風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (12)  Trackback (0)

軍鶏二位紋舞覧

 ずいぶん昔の話なんですが、1982年、ドイツに赴任して最初のクリスマス休暇は此処へ。

       chamonix111.jpg

 スイスのジュネーブよりちょっと南、国境を超えてフランスアルプスのシャモニーモンブランです。

chamonix104.jpg

 先週末に、昔のネガからスキャナーで取り込んだのですが、ホコリとシミだらけの画像で、見づらいと思います。お許し下さい。

       chamonix105.jpg

 シャモニーはほぼ南北に走る谷間にあり、特に冬場はとても昼間が短い街なんですが、たぶん上の山が欧羅巴の最高峰、モンブランです。あまり特徴がない山で判りにくいんですね。

 昔からモンブランへ登頂する基地にであるとともに、第一回の冬のオリンピックが開催された街でもあります。

 宿泊したホテルと、デュッセルドルフから乗って行ったバス。

       chamonix112.jpg

 月が出てきているので、たぶん東側の山脈、全て3000m超です。

chamonix101.jpg

 シャモニーの街の標高は1000mちょっとなので日光のいろは坂ぐらいですが、ここからロープウエイ、ドイツ語だとザイルバーン、フランス語だと、テレフェリックに乗ります。

       chamonix126.jpg

 もちろんスキーに来たのですがこの日は観光。

chamonix203.jpg

 最初こそ水平方向に動いていますが、だんだん上向きに、途中で一度乗り換えて、後半は殆ど垂直、エレベーターのように上がっていくんです。

 エギーユ・デュ・ミディ駅に着いてさらに天を見上げると、こんな展望台。

chamonix109.jpg

 さらにエレベーターで上がります。

 某HPから無断引用した空撮画像。

p19-05sc.jpg

 エギーユというのは牙という意味なのですが、まさに牙の先ですね。
 標高3842m、富士山より66m高い展望台です。ロープウエイとエレベーターで2800m登れるのは此処だけかもしれません。

chamonix107.jpg

 360度の絶景です。

 下の写真、後ろがモンブランです。
 モンブラン万年筆は、何故か昔からMADE IN GERMANYですが、この標高4810mのフランス語で白い山は、スイスでもなく、フランスとイタリアの国境にあるのです。

chamonix123.jpg

 エギーユ・デュ・ミディよりさらに約1000m高いことになりますね。

 西のフランス方向。ずっと向こうがリヨン。

       chamonix133.jpg

 会社の同僚と、デュッセルドルフの超人気日本料理店「喜かく」の板さんたちです。彼らと一緒に旅すると、アルプスの山のホテルで日本料理が食べられたりするんですね、これが。

chamonix114.jpg

 東のイタリア方面、トリノの方かな。

       chamonix119.jpg

 北のスイスの方向。シャモニーの街から見える牙牙の山脈はこれでしょうね。

chamonix120.jpg

 スモーク・オン・ザ・ウォーターや、ジャズフェスで有名なレマン湖とモントルーはこの山の向こうになります。

 寒くて空気も薄いけど、みんなでずいぶんはしゃいでいました。

chamonix128.jpg

 2800m下にある、シャモニー渓谷です。
 こちら側の山は急峻すぎるので、対面の山の上のほうが我々のゲレンデ。

       chamonix125.jpg

 下まで滑って来れるのは、プロ級の人だけしかもガイド付き。
 我々はゴンドラで上がって、滑って転んで、暗くなる前にまたゴンドラで降りてきます。

 この時が生まれて二回目のスキーでした。

 モンブランの真下には、当時世界で一番長い自動車道トンネル、モンブラントンネルがあるのですが、これをくぐってイタリアから見る白い山は、モンテビアンコです。

chamonix138.jpg

 年甲斐もなく、散歩に行こう.......に張り合ってしまいました。

 シャモニーには、1988年にもう一回行っていて、その時の画像は一部こちらにあります。
テーマ : ヨーロッパ旅行記  ジャンル : 旅行

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272802 2011