには、各記事の日付の下、タイトルのすぐ上、Comment: 0を押してください。



 順調です、スワローズ。昨日で今季二度目の9連勝。

       R6249189.jpg

 ネットで画像を集めてみました。無断借用。
 走攻守それなりに揃った日本人選手+豪快な外国人選手という昔からのチームカラーでしたが、最近ブレークして、今チームを引っ張っているのが、畠山和洋ですね。

480px-YS-Kazuhiro-Hatayama.jpg

 かつては大杉勝男、その後は広沢克己と池山隆寛、日本人スラッガーが活躍した時代に優勝しているのです。

s-1313091574.jpg

 昨日まで4戦連発。

 花巻出身です。高校は専大北上。頑張ってほしい。

bbl11091323070020-p4.jpg

 プロ野球では、21世紀になってから、個性的な日本人スラッガーが増えてきたように思います。

 畠山もその一人。

     bbl1107222255007-p1.jpg

 悪い癖を直すよりも、長所を伸ばす方向性を持った指導者が増えているのかな。

 打席に立つ前から、わくわくさせてくれる選手です。

hatakeyama.jpg

 ところでこの髭面。

          t.jpg

 良い意味で、蝦夷っぽくないですか?

bbl11091323070020-p1.jpg

 実は、アテルイの話に触れるときに、最近畠山の髭面をイメージしてしまうのです。

 若き蝦夷の頭領の雰囲気出てませんかね。

 そんなこんなで、今度はアテルイの画像を検索してみたら。

          akuro.jpg

 悪路王だそうです。似ていないや。
テーマ : 東京ヤクルトスワローズ  ジャンル : スポーツ

Category: 街角探検

Comment (2)  Trackback (0)

大御所の散歩道

 さて、ある日の朝食前の散歩。

R1058556.jpg

 なんとまぁカラフルなマンホール、と思ったら消火栓です。
 これは目立たないとね。

 城址公園に向かいます。
 まずは外堀。

R1058557.jpg

 綺麗な水が湛えられています。

          R1058558.jpg

 駿府城の巽櫓です。

R1058559.jpg

 「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」大御所徳川家康が、征夷大将軍を秀忠に譲ったあと、暮らした城ですね。

 これは中掘。

R1058564.jpg

 堀を巡る散歩道が整備されていて、走る人、歩く人多数。

   R1058560.jpg

 観光客用の撮影スポットには、弥次さん喜多さんがお待ちかねです。

R1058561.jpg

 造った時代が近いのでしょうか、仙台城の石垣の雰囲気に似ているように感じます。

R1058565.jpg

 東御門を通って本丸へ。

R1058569.jpg

 明治時代に軍隊が埋め立ててしまった内堀が、少しづつ復元されていました。

R1058572.jpg

 本丸周辺の建物は全く復元されていなところも、仙台城址と似ています。

R1058576.jpg

 1608年(慶長13年)に完成した、富士山が見える七層の天守閣があったそうですが、これも軍隊が壊してしまったそうです。なんたるちゃ。

   R1058580.jpg

 一回りして再び中掘。

R1058582.jpg

 それでも三重の堀が残っている城郭は珍しいのではないでしょうか。

 ウィキペディアから。

駿府城

 日本中の大名たちが、命じられて大工や職人を集中させて造ったのでしょうね。

 上の方の、内堀の画像に写り込んでいるのが、現代の天守閣とも言える県庁舎かと思ったのですが、すぐ脇にこんな建物。旧県庁舎でしょうか。

R1058585.jpg

 いや、どうもこちらが今でも本庁舎のようです。

 窓に綺麗に飾られている花が印象的。

R1058584.jpg

 すぐ前にある外堀、この部分は埋め立てられていましたが、何やら並ぶ、大きな石。

R1058590.jpg

 番号が振られているところを見ると、石垣解体現場のようです。

R1058586.jpg

 このあたりも石垣を復元して、お堀を復活させようとしているのかもしません。

 更に県庁から外堀を挟んで対面。教会のような建築物。

          R1058588.jpg

 こちらがどうも、静岡市役所の本館だそうです。凄いですね、綺麗ですね。

   R1058589.jpg

 実質的な市役所の実働部分はとなりの高層ビルにあるらしいのですが、これを残して本館と呼んでいるだけでも、羨ましいことです。内部もきっと立派なんでしょう。

 予想外の出会いでした。

 おまけ、これ、静岡の青葉通りです。ホテルのそばにありました。

R1058592.jpg

 青葉通よりは定禅寺通に似た雰囲気。またまたカラフルな消火栓。

R1058591.jpg

 ホテルに戻って無料サービスの朝食を美味しくいただきました。

R1058593.jpg

 機材はRicohのGX200です。
テーマ : 静岡県  ジャンル : 地域情報

Category: Car & Bike

Comment (4)  Trackback (1)

