風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (8)  Trackback (0)

郷愁の欧羅巴

 ドイツでは大晦日のことを、ジルヴェスターと呼びます。
 その夜、ジルヴェスターアーベントには23時頃を過ぎると、花火が街じゅうのあちこちから上がり始めるのです。パリでも同じ、サン・シルヴェストルと言うそうです。
 英語のニューイヤーズイヴよりは、格調を感じますね。

 ドイツに行った最初の大晦日、夜中に急に花火が上がって驚いたものです。


 ちょうど四半世紀前、1985年の夏、すでに社会人になっていた弟が、デュッセルドルフにいた私のところに遊びに来ました。
 当時は安い切符を手配しても、今の5倍以上はしたと思われ、ずいぶん思い切ったものです。

 当然ツーリングです。思い出して大体のコースを書いてみました。



 確か往復はエールフランスで、行きだけデュッセルドルフ行きに乗り換え、彼にとっては初めての海外旅行だったはずだし、待ってる私も初めての海外進出中でした。

       ロマンティック1

 早速アウトバーンを南下して、ロマンチック街道に向かったと思います。ケルンにも寄ったかな?

ロマンティック2

 ディンケルスビュールか、ローテンブルグに泊まりました。飛び込みです。

 これは世界一高い教会の尖塔、ウルムの大聖堂です。

       Ulm.jpg

 こういう撮り方をするとどんだけ高いかよく判りませんね。

 その後国境を超えてスイスへ。グリンデルバルド。アイガーの北壁かな。(たぶん違う)

     Image8.jpg

 車は当時乗ってた紺色のアウディ80です、全く進歩がありません。

Image4.jpg

 天気は良かったけど、結局登山電車には乗りませんでした。

     Image3.jpg

 ラウターブルンネンのシュタウプバッハの滝、落差300mあるそうです。

     Image10.jpg

 たぶんモントルーの方を回って、南部のツェルマットへ。 

 この時飛び込んだ街道沿いのペンションで、日航機が日本で墜落したニュースを聞いて、英語の新聞を探しに走り回った記憶があります。

     Image13.jpg

 ツェルマットはもう1-2回行きましたが、町内は車両通行止めなので、手前の駅前駐車場に車を止め、電車で街へ入ります。此処でも一泊したのかな。

 そこからゴンドラで天空へ。

     Image15.jpg

 上の写真で弟が持ってるもの、何か判るでしょうか。
 ベンチの上にあるのがポータブルVTRなんです、手にはビデオカメラ。ケーブルでつながっています。

 この旅、私にしてはほとんど写真が残っていないのは、この買ったばかりのビデオばかり撮っていたからなんですね。しかもこの時のVHSビデオテープは弟にあげてしまったので、手元には無いのです。

 そう、ビデオカメラを持って、ヨーロッパでもっとも美しい山、マッターホルンの麓まで、行ったんでした。

 数少ないスティル写真。

Image19.jpg

 これも、私の写真では、雄大さを実感するのは難しいでしょう。

     Image20.jpg

 見たことがない方は、ぜひ一度お出かけください。

 どこかの峠越え(高い山は、ユングフラウか、モンブランかも)、万年雪の様に見えるかもしれませんが、氷河ですね。

Image21.jpg

 どこを通ったのか記憶がないのですが、アルプスを越えてイタリアへ。

 怖いのでアウトストラーダだけを通って、モナコ、そしてフランスへ。

 ニース(カンヌだっけ?)で一泊。いろいろありました。

   晩餐

 上は確か次に泊まった、エクサンプロヴァンスでの夕食。ウィスキーの様に見えるのは地酒のロゼワインです。

 そしてオートルートを爆走してパリへ。コンコルド広場の夕焼け。

       コンコルド

 ニースとパリのホテルだけは予約してまして、たっぷり観光しました。

 車もあるし、普通はヴェルサイユ宮殿とかに行くんですが、競馬好きな弟が行きたがったのは、競馬場。
 凱旋門賞のロンシャン競馬場と、仏ダービーとオークスをやるシャンティイー競馬場に行きました。

