風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (7)  Trackback (0)

秋の空に近づいて

 天気が良かった土曜日、早速東北道へ。

DSC02029m.jpg

 目の前を、フェアレディの240Zが、心地良いエギソースト音を響かせ走っていました。

 菅生PAで先輩が待ち合わせ。
 しばらく並走。

DSC02035m.jpg

 先まで一緒に行けばいいのにという声は聞き流されて、白石ICを降りて行きました。

      DSC02037ccc.jpg

 一人で行きたいところがあるのでしょう。

 福島西ICを降りて、フルーツの看板の中を走り、磐梯吾妻スカイラインへ。三ヶ月半ぶり

 最初の休憩は恒例、つばくろ谷の不動沢橋です。

DSC02042.jpg

 そして浄土平の駐車場は有料なので、そのちょっと手前の唯一、二台ぐらいは停められる路肩。

DSC02045.jpg

 絶景、絶景。

DSC02048.jpg

 美しい秋の空、上弦 下弦の月も出ています。

         DSC02054c.jpg

 浄土平や、兎平、最高地点は通り抜けて、黄葉が始まった山々を愛でながら、次の停車は、双竜の辻。 

    P1030681.jpg

 右に磐梯山で左に安達太良山が望め、雲海に浮かんだ山容が向き合う竜のように見えることから名づけられたそうです。

 こちらが、はぁーーー会津磐梯山は、宝の山よ。

P1030674.jpg

 そして安達多良山。または、安達太良山。どっちもありのようですが、読みはあだたらやまですね。
 反対側からの眺めはこちら。このあとの記事にも登場する予定です。

P1030676.jpg

 安達太良山の山名の由来は、古代の製鉄用溶鉱炉の名称であるタタラからきているという説 、安達郡の最高峰、すなわち安達太郎からきているとする説、アイヌ語の乳の意味のアタタからきた説などがあります。また、万葉集にも安達太良山が歌われています。
 
 安達太良の 嶺ねに伏す鹿猪ししの ありつつも 我あれは至らむ 寝処ねどな去りそね
      (万葉集 巻第十四 東歌 3428)
(安達太良の嶺でいつも同じねぐらでふせっている鹿や猪のように こうして絶えずわたしは逢いに来よう 寝床から離れないでおくれ)

 陸奥みちのくの 安達太良真弓まゆみ はじき置きて 反せらしきなば 弦つらはかめかも
      (万葉集 巻第十四 東歌 3437)
(陸奥の安達太良山の真弓(檀まゆみ)で作った強靭な弓は 弦をはずしておいて 反らせたままにしておいたら 二度と弦が掛かるものですか。 今までずっとほったらかしにしておいて今更縁は戻せません)


 以上ウィキペディアからでした。

 改めて磐梯山の左側に目を凝らすと、猪苗代湖も見えています。写真ではさっぱり判りませんね。

P1030678.jpg

 最高地点からはだいぶ下って来ているので、このあたりの紅葉はまだまだ、でもところどころにぽつんと紅くなったナナカマドがあったりします。

P1030683.jpg

 別の展望台でまた停車。湖見峠。

 空の風景がくるくる変わりますね。

P1030684.jpg

 猪苗代湖だけでなく桧原湖も見えるらしいのですが、桧原湖には気づきませんでした。

 名残惜しい空景を後にして、山を下ります。

 出来れば山都、無理なら喜多方若松まで行けるかと予想していたのですが、スカイラインの風景をたっぷり楽しんだせいで、結局昼飯は猪苗代町で、前にも来たことがある、手打ち蕎麦の「まるひ」です。

CIMG4402.jpgby anego

 順番待ち用のテーブルの上には不思議な色の茄子。

       P1030689.jpg

 しかし、順番待ちをする必要はありませんでした。

P1030688m.jpg

 メニューは二種類だけ、これは天ざるではなく、天ぷら付きの盛りそば1,000円+大盛り200円。

P1030686.jpg

 前回は漬物だった突き出し、今回は枝豆、それも秘伝豆でした。

 十割ではないのでしょうね、不揃いでちょっと太目で、わずかに柔らかめの美味しい蕎麦なんです。

P1030687.jpg

 ご馳走様でした。

 このあたりには美味しい蕎麦屋さんが多くて、いつも迷ってしまうんです。前回は、ふじ田
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2010