風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (3)  Trackback (0)

クラシックカメラマン103

 ある日の昼飯シリーズ。冬場と言えば八木山十八番の、味噌ラーメンです。

CA3A0001 (3)

 札幌味噌ラーメンが本州にやって来た頃の雰囲気を残しつつ、スープはもっともっとまろやか。
 二年ほど前からさり気無く出されるようになった、辛味噌。たっぷり入れると辛味噌ラーメンに変身するのですが、ニンニクも入ってるので、会社に戻る時は駄目ですね、少しだけ。

 この店のメニューでもこれだけが中太麺です。

       CA3A0002 (3)

 十八番でオススメの味なんです。



 今日はこのカメラを紹介します。

RIMG0001_20110220044202.jpg

 1949年から1951年に、12,000台ほどが生産されたLeica Ⅰcです。アイシーではなく、ワンシー、いちシー、アインツツェー。

 見ての通り下のⅢcからスローシャッター、ファインダーと距離計を取り去ったシンプルなモデルです。顕微鏡に取り付けて医学・科学用に使用されたもの。

     R1052925.jpg

 バルナックライカには、初期のウアライカやスタンダードから距離計はなくても、ファインダーはついていました。
 ファインダーレスのモデルは、Ⅰc、Ⅰf、Ⅰg、M型になってからは、M1、MD等々。

 Ⅰgとの2ショットです。

RIMG0002_20110220044202.jpg

 Ⅰc、Ⅰfは、スローシャッターがないⅡc、Ⅱfからファインダーと距離計を外したモデルですが、Ⅱgと言うカメラが存在しないため、Ⅰgにはスローシャッターが付いています、貴重。

RIMG0003_20110220044202.jpg

 そのせいかⅠgのほうが少し背高です。

 Ⅰcのシャッターは、1/30から1/500とBだけ。ファインダーがない分アクセサリーシューが二つ付いています。

RIMG0004_20110220044326.jpg

 英独併記の底蓋は他のバルナックライカと共通、ドイツ語の勉強になります。

RIMG0005_20110220044326.jpg

 何故かこの個体に付いて来た、ロシアンレンズ。

     RIMG0006_20110220044202.jpg

 インダスターの沈胴50mmです。距離はメートル表示。

 ところで、このカメラ、どうやって使うんでしょう。うちには顕微鏡もないし。

 距離計を着けてみました。

RIMG0007_20110220044326.jpg

 これでは距離は測れても、構図が決められません。

 ファインダーを着けてみます。

RIMG0008_20110220044325.jpg

 この状態で取り付けられる距離計を付けるしかなさそうです。確かライカでは縦型の距離計が用意されていたはず。

 ありました。これこれ、某HPから無断借用の画像、ちなみにカメラはⅠfです。

          1f.jpg


 まあ通常は距離計があまり必要ない、ワイドアングルレンズを着けて楽しむのが良いんでしょう。

 これはフォクトレンダーの15mm超広角、ファインダー付き。

RIMG0009_20110220044325.jpg

 同じくフォクトレンダー製の露出計、VCメーターを着けてみました。

R1058203.jpg

 やっぱりファインダーが着きません。

 アクセサリーシューの二股コンセントのような商品も世の中にはあるんですが、そこまでいろいろぶら下げるならⅢcか、Ⅲfに露出計だけぐらいのほうがスマートですね。

 やっぱり、このカメラは広角スナップ専用。

 風写のカメラINDEXこちらです。
テーマ : ライカ・マウント・レンズ  ジャンル : 写真

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272802 2011