 これはどっちだろう。

Image25.jpg

 最後にシャルル・ド・ゴールから乗るはずだった、エールフランスの成田行きが、オーバーブッキングで乗ることが出来ず、交渉して結局、兄弟はパリにもう一泊、しかも只で宿泊したのでした。

 この他の欧羅巴ネタは、

ベルリンの壁とトラヴァント 1980年代
  想い出のストックホルム  
    アルプス&チロル  
      エッフェル塔  
        世界一長い名前の駅  
          ドイツの聖夜  
            パリとエーゲ海の風車  
              ガウディのバルセロナ  
                ヴェニスの晩夏  
                  聖地エルサレム

 今年一年、ご愛読ありがとうございました。
 来年も宜しくお願いします。
テーマ : ヨーロッパ旅行  ジャンル : 旅行

Category: 生活

Comment (2)  Trackback (0)

一夜かぎりにならないように

 我社は昨日が御用納め。

 主だったテレビ番組はすでに年内は終了しているので、溜まった休みを積極的に取りなさい推奨デー。
 私は前の週に二日も休みをもらったし、自分たちの番組の放送日ということもあって、いつもどおり出社。

 おかげで会社の大画面テレビで、ゆっくり番組を見ることが出来ました。

 昼の社員食堂には、思いのほか人が居ましたが、特に番組への反応はもらえませんでした。

RIMG0006 (2)

 年末は、営業マンたちの挨拶回りの手土産用に、年末年始関連商品の車内販売案内メールがいろいろ来ます。

 特に安いのかどうかはさっぱり不明なのですが、営業に協力できるし、自席まで届けてくれるし、支払いも給料天引きで楽なんですね。

 クリスマスケーキとかはもちろんパスですが、一応今年は久しぶりに協力ということで、醤油めんつゆセットと、これを発注していたのでした。

R1058249.jpg

 昨日飾ろうと思っていたら、某anegoブログに、29日と31日はダメと。

 それで今日、朝から組み立てることにしたのでした。

R1058250.jpg

 袋をひらくと美しい鏡餅モデルが現れます。

 昔、自宅では毎年みかんを載せていましたが、本来は橙なのですか?

    R1058252.jpg

 プラだいだい、両面テープで落ちないように貼ります。

 なんとこれで完成でした。呆気無さ過ぎ。

R1058253.jpg

 素晴らしい新年が迎えられますように。

 ところで話は飛びますが、週末、久しぶりに地デジ対応ハードディスクレコーダー(東芝のRD-XD91)と格闘していて気づいたのですが、こいつの番組表、ADAMSと言うシステム、アナログTV放送電波を使ってるんです。だから来年の7月24日以降は、番組表がダウンロードできなくなるということは、タイマー録画ができなくなってしまう事になります。

 大変です。

 さらに今度はマニュアルと格闘すると、どうもLAN経由で、別の番組表をダウンロードすることができそうなんですね。
 7月までに何とかしないと。

 ブルーレイディスクレコーダーの買いどきかなぁ。
テーマ : こんなの作りました♪  ジャンル : 趣味・実用

Category: カメラ

Comment (10)  Trackback (0)

クラシックカメラマン98

 いよいよ今年も残り僅かになりました。

R1058240.jpg

 小学生だった1960年代、ジョージオーウェルの1984を読んだ1970年代、21世紀なんて、遠い遠い先の話(車が空を飛ぶと信じていた)でしたが、もう最初の10年が過ぎようとしています。

 行く年来る年にはそんな感慨にふける間がありますね。

 そして、いよいよ本日29日、朝10:05から宮城県地方限定で下記の番組が放送されます。

みやぎ四季の足跡2010

 八木山のカメラマンたちが、一年間美しい宮城を追った取材映像の、ベストカットを集めた、カメラマンスケッチの総集編。無駄なカットはひとつもありません。

 こちらで、番宣動画をご覧いただけます。

 ぜひご覧ください。


 今日はこのカメラを紹介します。左側のです。

  R1058242.jpg

 ドイツはAgfaのKARAT Ⅳと言うカメラ。1955年前後に販売されたようです。同世代。

 逆向きに巻く、フィルム巻き上げレバーが特長。

 R1058245.jpg

 普段使わないときは、上のようにレンズがボディに密着していますが、ワンプッシュで、ポーンとレンズが飛び出します。
 この個体は距離がフィート表示なので、アメリカ向けでしょうか。

