風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

アンコより麺

 土曜日は、歯医者に行こうと思ったのですが、朝一で電話したら予約でいっぱい。
 結局来週の予約をして、手持ち無沙汰に。

 それで、そうだあそこに行ってみようということで、最近木町通に開店したお店。

CA3A0001_20110613042902.jpg

 出来たときには。蕎麦屋かなと思ったのですが、なんとどら焼き専門店なんです。

 ankoya。名掛丁センター街にもお店があるのかな。

 四角いどら焼き。パン屋さんみたいにカウンターに並べられています。BGMはジャズ。

CA3A0002_20110613042902.jpg

 自分で籠に入れて持っていくスタイルです。
 種類は「あんどら」「もちどら」「ばたどら」「いもどら」の四種類。

 ウィキペディアによると、どら焼きの名は一般に、形が打楽器の銅鑼(どら)に似ることからついたという説が有力である。しかし、異説として次のようなものもある。

 曰く、武蔵坊弁慶が手傷を負った際、民家にて治療を受けた。そのお礼に小麦粉を水で溶いて薄く伸ばしたものを熱した銅鑼に引き、丸く焼いた生地であんこを包み、振舞ったことが起源という。
 この他にも様々な異説俗説があり、現在どれが正解かは一概に言えない状況にある。ただ、いずれの説にしても、銅鑼に関係している物が多いようである。

 江戸期のどら焼きは、皮を一枚だけ用い、端の部分を折りたたんだため四角く、片面の中央はあんこがむき出しであったという。現在のきんつばに良く似たものと考えられる。現在の二枚のカステラ風の生地で挟む方式は大正3年(1914年)創業の上野の和菓子屋「うさぎや」にて考案され、全国に広まったとされる。

 なんともともと四角だったのか。

 10個選んで、箱詰めを頼んだら、若いお姉さん二人がかりで一個づつ袋に入れてくれました。

CA3A0003_20110613042901.jpg

 4種類しかないんだったら、ケースに並べて対面販売にしたほうがいいような気がするんですが、こういう形って好まれるんですかね。

 まぁ自分で食べるために買いに行くことはないと思いますけど。

 お店の向かいの病院へ向かいます。

 そう、お見舞いなんですね。大学病院の病棟に入るのは、父が入院していた2003年以来。

 LYNX CLUBのお頭が、眼科に入院してしまったのでした。

DSC03275.jpg

 部屋に行ったら早速奥様が、一階のTULLY'sでコーヒーを買って来てくださいました。
 ガレージに行ってLYNX☆さんが淹れてくれるより、早いかも。

 週末の面会時間は11時からなんですが、あっという間に昼食タイム。
 眼科なので、食事は普通です。

 白身魚の揚げ物とキンピラごぼう。朝は納豆だったそうです。

DSC03277.jpg

 眼が不自由だとテレビを見たり、活字を読むのは大変だと思うのですが、思いの外、暇な様子ではありませんでした。若い看護師さんが一時間毎に点眼に来るんですね。それでご満悦の様子でした。

 4週間は入院するそうで、お大事に。入院情報は、LYNX BBSへ。

 お見舞いに言って、ankoyaのどら焼きを食べた人は感想をコメントしてください。

 それで私もおなかがすいて、お昼。

CA3A0007_20100714061658.jpg
                         資料

 うさぎのモチつき天秤房です。BGMは女性ジャズボーカル。

DSC03280.jpg

 醤油つけ麺、790円。普通盛りでもつけ麺は1.5玉です。麺が冷たくてスープが熱い、ひやあつ。ひやひやも出来るようでした。

 扁平率の低い、モチモチの麺。

DSC03281.jpg

 麺を食べ終わる頃を見計らって出てくる、サービスの後飯(あとめし)と温生卵。

DSC03282.jpg

 残ったスープに投入してかき混ぜて食べろとな。
 ジャンキーです。

DSC03284.jpg

 このあと〆のスープがポットで出てきましたが、おじや風がしょっぱいので、スープで薄めて食べました。
 塩分量は同じですね。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2011