日本語に翻訳すると兜

 昨日の月、十六夜ですね。いざよい。
IMGP2882.jpg
 語源由来辞典によると、いざよいは、「ためらう」「躊躇する」意味の動詞「いざよう」の連用形が名詞化した語。陰暦16日の月の出は、15日の満月の日に比べてやや遅いことから、月がためらっていると見立てたものである。

 もう終わろうとしている夏ですが、暑いときはやはり喉越しの良い、ゴクゴク行ける飲み物が欲しくなりますよね。

 ビールはいろいろなんなので、コンビニやスーパーで、楽しいドリンク選び。
 とにかく種類が多くて、楽しいのですが、なかなか決められません。

 まぁ地酒屋で純米酒を選ぶのとは違って、単価が安いので気楽です。

R6249178.jpg

 これ、良いでしょう。ソウルマッコリ。

R6249179.jpg

 手ぶれしちまってますけど、白ぶどうのカクテル。

       DSC03585.jpg

 帰宅してよく見ると、やばい。グレープフルーツが入ってる。

DSC03586.jpg

 降圧剤の敵なんですよね。ウィキペディアから。
 グレープフルーツの果肉に含まれるフラノクマリン類は、様々な医薬品と相互作用(干渉し、意図しない効果を生み出すこと)がある。これは薬物代謝酵素(解毒酵素)のシトクロムP450(CYP3A4)を阻害する作用によるものである。 特にカルシウム拮抗剤という系統の高血圧治療薬などでグレープフルーツの影響を強く受けるものがあることがよく知られている。
 このほかにシクロスポリン、ベンゾジアゼピン系、風邪薬でも主作用、副作用ともに効果が効き過ぎることがある。但し、作用の現れ方には個人差がある。 フラノクマリン類は他の柑橘類にも含まれるが、含有量はグレープフルーツでは品種、柑橘類の種類で異なる。温州みかんにはほとんど含有しないとされている。 なお実の袋や種、皮にはフラノクマリンは含有していない。


 結局飲んじゃいましたけどね。



 ヘルメットを取り寄せました。左側の白いやつ。
 みっちょんさんのブログで、ミラーシールドを使った写真が面白かったので、欲しくなったのです。

DSC03592.jpg

 これまでのメット(右側のシルバー)は、10年ぐらい使ってるやつで、ホームセンターで一番安いのを買ったものなんですが、シールドは傷だらけで、小雨の夜はよく見えないし、代わりのシールドは売り場に見当たらないし、大体ヘルメットって数年しか使いものにならないらしいし、そろそろ新しいのが欲しいと思ってたんですね。

 みっちょんさんからは、バブルシールドじゃないとダメですよと、言われていたので、シルバーミラーのバブルシールドが付けられるヘルメット、夜も使えるか(帰宅時の青葉山、結構暗いのです)不安だったので、クリアタイプのシールドも一緒に購入です。

R6249185.jpg

 うーん面白そうな撮影機材。
 持って出掛けてなんぼですけどね。

DSC03594.jpg

 しかしビーノでどこまで出掛けられるのでしょうか。
 風力発電所まではちょっと無理か。

DSC03593.jpg

 ところで、バイク乗りの皆さん、ヘルメットは何年ごとに新調しているのですか?
 使い終わったメットは、ただのオブジェ? 不燃ごみ?

 あとヘルメットの後ろ下に付いてる、短いベルトとホック。これは何に使うのですか?