R1058244.jpg

 いわゆるスプリングカメラですね。レンズとボディの間は、蛇腹で遮光されています。

 1940年代製の、奥のKARAT 36では互い違いファインダーを使って上下のファインダー像をスライドさせて、一致したところがジャスピン、と言う個性あふれる上下像合致式距離計だったのですが、このⅣでは普通の中央像合致式になってしまいました。

R1058243.jpg

 レンズはAgfaカメラでは珍しい、シュナイダー製のXenon50mm/F2。ライバルであったKODAKのRetinaシリーズと同じ玉です。

R1058246.jpg

 Karat 36では、シンクロコンパーだったシャッターが、、プロンターSVSと言うタイプに変わっています。

R1058247.jpg

 新しいモデルで、レンズもせっかくF2なのに、最高速シャッターが1/500から、1/300にスペックダウンしているところが一番残念な点です。

R1058248.jpg
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

挑戦してどーする

 日曜のお昼、ラーメン、カレーと来れば、三位はハンバーグかなと思ったのですが、ファミレスは混んでいそうだし、結局買い物先の近くということで、梵天食堂ふたたび。

CA3A0008_20100927055636.jpg 資料

 海鮮丼のつもりで入店したら、案内されたカウンター席の目の前に。

       CA3A0003_20100927055635.jpg 資料

 胃腸の状態をつい忘れて、注文してしまいました。

 ご飯大盛りにしますかぁ、無料ですけど、の誘いからは逃れたものの、来ちゃいました。

CA3A0003 (2)

 醤油ダレがかかってる分、ビジュアル的にはいまいち。

       CA3A0004 (2)

 海老5匹のほかは、ゲソ天一匹分(足10本ぐらい)と大葉天。

 でも、フリードリンク付きで、799円は安いですよね。

CA3A0006 (2)

 前回の訪問はこちら

 此処は、ぱんだこぱんだじゃないことを忘れていました。まだ安定剤が残ってるのかなぁ。
テーマ : こんなお店行きました  ジャンル : グルメ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

♪氷のせかい~~~~~

 あややに似てるとか、いや、紀子さま似だとか評判の村上佳菜子ですが、昨日のメイクは坂本冬美でした。

 毎年楽しみにしている、M-1グランプリと、どうしてかぶってしまう女子フィギュア。



 先日の朝ズバで初めて知ったのですが、ビール券のような権威もある金券のうち、いくつかが、もう使えなくなっているんですね。

 うちにもずいぶん前に頂いた「花とみどりのギフト券」があったんです。

   R1058230.jpg

 なんと今年の10月一杯までで使えなくなっていました。

 これは驚きです。上のリンク先で調べてみたら、来年の1月14日までは払い戻しができるんだそうで、慌てて申し込み用紙をダウンロード

 郵送すれば、少し良い店で、普通に呑むぐらいは戻ってくるそうです。やれやれ。

 しかし、音楽ギフト券や、文具券もいつの間にか期限切れとか、しっかり周知されているのでしょうか。



 昨日の朝の広瀬川。

R1058220.jpg

 河川敷まで降りていけば、良い写真が撮れるかもなぁ、と思っただけ。

R1058226.jpg

 部屋のプチ模様替えをしながら、時々、パチリ。

R1058224.jpg

 ベランダの手摺に積もった雪と氷の造形です。

R1058222.jpg

 この季節、ちょうど広瀬川に反射しながら沈む夕日は、川面を黄金色に染めあげます。

R1058227.jpg

 雪は思いのほか、速く溶けていきました。

       R1058229.jpg

 橋って、通りながら見るのと、こうして横から眺めるのと、全く違ったものに見えますね。

R1058228c1.jpg
                     all by GXR-P10
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

