風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

無料に惹かれて

 なでしこジャパン、やりましたね。

R6249137.jpg

 アメリカの決定力不足に救われた感もありますが、とにかくタフでした。それだけプレッシャーをかけつづけていたということなんでしょう。

 サッカーが好きで好きでたまらない、楽しさに溢れていたなでしこ達、世界中の小さな少女たちがボールで遊びたくなったことでしょう。

 さて連休の中日、日曜日は、東北道に乗って南へ向かいました。天気は良さそうです。
 下り車線が何故か大渋滞していましたね。

P7170334.jpg

 まずは、福島県との県境にある、国見SAで朝飯。

 高速グルメネタにはよく登場する国見SAのレストラン峠、さすがに朝定食だけでも、五種類もあります。

P7170333.jpg

 納豆と温泉玉子をチョイス出来るのも、いいですね。

 私は、おにぎり定食。

P7170337.jpg

 でかい豚汁が付いてて、朝にはちょっとボリューム高し。

 福島飯坂ICを出て、山へ向かいます。

P7170339.jpg

 磐梯吾妻スカイライン。

P7170341c.jpg

 16日から無料開放中なんですね。これは嬉しい。

P7170346.jpg

 それだけ観光客不足ということなんでしょうか。

P7170348bo.jpg

 毎度ぼったくり感を感じる、浄土平の駐車場も無料。

P7170350c.jpg

 高原なのにちっとも涼しくない浄土平を少し歩きました。

P7170355.jpg

 中高年の登山者も結構来ていました。

P7170353.jpg

 ほとんど干からびたような湿地帯。黄色い花はニッコウキスゲでしょうか。

P7170351.jpg

 スカイラインを挟んで反対側の、桶沼。

P7170357.jpg

 最高地点、標高1622m。今回も撮影できました。

P7170365.jpg

 そして一気に山を降りて、これまた無料開放中の、磐梯吾妻レークライン。

P7170367.jpg

 こちらの最高地点は、997m。

P7170368.jpg

 荒々しい磐梯山が見えてきました。

P7170370.jpg

 諸橋美術館で休憩です。

P7170390.jpg

 収蔵品が少し増えたようですね。

新収蔵初公開

 ゼビオ、儲かってるんだな。

 磐梯山。

P7170379.jpg

 癒される場所です。

P7170380.jpg

 浜通りから避難されている方は、証明書提示で無料のようでした。

P7170384.jpg

 そして此処も無料開放中の、磐梯山ゴールドライン。初めて走ったかも。

P7170391c.jpg

 バイク族たちも、大勢来ていました。熱いだろうなぁ。
 これまた磐梯山。

P7170392.jpg

 磐梯吾妻スカイライン1570円+浄土平駐車場410円+磐梯吾妻レークライン930円+磐梯山ゴールドライン730円=合計3640円。なかなか普段は出来ないゴージャスなルートを楽しみました。

 ETC休日割引上限1000円は終わってしまったけど、福島、頑張っています。
 是非走りに行って、美味しい物を食べてきてください。
テーマ : 福島県  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

谺でしょうか、いいえお囃し

 東北六魂祭が開かれていた土曜日、西公園からはすずめ踊りのお囃子が賑やかでした。

 朝一番で、かかりつけの内科に行き、降圧剤と胃薬を処方してもらい、薬局でゲット。

 そして空には再び飛行船。

P1010216al.jpg

 スヌーピーが運転しているようです。

P1010221al.jpg

 飛行船は熱いと浮力は下がるのかな。

 昼飯は堤通雨宮町の置賜屋です。あついもん。

 正午に着いたのですが、ほぼ満席、カウンター席の隙間にはまり込んだあとも、高回転ながらほぼ満席状態でした。熱いラーメンの人と冷やしの客と半々くらい。

CA3A0005_20110716134657.jpg

 冷やしラーメン650円+大盛100円。

CA3A0001_20110716134656.jpg

 麺は常温なので、かき回して氷で冷やしながらいただきます。

CA3A0003_20110716134656.jpg

 夏はこれでしょうか、山形人は一年中、いつでも、誰でも。

 夕方は歯医者です。いろいろ削られて埋められて終了。
 東北六魂祭に行こうかと思っていたのですが、ミヤテレの中継を見たら、異常な人出で、オドゲデナイ(って言うのかな)状況だったのでやめました。