DSC03595.jpg

 あ、ゴーグルのベルトを通すのかな?
 お守り下げたりしませんよね。レーダー電波を乱反射させるやつとか。

 これを書いていた前後、湖水地方さんからケータイメール。
 なんと高校の同級生の息子さんがバイク事故で他界されました。合掌です。

 下北半島を大型バイクでツーリング中だったそうです。
 皆さん、くれぐれも気をつけて、安全運転を!!!
テーマ : バイク用品  ジャンル : 車・バイク

Category: ロコモーション

Comment (2)  Trackback (0)

ひさしぶりのご対面

 最初に業務連絡: MMJGのにしかたさんへ 拍手ありがとうございます。来年もお待ちしています。

 昨日は中秋の名月でした。

 夕方ニュースの時間、気仙沼と志津川からは十五夜が望めましたが、塩竈では雲から出たり隠れたり、仙台では全く見えませんでした。

 夜9時過ぎ、ベランダに出たら、なんとか拝むことができたのでした。

IMGP2878.jpg

 いつの間にか月の位置はずいぶん高くなっています。霞んでいますね。



 先週震災発生以来初めて、新幹線に乗りました。沿線の田んぼはもう黄金色。

 東京駅で乗り換え。

R1058514.jpg

 駅弁を食べながらのんびり、こだまで移動です。

       R1058515.jpg

 残念ながら崎陽軒ではありません。

 新横浜を過ぎると、子供のころに何度か登った、丹沢の大山が見えてきました。

R1058522.jpg

 相模の稲も色づいていますね。

 小田原が近付くに連れ、うっすら富士山が見えてきます。

R1058524.jpg

 箱根に隠れる寸前。

R1058529.jpg

 新丹那トンネルを抜け、三島に出ると、もうこんな大きさ。

R1058530.jpg

 富士に着くあたりで一番大きくなりますね。

R1058536.jpg

 富士川鉄橋がベストビューポイント、だけどトラスが邪魔。

R1058546.jpg

 なんとか一枚だけ上手く撮れていました。

 会議(いろんな方に、大変でしたねと声をかけられ、泣き出しそうでした)を終えて夜の部へ。

 なんと徳川慶喜が晩年を過ごした、浮月楼が会場です。

R1058551.jpg

 静岡駅から歩いてすぐの場所にこんな庭園があるのも凄いことです。

R1058554.jpg

 元代官屋敷を改修してから140年だそうです。

R1058555.jpg

 二次会はとなりのJazz Live House「LIFE TIME」でした。久保田隆トリオ、江間奈津子、中嶋英乃+2。



 上の動画には映っていませんが、ピアノの久保田隆さん、浮月楼のオーナーだそうです。

 にしかたさんに拍手を頂いたので、MMJGの動画もリンクさせていただきました。

テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行

Category: 音楽

Comment (14)  Trackback (0)

今年は気合が足りませんでした

 ジャズフェスの二日目、日曜日は朝から霧と雨でした。
 どうももう一つ気乗り不足と股関節痛、なかなか出掛ける気になりません。

 なんとか昼になり、雨も上がって、腹ごしらえのついでに、バスで商工会議所前まで。
 バスを降りたら目の前で、毎年のように聴いている、MMJGが演奏中、今年はプログラムも貰っていないのに、奇遇です。

P9111056.jpg

 折しも商工会議所では、航空大学校の入学試験。こんな日に試験になるのでしょうか?

P9111055.jpg

 以前より穏やかな曲が多かったような気がします。

P9111053.jpg

 毎年来てくれてありがとう。

P9111050.jpg

 此処で7枚撮影したら、E-PL2のバッテリーが早くも上がってしまいました。予備は無し。

 まぁちょうど昼時なので、飯にします。

《資料》
DSC02952mc.jpg

 市役所裏の、ぶっかけチャイナ中嘉屋食堂です。

CA3A0009_20110911161238.jpg

 満席で5分ほど待たされた上に相席でした。

CA3A0008_20110911161238.jpg

 チャイニーズチキンカレー(スープ付き)税抜700円。 

CA3A0010_20110911161237.jpg

 なんとチキンが鶏唐でした。想定外です。

 帰宅して、ダルビッシュが先発したE-F戦を見てたら、なんと山崎が8回裏にリリーフから逆転ホームラン。劇的でした。

 結局そのあとはもう出かけず、震災発生から半年の特番やスポーツ番組を梯子。

 イーグルス、スワローズ、ベガルタ、そして最後になでしこと、全て勝利の珍しい日になりました。

 なでしこでは、仙台常盤木出身の三人目、田中明日菜が決勝ゴールを決めるオマケまで。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

或る土曜日の日記

 9.11ですね。たしか合衆国では、911は警察の電話。
 10年前のこの日は、宮城県に颱風が接近し、朝から駅で中継体制でした。
 夕方ニュース後に撤収指示が出て、会社へ戻って帰宅して、ニュースステーションを点けたら、貿易センタービルに飛行機が突っ込む映像。まるで映画みたい。わけがわからない実況。
 ウィキペディアによれば、久米宏は休暇中で、渡辺真理の一人MCだったようです。