おなかがすいたよ

 小笠原で地震と津波があって、仙台でも珍しい冬の雷を伴う嵐が吹き荒れたこの一週間。

 せっかく娑婆に出たと言うのに、今度は雪です。ホワイトクリスマス。

     R1058210cc.jpg by GXR-P10

 街もベランダも真っ白です。

R1058207.jpg

 ま、天気予報どおりだし、私は入院前に買っておいた年賀状の印刷。

 今年は、と言うか来年用は、病院で寝ながら考えたピエト・モンドリアンの抽象画ベースです。

 それまではずっとステンドグラスをベースにしようと思っていたのですが、病院で見たテレビ番組で気が変わりました。まあ、モチーフは似ていますけど。

 朝からパソコン上で図案を考案し並べて、決めて、90枚印刷。
 途中で少しづつレイアウトを手直ししているので、ヴァージョン的には4種類ぐらい出来ました。

 年賀状ソフトの住所録から届け先を選んで印刷したら、3枚不足。
 やっぱり100枚買うべきだったな。

 年賀状の余りや印刷ミス分、昔は切手や普通のハガキとも交換できたのに、最近は年賀状とだけなんですよね。だからギリギリにしたんだけど。ほんとうに普通の郵便は、この季節以外、余り縁がありません。宅急便のほうが、20倍ぐらい使っている感じです。

 それでポストに投函と、あと10枚のインクジェットはがきを買いに雪道に出たついでに昼飯です。

     CA3A0011c.jpg by au W61CA

 車道に雪はないのに、歩道にはある。
 車道には相当融雪剤が撒かれているのかもしれません。

 出所して最初の昼がラーメン(実際にはつけ麺)と来れば、次はカレーでしょう。男の子はみんな好き。

CA3A0004 (3)

 うちから二番目に近い食堂「GANESHA」。スープカレーです。

 やはりカレーは非キリスト教系、クリスマスの飾り付けは見当たりませんでした。

       CA3A0005 (2)

 テーブルの上にあるのは、なぜか山形宮城福島の、ラーメンムック。

 ラーメンとつけ麺、カレーとスープカレー、似た様な関係というか、ぜんぜん違うというか、生まれるべくして生まれたヴァリエーションでしょうか。

 ☆おすすめ☆トロ角煮&野菜【数量限定】スープカレー980円+大盛り100円 辛さ3(中辛)

CA3A0006 (2)

 野菜にの下にこんなデカイ角煮が3個隠れています。美味いんですよ、これが。

       CA3A0010_20101226061647.jpg

 胃と腸に配慮して、辛味を抑えましたが、角煮も胃腸に優しそうでしょう。

 こちらは参考までに前回の、野菜ルーカレー650円+大盛り100円+アボカド100円、辛味4。

CA3A0007_20101014052341.jpg

 最近開店したもう一軒「SAMA」のほうが混んでいるように見えますが、私はこっちのほうが好きです。
テーマ : こんなお店行きました  ジャンル : グルメ

Category: カメラ

Comment (14)  Trackback (0)

おとりよせ37

 出所明け、ちょうど高血圧の薬も切れそうなので早速かかりつけに手術の結果を報告し、病院からのお便りを渡します。胃カメラで見てもらう前から、どうも時々空腹時に胸焼けがすることがあり、あまり改善されないので、一日二回飲んでいたプロテカジン10を、一日一回のオメプラール10に変えてみることに。

 そして楽しみにしていた最初の食事、キリンジの大盛りつけ麺にしようかと思っていたのですが、太麺なら、こうしゅうにもあるし、ちょうどクーポン券もあったので、近場にしました。

       DSC01642.jpg資料画像

 何時も5人でオペレーションしています。

 これですこれ。

DSC01639.jpg

 旨み凝縮濃厚スープのインパクト! 極太節つけ麺。
 ※尚、極太麺のため湯で時間に6分半かかりますことをご了承ください。

 6分でも7分でもなく、6分半なんです。

 (中)930円-クーポン券200円=730円です。

DSC02728.jpg

 節粉が海苔の舟に乗って登場。これは良いアイデアですね。

 他のラーメンや普通のつけ麺は大盛り無料なんですが、極太は別格です。

DSC02729.jpg

 やっぱり娑婆の食事に勝るものはありません。美味いや。

 〆にワカメスープを作ってくれました。

DSC02730.jpg

 復活!!



