風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (10)  Trackback (0)

一之宮へ初詣

 昨日は9時前にバスに乗って仙台駅に向かいました。

 勾当台公園に近づくと、両手に大きな紙袋を五個も十個も下げた人々を見かけます。
 昨日のブログに書いた初売商品の数々、こんなに沢山の商品を売りさばくことができるのか心配したものですが、大丈夫そう。
 雰囲気に誘われて、電力ビル前でバスを降り、少しアーケード街を歩いてみましたが、朝も早いのに人でいっぱい、殆どの店がすでに店を開いて、威勢の良いかけ声が飛び交っていました。

 それでもともと東北本線に乗る予定だったのに、つい乗り慣れている仙石線にのってしまいました。

 ちょうど快速が出る時間であっという間に本塩釜まで。

R1058071_20110103094644.jpg

 最近開通した西へ伸びる塩竈街道の新道をぶらぶら。
 上右は、太田興八郎商店かな。

 雰囲気のある建物が並んでいました。

R1058072.jpg

 上は、「志ほがま」の丹六園。下は、味噌屋さんかな。

R1058078.jpg

 旧道の方を歩けば、こんな商家がもっともっとあるのかも。

 さて陸奥國一之宮、鹽竃神社の表参道はいきなり石段です。

 友人の話では元日の午後は、人でいっぱいで、上り一方通行にし、200人ずつ分けて登らせていたらしいのですが、このとおり、二日はがらがらです。みんな初売りに行っちゃったのかな。

       R1058079.jpg

 全部で220段だそうで、一気に登ることはできませんでした。

R1058081_20110103094643.jpg

 立派な楼門です。

R1058086_20110103094643.jpg

 この辺もあまり人は居ませんね。

R1058088.jpg

 さすがに境内は、結構混雑しています。裏手の駐車場方面から来た人たちのようです。

 銅鐵合製燈籠、素晴らしい匠の技です。19世紀初期の作品。後が左右宮拝殿になります。

R1058104_20110103094818.jpg

 本宮横に立つ赤い実がなる大木は、多羅葉と言うそうです。樹齢500年。
 葉に文字が書けるそうで、これが葉書の語源とか。

R1058099c.jpg

 私が本殿だと思ってお賽銭を投げた、左右宮拝殿のとなりに並ぶのが、別宮拝殿。こちらが本殿に当たるそうなんです。別のお宮という意味ではなく、特別の別だそうです。

 あとで調べて分かったんですけどね。

R1058103_20110103094817.jpg

 そして左宮と、

R1058101_20110103094817.jpg

右宮。近付けません。鹿島神宮と香取神宮なんだそうです。

R1058096_20110103094817.jpg

 そして美しい別宮拝殿の後ろに、

R1058113.jpg

これが本殿にあたる別宮。判りにくいでしょう。

R1058092_20110103094941.jpg

R1058091_20110103190735.jpg

 社務所で福袋を売っていました。お守りや破魔矢、絵馬の詰合わせ?

R1058111_20110103094941.jpg

 撫で牛もありました。

R1058110.jpg

 となりの志波彦神社の庭から眺める松島湾。

R1058116.jpg

 古い守衛所の建物。

R1058122_20110103094940.jpg

 仙台藩が銅銭を作った、甑炉型鋳銭釜。

R1058117_20110103095038.jpg

 こっちが塩釜かな。

R1058121_20110103095037.jpg

 なぜか海のシェパードに襲われそうなものも。

R1058120_20110103095038.jpg

 東参道を降りていきます。

 石段の石にすべり止めのラインが掘り込んであるのが良いですね。

R1058124_20110103095037.jpg

 近くにある、高橋家住宅主屋(旧高橋ベニヤ板店)。

R1058127_20110103095037.jpg

 塩釜も石の産地だったようですが、これは鳴瀬産の凝灰岩だそうです。

 このあたりは鹽竈神社の駐車場に入ろうという車で大渋滞してました。
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2011