 映画の特撮みたいな映像はもうたくさん。


 いろんなイベントや雑用や諸々が集中する9月。
 金曜日は大学のクラブの飲み会が新横浜で、土曜日は高校のクラブのOBOG大集合が新宿であり、誘われていたのですが、結局行けませんでした。ごめんなさい。特に金曜日は午後新横浜通ったんですけど。

 そんな土曜日、まずは近所の内科で降圧剤と逆流性食道炎の処方箋を書いてもらいます。
 血圧は順調。だけどクスリは止められませんね。薬局で薬をもらいます。

 その後マンションの理事会。免震装置に異常はないことが報告され、10月に防火訓練を実施することになりました。緊急グッズの在庫をチェックして終了。

 部屋に戻ると、開け放ったベランダの窓から、ジャズフェスのリハーサルが聞こえてきました。西公園はゴスペル中心。

 御用達の山猫クロト、じゃない、クロネコヤマトが発注していた、赤ワイン、ドイツ風ソーセージ、バブルシールド付きヘルメットを届けてくれました。

 昼飯です。

CA3A0013_20110911035045.jpg

 久しぶりに木町通の、味の新宮。

               CA3A0005 (2)

 パーコー麺、排骨麺と手延べ麺で有名なお店です。

CA3A0003_20110911035045.jpg

 通りまで響き渡る、豪快な麺打ち。近い席にいると耳鳴りがしてきます。麺打ちの様子はこちらへ。

 基本的にはオーダーを受けてから打ち始めますが、さすがに昼時はやや見込み発進もありそうでした。

 この日は夏が蘇ったような陽気だったので、冷し排骨麺です。900円。

CA3A0009_20110911035045.jpg

 さて、得意のウィキペディアから。
 排骨(中国語 páigǔ、パイクゥ、日本式発音:ぱいこー、ぱーこー)は、中国語で豚などのスペアリブ、すなわち骨付きあばら肉の意味。転じて豚のあばら肉に卵と小麦粉の衣をつけて油で揚げた中華の肉料理を指す。
 豚のスペアリブを食べやすい大きさに切り、食塩、砂糖、酒、五香粉(またはカレー粉)を混ぜたものに漬け込んで下味を付ける。30分ほど漬け込んだら、溶き卵と小麦粉を混ぜた衣をつけ、キツネ色になるまで油でからりと揚げる。
 油で揚げてから、さらに醤油味のタレで煮付ける場合もある。
 また、スペアリブ以外に豚ばら肉やロース肉を使って作ることも多いが、本来の意味からすると「排骨」とは呼べない。
 片栗粉でとろみをつけた醤油味のタレとともに白飯にのせたものは排骨飯(パイクゥファン、日本式発音:ぱいこーはん、ぱーこーはん)、醤油味のラーメンにのせたものは排骨麺(パイクゥメェン、日本式発音:ぱいこーめん、ぱーこーめん)あるいは排骨ラーメンと呼ばれる。総じて、台湾の排骨麺の方が日本のものよりも肉のサイズが大きい。また台湾では、排骨飯が駅弁としてよく売られている。


          CA3A0008_20110911035044.jpg

 殆どの客が排骨がらみをオーダーしますが、一個一個オーダーを受けてから揚げていきます。

 アッツアツの排骨以外、白髪ネギ、刻みチャーシュー、胡瓜の千切りと麺はキリリと冷えています。

CA3A0011_20110911035044.jpg

 相変わらず不揃いの麺。長いんです。

 様々な太さが混じっていると、茹で具合にばらつきが出てしまいますが、それも個性。
 細い麺では喉越しを、太い麺では腰を楽しめます。

          CA3A0012_20110911035151.jpg

 冷やし中華系もそろそろ最後かと思うと悲しくなってきます。

 午後はビーノに乗って八幡の歯医者へ。
 ちょうど予約した時間にマー君とハンカチ王子(死語?)の投げ合いが始まり、待合室で早速NHKにチャンネル変更。
 でもこういう時に限って、予約時間通りに呼ばれるのです。