 ところで、病院にいた間に、お取り寄せが届いていました。

DSC02731.jpg

 NH-VF28と言えば、NikonのP6000や、P7000と言う高級コンパクトデジカメ用に用意された28mm用光学ファインダーなんですが、希望小売価格:\26,250。ニコンのウェブショップNikonDirectで買っても、23,625 円(税込)もするんです。

 また、CS-CH37というのは、P7000用の革ケースです。オープンプライスですが、NikonDirectでは、6,980円(税込)するんです。合計約3万円。

DSC02732.jpg

 このケースとファインダーが同梱された、アンティークセットというのが、近頃販売されているのですが、なんと楽天の通販ショップで、8,680円です。格安。

 ライカⅠgに装着してみました、レンズは21mmですけど。

DSC02733.jpg

 これはグンバツ(古)に似合います。

DSC02734.jpg

 Nikonのフォントが昔のものなのがイイです、イイです。
 LUMIXのオプションと形が似てますけど、あっちは確か24mmですよね。

 SIGMA DP1にも着けてみます。

DSC02735.jpg

 滅茶苦茶、写欲が高まってきそうです。

 うちにあったほかのファインダーより小型。

DSC02736.jpg

 なんでこんなに安く売っちゃうんでしょう。

 良く考えてみると、P6000もP7000も元々バリアングルの光学ファインダー付いているんですよね。
 だから、普通の人には不要なんです。それで売れ残りそうなのかも。

 とにかくお買い得だと思います。だけど余ったケースはどうしよう。P7000買うか?
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: 不健康

Comment (2)  Trackback (0)

点滴は天敵?

 二日目の朝。

R1057098_20101224145630.jpg

 嵐の翌朝ですね。何時もと少し違う角度の仙台のビル街。

 施術当日は朝昼の飯抜きということで、代わりに点滴をするということになっています。要は栄養補給。
 そんなの要らない気がするけど。

R1057094m.jpg

 テレビのスタジオ等で、カメラマンがカメラをペデスタルや三脚ごと水平にすべらせることを、ドリーするというのですが、以前別の病気をして入院したとき、先輩たちが、私が点滴をドリーしながら廊下を歩いていたと大笑いしてました。

       R1057107cm.jpg

 もちろんこの日も下剤で腸をすっかり綺麗にしたあとは、こいつを連れてトイレに行ったり、自動販売機に行ったりするわけです。

 若くて優しい看護師さんが、昨日の朝した点滴針とその養生です。どうなんでしょう。

R1057103.jpg

 手首のバンドは、病院内ID。

 この後、一応簡単な内視鏡手術。

 安定剤を点滴に混入する方式のため、最初こそちょっと痛かったり、腹にガスが溜まったり、美しい大腸内の映像を見たりしていたのですが、気がついたら知らない間に終わってて、ストレッチャーごとエレベーターに載せられていました。

 ストレッチャーで病室まで運ばれていくのも気持ちの良い(まだ少し頭がハレヒレ)もんでしたが、一人で押していた、細身の看護師さんは重くて苦労していたようです。

 そのままベッドに移動させられて、ぼうーーーーーっと、しばらくほとんど寝てました。

       R1057113.jpg

 本来ならばこの辺りで、点滴も尽きなければならないはずなんですが、まだ半分残ってる。

 ただでさえ左手に痛みがあって不自由なのに、右手に針が刺さってて、管が伸びているのでは、不自由きわまりないんです。

 そのまんま夕飯。

R1057109.jpg

 これは美味かったです。久しぶりの食事。結構大盛りのご飯。

 ところが点滴がまだたっぷり残っています、おかしいですよね。

 夕飯を食い終えた後に、酒が残ってるのはぜんぜんオッケーなんですけど。

 飯が食えないからしているはずの点滴が、飯を食い終わったのにまだ、滴ってる。

 夜番の看護師さん(ゴルファーの古閑美保に似ている)に、おかしいですよね、と相談したら、管のルートを変更してくれまして、まるでターボが効き始めたように、滴りが5倍くらい早くなったんですね。

 早いのもそれはそれでどないやねんと思ったりしたのですが、早く寝たいし、これでダメなら途中でやめますから、とかいなされまして、結局そのあと2時間ぐらいおとなしくし、消灯時間の9時を過ぎて晴れて空に。