 ねぶたも実物より小さかったし、ちょっと好みのタイプじゃなかったので。
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

豊醇濃厚脳蜜な香り

 前週に栗駒一迫で買ってきた百合の切り花が満開になりました。

R6249134.jpg

 モミジのようなサイズの私の掌よりずいぶん大きな大輪です。

P7160327.jpg

 濃厚な香りはどうも雌しべから発せられているようです。

P7160328.jpg

 話は変わって、6月のキャンプの時、私に足りなかった装備をゲットしました。何故か画像がNG、カードエラーでしょうか。

P7160325.jpg

 928円のLEDヘッドライトです。

P7160326.jpg

 明るさが三段階で変えられる優れものです。防水みたいだし、これは安い。

 写真撮影の補助ランプになるし。

R6248887c.jpg
テーマ : ■お花が好き♪  ジャンル : 趣味・実用

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

クラシックカメラマン109

有村智恵、ワンラウンドで、アルバトロスとホールインワン、凄いですね。仙台の東北高校出身。

 海外からこんな包みが届きました。

R6249035.jpg

 ウクライナからです、久しぶり(以前のお取り寄せはこちら)。

 もちろんカメラですね。

 モスクワ近郊のクラスノゴルスク市にあるKMZ社が作った、Zorki 4と言うカメラです。ゾルキ。

R6249123.jpg

 ロシア(当時はソ連か)国内向けなので表示は全てキリル文字、前面のロゴは、ЗОРКИЙと書いてあるそうです。

 ドイツに住んでいたころも一台持っていましたが、それはこんな外観。(某HPより拝借画像)

pic03.jpg

 アルファベット表記でした。輸出用。国内向けは原産国表示もありません。

 ロゴはどっちでもいいけれど、機能表示までキリル文字だと、使いにくいですね。

R6249130.jpg

 意味がわからん。

 ライカスクリュウマウントの、レンジファインダーカメラ。だからライカのレンズも使えます。

R6249126.jpg

 私の生誕年である1956年から、1973年まで18年間に170万台以上生産されたカメラです。これは1963年製。
 
R6249125.jpg

 レンズ名はジュピター8と読みます。1964年製です。

R6249127.jpg

 ツァイスSONNARのデッドコピーと言われています。調べたら、うちにあと3本もありました。

 布幕のフォーカルプレーンシャッター。

R6249128.jpg

 変な場所に鋳物が使われていたりします。

R6249129.jpg

 ロシア製にしてはちょっとアメリカンなデザインの革ケースマーク。

R6249037.jpg

 ちょっとルーズなサイズがトホホですが、綺麗なケースです。

P7130323.jpg

 とは言え、美しいデザインのカメラです。

R6249124.jpg

 ライカⅢgとツーショット。

R6249136.jpg

 使ってみなくちゃ。
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Category: 空花鳥風月雲

Comment (6)  Trackback (0)

見上げてごらん

571px-Dianthus_superbus_5.jpg

 ナデシコ(なでしこ、撫子、瞿麦)はナデシコ科ナデシコ属の植物、カワラナデシコ(学名: Dianthus superbus L. var. longicalycinus)の異名。またナデシコ属の植物の総称。秋の七草の一つである。蘧麦(きょばく)。

 「撫でし子」と語意が通じることから、しばしば子どもや女性にたとえられ、和歌などに多く参照される。古く『万葉集』から詠まれる。季の景物としては秋に取り扱う。『枕草子』では、「草の花はなでしこ、唐のはさらなり やまともめでたし」とあり、当時の貴族に愛玩されたことがうかがえる。また異名である常夏は『源氏物語』の巻名のひとつとなっており、前栽に色とりどりのトコナツを彩りよく植えていた様子が描かれている。

 ヨーロッパではフランス南部及び東部に自生していたディアンスス・カリオフィルスが15世紀頃から栽培され始めたものがカーネーション(Dianthus caryophyllus)の元とされる。17世紀にはイギリスで多数の品種が生まれ、オーリキュラやチューリップ等と共にフローリスツ・フラワーの一つとして大きく進展を見た。19世紀の主流は「ショウ・カーネーション」で、これは花弁の縁の鋸歯をなくし、幾何学的な整形に近づけたもので、現代のカーネーションとは異なっている。その後フランスのダルメイスが「パーペテュアル系」を1840年に作出、また1857年に同じくフランスで「マルメゾン系」が生まれ、これらが現代の営利用カーネーションに繋がっている。またカーネーションは江戸時代中頃までにオランダを通じて日本にも伝来している。(
以上ウィキペディアから引用、画像も)