 クラウンを被せて目出度く終了のはずが、うまく合わず型を取り直し。頼むよ。

 帰宅して半分昼寝しながら野球観戦です。
 マー君の落ち着きぶりが素晴らしい。

 その後ジャズフェスのテレビ特番も始まり、二台のテレビで両方見ます。

 無事特番も終了し、マー君の勝ちも決まりそうだったので、街へ。

P9101041.jpg

 派手なアロハを着たおっさんたちが、楽器を肩に歩ける季節なんです。

          P9101040.jpg

 すでにすごい人出、耳をくすぐる屋外演奏のサウンド。

P9101042.jpg

 ジャズフェスの定禅寺通りです。ちょうど宇崎竜童の特別演奏が終わったところ。

          P9101046.jpg

 勾当台公園に毎年来る麒麟のビールタンク車から、給一番搾りを受けました。んまいんだなこれが(メーカー違い)。

P9101045.jpg

 帰宅して風呂でさらに汗を流し、赤ワインとソーセージを味見しながら、今度はスワローズの勝ち試合を楽しみました。

 天敵タイガー久保をノックアウトですよ。東京音頭の大合唱。
テーマ : つぶやき  ジャンル : ブログ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

胸焼けは嫌いだけど

 お盆の頃に、スワローズが9点差を追いつくゲームを見せた試合がありました。
 この試合に勝っていたら、今年は優勝だ!! と書きこもうかと思っていたのですが、結局その試合は引き分け。

 その後は今ひとつで、ベイスターズ以外の4チームにはかなり接近されました。
 昨日は今季苦手にしているタイガース相手の試合で、体調不良のエース館山がいきなり新井に2ランを浴び、嫌な展開に見えたのですが、どうも選手たちがイキイキしているのです。タイガースのナインが何か暗い表情だったのと対照的。

 ワールドカップで優勝した時のなでしこたちみたい。楽しそうにプレーしてるし、先制されていても、ちっともめげてない。

 まぁ。こんなことを書くとろくなことにならないかもしれないけれど、やっと優勝できるかもしれない気がしてきました。

 9月8日木曜日の朝焼け。

RIMG0001 (4)

 GXRで撮影した画像です。朝5時5分。

 そして5時10分。

RIMG0002 (2)

 綺麗な朝焼けが見られる季節になりました。

 なぜ夏の間はあまり見られないのでしょうか。
 気温のせい? 湿度のせい? 雲の高さ? 単に起きられないから?

 9月9日、夕ベの月です。ピントがあってませんね。

IMGP2874c.jpg

 これは、K-7+Tamron 500mmです。更にトリミング。

 そして今朝9月10日4時50分の空。

R1058621.jpg

 GX200での撮影です。

 またGXR、4:55。

RIMG0005 (2)

 はてなキーワードから引用。

 朝日が出る前に東の空が赤く染まる現象.夕焼けと同様,太陽光が地球大気で散乱することにより発生する.赤く見えるのは地球大気を通過する際に短い波長の光が散乱し,波長の長い赤系の光だけが残るからである.
 地球大気の低い層(対流圏)にチリが多い場合、赤色が強くなり、また、高い層(成層圏)に火山灰などが多い場合、紫が強くなるそうだ(気象質問箱より).朝焼けより夕焼けのほうが赤みが強いのは,チリが夕方のほうが多いためだといわれている.


 ところで、昨日、ispackをヨドバシで買ってきました。

R1058625.jpg

 今日明日大活躍して欲しいものですが、内科と歯科に行かなきゃないんです。マンションの理事会も。

 たまたま持ってたカメラ用のインナーバッグ。(うちの納戸にはなんでもある)

R1058626.jpg

 偶然ですが、まさにぴったり収まりました。

R1058627.jpg

 さすが日本製(ホントは中国生産)、ケータイ用のポシェットまで付いてますが、この位置だと踏んづけそうですね。

R1058628.jpg
テーマ : 空の写真  ジャンル : 写真

Category: 祭りだワッショイ

Comment (6)  Trackback (0)

中高年向け必携グッズ

 いよいよ明日あさって、街を歩けば音符に当たる、第21回定禅寺ストリートジャズフェスティバルが、仙台で開かれます。昨年の様子はこちら
 前にも書いたかもしれませんが、定禅寺・ストリートジャズ・フェスティバルなのか、定禅寺ストリート・ジャズフェスティバルなのか、未だによくわかりません。
 区切り方で読みのイントネーションが変わります。

 仙台が一年で一番輝く週末なんです。ツーリングにも一番良い季節だったりするのですが。

 今年は(だいぶ良くなってきたものの)股関節が痛いので、あまり歩きまわるのは無理だなぁと思いつつ、昨年の自分の記事を読んでいたら、こんなイスがあったのを想い出しました。

R1057290.jpg

 これは必要です。
 ネットで探してみると(画像は全て無断引用)、

s-10233img5.jpg

 結構いろいろあります。
 今日は静岡から東京経由で帰宅するので、有楽町か仙台駅前あたりでゲットしましょう。

s-9980522090181-2.jpg

 何故か迷彩系が多いですね。

s-at2296.jpg

 ただ仙台のジャズフェスの場合、ステージが低いため、あまり高いイスは顰蹙モノ、低めのものを選びましょう。花火大会の時にも使えますね。

img57490382.jpg

 これがヨドバシで売っていそうです。

s-img58137045.jpg
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

またまたお気に入り

 夕ベの空にぽっかり浮かんだ卵。固茹で玉子の黄身かな。

IMGP2872c.jpg

 こいつが真ん丸に肥えたら、中秋の名月ですね。

 今日は実に震災発生後初めて乗る東北新幹線から、広島まで行って以来三年三ヶ月ぶりとなる東海道新幹線に乗り継ぎ、静岡まで行きます。

 富士山が見えますように。



 さて、お気に入りミュージック紹介シリーズ、そのニか三。

 デレク&ザ・ドミノスの名曲、レイラ。

 クラプトンのギターとヴォーカルもいいんですけど、途中から始まるインスト部分の、躍動するボビー・ウィットロックのピアノと、泣きまくるデュアン・オールマンのスライド・ギターのアンサンブル、これが圧巻。
 何度でも泣けます。動画は出てきません、あしからず。



 エリック・クラプトンが、ジョージ・ハリスンの奥様に横恋慕して、その想いを曲にしたんだそうです。薀蓄はこちら(ウィキペディア)へ。
 死ぬときはこれを聴きながら死にたいかも。ピンクフロイドも捨てがたいけど。

 こちらはオールマン・ブラザース・バンドのジェシカ。奇しくもどっちも女の子の名前ですね。



 デュアン・オールマンが早世したあとの、オールマンブラザーズのリーダー、ディッキー・ベッツの名曲です。

 そんな楽曲を物色していたら、こんなのを見つけました。
 なんとエリック・クラプトンと、オールマン・ブラザース・バンドが、セッションでレイラを演奏する海賊映像です。



 便利な世の中になったもんです。

 Beacon theater, NY on 03/20/09という説明書きがついてました。
 スライドギターはちっとも泣いていません。

 さてクラプトンといえば、もちろんCREAMですよね、トリオで演奏するバンドでは最高のグループではないでしょうか。

 Sunshine of Your Love



 ジャック・ブルースのベースのネックに挟まってるタバコ、若い頃から爺さんみたいだったジンジャー・ベイカー。

 1968年、ビデオのハンディカメラなんて無い時代ですから、おそらく16mmフィルムカメラのワンカメ押し。良い時代です。スイッチングも編集もいらない。

 おまけ。CROSSROADSです。



 2005年ロイヤル・アルバート・ホール。復活CREAMのライブですね。まさに現代風のカメラワークとスイッチング。

 ジャック・ブルースは椅子に座ってます。

 そして最後は、あのTHE BAND(すごい名前ですよね)のラストワルツのテーマ、エンディングの方です。


テーマ : YouTube Music Video  ジャンル : 音楽

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

RUSSIAN ROULETTE

 今朝の仙台、爽やかでこれ以上のツーリング日和はないのではないかという最高の天気。

R6249184.jpg

 時間がある人がほんとうに羨ましいです。
 早く定年よ、来い!!

 ロシアンカメラ、Zorki-4で撮った画像があがってきました。(最初の画像だけはデジカメです)

R6249123.jpg

 今回は通常のネガフィルム。

 右上が蹴られているのは、吉田カメラのチョンボでしょうか。とりあえずこのまま載せておきます。

000676270005.jpg

 何枚かの写真にこんな幻想的な光漏れ。十枚に一枚か二枚。

000676270004c.jpg

 撮影間、窓際に置いておいた間の侵入かもしれません。

000676270003.jpg

 7月に行った会津ツーリングの時も帯同しました。

000676270022mo.jpg

 磐梯吾妻スカイラインと浄土平。

000676270019.jpg

 一切経山の噴煙。

000676270016.jpg

 桶沼。

000676270017.jpg

 そして会津若松

000676270015.jpg

 新宮熊野神社

000676270012.jpg

 長床。

000676270010.jpg

 あてずっぽうな露出でも、写るもんです。

000676270014.jpg
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

佐藤千夜子は天童出身

 昨日の帰宅時。なでしこが勝利したのを確認したあとのビーノのメーター。

CA3A0008_20110905203827.jpg

 ストマジから買い換えて、たしかそろそろ一年なのに、419kmしか走っていない。TTなら一日でも走れる距離だ。
 バッテリーも上がるわけ。

 見ての通り、ガソリンもエンプティだったので、会社近くのスタンドへ。ガスを入れるのも3回目ぐらいかも。

 セルフなので、自分でノズルを突っ込み、しっかり握る。
 メーターを見ながら、ずいぶん入るなあと思った瞬間、イヤァーーな予感がして、バイクを見たら、案の定、盛大に溢れているレギュラーガソリン。

 なんでだよ!

 スタンドの兄ぃを呼んで、事後処理。
 車なら普通に働くストッパーが、バイクだと働かないことがあるのです。

 ずいぶん長い人生経験があるはずなのに、初めての経験でした。
 兄ィも、消防が見たら大変ですとか言いながら水で流したり、中和剤らしき粉を撒いたり大忙しでした。
 表の道路もプチ渋滞。

 ごめんねごめんね。ブログのネタ作りじゃないからねぇーー、ネタにはしたけど。

 ウエスを借りてバイクをぬぐい、5.58リットル(そんなに入らない)、809円をカードで支払い帰ってきました。
 バイクも靴もガソリン臭いっす。



 台風は遠くを通り過ぎてくれた日曜日の仙台。

 元気になったビーノに乗って昼飯屋探し。そうだあそこに行こう。

CA3A0008_20110904132204.jpg

 青葉区八幡。牛越橋北側にある小さなラーメン屋さん、らぁめん一番星。

CA3A0010_20110904132252.jpg

 前から気になっていたんです。

CA3A0024_20110904132204.jpg

 11:45頃に到着、5人並んでいました。ちょうど牛越橋の上りバス停前なので、雨が降っても大丈夫。

CA3A0011_20110904132203.jpg

 ちょうど15分待ちでカウンター席に案内されました。

CA3A0012_20110904132203.jpg

 カウンター席のみで8-9人程度しか座れない店、人数にかかわらず、並んだ順番に案内していました。

CA3A0014_20110905061718.jpg

 汁なし、油そばみたいなもんでしょうか。

CA3A0017_20110904132203.jpg

 想像していたよりも綺麗な店内でした。男子二名と女子一名でオペレーション。

CA3A0018_20110904132253.jpg

 らぁめん大盛を注文します。普通盛が150g、大盛が225gで+100円、特盛が300gで+150円です。つけ麺の場合はそれぞれ230,345,460g。

CA3A0019_20110904132253.jpg

 770円ですね。最近大流行の節系豚骨スープです。これもよく見かける小振りの丼。

 麺は、まるでつけ麺のような太麺弱縮れ、固めでした。んまい。

CA3A0021.jpg

 隣の人のつけ麺を覗いた限りでは、同じ麺のようでした。
 此処の良いところは、つけ麺スープが一回お代わり出来るところ。

 冷めやすいつけ麺スープの悩み対策で、好感が持てました。

CA3A0022_20110904132204.jpg

 食べログでも紹介されてます。

 店を出ると、大崎八幡で雀踊りがある日、渋滞してました。
 牛越橋から河原を見下ろすと、もう芋煮会のグループがちらほら。

 薪を燃やす香ばしい香りが漂って、うっとりさせられました。
テーマ : ラーメン  ジャンル : グルメ

Category: カメラ

Comment (6)  Trackback (2)

だんだん捨離

 9月17日に綿屋の稲刈りがあるそうです。
 痛風ぷりん体さんから誘われたのですが、この日はダメなんです。ごめんなさい。

 此のところ、カメラ好きの話題に上がるカメラと言えば此の三機種ですよね。画像は例によってデジカメWatch!から無断借用。センサーは三台ともAPS-Cサイズです。

 まずはあの3月に発売されていた、FujifilmのFinepix X100

15.jpg

 金属ボディに思い切った35mm相当オートフォーカスレンズ固定。
 一見距離計付きのようなファインダーは、光学式とEVFの切り替え式。

 まるでクラシックカメラファンがデザインしたようなカタチは秀逸です。発表会の記事
 金属部分の塗装がちょっとキラキラ(車のメタリック塗装みたいな)しすぎているのがちょっと気に入らない点。だけど一番好きな35mm相当の画角が◎。

 しかしこんなカメラは、Canon、Nikon、Sony、Panasonicには造れませんよね。

 続いてこれ。

 私も持ってる、RicohのGXR なんですが、注目はカメラユニットのGXR Mount A12という部分。

 カメラの操作部分、液晶モニターと電池やSDカード部分までが、GXRのボディ。
 レンズと、センサー及び処理エンジンが、言うなれば撮像ユニットとして分離可能なんですね。

007_20110903142349.jpg

 A12という、APS-Cサイズのセンサーに、50mm相当マクロ28mm相当の固定レンズをつけた二種類に、S10という、1/1.7インチセンサーに24-72mm相当のズームレンズをつけたもの、P10と言って、1/2.3センサーに、28-200mm相当のズームレンズをつけたものの4種類が販売されているのですが、上はなんと、ライカマウントのA12なんです。

 つまり、ボディと撮像ユニットそしてレンズという3ピーススタイルのカメラ。

 ライカのバヨネットマウントが付いたデジカメは、EpsonのR-D1、R-D1s、R-D1x、本家LeicaのM8、M8.2、M9、M9-Pしかありませんでした。EVFが付けられるカメラはこれだけ、しかもLive Viewで使う液晶モニターは3インチ。

 もちろんスクリューマウントアダプターをはめれば、M39のレンズも使えるので、家にたくさんあるレンズたちも使用可能なんですね。しかしもちろんピントはマニュアルのみ。

 最近目も衰えてきたので、メインで使うカメラはマニュアルフォーカスは辛いかなと思う今日この頃。

 良くこんなカメラを販売するもんです。今週9月9日発売。詳しいことはこちら

 そしてそして、11月11日発売予定のSony NEX-7

27.jpg

 Minoltaカメラの流れをくむSonyのレンズ交換式デジカメ。一眼レフベースのシリーズ(昔のミノルタαレンズも使える)と、ミラーレス一眼のNEXシリーズがあるのですが、この7はNEXで初めてファインダーを内蔵させたモデルなんですね、かっこいい。

 NEXシリーズは、小さくて可愛くてなんぼのカメラ女子向けの製品。
 SONYには、ミノルタαの流れをくむ一眼レフタイプの製品も多数存在するし、良くこんなマニアックなカメラを出してくれました。

 まぁ、数はそんなに売れないでしょう。
 マイクロフォーサーズと同じく、フランジバックが短いNEXシリーズ。
 マニアが、いろんなアダプターを介し昔のレンズたちを装着して遊ぶカメラですね。

 真面目に写真を撮りたければ、一眼レフのほうが良いと思います。

 そんな面白カメラが次々出てくる中、私が考えたのは、カメラの整理でした。
 クラシックカメラのコレクションは良いとして、モダンカメラがちょっと有り過ぎ、最近は操作を覚えられなくなって来てます。

 それで少し処分することにしたわけなんです。
 
s-R1056557_20110904053750.jpgs-IMG_0231.jpg
s-R1054908.jpgs-P1010047.jpg

 少し前に、Pentaxの*istDK10DGPK-x、RicohのGX100、NikonのD40は、売ったりあげたりして処分済みだったのですが、今度は、EpsonのR-D1sや、Olympus E-P1、Leica D-LUX3、FujifilmのFinePix F300EXR、Nikon F4そしてレンズも数本、処分済みか、査定中です。
 基本的にニコンのDXカメラとレンズは整理し、ミラーレスを除くデジ一は、Pentaxに集約します。

 ただ、5100の大きさのフルサイズセンサーデジ一が出てくれば話は別。

s-R1056439.jpgs-R1055199.jpg
s-R6248499.jpgs-R1056295.jpg
s-R6249023.jpgs-R6249022.jpg

 ほんの少し、LYNX☆さんの悟りの境地に近づいたような気がします。

 これだけ処分しても、M9-Pは買えないけど、上の三機種のどれか一台ならなんとかなるのではないでしょうか。
 楽しいな♪
テーマ : デジカメ  ジャンル : 写真

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2011