 一応夜中に何か起きて、再度点滴が必要になったときのために、この微妙な状態で栓をして再養生。

R1057114_20101224142615.jpg

 寝相が悪かったら血の海かな。

 でも、お陰さまでぐっすり眠れました。いろいろ遠くでピロピロ電子音、近くからいびきとかしてましたけど。

 朝一に気仙沼出身(となりのおんつぁんが聞き出した)の古閑美保がこれも外してくれました。どうもありがとう。

R1057115.jpg

 身が軽くなって朝飯。

R1057117.jpg

 これも美味かったです。

 この後私よりずっと若い担当の先生と話ができて、最初の質問。

 「この後、食事とかは、普通にしていいんですかぁ?」「出来ますよ!」

 次の質問(一番大事)。

 「アルコールとかもですかぁ?」「大丈夫だと思います」
 「本当ですかぁ?」「この週末までは少し控えめにした方がいいかな」

 あとで看護師さんがくれた説明書きによると、入浴は2-3日控えてシャワーのみ。1-2週間くらいは激しい運動と、アルコール類、刺激物は避ける。

 ずいぶん違いますが、激しい運動はどっちみちしないけど、アルコールのところの差が大きいんですよ。”控えめ”と”避ける”。太目とデブぐらい違うんです。

 でもやはり医師である先生の意見が優先しますよね。

PA0_0003_20101224142744.jpg

 そうですよね............控えめ。

Category: 不健康

Comment (2)  Trackback (0)

少しはウェートが落ちるかな

 昨日は朝から嵐のような大雨。雷も、八木山の鉄塔、市民会館、SS30あたりに落ちまくっていました。
 そんな中、私は体内某所のポリープを切除するために、濡れながら歩いて病院へ。ベッドでごろごろしています。

R1057093_20101224141500.jpg

 病棟は携帯電話使用禁止なので、電波オフモードにして書き込み、ロビーまで移動して送信することにします。

       R1057095m.jpg


 前日の昼食から、いわゆる検査食。
お粥です。

       


 持ち込んだ雑誌に、ラーメンの特集記事があり、全部旨そうです。

 夕食はスープと重湯にオレンジ風味ジュース。

       

 今朝の朝昼食は抜き。
 あと数時間の我慢かな。
 と思ったら手術は午後3時。それまでInputは、大量2リットルの下剤、水とお茶、点滴だけだったのでした。

       PA0_0034_20101224141927.jpg
テーマ : 健康管理  ジャンル : ヘルス・ダイエット

Category: 祭りだワッショイ

Comment (4)  Trackback (0)

