風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

クラシックカメラマン108

 今日紹介するのは、こんなカメラ。ZEISS IKONのロゴが目立ちますね。

P6250237.jpg

 ポケットにも入るようにいろんなモノが折りたたまれています。

P6250238.jpg

 普通のカメラならシャッターがあるところに付いているボタンを押すと、シャキーーン。

R6248981.jpg

 いいなぁ、このメカとレンズ、全体的な調和感。工業デザインを超えた、芸術作品ですね。

 スーパーイコンタ531というカメラです。
 1934年から戦争を挟んで1950年代なかばまで、ドイツで生産されたモデル。

R6248985.jpg

 生産国表示は英語とフランス語併記です。

 右の四角い窓がファインダー、左下の小さな丸窓が距離計レンジファインダーです。

P6250233.jpg

 シャッターボタンは左手側。普通のカメラとは逆ですね。

 レンズ左上のリングがピント調整。これを右手で回すとその上にある丸いガラス板、ドレイカイルと呼ばれる回転式プリズムなんですが、これが連動して回ります。

P6250230.jpg

 距離計の片方の窓へまっすぐ入ってくる光と、この回転プリズムを通して屈折してもう一方の窓へ入る光、二つの像が一致するようにピントを合わせると合焦するという仕組みなんです。

P6250225.jpg

 蛇腹の先に取り付けられたシャッターメカニズムとレンズ。一体的に前後してピントを合わせるんですね。
 ちなみに、ピントという単語はオランダ語のようです。

 この個体は、feet表示なので、米英向けに作られたものなんでしょう。

P6250235.jpg

 フィルムサイズは、6x4.5cm。
 6x9cmのスーパーイコンタと区別するために、通常はスーパーセミイコンタと呼びます。

P6250234.jpg

 今でも買える120タイプと呼ばれるロールフィルムを使うのですが、戦前は6x4.5用の枚数表示がなかったそうで、6x9用の表示が左右の二つの窓に交互に現れるように使ったそうです。

 Zeiss Ikon Filmなんて当時はあったんですね。

P6250241.jpg

 いろいろ調べてみると、この個体には二重撮影防止装置も付いているし、スーパーセミイコンタIII(Super Ikonta 531、1937年発売)に分類されるようなんですが、ウィキペディアによれば、このモデルは二つ窓ではなく、一つ窓のはず。謎です。

R6248984.jpg

 レンズメーカー名が、Carl Zeiss Jenaになっているモデルは、戦前~1954年までの旧東独地域にあるイエナ製だそうです。

P6250243.jpg

 米英向けのfeet表示ということもあるし、1950年前後の製造でしょうか?

 大きなカメラに見えるかもしれませんが、実際は普通の一眼レフと同じ程度。

P6250239.jpg

 畳んだときは、その一眼レフのレンズ無しボディ程度になってしまいます。

P6250240.jpg

 同じドレイカイル式距離計を装備した35mmと6x6版カメラの紹介はこちら
 私のカメラコレクション、紹介記事の索引はこちらです。ご意見ご感想お待ちしております。
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2011