 いやぁ、昨日のなでしこは本当に強かった。
 ドイツ戦ほどパス回しにこだわらなかった戦術も良かったのかも。
 アスリートとしての質がヨーロッパ娘たちとは違いました。

 決勝でも溌溂とプレーして欲しいものです。楽しみ。
 鮫島と熊谷は、仙台の常盤木学園出身です。

 夕焼けが綺麗だったのは、火曜日。
 仙台の鉄塔、震災以来ライトアップはずっとストップしたままですが、空が綺麗なときは無いほうが良いですね。

CA3A0001 (16)

 昨日は雷がひどかったのと、早起きしたせいで、午後眠かったので、屋上で観天望気。
 ボコボコ落雷している割には、黒い雲はなくて、普通の空模様でした。

CA3A0003 (12)

 夏の空です。いいなぁ、夏。

CA3A0005 (5)

 ただこのところ、また地震が増えてきました。いやだなぁ。

 昨日早く寝たせいで、今朝も4時には目が醒めてしまい、ベランダで深呼吸。

 と。

P1010208.jpg

 満月が出てるじゃありませんか。

 カメラを片手に、のんびり落月を楽しみました。これはちょっと手ぶれ。

P1010211_20110715042015.jpg

 Early bird gets the moon. 

P1010213.jpg

 さて連休ですね。
テーマ : 日々のつれづれ  ジャンル : 日記

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

4ヶ月経ってやっと......まだ

 7月11日。

 これまで怖くて足を踏み入れられなかった津波の被災地へ、初めて車を走らせました。
 仙台東部道路から、三陸道を東進、荒井から高砂、仙台港から多賀城あたり、海側は被害が大きかったのですが、高速からだとよく判りません。

 もちろん路面は段差多数、仙台港北の出口手前がずっと渋滞でした。被災証明書渋滞でしょう。

 そこからはほぼ平常通り、利府から松島、鳴瀬、矢本を抜け、石巻港ICで高速を降り、海沿いへ向かいました。

 悲惨な新日本製紙の主力工場。それでも瓦礫はかなり片付いていました。

R6249061.jpg

 もっともただ自動車や瓦礫が、積み上げられているだけの空き地も多数、海沿いに並んでいます。
 道路は波打ち、信号機もまだ瞳を閉じたまま。要所要所は警官が手信号で頑張っていました。

 南浜町から日和大橋、魚町、人が生活しているあとがない家々が多数、重機やダンプが行き交っていました。

 下の写真で、右手、電柱の向こう側が瓦礫の山です。

R6249064.jpg

 木の屋石巻水産のタンク、ちょうどグリーンベルトまで流されてました。 

R6249066.jpg

 モニュメントとして残されるのかも。

 国道398号線に合流して、渡波あたりまで来ると、やっと営業している商店や食堂がチラホラありました。
 コンビニで弁当と飲みものゲット。

 元通りに見える万石浦と、廃線のようにレールが錆びた石巻線の軌道を右に眺めながら走ります。

 石巻鮎川線は通れるという話だったのですが、コバルトラインは誰も試していないみたいだったので、あえてこの日はコバルトラインへ曲がります。

R6249068.jpg

 カーナビには通行止めマークが出ていたのですが、難なく(と言っても路面はボコボコ)走れました。
 路肩がかなり下がっている場所が多いので、中継車だと怖いかも。

R6249071.jpg

 女川湾を一望できる、大六天駐車場で一休み、昼食です。

R6249069.jpg

 10年ちょっと前、仙台に引っ越してきてすぐにドライブに来た牡鹿半島、当時驚かされた碧くて美しい海の色はそのままでした。

女川湾

 旧牡鹿町に入るところから先は通行止め。
 東側の海岸沿いに降りていきます。

 道路脇の僅かな空き地に数軒ずつ、仮設住宅がありました。
 野々浜のガソリンスタンド。

R6249078.jpg

 海に浮かぶ漁船以外、家も作業場も民宿も何も残っていませんでした。
 地盤沈下で、埠頭も水浸し。

R6249076.jpg

 飯子浜、ここでもタンクがなぎ倒されています。

R6249079.jpg

 漁具がたくさん電柱や木々に引っかかっているのが、涙を誘います。

R6249080.jpg

 そして小屋取浜。悲惨です。

R6249091.jpg

 美しい海には癒されますが、4ヶ月も経っていると言うのに、まだ道路の瓦礫が寄せられて、車が走れるようになっているだけ。

R6249085.jpg

 復興はおろか、復旧の手が、リアス式海岸の谷に張り付いた小さな集落まで及ぶのに、何年かかるのでしょう。

R6249096.jpg

 中央の金と力で、一気に大工事を行われるよりは、できるだけ地元の人と気合で、少しづつ生活できるところにしていく、それが東北の人たちには合っているように思ったりもするのですが、人生には限りがあります。

 とにかく、未来をあきらめるものにさせてはいけませんね。

R6249112.jpg

 女川原発PRセンターの敷地内にも仮設住宅や、避難されている方々のためのシャワー設備などがぎっしり並んでいました。
 震災直後から体育館も避難場所になっていました。

 帰りは、女川牡鹿線、海沿いを走って女川の中心部へ、さすがに瓦礫はどこかへ運ばれて、土台だけの街になっていました。地盤沈下のせいか、マリンパルも水に浮かんでいるように見えました。

 車を停めて写真を撮ることもためらわられ、万石浦から井内に抜け、やや渋滞気味の石巻市内を通って、石巻河南ICから三陸道。

 この日、梅雨だけは明けました。
テーマ : 東日本大震災  ジャンル : ニュース

Category: 生活

Comment (4)  Trackback (0)

暑かった日曜日。

 東北地方は月曜日梅雨明けしました、科学的な裏付けは薄く、なんで官庁がそこまでやらなければならないか、良くわからない梅雨入り梅雨明けの発表ですが、桜の開花時期と同じように、そのうちやらなくなるかもしれませんね。

 東北地方の今年の梅雨はたったの20日。それも最後の方は酷暑続きでしたから、たぶん秋にまた変更があるんでしょう。変更するぐらいなら、やる意味はありません。

 そんな日曜日の朝。

R6249038.jpg

 早起きして、なでしこジャパンが、VWの城下町でゲルマン娘たちをねじ伏せた試合に熱狂。
 梅雨っぽい週末の予定だったのに、どうも天気良さそうってことで、このあと栗原へ出かけたのでした。

 百合と野菜を買って帰宅し、お昼。相変わらずセルが回らないビーノでお出かけ。

PA0_0002_20110712051217.jpg

 前にも一度だけ来た、魯杜です。

PA0_0009_20110712051217.jpg

 特製ろとつけめん。例によって半ライスと小ぶりの生玉子がサービスです。

PA0_0007_20110712051216.jpg

 冷熱ですが、熱熱も注文可能。

 ボケてますが、太めでツルツルの麺。汁にも半熟玉子が入ってました。

PA0_0003_20110712051216.jpg

 街に飛行船。

P7100316.jpg

 こちらは「街と飛行船」懐かしいでしょう。放送禁止になった歌詞のヴァージョンです。



 午後はソファーで昼寝しつつ野球観戦。エアコンは我慢で、新兵器の扇風機が活躍。

R6248662.jpg

 スワローズは秋田でタイガースをシャットアウトしたけど、イーグルスは旭川でファイターズにサヨナラ負け。

 夕方ニュースを観て、風呂に入って、またまた楽しいひととき。

R6249052.jpg

 普段あまり自宅では呑まないビールなんですが、今年は多いような気がします。これはいただきものなんですけど。

R6249057.jpg

 で、一迫でもとめた百合の切り花。

R6249059.jpg

 咲き始めました。花が開くと濃厚な香りが漂い始めます。

R6249114.jpg

 さて明日の朝はなでしこの準決勝。Volvoをチャイニーズに売っぱらった国も蹴けちらしましょう。
テーマ : 日々の出来事  ジャンル : ブログ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

リリーといえば浅丘ルリ子

 夏が来ました、一番好きな季節です。

 一応梅雨明け前だった日曜日は、車検上がりのTTでひとっ走り。東北道を北へ。
 長者原SAで朝食です。

P7100250.jpg

 朝7時を過ぎていたので、レストランで朝の和定食を食べることが出来ました、650円。
 納豆はミニ藁苞入り。

P7100249.jpg

 そしてこの朝、向かったのは、栗原市一迫の、ゆり園。

P7100260.jpg

 今年は震災の影響で、球根を、十分な数仕入れられなかったということで、作付面積も通常の半分ほど(一昨年の様子はこちら)。そのかわり、通常は650円の入場料が無料になりました。

P7100256.jpg

 協力金のお願いがあったので、一応協力します。

P7100257.jpg

 画像の色を見てもわかるかと思いますが、この日は真夏日。朝9時前だと言うのに、ものすごい暑さです。

 百合たちも妖艶、ルリ子さんのようですね。

P7100259.jpg

 一応園のホームページによれば、満開時期の最終日。

P7100271.jpg

 一昨年と較べると、ゴージャスな品種よりは、比較的可愛らしい花が多かったような印象です。

P7100265.jpg

 甲高いエンジン音に、空を見上げると、モーターパラグライダーでした。

P7100262.jpg

 気持よさそうだけど、上だって熱いんでしょうね。

P7100267.jpg

 地上も汗だく、首から下げたカメラに汗が滴り落ちます。

P7100273.jpg

 そして場内にはほとんど日陰はありません。

P7100268.jpg

 カメラのストラップも、汗を吸ってびちゃびちゃ。

P7100278.jpg

 百合と雑草が混在している部分は、震災後雑草の刈り取りさえ出来なかった部分なのでしょう。

P7100283.jpg

 今回の機材は、オリンパスのE-PL2 + Lumix G 20mm/F1.7です。

P7100292.jpg

 園内には紫陽花もあります。

P7100280.jpg

 山百合は(たぶん)まだでしたが、こんな花も。

P7100285.jpg

 なんでしょうね。こちらは、小百合さんのイメージ。

P7100288.jpg

 切り花を一束買い求め、同じ一迫の山王史跡公園へ移動します。

P7100306.jpg

 引き続き、猛暑。誰も外を歩いていません。

P7100300.jpg

 隣接するあやめ園。

P7100305.jpg

 一応行ってみましたが、人もいないし、花も終わってました。

P7100302.jpg

 産直野菜を買って、また移動です。

 震度7の爪痕がまだまだたくさん残る栗原市内の道路、橋の上で一旦停止、ちょうど下の写真を撮っていたら、やや大きな揺れがありました。9:57AM。

P7100308.jpg

 震度は4でしたが、津波注意報が出たのでした。

 帰り道に化女沼に行ってみました。

P7100310.jpg

 周りの道路はボコボコ。

P7100309.jpg

 仙台市内は恵まれていると思いました。
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: Car & Bike

Comment (0)  Trackback (0)

収まるトコロに

 なでしこジャパン、やりましたね。昨日は早く寝たせいか3時に目がさめたので、試合全部見られました。
 これまで代表選で日本がドイツに勝ったのは初めてではないでしょうか。

 ドイツのフロイラインたちは、あまりテクニックはありませんでしたね。

 金曜日の夜、TT(ドイツの会社だけど、たしかハンガリー製)が七年目の車検から帰ってきました。

TTrotationc.jpg

 なんだかんだ込みで20万円、ずいぶん値切ったけど、やっぱり高いな。

 というのも、カーナビの交換移設費用が約3.5万円入っているのです。
 移設後。ナビはカロッツェリアのエアーナビです。

P7100251.jpg

 古いDVDナビ、楽ナビを取り外して、モニターの付いていた場所に、グローブボックス内に無理やり付けてもらってたオーディオを移設してもらったのですね。暇なら自分でやるんだけど。

DSC03260.jpg

 移設前。

PA0_0002_20110609052029.jpg

 グローブボックス、穴埋めされてます。

P7100312.jpg

 これまでは楽ナビのインダッシュモニターの奥行きのせいで閉じられなかった、TTマークのアルミオーディオカバーが、納車以来初めて閉められるようになりました。

P7100252.jpg

 納車時にセンターから右端に動かしたハザードスイッチ、元に戻すのを頼み忘れたら、そのまんま。
 気が利かないディーラーだ。

TTmirror.jpg

 外してもらった古い方の楽ナビです。

R6249041.jpg

 昔のナビは、高かったわけですね。
 10年ものの楽ナビ、使ってみたい方がいらっしゃいましたら差し上げます。まだまだ完動品です。
テーマ : アウディ  ジャンル : 車・バイク

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

初気仙沼鰹

 昨日は朝から蒸し暑い日でした。ついに禁断のエアコンをスイッチオン。
 午前中はマンションの理事会に出席、結局今回の震災では、ほとんど被害はありませんでした。

 昼前にいつもの床屋で散髪。
 待合室の椅子が、いつもどおり看板猫に一つ占領されていました。

DSC03324.jpg

 前回会ったときは、犬と喧嘩して鼻面にあった傷も癒えています。

DSC03326.jpg

 そんな事あったかニャー。

 夏バージョンの髪になって、広浦で昼飯です。

DSC03333.jpg

 気仙沼産、カツオ丼、750円。漬け丼になります。

DSC03335.jpg

 美味しい。

 隣りの鈴木水産へ。

DSC03337.jpg

 もう岩牡蠣の季節なんだ。

DSC03336.jpg

 結局ホヤと、鰯の刺身を買って帰宅。

 夕方は歯医者へ。ビーノで行こうと思ったら、セルが不調、慌ててバスで八幡前まで行きました。
 帰宅してキックでかけたら、普通にかかるので、バッテリーではなく、セルモーターそのものが調子悪いみたいです。

 スワローズと、イーグルス、ベガルタは全て負けでした。あとはなでしこ。頑張れ。
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ

Category: スポーツ

Comment (4)  Trackback (0)

人に歴史あり

 9月に高校のクラブ、軟式テニス部がOBOG会をやるというので、昔の写真がほしいと幹事から連絡。

 今朝は早朝から発掘作業でした。

DSC03338.jpg

 まずは1972年8月の合宿、長野県富士見町です。村だったかな。

1972富士見合宿2

 合同合宿と言って、硬式野球部やバスケットボール、硬式テニスといったメジャーなクラブ以外がまとまって行く合宿なんです。

 翌年、1973年、二年生の時、一番しごかれた年でした。

1973富士見合宿

 毎朝八ヶ岳に向かって坂道を持久走。

 1974年は、一応受験ということで合宿は不参加、これは卒業式後、追い出しコンパの日なんですが、実はこの日に二期校の入試合格発表があり、ほかは全部落ちていたけど、その日発表の大学だけ唯一受かったのでした。

 晴れ晴れとした顔をしています。ちなみに右下の方で潰れそうになっているHくんは、同じ大学を落ちました。

1975追いコン3

 一番右のIくんは北海道在住だけど、今は仕事で気仙沼駐在だそうです。ご苦労様です。ありがとう。

 下はその年、1975年の合宿です。場所は同じ。合宿前後の夏休みも、高校のコートに通い、運動不足を解消していました(遠い目)。

この縁側がある建物はOB用の宿舎です。

 夜に騒いで、よくとなりの剣道部OBに怒鳴られました。竹刀対ラケットじゃちょっと分が悪い。

1975富士見合宿1

 1976年はいろいろ有ってパス、1977年8月の合宿です。大学3年の年。

1977富士見合宿1

 このころの夏休みはバイトとテニスの日々。帰りに東口の中華料理屋や、ションベン横丁の焼き鳥屋でビールを飲む日常でした。

 そして1978年、こちらか生徒が寝泊まりする建物。後ろは南アルプスの方向かな。

1978富士見合宿5

 この年は夏休みも研究をサボって、指導に行っていたので、打ち上げにも参加。私以外はみんな現役高校生ですね。

1978夏練打上4

 後ろの森は新宿御苑です。たまにボールを取りに不法侵入してました。

 そして1979年、社会人になっても合宿には行ってました。たぶん数日だけ。

1979富士見合宿1

 当時はジーパンも28インチだったなぁ、今は32か33だよ。

1979富士見合宿5

 たぶん軟式テニスをやったのはこの年あたりが最後、大学の体育の時間で初めてプレーした硬式テニスがその後は主流になり、ドイツ時代も細々続けたのでした。

1979富士見合宿7

 試合中も練習中も結構やかましい学生の軟式テニス。硬式のほうが上品ですね。

1979富士見合宿9

 50枚ほど発掘して、幹事にメールで送りました。
テーマ : テニス  ジャンル : スポーツ

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

我が家の後家たち

 今朝は地震で目覚めました。

 夕べはスワローズもイーグルスも一点差勝ち、特にスワローズ、なんだか良い感じです。ジャイアンツが弱いおかげもあるけど、快走中。

 デジタル一眼レフカメラを作っているメーカーはいろいろありますが、マニュアルフォーカス時代から、基本的に同じレンズマウントをキープしているのは、ペンタックスとニコンだけ。

 現代のカメラマンにはあまりメリットはないかもしれませんが、いにしえのレンズが最新のデジカメにそのまま装着できるのは、クラシックカメラマンにとっては楽しいオプションなんですね。

P1010046.jpg

 それでそのマニュアルフォーカス時代のニコンレンズが付けられるデジイチということで、中古で購入した上のD40(これが小さくて、手にぴったりフィットするいいカメラでした)をしばらく所有していたのですが、正直あまり使わないので、仙台に移住してきた弟家族に、標準ズームレンズごとプレゼント。

 そうしたら、ニコン用レンズが余ってしまいました。R6249022.jpg

 古いレンズを楽しむはずのカメラだったのに、後からレンズを買い足していたのでした。マニアの間では沼にはまった状態と呼びます。

 なんとなくもったいなくて、一緒にあげられなかったんですね、ケチ。

 D40が無くなると、我が家に唯一残るニコンのAFカメラは、F4

R6249023.jpg

 もちろん装着は可能です。しかし、後家のレンズ二本は、DXマウント専用、いわゆるAPS-Cサイズ用なんですね。だからF4につけると画面の四隅が蹴られてしまうんです。

 このままでは装着するカメラがありません。

R6249025.jpg

 手放すべきか、悩みます。別になくても困らないのは確か。

R6249024.jpg

 D5100の陰が脳裏にちらついています。

 ところで、基本的に互換性があるニコンレンズマウントなんですが、撮像サイズの違い、FX(フルサイズ)かDXかの違いに加えて、レンズにCPUを内蔵しているか否か、そしてオートフォーカスレンズの場合、モーターを内蔵しているか否かについても、注意する必要があるんです。

R6249026ya.jpg

 上の画像で、赤い矢印が示しているのが、モーターの駆動軸。これがあるレンズは、カメラ側にモーターが内蔵されているモデルでしか、AFが効きません。

 また、CPUが内蔵されていないと、D40では、AEが効かないのです。複雑で底深いニコンレンズの沼です。

 NIKONカメラのINDEXは以下。
 S2  SP  S3  Nikkorex F   F   Nikomat FTN  F2 Black  F2 Photomic   Nikomat EL  F3   FG
 Nikonos-V  FE2  FA   FG-20   35Ti    F4  Coolpix 5000  D40
テーマ : デジタル一眼レフ  ジャンル : 写真

Category: Car & Bike

Comment (0)  Trackback (0)

メガネは必ず複数形

 昨日の夕焼けは綺麗でした。
 会社からの帰り道、ビーノを転がしながらたっぷり楽しめました。

 月曜日の夜、アウディのセールスマンがTTをピックアップに来ました。
 7年目の車検です。

 なんだか高い見積もりを持ってきたので、バッテリーは一年前に交換しただろとか、本当に交換する必要があるものだけ交換しろよ、と某前大臣のような上から口調で指示をして引渡し。

 まぁ敵は新車を買って欲しいんだろうな。それで新車の話題。

 どこかの自動車情報サイトから無断引用の画像です。なかなかかっこいいなと正直思いました。

m001_s.jpg

 ルノー・メガーヌ・ルノースポール。ルノーが二回出てくるしつこい車名です。

m005.jpg

 画像からだと私好みの小さな車を想像していたのですが、幅が1850mmもある立派な車でした。

m020.jpg

 で、このメガーヌ、スペルはMEGANEなんですね、どういう意味なんだろう、最近の検索エンジンは、MEGANEって入力しても、メガネまで検索してしまい、逆に使いにくかったりもするのですね。 

top_bnr01.jpg

 そのようなわけで、火曜日、会社帰りに先日発注した新しい遠近両用メガネをピックアップしてきたのでした。

R6249018.jpg

 約5gと超軽量のこのメガネフレーム、ヒンジまで省略されているんです。

R6249019.jpg

 ケースに入れるときもつるを折り曲げるように押し込む感じ、ま、ケースなんて使わないけど。

 オーソドックスなデザインです。
 10年ぐらい前までは、ある程度レンズの高さがないと遠近両用を作れなかったのですが、最近はこんなスキニーなデザインでも老人用にしてくれます。

R6249021.jpg

 ただし、特に左右方向、ベストフォーカスが得られる角度はかなりピンポイント、その点は大きなレンズのメガネのほうが重いけど楽です。

 昔親父が掛けてた、二重レンズの両用メガネが懐かしいです。
テーマ : 新車・ニューモデル  ジャンル : 車・バイク

Category: 美味いもん

Comment (5)  Trackback (0)

沖縄 盛岡 そして智利

 節電という言葉を聞くたびに考えることがあるのですが、特に夏場、家庭で一番活躍しているのは冷蔵庫ですよね。中を冷やす代わりに背面から熱が出る、これは室内の気温を上げ、これを下げるために別の冷房機器を使う、これって無駄ですよね。
 エアコンの室外機のように初めから外に熱を出す、または給湯用に水をあっためる冷蔵庫って作れないのでしょうかね。もっと言えばエアコンと給湯器と冷蔵庫って一体化すれば効率が上がるのでは?
 そういう製品ってないのでしょうか。

 日曜日、何処にも出かけず、ゴロゴロしていたので、昼飯は近場です。

DSC03323.jpg

 毎度おなじみ与那原家。女子会のポスターが気になります。ちなみに私の自転車ではありません。

DSC03316.jpg

 週末の昼は、お姐さんがひとりで頑張っている与那原家、いい雰囲気です、もちろん沖縄んソングがBGM。

DSC03318.jpg

 先日試食させてくれた冷麺を食べに来たのでした。

DSC03319.jpg

 かなり固めで、シコシコ腰がある麺、蕎麦粉を使っていない盛岡冷麺タイプ。

DSC03321.jpg

 全く沖縄料理ではないのですが、美味しかったです。

DSC03320.jpg

 断面が円形で珍しいかなと思ったのですが、盛岡はみんなそうでしたっけ?

 帰りに向かいのコンビニで買った白ワイン、チリ産ですが何故かラベルにバイシクル。

R6249006.jpg

 何気に自転車が気になる今日この頃なのでした。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

カレーにしては、高いかな

 復興相と宮城県知事の会談(なんと、もうすぐ100万ヒット)が、さまざまな番組でワンパターンなスタイルで放送されています。
 確かにひどい話でしたが、世界中から善意の支援が集まっている一方で、彼のように考える人も少なからずいるということを、東北の私たちは、理解しておくようにということなんでしょうね。

 土曜日の昼飯。

CA3A0001_20110703181704.jpg

 交通局のバス駐車場横にある、札幌スープカリー Curry&Cafe SAMAです。二回目。

R6249001.jpg

 佇まいはちょっとファストフード風ですが、単価は結構高めです。

R6249002.jpg

 前回は、あっさりスープのベジタブルカリーでしたが、今回はトマトスープのポークカリー。

R6249003.jpg

 辛味4番(大辛) 960円+ライス大盛100円。美味しいです。

 とても一口では食べられない大きなポーク角煮がふた塊。豚の脂身って、カレーに合うんですよね。毒。

R6249004.jpg

 辛さは丁度良かったけど、量は多すぎ、結構腹ペコで行ったのに、やっと完食という有様でした。胃が小さいのかな。

 このあと野球中継を途中まで観て、毎週末に通っている歯医者へ。
 待合室で続きを観て、修理続行。おまけに歯石取りも。

 まだまだ終わりそうにありません。梅雨明けまでには終えて欲しいものです。

 その後、夜の酒肴をもとめて鈴木水産へ。

 天然ホヤ、青森産が一個525円に対して、宮城産は315円。例年並みの値段だけどちょっと小さいかな。

DSC03314.jpg

 もちろん養殖物は皆無です。

 気仙沼カツオ入荷の表示はあったけど、冷蔵ケースにはタタキしかなかったので、選んだ肴がこれ。

R6249005.jpg

 まぐろの切れ端。赤身からトロまで混じっててひと舟500円。旨いんだなこれが。
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2011