今年は、点いたり消えたり

 地震がありました。やはり満月の日だからでしょうか。 

 どうも冬至は昨日ではなくて今日のようです。
 湯治も陶磁も杜氏さんも好きです。

 土曜日に、ページェントを見に行きました。

 夕方5時33分なのに、まだ点灯されていません。

PC180497.jpg

 そうなんです、今年は整流器が焦げたことで、おそるおそる。

 部品を交換したあと、毎日少しづつ試験点灯なんです。

 あっ点いた。17:34。

PC180499.jpg

 テスト中なので、一部分だけ突然点いたりするんですね。

 妙にワクワク感が高いんです。

 代わりと言ってはなんですが、美しく蒼き月も出ています。

       PC180502.jpg

 本家ページェントの周りの、便乗組の灯りたちは、しっかり光っていました。

PC180503.jpg

 オデュッセウス像の周りでは、珍しいライトショー。

       PC180504.jpg

 ページェントが消えていて、ちょうど良いのかな。

 PC180507.jpg

 てなんごに行ってみようかと思ったのですが、電話したら予約で満席だって。

 すすきののカウンターに何とか滑り込めました。入れたのは5年ぶりくらいかも。

 18:03     PA0_0000_20101220202419.jpg

 目の前の大鍋から芳しい香りをまき散らしている、煮物が供されます。

PC180510.jpg

 このお店は基本おまかせなんですね。飲み物だけ注文してください。

 すんばらしい刺し盛り。

PC180512.jpg

 あっまた点いた。

PC180511m.jpg

 焼いた大きなハタハタは、換気扇の前に干してあったやつかなぁ。

PC180514.jpg

 これもすごく美味いんです。

 他にもいろいろ家庭的な御馳走(おおさんの訪問記事はこちら)をいただいて、再び定禅寺通りへ。

PC180515.jpg

 ライトショーの周りもすっかり明るくなっています。

PC180516.jpg

 月もずいぶん高みの見物。

 20:46     PC180525.jpg

 それでも、両側の歩道のケヤキは光っていませんね。面白い絵が撮れました。

PC180522.jpg

 少し歩いて、元鍛冶丁公園のイルミネーション。

PC180527.jpg

 真冬のイルミネーション、このように青白いほうが雪のシーズンらしくて良いのか、電球色のほうが暖かそうでほっとさせられるのか、どちらが良いと思いますか?

 さらに歩いて、森。

PC180535.jpg

 再びカウンター攻撃です。

 此処に来たら、泡盛ですよね。美味しいのをロックでと頼んだら、

       PC180529.jpg

 請福ビンテージ43度、ほんとうに美味しい。 しかもたっぷり。

PC180530.jpg

 石垣産の古酒でした。

 お馴染み、辺銀餃子。石垣ラー油もたっぷり使えます。

PC180532.jpg

 焼き牡蠣。可愛い。

PC180533.jpg

 そして三種盛りの手打ち蕎麦。

PC180534.jpg

 えーと、でわかおりと、なんだったかなぁ。んまいんですよ、これまた。最初の攻撃はこちら。前回はこちら

 この後もう一軒だけカウンター攻撃して帰宅しました。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 電脳生活

Comment (0)  Trackback (0)

携帯から送信テスト




ケータイから複数画像をアップするテスト。
テーマ : モブログ・携帯ブログ  ジャンル : モブログ

Category: Car & Bike

Comment (2)  Trackback (0)

さらば青春大人の倶楽部

 今日は冬至かな?
 おまけに皆既月食?  すごい日だね。

 本当に寒くなってきましたが、VINOのエンジンもたまには回さないと。

 土曜日、取り寄せてあった風防(?)を取り付けます。写真を撮り忘れたので、通販サイトから無断借用。

       破砕ymh-90793-53069

 さらば青春の光風にしたいのだけれど、まだ先は長いかな、こんな感じ。

       Mods.jpg

 天気が良くて、陽射しも温かいのですが、やはりバイク日和とは言えません。

 まずは、みどりの窓口(変な名前ですよね!)へ。さらば青春。

 太子堂駅で、次回大人の休日倶楽部会員パス(JR東日本+α三日間乗り放題\12,000)を購入。指定席も3回分だけ交換しました。50歳以上の特権。

R1058066.jpg

 弘前と青森で各一泊予定。
 年休が取れるかどうか、まだわからないのですが、文字通り見切り発車です。

 もちろん八戸から先の東北新幹線は初めて。楽しみです。
 そして、一泊目を弘前から函館に変更するのもありかなぁ、と少し悩んでいます。

 その後、諏訪神社脇の、某会員制秘密基地カフェへ。大人の充実倶楽部。

R1058064.jpg

 落ち葉の季節も終了ということでしょうか、屋根の掃除の真っ最中でした。

 そんな季節でも、竹の葉は青く綺麗です。一年中青春。

R1058060.jpg

 冬から春の間も、たっぷり陽を浴びてエネルギーを蓄え、来年の筍に備えているのでしょう。

       R1058058.jpg

 この後の昼飯は、丸亀製麺で、丸得釜揚うどん。
テーマ : バイク用品  ジャンル : 車・バイク

Category: 業務

Comment (2)  Trackback (0)

みちのく一やでぇ

 12月4日に発表された、東北写真記者協会賞の授賞式が金曜日にありました。

2010e.jpg

 会場はサンプラザ。写真部門は掲示。

DSC02712.jpg

 協会賞のテーマは「遠野」でした。大迫力ですね。

DSC02711.jpg

 ちなみに私が撮った遠野はこちらこちら

 企画部門の金賞も、テーマは岩手の自然。

       DSC02713.jpg

 各賞の表彰が続きます。

 テレビ部門の作品は、この巨大なブラウン管テレビで、アナログ信号で放映されました。

DSC02714.jpg

 我社の強者たちもしっかり賞金を稼いでいます。

   DSC02719.jpg

 三年連続の受賞となれば、スピーチも堂に入ったものです。

 司会は、テレビで見るより可愛らしかった、H坂アナウンサー

   DSC02721.jpg

 ちょっと誇らしげな夜でした。

 二次会は、天海のてっぱん屋で、角ハイボールたんまり。
テーマ : こんなことがありました  ジャンル : ブログ

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

モダンカメラマンⅩⅩⅩⅦ

 今日紹介するカメラは、PanasonicのLumix GH2です。

 手のひらに乗る、小型一眼カメラですね。

DSC02726.jpg

 LUMIXのいわゆるミラーレス一眼には、2008年に初めて発売されたG1以降、GH1、GF1、G2、G10、GH2、GF2と3年も経たないのに、次々と新モデルが投入され、非常に解りにくくなっています。

 GFシリーズは、ファインダー後付モデルで若干異色ですが、その他の5種類はよく似ています、比較表はこちら

R1058121.jpg

 フルHDの動画が撮れる、GHシリーズのみ、若干高さ方向に長くなっていますが、幅と奥行はほとんど同じ。

R1058124.jpg

 GH2は撮像素子の画素数が上がっており、塗装が良くなって高級感があります。

R1058122.jpg

 ただ、ノブ等の文字は相変わらず印刷で、このへんが彫刻になるとぐっと品格が付いてくるんですけどね。

R1058128.jpg

 動画を意識しているせいか、ステレオマイクが乗ってるのが、AVメーカーならではです。

R1058129.jpg

 顔を近づけると、液晶モニターから自動的にファインダーに切り替わる機能は、抜群に使い易いです。

R1058126.jpg

 バリアングルモニターは、たまにしか使いませんが、あれば便利です。

 少し動画を撮ってみて、会社のカメラと比べたいのですが、なかなか。

R1058127.jpg

 マイクロフォーサーズ/ライカスクリューマウントアダプターで、21mmのカラースコパーを装着。35mmフィルム換算で、42mm相当になります。

R1058130.jpg

 28-90mm相当の標準ズームを装着した(左から)Pentax K7、Nikon D40、Lumix GH2です。

R1058185.jpg

 APS-Cセンサー使用のデジタル一眼の中でも、かなり小型の方に属するK7やD40と比べても、小さいのが判りますね。

 ただカメラやレンズは小さくすれば、必ずしも使いやすくなるわけではありませんから、例えば同じ大きさでより明るいとか、より倍率が高いとかといった差別化が求められるはずです。

 でも、実際に差別化と言えるのは、パンケーキレンズが何本も発表されていることぐらいかな。
テーマ : LUMIX  ジャンル : 写真

Category: 生活

Comment (2)  Trackback (0)

この一週間 その2

 これは先週日曜日の夜明け。

P1000203.jpg

 SS30の右側、せんだいトラストタワーの巨大さが際立っています。

 もうここまでの高さは許可されない見通しとか。



 週末に買ってきたポインセチアの花。

R1058202.jpg

 このグループはそろそろ満開でしょうか。
 配色がそもそもメキシカンですね。



 anegoに貰って、ずっと大切にキープされていた、しょうゆの実

R1058194.jpg

 最近流行りの食べる調味料の元祖のような存在でしょうか。ネーミングも変わっています。意外と今風。

 上にリンクしたメーカーのサイト通販では、納期2ヶ月前後、大人気です。

 水曜の朝飯。レンジでチンしたお餅と。

R1058197.jpg

 よく合って美味しいです。どうもありがとう。



 昨日の朝。泉ヶ岳。

R1058199.jpg

 いよいよ雪の季節がやって来ました。

 後白鬚山と、船形山。

R1058200.jpg

 美しいけど、嫌いな季節です。



 同じく昨日の朝の定禅寺通、中断している、せんだい光のページェント。

DSC02706.jpg

 整流器を安定化電源に交換作業中でした。

 作業と、試験点灯を取材してきたカメラマンによれば、これでフリッカも出なくなるそうです。
テーマ : 日記というか、雑記というか…  ジャンル : 日記

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: